27歳の転職・リアル転職者10人に聞いた!転職事例と成功のコツ

27歳。

自分は”若い”とはいえない年齢だと思っていませんか?

それは27歳のあなたから見たら20代前半の若い子とくらべて年齢が上だ、と感じるかもしれません。

しかし、世間一般からみたらまだまだ若者の年齢です。

でも転職には不利なんじゃない?

こんな不安がありますよね!

今回は27歳で転職に成功した10人のリアル転職成功事例を集めてみました!
ぜひ参考にしてみてくださいね!

登場人物

 27歳の時に転職に成功したFさん

 キャリアアドバイザー 笹田

人間関係に悩み、次を決めずに辞めてしまった

 今回は27歳のときに見事転職を果たしたFさんに色々聞いてみようと思います。
Fさん、よろしくお願いします。

 もうすぐ30のFです。よろしくお願いします。

 Fさんは運送業からの転職だったんですね。

 はい。軽トラなどを使い、個人宅への配達をしていました。

 どうして転職しようと?

 人間関係ですね。かなりめんどくさいことになって、嫌になったんです。

 人間関係は転職を考えるきっかけになりますよね。

 そうですね。それで転職しようと思いました。

 転職活動は宅配の仕事をしながら?

 いえ、それが…、次を決めずにやめちゃったんです。
すぐ見つかるだろうと思って。

 すぐには見つからなかった?

 はい。年齢や、学歴などが足りず応募すら出来ませんでした。

 結構厳しいですよね。次の仕事が見つかるまでは何かしていましたか?

 以前からやっていたアフィリエイト業をやりながら職安へ通いました。

 職安で見つかったんですか?

 やっとの思いでIT業界の会社へ転職しました。

 けっこう大変だったんですね。転職して、どうですか?

 以前との給料は気持ちさがりましたが、仕事内容も以前との全く違いパソコン相手になりました。

 人間関係は解消しました?

 はい。新しい職場では、同じ趣味を持った仲間が出来て、いまではとても楽しく充実した一日中をすごせてます。

 転職できてよかったですね。転職について何か反省点はありますか?

 そうですね。退職するまでに次の会社を準備していなかったのが一番痛いところでした。

 思っていたより転職が大変だったんですね。

では、最後にこれから転職しようと考えている人へアドバイスをお願いします。

 次の仕事を見つけてから辞める事を一番オススメします。
あと早めの転職はかならず有利になります。
年を取れば会社もその人間を、扱いづらいとか、若さが足りない為アクティブに行動出来ないかも?と判断されがちになり幅が狭くなります。

 ありがとうございました!IT業界がんばってください。

他の先輩の体験談も聞いてみた!

他にも27歳のときに転職できたリアル転職成功事例を頂いています。

早速見ていきましょう!!

★可愛い格好は何歳まで出来るかなっと不安を抱いた

アパレル店頭販売員からガス業界の事務員(30代・女性)

アパレル業は、とても華やかな世界でいつも可愛い格好をし、綺麗に化粧して、髪型をセットして輝く大好きな世界でした。しかし、可愛い格好は何歳まで出来るかなっと不安を抱くようになりました。同時期に、ショッピングモール内のテナントで、ワーストを争う店だったで、立ち退く事になってしまい、そのまま退職しました。失業保険は入っていたのですが、早く次の仕事に就きたく、携帯のサイトやアプリ、新聞の広告を片っ端から探し、長く続けられる仕事を探しました。探し出して1か月ぐらいたったとき、目に入ったのがガス業界の事務員でした。新店舗と言うのと家から近いのが魅力的で面接に行き、入社しました。給料が1.5倍ほどになりました。
座ってする仕事ってこんなに体が楽なんだと思ったのですが、いつもBGMなどで賑やかだったアパレル業界とは違い、静かすぎて物足りなさは感じました。
しかし、人間関係も良く、電話応対、出張など初めての事ばかりで日々勉強、自信のスキルアップに繋がるとても良い職場に巡り会えたと痛感しました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職は、逃げたいと思う気持ちで辞めるとまた、同じことの繰り返しだと思います。しかし、自身が成長したいと思う気持ちで望めばきっと、良い職場に出会える日が来ると思います。
次はどんな仕事をしたいのかをしっかり考える事も大事だと思います。ハローワークや携帯、広告などをいっぱい見て、しっかり考えて応募して下さい。
面接に行って面接されるのは自身だけではないと思います。自身もこの会社が合うのかを吟味すると良いと思います。
新規オープンなどの職場は、人間関係もこじれてないことが多いのでオススメです。

事務に転職してよかった!…こちらを参考に!

落ち着いた環境、好きなパソコン作業、事務に転職してよかった件

★希望の時間帯で働け、資格取得の勉強や着付教室へいけるようになった

ロードサービスからプロバイダーの電話受付業務(30代・女性)

前職は時間帯が10時から19時と中途半端だったため、その他の勉強や習い事に行くことができませんでしたが、次の転職先はオペレータだったので時間通りに帰ることができました。
退社後の時間を有効に活用することができたので資格試験のための勉強、そして好きな着付け教室へ通い充実しています。人間関係に関してはどちらも女性が多い職場でしたがノルマがないことと自己完結の業務で、同僚とのトラブルはありませんでした。ただ転職先の女性上司に非常に気位の高いパワハラとしか思えない口調でさしずする人がいたことが残念でした。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職するときは人それぞれとは思いますが、自分が一番何をしたいのか、何を優先したいのかを明確にし、覚悟を決めて望むことが大切だと思います。ただ高収入が得られればいいというだけでは失敗します。自分自身を見極め、長く続けていける職種であるかどうかが一番だと思います。長く勤めていく中で自分自身を成長させていくことができると思います。どこに行っても自分と合わない人、嫌いな上司はいるものだとつくづく思いました。自分自身を大切にやりたいことが出来る職場を選びましょう。

嫌いな上司に出くわしたら…こちらを参考に!

嫌いな上司攻略大作戦!嫌いな上司にアタックした勇者9人の話

★スキルを買われて栄転、そしてヘッドハンティング

同じ業界の競合メーカーからスカウトされました。(50代・女性)

もともと、外資系の産業機械メーカーに勤めており、ある展示会で、競合メーカーの重役が、私がバイリンガルであることやメカ系の知識が豊富であることを知り、そのメーカーのアメリカ支社への勤務をオファーしてくれました。もちろん引き受けました。アメリカ支社は新しく創立されたため、様々なことを一から作り上げなければならず、大変でしたが、いろんなことを学びました。その結果、つぎはアメリカ企業にヘッドハンティングされました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職する、しないに関わらず、常々から新しいことを学ぼうとする姿勢が一番大事だと思います。また、自分の武器になる技能をひとつ身につけたらいいと思います。ガラスの天井は、本当は無いと思います。私の最終学歴は短大でしかも英文科ですが、最終の職は、部品メーカーの事業部長です。努力をすれば報われる、出過ぎた杭は打たれない、そう思います。

年齢よりも何ができるか?が大切…こちらを参考に!

35歳転職限界説は本当なのか?35歳の壁を乗り越え転職を成功させた先輩が語る秘訣とは?!

★自衛隊から通信工事の仕事へ

自衛隊の事務職から通信工事の技能職へ(30代・男性)

自衛隊では主に物品の管理、書類の作成、調達をおこなっていました。作業は長時間労働でした。各課との物品要請の優先順位の会議をしたり、フォークリフトで物品を動かしたり、草刈りをしたりしていました。福利厚生はよかったです、が過労で入院してしまい、転職を決意しました。次の通信工事の仕事は、長時間労働は無く、午後5時には帰れましたが、体力を使う肉体労働でした。こちらは人間関係があまり良くなく、怒号が飛び交うなど、なかなかきつい仕事です。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職をしようと思っている人は、一度現場を見せてもらうか、アルバイトで仕事の経験をさせてもらうか、した方が良いと思います。またポリテクセンターなどで技能や資格を取ってからでも遅くはありませんので活用をオススメします。なかでも注意が必要なのが人間関係です。これは入社する前に感じ取りましょう、後々、人間関係が原因となって、辞めることが多いからです。

自分に合う仕事とは?を考えたいなら…こちらを参考に!

転職してみたら天職だった?!体験者に聞いた自分に合った仕事に転職するためのコツ

★希望しない転勤がいやで転職

OA機器製造販売会社の国際調達からIT業界の調達(40代・女性)

転職動機は前の会社で希望しない転勤を命じられたことがきっかけでした。
若い人が多い職場になったので明るい雰囲気の反面個性的で自己主義の人が多い職場になりました。
半外資系から完全な外資系になったので日本支社にあまり決定権がないと感じました。
自分で気づいて自分で仕事を始めるようになりました。
給与明細がとてもシンプルになり、給与は少し上がりました。
ボーナスが業績に応じて変化するようになり、転職後の28歳で夏のボーナスが3桁になったことがありとても嬉しかったです。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職で100%成功することはなく、どんな転職でも多少の後悔はつきものだと思います。
しかし、その後悔を乗り切れるかどうかでその後の会社人生も変わってくると思います。
転職直後は、いくらステップアップの転職でも文房具のありかも分からず自分の居場所を築くまでは苦労すると思います。
転職は精神的にストレスになることは確かなので、理由がない限りはやめるほうが精神的にいいと思います。

転職して後悔はしたくないなら…こちらを参考に!

『転職した後に後悔』している先輩達からの本気アドバイス!

★いつかやってみたいと思っていた出版業へ

飲食業のマネージャー職から出版業の編集職(20代・女性)

飲食業では、マネージャーとして店舗全体の品質管理とトレーニングを行っていました。経営者の仕事に対するスタンスや考え方に賛同できず、また仕事を通じてスキルをつけたかったため転職を決意。以前よりいつかやってみたいと憧れていた出版業へ。給料は5万くらい下がりました。しかし、編集者としてゼロから経験を積める機会と言うのは、チャンスがないと思っていた分嬉しかったです。また、人間関係も変化し、以前より層が厚くノウハウをもってる人がたくさんいました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

前向きな理由で退職を選んだこと強調すること。自分自身を理解することが大事です。ただ単に嫌いだからとか面倒だからではなく、自分のなりたい姿に対してのGAPを埋める転職であることが大事です。出来れば、自分がどんな人間なのか考える時間を持つ事で、前とは違う自分に出会えるかもしれません。新しい自分を知るためにも、前向きな発言ができるように参考にしてほしい。

辞めるのは簡単。その前に…こちらを参考に!

仕事を辞めるという選択肢が悲劇を生む?!仕事を辞める前にチェックしたい7つのこと

★英語の職務に疲れてボランティアからの福祉施設へ

外資系企業の事務から福祉施設職員(30代・女性)

ビジネス英語での職務に慣れず、悪戦苦闘の毎日でした。そんな中、以前から福祉施設でボランティアをやっていたのですが、そちらからお声をかけていただき、ちょうど募集しているから応募してみないかとのことでした。お給料は月10万は減りました。しかし、仕事自体はとても分かりやすいシンプルなものでしたし、何より利用されている方々との毎日が本当に楽しくて、毎日充実していました。あまり自分を繕わず、出来る限り自然体でいることを心がけました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

どこにきっかけが転がっているかは分かりませんし、繋がりはとても大切だと思います。日頃からお世話になっている方々や、関わりをもっている方々への感謝の気持ちを忘れずに、日々接していくことが大切かなと思います。また、あまり自分を繕わずに、出来る限り自然体でいると、自分が望んでいることに少しずつ近づいていくのではないでしょうか。

転職して大正解!その理由とは…こちらを参考に!

仕事が楽しい!転職して大正解だった人たちの共通点とは?

★同僚の年齢層が近くなり、気持ちよく働けるようになった

鰻の加工から歯科衛生士(20代・女性)

前の職場には高齢者の方が多く金銭的問題や変な噂話であまり気持ちよく働けませんでした。車なのであまり関係ないことかもしれませんが家からの距離も少し遠かったです。ですが職を変えてからは歳が近かったり職場の雰囲気もやはり職業柄なのかとても良くて金銭的問題なんて全くありませんでした。お給料やボーナスもやはりこちらの方が良いですしここは助手を求めていた為資格等は必要が無かったので今は本当に転職して良かったと思ってます。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

迷ったら転職しましょう。いつまで経っても嫌な思いしながら働くより思い切って転職して楽しく働いた方が気持ちがいいと思います。先ずは思い立ったら行動です。後はその転職先の職場の雰囲気やお給料、ボーナス、そこでまた何年か続けられていけるか等の下調べもしておくといいでしょう。やりたい事はいくつになってもやるのがいいと思います。

楽しく仕事したい!迷わず進みたいなら…こちらを参考に!

仕事って楽しい。転職してよかった!予測があたって大成功の転職例大公開!!

★仕事に誇りはあるも、昇給なし、残業ありに転職を決めた

建設業メーカーの技術者からインターネット広告代理店の営業(20代・女性)

建設業界で技術者として働いていた頃は、自分の仕事に対して誇りも持っていましたし、充実感もありましたが、日々の残業時間の多さと休み無しの労働に身体がついていけなくなりました。また、基本給が低く、何年働いても上がらないので、見合っていないと考えるようになりました。
広告代理店に転職してからは、営業職へと変更しましたが、もともと客先とのやり取りは前職でも当たり前だったので、切り替えは早かったです。基本給与も建設業界時代より5万円ほど上がりましたし、理不尽な残業も無く、プライベートの時間を計画的に作れるようになり、精神的な負担が大きく軽減されました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職先を選ぶのは人それぞれですが、前職と全く違った分野の世界に入ってみるのも、視野を広げる体験として、お勧めします。
1社に限らず、複数の仲介業者へ登録したほうが、より多くの企業の求人情報を得られるので、選択肢の幅が広がります。また、転職の面接では、前職において、最も困難だと思った出来事と、それに対して自分がどう乗り越えたか、をよく質問されますので、エピソードをいくつか用意しておくと楽です。

転職サイト&エージェント比較なら…こちらを参考に!

【大手転職サイトから外資系まで】営業の転職に強いのはどこ?サイト?エージェント?それともアプリ?!19社を徹底比較!

27歳の転職まとめ

27歳で転職を成功された人の体験談を見てきました。

27歳の転職はまだまだ異業種への挑戦が可能な年齢といえます。

年齢的にはまだ若者の年齢。年齢を気にして迷っているのであれば一歩踏み出してみませんか?

ネット上ではこのような記述がありました!

2016年4月~2017年3月にDODAのエージェントサービスを利用して転職した27歳の女性のデータによると、転職前の職種で最も割合が高かったのが「事務・アシスタント系」で25%を占めました。次に多かったのが「営業系」で22%、そして「販売・サービス系」の13%と続きました。就業状況を見ると、仕事をしながら転職活動をしていた人が70%。また、転職回数の平均は0.4回で、転職経験のない方が66%と過半数を占める割合でした。

引用:27歳女性の転職事情 ~データで見るリアル~

27歳は、それなりに社会人として働いてきた経験があるとともに、若さも持っているという、企業にとって非常に魅力的な年齢です。だからこそ、このタイミングでどうするかは一度考え、もし転職しようと思ったなら行動に移すことが大切です。いつかはなんて考えていると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりますから、注意してください。

引用:27歳で転職する為に大切なこと。成功させる為の取り組み方とは?

27歳での転職は成功率が高いですが、転職をするということは、今の会社でのキャリアに見切りをつけることでもあります。

  • 今の会社でやり残したことがないか
  • 入社前に思い描いていたことはできたか
  • 人に語れる成功体験はできたか

を振り返ってみてください。やり残したことがあれば、それを終えてから転職をするのも一つの選択です。

引用:27歳、絶好の転職タイミングで考えるべき3つのポイント

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!