LINEキャリア相談絶賛受付中

【転職する女性はカバンも見られている!】面接官が教えるカバンにまつわるNG7つ!

インターン→新卒→転職→フリーランス→経営者、全てのキャリアを歩んできた私が、転職活動で気になるバッグについて調べてきました![/char]

転職する女性が、ぶつかる難題はやはり面接。
そんな時、服装、髪型は勿論、カバンも見られているって考えたことありますか?

そして、そのカバンをどう扱うかもしっかり見られているんです!
普段、何気なくカバンを選んで使っている人は、種類と行動をチェックしてみてください。
今回は、そんなカバンにまつわるNGを7つとその対策を集めてみました。

是非参考になさってくださいね!

↓↓すぐに転職の相談をしたい方はこちらをクリックしてください!

すぐに面接相談をしたい人はこちら

 

登場人物

 キャリアアドバイザー 笹田

 採用経験者のトリ

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その1・
服装はスーツで決めているのに・・・

女性が選んでしまいがちなリボンなどがついた可愛らしいもの、華美なもの、一目でブランド品と分かるようなものはNGです。転職活動は、おしゃれさをアピールする場ではないので、ビジネスシーンに合うデザインのものを選ぶ必要があります。

転職活動に向いているカバンの選び方

◆対策◆

服がスーツなのですから、A4サイズの入るビジネス用のバッグを持ちましょう。トートバッグ、リュックなどカジュアルなものは避けてください。笑い話のようですが、今の会社の名前・ロゴが入ったA4封筒をバッグ代わりに持つ人もいるとか。当然アウトです。

<面接>いい大人がマナーでNGになるって本当?面接官の5つのチェックポイント

笹田の視点

 これは転職先の職種にもよるだろうが、少なくともビジネススーツならビジネスバッグが無難ですね。時間が無いとか、準備ができていないとか、そういう部分もやはり「雑な仕事をしそうだな」という風に判断されても仕方がないですので、気を付けて!

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その2・
カバンはどこに置く?

面接の時にバッグをどこに置くかも見られています。床に横倒しで置く、空いている椅子に置く、膝の上に置くなどは全てNGです。座っている椅子の足元に立てて置きましょう。

<面接>いい大人がマナーでNGになるって本当?面接官の5つのチェックポイント

◆対策◆

転職活動をしていると、会社説明会や面接の時など、カバンを床に置く機会が多くあります。その際、少し硬くてハリのある素材、そしてできれば底板が入っているものであれば、床に置いても倒れません。

転職活動に向いているカバンの選び方

笹田の視点

 これは意外とやってしまいがちだが、マナー的には座席やいすに置くのはあまりよくないです。営業などでは、客先ではハンカチを下に敷いてからカバンを置くなど徹底している人もいるくらいなので。色々な場所に置いているカバンの底は、ある意味靴底と同じようなものです。

 

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その3・
形はどんなものでもOK?

デザイン重視の小さいカバンやハンドバッグ、薄すぎるものなども転職活動には不向きです。そして、最近ドラマなどで時々見かけるリュックサックも、面接などには当然NGです。

転職活動に向いているカバンの選び方

◆対策◆

もらった書類を折らずに収納できるよう、A4サイズのシンプルなビジネスバッグが基本です。素材は革でもナイロンでも構いませんが、できれば靴と同じ色のもの、難しい場合は黒が良いでしょう。

写真でわかる・転職時の面接の服装・マナー(スーツ編)

笹田の視点

 ビジネスシーンでは、書類や封筒など、折り曲げにくいものを持ち歩く可能性も高いです。だから、最低でもA4サイズが折り曲げずに入るくらいの大きさは確保したいですね。

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その4・
カバン+大きな荷物

会社帰りにどこかでスーツに着替えてから面接に行く場合は、着替え等が入った大きな荷物を持って面接に行くのは非常識です。

◆対策◆

コインロッカー等に預けて、ビジネスバッグだけ持って訪問しましょう。

面接の身だしなみ ~女性編③ 服装~

笹田の視点

 転職活動は忙しい隙間をぬって行うことも多いですよね。ただ、この辺は面接官によっては別に気にしないところも多いはず。中身がしっかりしていれば、評価に大きな影響は無いかもしれないです。「忙しい合間をぬって活動しているアピール」につなげて、入社したい熱意などに話をもっていってもよいくらいかもしれません。少なくとも、あまりにだらしない様子に見えない限り、大丈夫だと思いますよ。

 

↓↓すぐに転職の相談をしたい方はこちらをクリックしてください!

すぐに面接相談をしたい人はこちら

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その5・
小物は私の代弁者!

目につく靴やバックを持っている子は、配属先でも良くも悪くも目立ってしまうことが多い

女性ばかりの職場で新人さんは、仕事に慣れるまでミスもするし戦力にはなりません。そんなとき、持ち物が派手だった場合、仕事以外での突っ込み所が満載ということになってしまいます。

◆対策◆

装いの末端であるバックや靴を通じて主張するタイプなのか、留められるタイプなのかを見ている

なまいきな要素が見当たらないこと

服装だけじゃない!面接で意外と見られている“マナーとして”のカバンと靴の詳細

笹田の視点

 厳しい視点だと思うかもしれませんが、意外と小物や小さい部分に人間の本当の性格や性質が出るため、結構、気にする方が多い気がします。「なまいき」なのかどうかは置いておいて、好きだからと言って何でも職場や面接などに持っていくのは辞めておいたほうがいいですね。職場になじんで、ほかの人の様子などを見てから少しずつ自分の好きな小物で固めていくのが良いかも。

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その6・服とカバンのコーディネイト

スーツに対してバッグの色が悪目立ちしないようにすることも意識しておきましょう。

面接の部屋に入る第一印象でその色のアンバランスさに目がいくこともあります。

転職のバッグの色!評価が下がるバッグの色とは?

◆対策◆

面接の服装にあわせた、
黒または、ベーシックな色合いの無地のもの、が望まれます。

面接官からみて面接時の鞄で気を付けるポイントをまとめてみた

笹田の視点

 さすがに悪目立ちするレベルだと、ちょっと気になってしまうかもしれないですね。そういうときは、「個性的なカバンですね?」などの質問をして、どういう反応が返ってくるかを見る人もいるかもしれません。自信をもって「自分が好きな色です!仕事の調子が上がるので!」という答えならOKかもしれませんが、変に突っ込まれてしどろもどろするくらいなら、最初から無難にしていくのがおすすめです。

 

転職する女性に!カバンにまつわるNG!その7・カバンを持たない

面接会場で書類をもらったときにずっと手に持っているわけにはいきませんし、ポケットに小さく折りたたんで入れるのも失礼です。面接前に履歴書を確認したり、業界研究したノートを入れたり、最低でも筆記用具や携帯電話を入れる場所が必要です。

◆対策◆

カバンは単なる飾りではなく社会人としてビジネスで必要なものであり、面接の持ちものとして必ず用意するようにしましょう。

バッグ・カバンについて

笹田の視点

 意外といるんです。カバンを持っていない人とか、スマホと財布しか入らない小物入れのようなバッグの人とか。さすがに、「書類を渡されたらどうしよう」とか、「相手がどう思うかな」などの最低限の「予測能力」や「思いやり」を疑われてしまう可能性が。仕事はそういう思いやりや予測ができないとスムーズに回せないものなので。

↓↓なかなか転職活動がうまくいかず、すぐに相談したい方はこちらをクリックしてください!

すぐに面接相談をしたい人はこちら

~ここからは生の声『実際に面接等で鞄で失敗しまった事』どうぞ!

★足元に立てられなかった!

事務職・女性

面接用に購入しましたが、薄いタイプだったせいか、着席する時に床に置くと直立せず倒れそうになり、なんとか安定させて置いたものの面接中にパタンと大きな音を立てて倒れるという恥ずかしい思いをしました。 椅子にもたれさせても結局倒れました。

★なんと面接官から指摘されてしまった

営業事務・女性

黒の四角い大き目のビジネス用カバンです。面接時にカバンが大きくて面接官の方に「就職には向いていない鞄ですね。もう少し小さめにした方がスッキリ見えて印象も良くなりますよ」と言われました。身なりやカバンの事まで見ているとは思いもよらず恥ずかしかったです。

★ボロボロで穴からライターが!

フリーライター・女性

A4が入るトートバッグタイプのリクルートバッグでした。就活を頑張り過ぎて、リクルートバッグはいつの間にかボロボロになっていました。それも勲章だと思って使い続けていたら、カバンに穴が空いていたようで採用面接時にバッグからライターがポロリ。採用担当者の方に、禁煙を進められました。

★化粧ポーチですら入らない?

書店員・女性

黒色のビジネスバッグを使用していました。スーツと一緒に購入したビジネスバッグなのですが、とにかく奥行きが狭くて荷物が入りませんでした。
化粧ポーチもかさばって入れられなかったので、面接会場へ行く前の化粧直しもどうしたらいいものか、かなり悩みました。

★漁っても漁っても物が出てこない

サービス業・女性

A4サイズが入る割とシンプルな黒の鞄でした。面接に必要な書類等は入りましたが、普段使っていない鞄の為、すこし型が崩れていたし、擦れた感じの汚れに気づかず持っていきました。 書類や印鑑等いろいろ入れて行きましたが、ポケットが多い鞄でしたので、あちこち漁っても必要なものがすばやく出せず、非常に恥ずかしい思いをした事があります。 大事な物を沢山入れるにしても、ぱっと見て取り出せない様な鞄はダメだと思いました。

★リクルート鞄はいらなかった・・

アルバイト・女性

青山とかで購入できる就活用の黒いカバンを使っていました。四度目の転職の就職活動の際購入しましたが、その時の年齢が38歳で今更黒いカバンは必要無かったようです。書類を入れるのに欲しくて購入したのですが、一次の書類選考がある一般企業ではなく公共施設の受付に応募したのですが、面接のみでしたのでなおさら黒いカバンは必要ありませんでした。

★革のカスがボロボロと

製造業バイヤー・女性

A4が入るカバンでボッテガヴェネタトートバック風のもの。転職用に買ったものでしたが、しばらくクローゼットにしまいっぱなしにしていました。革だったので、表面がボロボロになっている部分があり、床に鞄を置くと革のカスが床に落ちていました。待合時は落ちた革を拾いましたが、面接時には拾えずカスが落ちたままでした。

★マチが無く履歴書も折れました

保険代理店事務・女性

横型に書類を入れるタイプのカバン を使っていました。スーツも靴も就活している人はみんな同じように見えたので、カバンだけは自分の好きなものを持とうと思い、黒くて書類が入ることだけを条件に、アンタイトルという好きなブランドで購入しました。しかしリクルート用ではないので、マチがなく、書類は入ってもペットボトルなどを入れると折れてしまい、大事な履歴書も折れてしまいました。合皮のため少し使うだけで剥げてきて、見栄えも悪かったです。

最後に転職成功者からのアドバイス!

 転職活動時のカバンの使い方・置き方って、面接官からすると意外と目が行くポイントなので、押さえておきたいところですね

 男性は基本はビジネスバッグ一択でしょうけども

 男性は楽ですよね
女性は私服で出社して、会社で着替えるという人も多いと思うので、転職活動用で準備する人もいるんじゃないかと思います
事務職の人とか、普段慣れてないから、特に大変そう

 あんまりビジネスバッグなんて持ち歩く機会ないだろうからな
7のカバン持っていない人とか

 これも経験がないと、普通にやっちゃう人いますよね

 まぁそれだけで落ちたりしないとは思うけど

 大丈夫かな、と面接官側は不安になりますよね
あと、面接にきたカバンが明らかに私服用のカバンの人とかもいますし

 1のブランドバッグとかはそうだろうね

 ブランドバックいますね
カバン自慢されても、という気持ちになります。笑
あと2のカバンの置く場所に悩む人も多いですね

 確かに

 ずっとカバンを持ってる人とか
入り口の横に置いてきちゃう人とか
椅子の上に置いちゃう人とか

 膝の上にかかえちゃう人とかいるよね

 いますねー
面接だからとテンパって、普段と明らかに違う変な行動をしちゃう人いますからね

 でも、そういう空気を出しちゃう面接っていうのもよくないよね
自然体で話せるような面接にしたほうが良いと思う

 面接官のプレッシャーでテンパっちゃってるわけですからね
そのままだと相手のこともよくわからないまま、面接なんてあっという間に終わっちゃいますからね

 本来の自分を出しにくいような場所で、本当の相手を見抜こうとするのって、そもそも矛盾があるから

 結局、面接官の思い通り動いた人が面接に通過する、という変な構造ですからね
そもそも面接なんて、非日常過ぎて、素の自分なんて出るわけないですし

 そうですね
カバンどうしよとか、髪型どうしよとか、そういうことに気を遣わないといけない場所な時点で、そもそもずれてる気がしますわ
一緒にご飯食べたほうが、よっぽど相手のことが分かると思います

 ご飯食べたり、お酒飲んだりのほうが、その人のことはよくわかりますよね
話している内容だけじゃなく、その場の振る舞い方とかも含めて

 究極、別にご飯に行くならカバンもってきてなくても気にならないじゃないですか
細かいことが気にならない場所で相手を判断すれば、本当に重要な部分で判断して良い採用ができると思うんですよ
本当のところを言っちゃうと、マジで一緒に働いてみないと分からないってのはあるので

 面接で調子の良いこと言ったから受かる受からない何ていうのが、そもそも無理がありますからね
面接で人を評価しなければいけないって言う場所だと、どうしても減点方式で人を見ちゃうから、細かいところにも目がいっちゃうんですよね

 そうそう

 合うか合わないか、なんて、そもそも点数ではかれないですしね

 減点方式じゃあ本当に良い人は採用できないよ

 人のあら捜しですからね

 求職者も、そういう風に考えて、強気でいくのが良いと思います
しょうもない面接のやり方だったり、そもそも面接官に人間としての魅力を感じなかったり
自分の肌に合わないと思ったら、願い下げでいいと思います

 求職者側もビクビクして、細かいことを気にしすぎてる感はありますよね

 一生懸命頑張れる自分に、もっと自信をもって欲しいですね

 転職活動を頑張っているだけでも、大変なことですからね

 この人は頑張ってきたんだな、頑張れる人なんだな、というのが伝われば、そういう細かいところはこっちも気にならないので
減点方式を気にしすぎて、ビクビクして細かいところに目が行ってる人だと、こっちもそういう目線になっちゃうという話です

 本当にそうですね
知ってるか知らないかで評価されることが多すぎるんですよね
もっと合うか合わないか、会話をしたりしなければわからないことに、目を向けてほしいですね
あと、細かいことを面接で気にする会社は、入社後も細かいことを色々と言ってくる会社も多いですし、私なら願い下げます。笑

 私も、本質的な目線や質問を投げかけてくれる会社を選びますね
いつも言ってますが、会社は死ぬほどあるので
選ばれるんじゃなくて選ぶんだという視点で頑張りましょう(傲慢になっちゃだめよ)

 

↓↓すぐに転職の相談をしたい方はこちらをクリックしてください!

すぐに面接相談をしたい人はこちら

 

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!