LINEキャリア相談絶賛受付中

『転職した後に後悔』している先輩達からの本気アドバイス!

「転職した後に後悔ばかり」 自分だけなのかな? 他の人は転職うまくいっているんだろうな・・などと 思ったことはありませんか? あなただけではありません!今回は「転職経験者」の方々に 「転職して後悔したこと」について伺ってきました! 「転職で後悔したくない!」と思っている方も 是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職活動中のGさん

 キャリアアドバイザー笹田

転職での後悔

 Gさん、転職で後悔したくないために心掛けていることって何ですか?

 そうですね、企業とのミスマッチは避けたいところですが、何もかもこちらの希望が叶うとは限らないでしょう?

 というと?

 ほら、部屋を借りる時も、駅から近いけどうるさい、とか広くてステキだけど家賃がちょっと高いとか、そういうのあるみたいに、多少は妥協すべきところもあるかな、と。

 はいはい

 だから、どうしても妥協できない部分はピックアップしてはあります。これをやっておけば後で後悔しないでしょう?これ、そのポイント書き出したものです。見てください。

 

 はい、えーと、?これですか?この100個くらいあるやつ? ・・・Gさん、まず妥協の基準について話す必要がありそうですね。その前に転職して後悔した人たちの話なども集まっているので読んでみてくださいね。

★派閥もあり人間関もよくない会社でした

“先輩データ(20代/女性)”
1.前職:不動産業務事務
2.転職先: 不動産業務事務(同職種)

職業自体は同じ職種なのですが、前の職場の人間関係がすごく良かったのです。しかし、残業がちょこちょこあり、残業手当がでないという事で長いこと悩んだのですがやはり生活もあるので、生活の為にやはり残業があるなら残業手当がある職場に転職しました。しかし、人間関係がとても悪い所で女性が多く派閥がある感じです。私は誰とも深く関わらずにしているのですが周りの人はみんな誰かの文句を言ったり社長もとても上からものを言い毎日怒っているような人で、少し残業したくらいで残業手当にこだわらなければよかったと辞めたことを後悔しました。

先輩からのアドバイス

面接の時に、人間関係の事などを聞いておいた方が良いと思います。また周りからの評判や口コミも調べておいた方が良いと思います。

★待遇に魅かれて。でも人間関係が!

“先輩データ(30代/女性)”
1.前職:サービス業事務
2.転職先: 建設業事務

私が前職を辞めて転職をしたのは、お給料のアップを望んだからです。収入の面で前職の会社はあまり良くなかったので、待遇の良い会社を探して転職しました。前職の職場では人間関係も良くて、アットホームで毎日楽しく仕事をしていました。しかし、転職後の会社は人間関係が余り上手くいかず、社員の人たちも淡々と個人で仕事をこなしています。働きやすさを考えると、安易に給料が安いからと、転職するべきではなかったと後悔しています。

先輩からのアドバイス

転職をするなら、なぜ転職するか、今の仕事を辞めてのメリットやデメリットを確認して、それでも希望するなら転職をすると言った思考が必要だと感じました。

★給料が良い=責任も重くなります

“先輩データ(50代/女性)”
1.前職:福祉施設相談員・管理者
2.転職先: 福祉施設相談員

前職への転職は知人の紹介でしたが、前職をやめる決心をしたきっかけは経営者の横暴についていけなくなったことなのですが、そのことを紹介してくれた知人に伝えると、知人もそれほどよく知らない状況での紹介でした。前職を辞めて、今の職場に転職する際はハローワークを利用しました。ハローワークなら聞きにくいこともきちんと確認できると思ったからです。
実際、働き始めてみると条件(給料や労働時間)はハローワークで提示されていることと違いはなかったのですが、給料が良いということは、それだけ仕事の責任が重かったり困難な問題をクリアすることが求められているのだと気が付きました。
後悔していることとと言えば、給料や労働時間などの条件だけでは、真の仕事の大変さははかり知ることができないということが、後から分かったことです。

先輩からのアドバイス

転職後の仕事内容に関してのリサーチを可能な限り行う。
同じ職種へ転職する人が多いと思いますが、会社によって同じ職種でも仕事内容が同じとは限らないので、仕事の内容について出来る限り具体的に確認した方が良いと思います。
また、同業者から転職を考えている会社の評判を聞くこと、特にマイナスなイメージついての評判は確認しておけると良いと思います。

★小さな会社で休みにくく、手当も僅か

“先輩データ(20代/男性)”
1.前職:薬品会社の営業
2.転職先: 電材商品の営業

小さな会社だったと言うこともあり、まずは休みにくいと言うことがありました。また、ミスをするとカバー出来る人が居ないために、一人で処理しなければいけないと言うこともありました。待遇面も福利厚生も悪く、求人表に記載があったボーナスも出ませんでした。もちろん、残業代も出ず、営業手当ても僅か5000円ととても後悔していました。

先輩からのアドバイス

インターネットなどでの企業研究を怠らず、小さな会社の場合には面接時に不安なことは聞いておくと良いと思いました。

★収入がガクンと。求人情報だけでは・・

“先輩データ(30代/女性)”
1.前職:工場事務員
2.転職先: 建設業事務員

転職後に後悔したことは収入がガクンと減ったことです。基本給はあまり変わりはないのですが手当がありません。
求人時にはボーナスもあると記入していたのにボーナスもないです。あまりにも求人情報だけではわからないことばかりでした。面接時に確認しとくべきだったのかもしれません。年収で言うと前の会社の半分以下です。苦しいです。

先輩からのアドバイス

基本給以外のことも確認ができるなら聴いておいた方がいいと思います。ボーナス、手当、通勤手当などどうなっているのか。
後、知り合いが同じ業界にいるなら話を聞いた方が無難だと思います。

★ストレスフル!会社からの評価もない

“先輩データ(30代/男性)”
1.前職:ドラッグストア勤務
2.転職先: ホテル業

給料が少なく 手当てもつかず毎月バイト並みの給料しかもらえない今の職場は、はっきり言って、転職した会社を間違えました 会社からの評価もなく、清掃の人間がミスをしたら、お客様に怒られるのはこちらなので、正直楽しい仕事ではないです。毎日がストレスなので他の仕事を探している最中です 一刻も早く他の仕事を見つけたいです。

先輩からのアドバイス

やはり、どの業界でも資格は必要だと思います。資格さえあれば、手当てもつき 毎月の支給額にも 上乗せとなるので、転職考えている方は是非資格とってください。

★孤独感。居心地まではわからなかった

“先輩データ(50代/女性)”
1.前職:運送会社
2.転職先: 車メーカー工場下請け

職場への道が混雑することは知っていたが、朝のラッシュ時間は1時間かかることを調べていなかった。また、出勤時間を遅めに希望していたが、通らなくて苦労している。職場での作業は、実際の見学などはなく、周囲の居心地の良さまではわからない。また、自分の持ち場の周りで薬品が使われていて、気分が悪くなってしまった。社員食堂へ行っても、持ち場でも今は孤独であることが辛い。

先輩からのアドバイス

日々の出勤が比較的自分の生活に見合っているかは、大事です。また、人との関係性が自分次第で改善できるところであるかどうかも知っておくと選ぶ基準になった。

★通勤がきつく流産、残業も多かった

“先輩データ(30代/女性)”
1.前職:省庁非常勤講師
2.転職先: (現在は)専業主婦

半年後に結婚が決まっていた中で就職した場所が、通勤距離がかかる場所で電車の乗車率も高い路線でした。結婚してすぐに妊娠してしまい、つわりがひどい中での通勤がきつくて流産してしまいました。しかも、仕事も残業代が出なくて朝も早く夜も時期によってはサービス残業を強いられる職場で、子供を欲しいと思っていた私にはとても良い職場環境ではありませんでした。

先輩からのアドバイス

ある程度の年齢になったら自分のライフステージに合わせた仕事や職場を探すのが良いと思います。特に女性は結婚、妊娠、出産、子育てなどの変化に対応できるお仕事や職場で予め働けるようおすすめします。

★賞与が〇か月分?それは気づかなかった!

“先輩データ(20代/女性)”
1.前職:金融業
2.転職先:卸売業

賞与の実態を調べておらず、実際は掛け算する月数が少なかったため、全体的な金額が少ない事を知らなかった。直近の業績を調べればよかったと後悔した。また、職場環境では、実際に支店で働いている女性の方の年齢層も知らなかったので、周りがお局ばかりで自分と気の合う人がおらず、周りに凄く気を使うこととなった。

先輩からのアドバイス

直近の業績を調べること。また、同じ職種の方の年齢層を調べること。あとは、前職の人が辞めた理由もわかれば聞いていたほうが良いと思う。

★転職前の有給消化等が心残り

“先輩データ(20代/女性)”
1.前職:保険代理店
2.転職先:事務員

ボーナスを受け取る事を忘れてしまい、ボーナスの支給前の月に退職してしまったことを、とても後悔しています。あとは初めての転職だったので有給消化を全くせずに退職を迎えてしまいました。やめた直後に知ったのはこの2点の後悔でした、特に有給消化は私の権利だったので消化できなかった事がとても残念に思っています。

先輩からのアドバイス

転職前に必ず転職時期の再考と有給の完全消化を行うこと、あとは職安に行ってしっかり手当の請求を行うことです。

 まとめ

 やはり、給与面については事前リサーチをしっかりすることで、ミスマッチをなくすようにできそうですね。

 そうですね。自分の生活に関わってくる手取り、手当などについては、聞けばわかることですので、後で後悔することのないようにしたいですね。

 会社の雰囲気まですべて事前にリサーチするのは難しいですねえ。

 転職がうまくいった方達は直観を信じろ、という意見が多かったんですがねえ。後悔している方達からは、良く調べろというアドバイスになりますね。

 知り合いがいたりするといいんですけど・・。

 その会社のことに詳しいエージェントさんを介している場合などは、わかりやすいかもしれません。さあGさん、このように事前リサーチも大事ですが、Gさんの場合は、もうすこし大きな部分から考えていきましょうね!

いかがでしたか? 今回は「転職経験者」に「転職での後悔」について、お話を伺わせていただきました。 「人間関係がよくなかった」 「給料以外の手当が少なかった」など、転職に後悔している人はたくさんいますね。 是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!