キャリアアドバイザー笹田

キャリアアドバイザーの笹田です!
インターン→新卒→転職→フリーランス→経営者、全てのキャリアを歩んできた私が、様々なキャリアを歩んでいる先輩たちにインタビューしてきました!

30代の女性の転職って微妙です。
なぜなら、結婚出産や子育てなども絡んでくるし、年齢的にも条件が悪くなってくる頃だから。
「後がない」って気持ちで転職活動も慎重に行いたいですよね。
この記事では30代で転職した女性たちの失敗事例と成功のコツをご紹介いたします。
ぜひあなたの転職活動にお役立てください。

登場人物の紹介

 美容師からタイ古式マッサージのセラピストへ転職したAさん
  キャリアアドバイザー笹田

30代で転職した先はブラック企業だった

本日は、30代で美容師からタイ古式マッサージのセラピストへ転職したAさんにお越しいただきました。
Aさんありがとうございます。
ご自身の経験を振り返って、30代の女性が転職する際に注意した方が良いことって何ですか?

 雑誌やネットだけの情報で判断するのは要注意ですね。

 なぜそう思うのですか?

 一般的に出回っている情報は、表面的なものが多いです。その程度の情報で人生の大きな決断である職場選びをするのはかなり危険だと思います。実際、私も入社後、ブラック企業だと知り、世の中はかなりシビアだなと感じたところです。

 Aさんのご経験を踏まえて、どうすれば失敗しないで転職できると思いますか?

 横のつながりを作っておくことですね。特にスキルが同じ人たちの情報はとても貴重です。彼らと情報をシェアできる状態になったので、業界の相場や条件などを事前に把握できるようになりました。仲間を増やして常に良い情報に辿り着ける環境を作ることを心がけてくださいね。

 なるほど、雑誌やネットなどの情報だけを鵜呑みにするのではなく、同じスキルを持った人たちとのネットワークを作っておくのが転職での失敗を避けるコツですね。
ありがとうございました。

では、ここからは、30代で転職活動を経験した女性たちから聞いた、失敗事例と成功のコツをご紹介いたします。

30代で転職した女性たちのリアル、失敗事例と成功のコツとは?

転職活動で「思い出したくない」失敗談と成功のコツ

失敗事例1:在職中の転職活動で気まずい雰囲気になってしまった

工場での勤務を続けながら、転職活動をしていました。工場が土日休みのみだったため、急な平日の面接の場合は、どうにかして休まなければなりませんでした。最初は、用事が急にできてしまったのでと、有給を入れさせてもらったりしていましたが、転職活動が長引くにつれ、それも言い出しにくい雰囲気になってしまいました。結果、仮病使うという事になったのですが、転職先が決まるまで本当に気まずかったです。(食品工場のライン作業スタッフから、雑貨店の販売スタッフへ転職)

成功のコツ1:働きながらの転職活動は精神的にキツイので覚悟しておこう

転職活動中は、条件などあまり絞らずに、どんどん受けてゆくと言うかたちで活動を行なっていました。今考えれば、もっとしっかり条件を絞れば、無駄な面接に行かずに済んだのだと思います。面接で詳細を聞いてガッカリしたり、雇用形態が思っていた内容と違ったりなど、理由は様々です。また、面接スケジュールを会社に合わせるだけではなく、自分の希望ももう少し伝えても良かったのかなぁと思います。とにかく、働きながらの転職活動は精神的にとってもしんどかったです。

在職中の転職活動のコツ…こちらのネット記事にも。

面接には有給休暇を利用するか、平日に面接へ行くことが難しいのならば、前もって勤務時間外や休日に設定してもらいましょう。勤務時間外にお願いする場合は、夜の7時までが常識の範囲内です。休日に設定してもらう際も、「無理を聞いていただいてありがとうございます」と、応募先の人事にも貴重な時間を割いてもらっていることを自覚しましょう。お願いの仕方は、「土日でなければ面接には行けません」と、自分本位な言い方をするのではなく、「面接に進んだ際はどのようなスケジュールになりますか?」と、聞いたうえで、スケジュールの相談をしましょう。

バレないようにコッソリ転職活動!在職中の転職術31

失敗事例2:どうせ無理…と思ってしまい、行動に移せなかった

転職活動中は、マイナス思考になり、きっと無理だなとか考えすぎていたので、いい案件でもすぐに飛び込まない気持ちがありました。今の勤め先に満足はしています。でも、あの時あの面接を受けてたら、と思うこともあります。(福祉関係の支援員から飲食店店員へ転職)

成功のコツ2:せっかくの転職、チャレンジ精神を持とう

とりあえず、やってみないとわからないのが仕事ですので、経験不問などのところには、思いっきりトライして見るのがいいと思います。

不安をどう乗り越えるかが重要!こちらのネット記事にも。

転職は仕事を変えるという人生の一大イベントですので、不安に思われて当然です。転職活動をされている方は皆さん、少なからず不安を抱えていらっしゃると思います。それでも転職に成功された方は、そのような不安を乗り越えて挑戦したからこそ。ただ漠然と不安に思っているだけでは何の解決にもなりません。なぜ転職したいのかという思いに立ち返り、その思いを実現するための選択肢としてやはり転職が挙げられるなら、すぐに行動に移すことをおすすめします。

転職はうまくいかないという漠然とした不安があります。

面接時の「やっちまった!!」失敗談と成功のコツ

失敗事例3-1:「営業以外なら何でもよい」というのが面接官に伝わって落とされた

前職の営業が激務すぎて転職活動をしていたのですが、「営業以外なら何でもいい」と心のどこかで思っていたのが面接官に伝わってしまったようで、「うちのこの業務じゃなくてもいいのでは?」と落とされてしまいました。(金融機関の営業から通信サービスの事務に転職)

失敗事例3-2:「正社員なら何でも」という考えが甘かった

面接を2件受けたのですが、選んだのがとりあえず正社員で働きたいから、という理由だけでした。案の定、面接で相手の思うような人材ではないことをすぐに見抜かれて、落とされました。下手な鉄砲数打ちあたると思ってたのですが、あまり意味がないので資格を取ってから介護業界に就職しました。(雑貨の販売職から介護業界に転職)

成功のコツ3:転職したい会社のことを徹底的に調べよう

基本中の基本ですが、受ける会社のことをしっかり調べて、「前職のこの経験を、御社のここに活かしたい」と面接官に具体的なイメージがわくようにアピールするとうまくいきました。どんなに違う畑や違う職種に転職するとしても、必ずどこかに共通項はあるので、それを見つけてしっかりアピールすることが大事だと思います。

転職理由が曖昧…こちらのネット記事にも。

転職を失敗する30代は、転職理由が曖昧です。
転職市場が活気づく中、自分も転職した方がいいような気がしたり、友人や同期が転職する姿を見て妙に焦る気持ちが生まれたりします。
しかし、キャリアは周りがどうかではなく、自らの頭で考えて築き上げていくもの。
転職面接では明確な転職理由がある人材かどうかを必ずチェックされますから、面接失敗の確率も高いでしょう。

30代での転職失敗は致命的!失敗する30代の特徴と失敗しないためのコツ

失敗事例4:緊張してカミカミになってしまった

初めての営業職に転職にあたり、私自身絶対大丈夫だと思って居たのですが、まず面接の時からになりますが緊張しまくりでカミカミになってしまい、ましてや一般のお客様を相手の仕事なのですが伝えたい事伝えなくてはいけない事を忘れてしまい笑ってごまかすと言う失敗談が有りました。(運送会社の事務からリーホーム関係の営業に転職)

成功のコツ4:面接に備えて伝えたいことを整理、何十回も練習しよう

失敗を上手く回避する方法は私の経験ですが、営業のお仕事を沢山してる方が居ると思います。中には緊張する人、誰とでも話出来る人が居ると思います。私は凄く緊張するタイプです。そんなタイプの方はきちんとメモをとり言いたい事伝えたい事をちゃんと書いて忘れないようにして、何十回も練習有るのみだと思います。そしてもし頭が真っ白になった時は少し落ち着いて内容を確認して、出直しが時には大事だと思います。

面接は準備が命!こちらのネット記事にも。

頭の中では分かってはいても、いざ本番となると誰だって不安になるもの。
面接で最大限の力を発揮するためにも、日ごろから練習をしておくことをお勧めします。
信頼できる会社の同僚や上司、親などと面接へ向けての練習をする事で、慣れることができます。
また、自己分析をすることで、頭の中や、紙に書いているだけでは、本番で臨機応変に返答することができません。転職は能力勝負ではなく、努力勝負です。
面接対策、練習を怠らないことが早期内定に繋がり、今よりもキャリアアップにもつながります。

転職の面接で絶対失敗しない!よくある質問からマナーまで徹底解説

失敗事例5:相手のニーズを読まずに面接時に営業力を猛アピールして失敗

当時営業職というと、とりあえず現場に出て、足で稼ぐことが良しとされていたので、フットワークの軽さや機動力の高さといった点を面接では猛アピールしたのですが、なかなか採用には繋げることができませんでした。(製薬業界の営業から国際協力コンサルタント業界のコンサルタントへ転職)

成功のコツ5:転職したい企業が求める人材を徹底的に調べよう

改めて業界分析を一からやり直し、企業が求めている人材について考えた結果、機動力やフットワークの軽さよりも深い分析力や考察力、コミュニケーション能力、高い語学力などが必要とされていることが分かり、前職を通じて培われた自分の持ち味や強みを、その企業でどう活かすことができ、貢献することができるからという点からアピールをした結果、見事に内定をもらうことができました。

失敗事例6:質問の意図を読み間違った!

面接中の質問に対する答えを、全て否定文のかたちにして返してしまったことです。 今思えば、肯定文にして返すことができるか?という能力の有無や、相手(質問する側)への配慮の有無を問われていたのではないかと思います。(医療関係→医療関係 職種はコメディカルスタッフへ転職)

成功のコツ6:良い印象を持たれる受け答えを訓練しよう

普段の生活においても、なるべく質問に対しては肯定文のかたちで返すよう心掛けたほうがいいです。やはり肯定文のかたちで返した方が相手側も返事を受ける際に快い気持ちになりますし。 そのためには日頃から読書をしたり、映画やドラマを見るなどして言葉の言い回しを自分の中で増やすことが大事だと思います。 自分の周囲にいる人で話し方が良いなと思える人の言葉の使い方をまねるのも良いでしょう。

求人企業の意図を読み取る!こちらのネット記事にも。

転職活動においても「自分が伝えたいことをただ伝える」のではなく「相手が知りたいことを察知して的確に伝える」ことが求められています

転職の年齢別のニーズは?限界を考える前に20代、30代、35歳以上での違いを知ろう

失敗事例7:転職したい職業に関連する資格を持たない状態で怪しまれた

全くの未経験で、なおかつ資格ももっていない状態での転職活動でしたので、初めは先方に、「この人は何なんだろう?」とあやしまれたようで、応募の時点でしかも電話上でたくさん質問をされました。近年、福祉施設での事件などが多いことで、不信に思われたようでした。(自動車関係の外資系企業から障害者福祉施設へ転職)

成功のコツ7:面接する会社や業界のことを十分に調べておこう

初めから自分の素性を話すのはおかしいですが、なぜここに至ってなぜこのような転職を希望しているのかをもっと話せば良かったなと思います。また、あまりの知識不足に、面接などでは逆に失礼な発言をしてしまいました。自分の思い描いているものとのギャップに戸惑うのではなく、それを受け入れる心を持ち合わせていくと良いかと思います。

未経験の職種に転職するには?こちらのネット記事にも。
ここでポイントとなるのは「職種の研究」。未経験での転職の場合は、その職種を十分理解した上で応募してきているかが注目される。調べられる範囲でも、できる限り応募する職種の理解は深めておくべきだ。職種の理解が深まれば、その分志望動機も濃いものとなり、転職への熱意ややる気としても捉えられる。
 未経験の転職で一番やってはいけないのは、転職したい職種を全く理解せず漠然とした期待を持って応募してきた、未経験可能だからとりあえず応募してきた、というケースだ。
 こういった考えでは、未経験からの転職が可能な職種であっても、人手不足に困窮している職種であっても、不採用になってしまう。

失敗事例8:専門用語で回答し過ぎて相手を混乱させた!

メーカーの事務職に応募した際、マクロ環境の視点での市場調査の経験があるとアピールしたはずなのに、面接に同席した部長さんから経営分析や会社の業績についての意見を求められて当然ながら答えられませんでした。結構冷たい反応が返ってきました。(人材紹介の事務から市場調査会社のリサーチャーへ転職)

成功のコツ8:誰にでも分かる文章で伝えよう

まず業界違い、職種違いの人が面接相手でも経歴について正しく理解してもらえるよう、相手に合わせて専門用語の使い方やアピールポイントを変える準備をしておきましょう。そして、次の業務内容にどう関係するかもきちんと伝えること。最低限の知識として受ける会社の資本金や売り上げ高といった簡単な規模ぐらいは把握しておきましょう。

分かりやすく話す…こちらのネット記事にも。

「すでに社会人としての経験がありますので、転職面接ではその業界で使われている専門用語や、ビジネス用語を多用したくなります。しかし、それをすべての面接官が理解できるとは限りません。面接では、『誰が聞いてもわかる言葉』を選ぶように心がけて。

ただし、面接官から仕事についての詳しい説明を求められた場合などは、持っている知識を存分に発揮して回答しましょう」

転職に役立つ! 面接時の印象をグッとよくする話し方10選「自己紹介は長くても2分程度」「能力や実績の『自慢』に注意」

失敗事例9:勝手な思い込みで軽い気持ちで面接に臨んで撃沈した

転職活動での面接は、新卒での面接に比べて軽い気持ちで臨んでいました。 ただその結果、面接で聞かれた事に対して曖昧な答え方をしてしまい、面接官にあまり良い印象を与えられませんでした。 これまでの実績を活かせるから有利と勝手に思い込んでおり、中途半端な感じで面接を受けて失敗しました。(製造会社の経理事務から介護サービスの介護事務に転職)

成功のコツ9:謙虚な気持ちを忘れないこと

これまでの実績があったとしても、やはり雇う側は真面目で信頼できる人材を望んでいると思います。 面接官とはお互いに初対面となるので、第一印象でいかに良い印象を与えられるかという点が成功へのカギだと感じました。 いくら経験を積んでいても、その会社に入社する際には新入社員である事は間違いないので、謙虚な気持ちを忘れずに面接に臨むべきだと思います。

根拠のない自信過剰は…NG!こちらのネット記事にも。

これまでの経験を今後にどう活かせるのか、明確に答えることは重要。ただし、それには「根拠」が必要だ。その会社の仕事を経験もしていないうちから、闇雲に「できます」と言ったところで、「根拠がない」と一蹴されるだけ。「できること」と「これから学ぶべきこと」を整理したうえで話すと、人事からも信頼感が得られるはずだ。

人事が不採用ボタンを押す「面接NG回答ランキング」

転職後「こんなはずじゃなかった‥」と後悔した失敗と成功のコツ

失敗事例10-1:妊娠とともに退職せざるを得なくなった

販売員は派遣だったので、将来的な不安が大きく、女性でも長く働ける職種と思い歯科受付を志望しました。結果歯科受付は販売員だった時の接客能力も必要でしたので無事採用していただきましたが、歯科というと個人経営の場合がおおく、女性ばかりの職場のわりに、産休取得実績がなく、妊娠とともに退職をせざるを得ませんでした。(携帯電話販売員から歯科受付に転職)

失敗事例10-2:給与が大幅減!

前職をすぐにでも辞めたかったので、職を見つけたら退職願を受理してもらえると言われたので、たまたま見つけた今の職場に入職してしまった。条件も提示しなかったので、給与が下がってしまった。もっとじっくり判断すればよかったと思う。(製造業の事務から福祉の事務に転職)

成功のコツ10:産休取得実績、雇用条件は要チェック!

妊娠や出産を経ても仕事をしたいと思っていたので、産休取得実績をもっと重視して探せば良かったです。産休、育児休暇となっていても、実際に取らせてもらえるとは限らないし、女性ばかりの職場であってもそういったことに理解の少ない場合があるというのを良く考えるべきでした。ただ、女性が働きやすい職種での勤務実績が出来たので、次につながればと思います。

面接で産休に関して質問はあり?こちらのネット記事にも。

不安を解消できずに入社して、やっぱりこの会社では働き続けられない!となれば
転職者自身はもちろん、企業にとっても不幸な結末となってしまいます。

謙虚かつ誠実な姿勢を大切にしながらも、可能な限り企業側の考えを聞き出し
ギャップがないかを確認しておくことが、転職成功のカギと言えると思います。

女性のための転職ノウハウ~面接で産休・育休について聞いても大丈夫?

失敗事例11:営業職と事務職とのギャップに浮いてしまった

販売に携わっていた時は、ダイレクトにお客様を感じます。そして売上目標とも密着していました。しかし事務職では、そういう所ではなく、いかに正確に適切な処理ができるかという事が重要でした。最初の感覚でいくと、ちょっと浮くのかなと思いました。(販売員からタクシー会社の事務へ転職)

成功のコツ11:仕事の役割を理解してしっかりと学ぶ姿勢を大切にしよう

職種は違えど、共通点はあると思います。しかし今までと違う事に取り組むという事は未経験です。今までの仕事はプロだったとしても、新しく就くところでは未経験ですから、まずは役割を理解して、しっかり学ぶ姿勢が大切だと思います。出来るようになって初めて前職の経験などを活かしていくことがいいかと思います。どんな仕事も甘く見ていてもだめだと思います。異業種からでもOKという会社に甘えず、日々精進だと思います。

職種の理解は転職の第一歩!こちらのネット記事にも。

職種を理解する上で大切なポイントは、業種と職種を合わせて考えることです。例えば一口に営業と言っても、業種が違えば扱う商材も仕事の手法も当然ながら違います。

転職の際に仕事を探す場合も、どの業種のどの職種に就きたいのかを考えることはマスト。職種を正しく理解することが、転職活動の第一歩だともいえるでしょう。

職種とは何のこと?

失敗事例12:転職先でも人間関係で揉めてしまった

毎日、10時から終電までの間で帰ることが疲れてしまい、人とのコミュニケーションをしながら仕事をしたいと思い学生時代に取った資格の介護への転職を決めました。事務をやめる際にあまり上司と話し合わなかったせいか、有給消化が出来ず、勿体ない事をしました。また転職後も人間関係で揉めて6ヶ月足らずでやめてしまいました。(メーカーの事務から老人ホームの介護士へ転職)

成功のコツ12:面接時には会社の雰囲気を確認しよう

毎日8時間以上も職場で働くため、人間関係は一番大切だと思います。今は新しい職場につき上司、部下に恵まれながら業務をしておりますが、面接時は必ず会社の雰囲気を確認して面接官に質問したりしてます。30代以上の転職はスキルなどもみられるので、分野ごとに予め勉強は、必要かもしれませんが、経験して得られる知識もあるので是非いろんなことに挑戦をしてほしいです。

職場の雰囲気は実際に見ること!こちらのネット記事にも。

職場の雰囲気を知る一番の方法は、企業を実際に訪れてみることであり、面接はその絶好の機会になります。面接担当者を通じてその企業の雰囲気を感じ取る、社風を探る質問をしてみるなど、面接は企業を見極めるチャンスでもあるのです。社風が合わないと思えばあなたから辞退することも可能ですから、ある程度調べて好感が持てるようであれば、応募して面接に臨んでみてはいかがでしょうか。

応募前に職場の雰囲気を知る方法はありますか?

「30代女性の転職」に関連したオススメ記事!

1.気になる35歳の壁!

35歳転職限界説は本当なのか?35歳の壁を乗り越え転職を成功させた先輩が語る秘訣とは?!

2.女性が転職に迷うのはなぜ?

【現状維持?現状打破?】女性が転職で迷うとき。そこには、女性ならではの理由があった!

3.これまでとは異なる分野への転職!

30代・異なる分野への転職に迷うあなたへ!

女性が30代で失敗しないために転職するポイントとは?

 転職の失敗事例から成功ポイントを振り返ってみてAさんは如何だったでしょうか?

 30代の転職活動は、それぞれポイントがあるんだなと思いました。

 そのポイントとは具体的に何ですか?

 そのポイントは、「転職活動」「面接」「転職後」の3つの場面。

 なるほど、確かにそれぞれの場面で大事なポイントがありますよね。

「転職活動」は、働きながらの行動になるので、務めている会社に配慮し、バレないように慎重に行わなければなりません。

 そうですね。

 また、「面接」も、闇雲にやるのではなく、転職先の会社のリサーチをしっかり行ってからでないと思わぬ失敗をしでかしてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

 なるほど。

 更に、転職を成功させても、入社後、当然あると思っていた「育児休暇」が無かったり、とんでもないブラック企業体質だったということに気づいたら、また転職活動をしなくてはいけない状況になってしまいます。

 入ってみないと分からないことって多いですからね。

 転職活動は、事前の計画と情報収集が大事で、信頼できる仲間や転職のプロを通じて行うのがベストですね。

30代の女性の転職は、非常に難しいところがありますので、一人でやらないで、プロにご相談して転職を成功させてくださいね。