未経験から事務職に転職した女性たちの失敗事例とアドバイス

女性が転職するなら事務職はおススメ。
キツイノルマはないし、定時に帰れるし。
平和に仕事を淡々とこなして、お給料も安定。

人気の職種であるため、狭き門でもあります。
特に未経験から事務職への転職はなかなか厳しい状況。

「それでもやっぱり事務職に転職したい!」

と希望されている方のために、未経験から事務職への転職を勝ち取った方々から失敗談とアドバイスをご紹介いたします。

あなたの転職活動にぜひ活かしてくださいね。

登場人物の紹介

 大手スーパーの販売職から事務職に転職したyoshitomokoさん
 キャリアアドバイザー笹田

大手スーパーの販売職から事務職に転職した女性

大手スーパーの販売職から事務職に転職したyoshitomokoさんにお越しいただきました。
ありがとうございます。
ご自身の転職を振り返って、苦労されたことは何ですか?

 やっぱり販売職の時と違って事務職はワード、エクセルができて当たり前だったのでなかなかうまくいじれずにとても苦労しました。

販売職ではパソコンは使わなかったのですか?

 はい、しかし大学時代にレポートをワードで入力したりしていた経験があったので、パソコンはいじれると思って転職したのです。

なるほど。

 学生時代にちょっといじったことのあるパソコンくらいでは仕事先では通用しなかったので、独学でもいいのでワードやエクセルはきちんといじれるようにしていた方がいいと思います。

ワードやエクセル以外で事務職に必要なことってありますか?

 社内や社外の人へ送るメールの送り方もよくわかっていなかったので、1冊でもいいので事務職のビジネスルールみたいなものが書かれたような本があるので読んでおくととても役に立つと思います。

なるほど、メールは、お友だち同志なら気楽にできますが、仕事のメールとなると、お友達に送るようにはできませんし、送る機会というのもなかなかないですよね。事務職として仕事をするならば、ビジネスとして使うメールの知識はしっかりおさえておきたいですね。

ありがとうございました。

では、ここから、未経験から事務職に転職した女性たちの失敗事例を元に、これから事務職へ転職する方がへのアドバイスをご紹介します。

未経験から事務職に転職した女性たちの失敗とアドバイス

金融業界の営業から事務職に転職に成功した女性の事例とは??

転職後、書類関連の提出期限を管理できなかった

営業職の時には勤務時間はあってないようなものでした。
先方の予定に合わせなければいけないので、時間の配分が大変でスケジュール管理に追われていたという感じはありました。
でも事務職の場合にはそこまで厳密にスケジュールを組み立てなくてもよいということが分かり、のんびりしすぎて書類の提出期限を管理できないことがありました。

成功のポイント:時間の使い方を把握しておこう!

書類の提出期限というの必ずあるものだと思います。
いつまでに何をすればいいのか、ということを考える力を身に付けることができるのであれば、失敗はないと思います。
自分はどういう時間の使い方をすることができるのか、自分でもしっかりと理解をしておくことが大事だと思います。

自分のことが分かっていないと自己PRもうまく出来ないと思います。

(ななまるねこさん、生命保険の営業職から事務職へ転職)

ネット上にはこんな記述も!

何か仕事を依頼されたら、本当に後回しにしても大丈夫なのか、自分だけではなく依頼者を巻き込んで明確にしておきましょう。また、“すぐ終わる仕事はすぐに終わらせる”ように行動をしていたほうが、周りから「仕事が遅い」と思われてしまうことを防ぐことができるだけでなく、「仕事が早い」と思わせることもできるかもしれません。

引用:あてはまったら今すぐ直そう!仕事が遅い人あるある

前職のスキルは銀行独自のシステムで汎用性がなく、慌ててパソコンスキルを身に着けた

地銀で営業をしていた時もデータの処理などは多かったので、事務職でも通用すると思っていましたが、銀行独自のシステムが多く、汎用性がないことを痛感しました。慌ててoffice系の概要や名称などを覚え、「それならできます」とアピールしてなんとか転職できました。

成功のポイント:事務職に求められるスキルは友人などから事前に情報を集めておこう

特に初めての転職の時は、今の会社や仕事が常識だと思いがちですが、そうでないことも多々あります。事務職に転職する場合はある程度のPCスキルを求められることが多いので、転職斡旋業者や同じような仕事をしている知人・友人などから事前に情報を集め、最低限のスキルは身に付けておくとスムーズに転職できると思います。

(stym0105さん、地銀の営業職から事務職へ転職)

ネット上にはこんな記述も!

事務の仕事は、企業によって、また、配属される部署や担当する業務内容によって、かなり異なります。事務への転職を希望される際は、どんな仕事を担当するのかをよく確認されることをお勧めします。

引用:事務ってどんな仕事内容なの?

美容業界から事務職に転職を成功させた女性の事例とは?

前職との職場環境の変化に付いていけなかった

前職が女性しかいない職場でお客様もみんな女性の中で過ごしていたので、男性上司や同僚などと全く話すことが出来ませんでした。
デスクでお茶を飲む(飲みながらの仕事)が上手くできず、お茶はいつも冷えてしまいました。

成功のポイント:1日の予定を立てて仕事の時間配分をしよう

事務職は一人の時間配分で仕事が出来ると思いがちですが、「ホウレンソウ」がないと全ての仕事がストップしてしまいます。
今なにが必要なのか?など1日の予定をまず立てていれば自分で時間配分をしてもスムーズに進めることができます。休憩(ブレイク)も大切な時間です。
5分の時間が惜しいと思いますが、頭を切り替えると作業効率が上がります。

(momoane5さん、エステシャンから事務職へ転職)

ネット上にはこんな記述も!

「これまで、事務職はずっとパソコンと向き合う仕事だと思っていました。でも、今の職場で働くようになって実感したのは、『事務職こそ高いコミュニケーション能力が問われる仕事』だということ。自分から周囲に声を掛け、さまざまな仕事を任せてもらえるようにならなければ、この先も社会から必要とされる事務には成長できないと思うんです」

引用:「事務職なら長く働ける」はウソ? “デキる事務”になるために必要な4つの心得

前職と求められるものが違い、やりがいを感じられなかった

私は、前は美容部員をやっていたので、仕事でミスをしても売り上げを取れれば、それが評価としてつながりました。
しかし事務は正確さと丁寧さが必要だったので、大雑把な私にはあまり向いていませんでした。やりがいがあまりありませんでした。

成功のポイント:苦手なことは他の方に頼むのも必要

失敗ばかりしてて、あまり回避していませんでしたが、自分で色々抱え込むと仕事量が増えてミスが増えるかもしれませんので、できないことはきちんと断ったり、他の方に頼む事も必要だと思います。後、仕事量が多くて残業が多い時期がありました。女性の上司だと定時で帰りたいと言いにくかったので、男性の上司に言っておくと良いかもしれません。

(aiai701363さん、美容部員から車検会社の事務に転職)

ネット上にはこんな記述も!

事務職なだけあって、パソコンを使うのは必須かもしれません。電話や来客対応など、パソコンだけでなくコミュニケーションスキルが試される機会も。整理など細かい業務が発生するのも一般事務の特徴です。(中略)「デメリットは、仕事内容が幅広いことです。会議用の書類を作っていたら電話が鳴って、電話が終わったら来客があり、さらに会議の時間が迫っている……という状況になるときもあり、一人で慌てふためくことが。臨機応変に、優先順位を考えて行動する必要があります」(30歳女性)

引用:一般事務ってどんな仕事?やりがいやメリット・デメリットが知りたい!

旅行業界の添乗員や営業から事務職に転職を成功させた女性の事例

転職のためパソコンスキルを磨いたのに転職先はパソコン苦手な人が多かった

前の職場ではパソコン作業がほとんどなかったので、再就職するまでにパソコン教室に通ってかなりの事を習得しました。
しかし、いざ入社してみるとその会社の人はパソコンが苦手な人ばかりで、資料作りなど全てさせられて残業ばかりになってしまいました。
定時で帰れるはずが大失敗でした。

成功のポイント:「できること」をアピールしすぎないようにしよう

例えパソコンなど得意でも出来ますアピールをすると面倒な資料作りなど全て任せられて自分の仕事が出来なくなることが私は多々ありました。そのため、いざと言う時以外は私も苦手ですと言っていた方が自分のためになります。本当に困っている人のために隠していた方が無駄な時間も使わなくて良いので自分の仕事に集中でき、ミスも少なくなります。

(seamans5550さん、旅行業界の添乗員から事務職に転職)

事務職に就いたけど…失敗!そんな体験談はこちら。

これは聞いていなかった!事務職に転職しての失敗談

前職のパソコンスキルが一般的には使えず一から勉強

旅行会社では専用の端末を利用して宿泊や交通の予約手配をしていたので一般的なパソコンを使うことがありませんでした。そのためにエクセルやワードも一から勉強することになったのですがなかなかこれらを使いこなすことができずに苦労しました。普通の人ならすぐにできるようなことも時間がかかり周りにいろいろと聞いてしまいました。

成功のポイント:パソコン操作は回数をこなせば自然に覚える

パソコンの操作はとにかく回数をこなすことが大切なのでやっていくうちに自然と覚えることができます。とはいえ知識を増やすことも大切なのでエクセルやワードのセミナーに参加したりノウハウ本などで独自に勉強したり、わからない、できないことがあればグーグルで調べるなど、なるべく自分で調べるようにして周りに迷惑をかけないように心掛けることが必要だと思います。

(it0107さん、旅行会社の国内営業から事務職に転職)

ネット上にはこんな記述も!

事務の仕事をするならパソコンスキルは必須です。パソコンだけではなく電卓の扱いも得意でなければ、仕事を早く終わらせることは難しいでしょう。パソコンが苦手だから事務には向いてないとは言い切れませんが、事務の仕事のほとんどはパソコンで行うことが多いのが事実です。帳簿を手書きで作成したりすることも多いですが、電卓やパソコンを使わない日は無いと言ってもいいでしょう。パソコンや電卓のスキルは知識よりも、打ち込みスピードが重要視されます。何度も確認するために計算することも多いので、スピードが上がればそれだけ仕事も早く終わらせることができます。

引用:事務が向いてない人の特徴と性格

通信業界から事務職に転職を成功させた女性の事例

前職のだらだら癖が抜けず、最初は定時で帰れなかった

事務職に転職してまずびっくりしたのが、誰しもきちんと定時で帰宅しようと努力していることでした。
営業職では基本的に残業代がつかないので、だらだらと会社に残っていることが多かったので、転職してから間もないときは、なかなか定時で帰ることをせずだらだらと仕事をしてしまい失敗してしまいました。

成功のポイント:朝、出社したらその日にできることを書き出しておこう

とにかく仕事をスピーディーに正確にこなし、きちんと定時に帰れるように努力するようになりました。
最初はだらだらと仕事をする癖がなかなか抜けず苦労しましたが、慣れてくると定時に終われるようになってきました。
とにかく朝会社につくと、その日しなければならない仕事をきちんと書き出し、忘れることなく正確にできるようスケジューリングするようにしました。
そうすることにより、仕事を定時で終えれるように自然となってきました。

(misato770330さん、通信業界の営業職から商社の貿易事務へ転職)

ネット上にはこんな記述も!

慣れた仕事で会社に貢献できているから「時短で帰っていいよ」となるのです。事務だから早く帰れるとか、制度としてあるから早く帰れるというものではありません。自分が最も得意で慣れた仕事を行う事で、会社側も「雇う理由」が成立するわけですから、こちらからそういう状況を作ればいい。実はすごくシンプルなことなのです。

引用:育児と両立できる仕事探し 「事務に転職」の落とし穴

コールセンターから事務職に転職を成功させた女性の事例とは?

人間関係の濃密さに驚く

コールセンターは大人数だったので、人間関係は希薄でした。事務職だと毎日同じ人と顔を合わせ、人間関係も濃密なのでびっくりしました。飲み会を断っていたことで「付き合いが悪い」と言われるようになったので、今では何回かに一度は参加するようにしています。

成功のポイント:「お局様」格の先輩と仲良くなろう

先輩と仲良くなることです。事務職は目に見えない上下関係、人間関係が複雑なので、女性の先輩社員とできるだけ仲良くしておくといいです。できれば「お局様」格の人なら鬼に金棒です。気に入られれば先回りしてさまざまな情報を教えてくれます。仕事も含めて多少のミスは多めにみてもらえるし、周囲からの反応も良くなるので仕事がしやすくなります。

(popopogさん、コールセンターから事務職に転職)

なかなか慣れない…と悩む方へは、こちらの記事がオススメ

「転職した職場に慣れない…」と3ヶ月以上苦悩した先輩の体験談15選!

エクセルとパワポ、メールが必須の職場だった

今まではなんでも手書きか専用端末に文字を入れるだけでしたが事務職はExcelを結構駆使してデータ管理をしています。パワーポイントも結構使います。また要件も口頭はダメでした全てメールを使わないといけないことです。

成功のポイント:エクセルの四則計算とパワポの簡単なグラフ作成は必須

Excelは四則演算くらいは必要だと思います。また簡単なグラフ作成はできた方がいいです。実践で使ってなくても周りの方から簡単な頭出ししてもらえれば切り抜けられます。いざとなったらネットや本買って勉強すればおいおいできる様になると思います。パワーポイントも同様に全部資料作れなくても写真貼ったり文字入力できたり吹き出しつけれればなんとなくできる様になります。

(ぢゅん。さん、コールセンターから事務職に転職)

ネット上にはこんな記述も!

そもそも企業側は経営効率化のため、事務のIT化やアウトソーシング化を進めており、むしろ社員の比率を減らしていきたいと考えているものです。(中略)こうした状況でも社員の事務として重宝される人材は、エクセルやアクセスなどのツールを自在に使いこなしつつ、自らリーダーシップを取って派遣社員をマネジメントしたり、業務改革の提案をしたり、時には幹部社員の秘書のような役割も果たせる「スーパー事務」のような存在です。

引用:「社員になりたい!」を叶えるための発想の転換 ~女性向け転職ノウハウ~

まとめ

未経験から事務職に転職された女性たちの失敗事例を元にアドバイスをご紹介いたしました。

事務職に転職するならば、

エクセルとパワーポイントのスキルは必須。
更にビジネスメールもできれば重宝されますね。

そして、社内の人たちとの人間関係を円滑にしつつ、事務作業は正確さを求められます。

更に定時に帰られるように、一日の作業をスピーディーに行う時間管理能力も磨き上げた方が良いですね。

狭き門とはいえ、まだまだパソコンスキルなどの面で事務職を必要としている会社もありますので、求められるスキルを磨いて採用を勝ち取りましょう!

あわせて読みたい、事務職への転職についての記事はこちら!

落ち着いた環境、好きなパソコン作業、事務に転職してよかった件

事務職への転職は難しい?採用&仕事で成功するコツ、10パターン

事務への転職に失敗…こんな人は向いていない!

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!