LINEキャリア相談絶賛受付中

【39歳の転職】39歳で転職した先輩に聞いた!リアル転職事例10選!

39歳で転職ってどうなんだろう?もう転職は諦めた方がいいのかな?

40歳も目前に迫っている中、本当に転職は可能なのか、不安ですよね?

そんな39歳のあなたに「39歳で転職した先輩のリアル転職事例」をご紹介します!

39歳で転職した先輩の体験談、また、これから転職を考えて悩んでいる方へのアドバイスをご紹介します!

最後まで読んでいただき、ぜひ39歳のあなたの転職の参考になさってくださいね!

登場人物

 39歳の時に転職したAさん(40代後半/男性)

 キャリアアドバイザー 笹田

いかに日頃から準備をしてきたか?がカギとなる!

 今回は39歳のときに見事転職に成功したAさんに色々聞いてみようと思います。
Aさん、よろしくお願いします。転職前の仕事から教えてください。

 

 建築資材店で営業をしていました。転職後は、建築資材店・店舗販売員をしています。

 

 なぜ、転職しようと考えたのですか?

 

 前職場の倒産により、否応なしに転職ということになったのです。

 

 そうだったんですね。転職活動はスムーズでしたか?

 

 私は当時、スキルなどはほとんど手にしておらず、転職の際にとても困りました。年齢からしても、即却下というところも多く悩んでいました。

 

 そうだったんですね。では、転職に繋がったきっかけは、何かありましたか?

 

 まずは一年、パソコンを学ぶために費やしました。そのおかげで、一通りのことは出来るようになり、今の職場へと転職できました。

 

 なるほど。その1年が大きかったんですね。

 

 はい。あの一年は学びながら自分を見直すことができ、とても良かったと思っています。今の職場では色々なスキルを学ぶべく、前向きに頑張っております。フォークリフトの免許なども取りました。

 

 最後に、転職を考えている方へのアドバイスをお願いします。

 

 転職を考えているという人は、即行動しましょう。それはスグに辞めるというのではなく、在職中から着実に準備を始めるということです。自分が次にやりたい職場に必要な資格等取るようにして、転職に有利になるよう準備万端にしておくこと。これなら、会社が倒産してもスムーズに活動できますからね。ですから、転職は早い方が良いですけど、後先考えずにただやめるのはどうかと思います。ね。

 

 Aさん、ありがとうございました!

他の先輩の体験談も聞いてみた!

39歳という年齢で、一から学び直し、自分も見つめ直したというAさん。その意欲こそが、転職成功へのカギだったのではないでしょうか?常に前向きに、チャレンジしているAさん、素晴らしいと思います。

他にも、39歳で転職した先輩方の事例をご紹介したいと思います。

ぜひ、読んでみてくださいね!

★転職活動は大変だが、自分のため!

先輩データ(30代後半/男性)
  1. 以前のお仕事:製造業界の技術職
  2. 今のお仕事:運送業界の仕分け
  3. 転職に使った媒体:転職サイト

製造業で働いていた時は、中間管理職という事もあり、毎日が残業と休日出勤で休む暇がありませんでした。また作業者がより安全に効率良く働く為に、改善活動も行っていましたが、会社からも中々評価されず、仕事の遣り甲斐がありませんでした。転職して運送業にしたら、給与は下がりましたが、休みもきちんと取れますし、休憩時間も多く取れる為、身体のケアと精神的にも楽になりました。仕事は、大変ですが作業者同士のコミュニケーションも取れていて、何より仕事の評価をきちんとしてくれる会社なので遣り甲斐も感じています。

転職を考えている人へのアドバイス

転職で迷っているなら、まず今の仕事や会社に対しての不満や不具合を洗い出しでみると良いと思います。そしてハローワークや転職サイトで、その点をクリアに出来る会社を探す事が大事です。何よりも自分が何をしたいのか、将来的にどうなりたいのかをきちんと明確にしておくと、自分に合った会社を選べると思います。転職は、大変労力を要しますが、自分の為ですので頑張ってほしいと思います。

ネット上にはこんな記述も!

39歳からの転職は、冷静な判断をして、きちん考え抜いた末に転職活動を始めましょう。そもそも辞める必要のない会社を辞めて転職を決めるのは、リスクが高いですよね。39歳からの転職は失敗が許されない年齢なので、熟慮を重ねて転職するか決定しましょう。

引用:39歳からの転職を目指す人が知っておくべき成功のコツ

★在職中からの情報収集が肝心!

先輩データ(40代前半/男性)
  1. 以前のお仕事:教育業界の塾・予備校講師
  2. 今のお仕事:小売業界のメガネ販売
  3. 転職に使った媒体:求人情報誌・新聞求人欄・新聞の求人広告

前職は休みが不定期で、かつ、昼夜逆転生活になることも多く体調不良が目立ってきました。給与はそれなりにあったものの、今後も塾講師の職業を続けられるか健康面での不安が高まったため、すこしでも昼型になる職業を探しました。また、親の介護問題もあり地元での就職を希望しました。地元では教育関係の職はほとんどなかったので、職探しは苦労しました。人前で話すことには慣れていたので、接客・販売の仕事を探し現職にたどり着きました。給与はかなり下がりましたが、生活リズムは安定し健康状態も改善しました。その意味で、転職してよかったと考えています。

転職を考えている人へのアドバイス

転職をしようと考えたら、すぐに離職するのではなく在職中から情報を集めることが大事です。ハローワークのインターネット検索は登録しなくても可能ですし、就職情報誌から、労働条件や給与の相場などを想定することもできます。ただ、39歳という年齢があるので、今まで転職に成功してきた人でも再就職はかなり大変です。覚悟を決めて短期間で活動することが成功のコツだと考えます。

ネット上にはこんな記述も!

どんなに優れた経歴や人間性を持っていても、それを企業が求めていなければ転職は成功しません。また、社風や労働条件なども調べておかないと、入社後に問題が起こり、双方ともに嫌な思いをする可能性があります。そういったミスマッチを防ぐためにも、応募する前に十分な情報収集を行うことが必要です。これは転職活動の効率化・短期化にもつながりますので、ぜひ取り組んでみてください。

引用:40歳の転職活動を成功へ導く4つのポイント

★異業種にチャレンジして正解だった!

先輩データ(30代後半/男性)
  1. 以前のお仕事:情報処理、情報通信業界の会社の経理
  2. 今のお仕事:食品製造メーカーの作業員
  3. 転職に使った媒体:ハローワーク

転職前の職場はとにかく人間関係が最悪だったので40歳になる前に転職しようと思って、ハローワークで仕事を探しまくっていました。
書類審査で通ることが何回かあっても面接が平日だと仕事があっていけないことが多く、何社か断りを入れたことも。このままではいけないと思い、会社を退職し就職活動に専念しました。前職と同じ経理で仕事を探しても良かったのですが、まったく違う職種にチェレンジしました。今の仕事をして、1か月くらいは肉体的にきつかったが、今はもう慣れてしまったので、それほど大変さはなくなり、何よりも、人間関係が大幅に改善して会社に行くのが楽しみになりました。給与は前の給与の3分の2程度になったが、妻のパートと合わせると生活できる水準にあります。中途採用として、これから新しい職場では上を目指していくだけなので、とても気持ちが前向きになりました。

転職を考えている人へのアドバイス

ひと昔前までは終身雇用が当たり前だったが、今では終身雇用なんで昔の夢のような話になっている。私の場合は、給与の額より働き甲斐を求めて転職するに至ったのですが、必ずしも成功するとは限りません。また、新卒の社員より、会社から求められるもも多くなります。
自分のやる気と年齢と家族構成などを考えて転職すると良いと思います。私の場合、転職するかもしれないことを考えて家などのローンを組まなかったのも正解でした。ローンを払うために、やりたくもない仕事をして人生を無駄にするのは嫌ですからね。

ネット上にはこんな記述も!

勿論、妻側だけではなく、夫側の結婚後5年~10年のライフスタイルの希望も大事になります。例えば、子供が成長するまでは妻が家庭に専念する形の夫婦もあれば、子供を出産しても妻が正社員や派遣社員等に就業している形の夫婦等もあります。妻側のキャリアプランの希望や今後の家族計画を含めて、夫婦の間で最も納得できる形の結婚後5~10年後のライフスタイルを考える事をおすすめします。

引用: 結婚前と結婚後の転職の違いとは?

★仕事に対する優先順位を明確に!

先輩データ(40代前半/女性)
  1. 以前のお仕事:飲食業界のホールスタッフ
  2. 今のお仕事:リラクゼーション業界の施術スタッフ
  3. 転職に使った媒体:転職サイト

ホールスタッフをやっていた時は、ただ同じ毎日を過ごしており未婚だったこともあり将来が不安でした。手に職をつけてずっとやっていけるような仕事をしたくて転職を考えました。しかし、39歳という年齢と特に特技も資格も無く転職は困難でしたが、転職サイトで見つけたオープニングスタッフのリラクゼーションのお店を見つけ元々興味がある仕事だったので応募して無事転職できました。39歳で未経験の私でも雇っていただけてとても嬉しかったです。研修期間を無事に終えてお給料はだいぶ下がりましたが生活できない程ではなく、とにかく将来の不安が減り満足です。新しい仕事で何もかも初めてでしたが、しっかりとした研修もありとても安心しています。スタッフやお客様も老若男女さまざまで色々な刺激をいただいています。

転職を考えている人へのアドバイス

年齢を重ねるとだんだん職の幅も狭くなっていきますが、妥協してやりたくない仕事を始めてしまうと長続きしなかったり後悔したりしてしまう事もあるので今後のことを踏まえて転職を考えるのが良いと思います。きっと無理だろうなと思っても、人柄や面接のお話の中で気に入ってくださる企業は必ずあると思います。どんな職に就きたいか、どんな仕事がしたいのかなど明確にしてから仕事を探すと良いと思います。

ネット上にはこんな記述も!

応募する企業を決める際に大切なのは、希望順位を決めることです。たくさんある求人の中から、まず「絶対に違う」と思う案件を外します。その後、自分の実力と比べて少しハードルが高いと感じる「チャレンジ群」、自分の実力と企業のニーズが合っている「本命群」、興味があるので、もう少し詳細を知りたいと思う「興味群」という3つのグループに分けてみましょう。大学受験などと同じような感覚です。

引用:どの会社も同じに見えて、応募先が選べません…。

★40歳目前の転職は勇気がいるけど、自分のためです!

先輩データ(30代後半/女性)
  1. 以前のお仕事:金融業界のコールセンターオペレーター
  2. 今のお仕事:人材派遣業界の一般事務
  3. 転職に使った媒体:ハローワーク

前職は、流通系クレジット会社の総合コールセンターでオペレーターでした。転職動機は、高時給だが、コールセンター独特のストレスが重なり、心身ともに疲弊したためです。ハローワーク求人を中心に、働きながら求職活動を始めた矢先、退職保留を依頼され、最終出社日を一ヶ月先に変更しました。ところが、ハローワーク求人で二社応募したうち、一社から内定をもらい、最終出社半月前から有給消化しました。現在は、人材派遣業界の一般事務で、給与は下がったが、ストレスも減りました。前職から引き留められたが、高収入が幸せとは限らないので、今の職場に満足しています。

転職を考えている人へのアドバイス

40歳目前の求職活動は、とても勇気がいります。いくら高収入でも、自分に合ってない会社は辞めるべきです。職を転々とする、と主人に心配されましたが、働くのは自分なので、自分の意思でよりよい場所を積極的に見つけることに年齢は関係ありません。もし転職に迷うなら、とりあえず履歴書送るだけから始めていいと思います。面接なら、採用してもらうではなく、自分が会社を面接してあげるくらいでちょうどいいです。自分に会う会社に出会えるまで頑張りましょう。

★不満の原因を分析・理解した上で転職活動に臨むことが大事

先輩データ(30代後半/男性)
  1. 以前のお仕事:自動車業界の営業
  2. 今のお仕事:自動車業界の営業
  3. 転職に使った媒体:知人の紹介

以前勤めていた車屋は決まったメーカーの車種しか扱えなかったため、お客さんのニーズに応えることが出来ない時もありましたが、転職した車屋は各種メーカーを扱えるため、みすみすお客さんを逃さずに済みます。世間では決まったメーカーだけ扱っていたほうが安く仕入れられると思われていますが、実際は沢山販売していれば安く仕入れることは可能なため、お客さんの不利益になることはありません。転職してからは客層が広くなり、時にはジェネレーションギャップ等に戸惑うこともありますが、それらも良い刺激として受け止めています。世間的には決まったメーカーだけ扱う車屋のほうが社員のステイタスは高いのですが、お客さんにとってはステイタスは関係のないこと、現在はステイタスに胡座をかくことがなくなり、他にもそのような者が会社に集まっているため、会社の成長と伴に自身も成長していることに喜びを感じています。

転職を考えている人へのアドバイス

営業職をしていると各ジャンルの方と接する機会は多いですが、転職して成功している方は、転職する前も成功していた方ばかり。つまり、能力がなければ転職しても結果は同じです。勤務先に不満がある方は、なぜ不満が生じるような会社に就職したのか、自身のレベルにあった会社だったからではないのかを考える必要があります。不満を抱えるスキルのまま転職しても、その程度のスキルで就職できる会社では、同じ思いをするのは火を見るより明らかなことです。

ネット上にはこんな記述も!

実際のところ「辞めること」が目的になってしまっている方は少なくありませんが、自分はどうして転職したいのか、ということを冷静に見つめ直すことが必要です。失敗をくり返さないためにも、まずは一度立ち止まり、自分にとって何が大切かをきちんと明確にする努力をしましょう。そして、不満を解消し、目標を実現するための手段が転職活動である、という考えを持つことが成功への近道と言えるでしょう。

引用:転職の不安。転職成功かと思ったら…

★向き不向きを見極めて転職しよう!

先輩データ(40代前半/男性)
  1. 以前のお仕事:サービス業  飲食店
  2. 今のお仕事:製造業  製造ライン」
  3. 転職に使った媒体:ハローワーク

飲食店のときは、土日が仕事で、しかも1日11時間労働だったです。給料もそんなに高くなく、割りに合わない仕事でした。ハローワークに行って、仕事を探していたら、工場のラインだったですけど、募集が出てたので、面接をして働き始めました。最初はきつかったですけど、土日が休みで、給料もそれなりにあったので、転職して正解でした。やはりサービス業はよほど好きでないと、勤まらない仕事だと思いました。今は工場で頑張って働いています。

転職を考えている人へのアドバイス

向き不向きがあるかもしれませんが、ある程度は給料は期待しないで、自分のやりたい仕事をするのが、1番です。一旦仕事に就いたら、3年は我慢して、ある程度の見込みがついたらいいと思います。私がやったサービス業は好きでないとやらない方がいいと思います。もし迷っていることがあるなら、とことん調べてから転職すればいいと思います。

ネット上にはこんな記述も!

【重要!】転職後に後悔しないために、入社前に以下4つのポイントをしっかり確認することが重要です!

1.社風や現場の雰囲気
2.給与や待遇(福利厚生、手当など)、就業条件(就業時間、休日など)、評価制度
3.担当業務の詳細やキャリアパス
4.企業の経営状態や業界の将来性

引用:転職して良かったこと・後悔したことTOP10

 

★現状を変える努力や行動も大事なこと!

先輩データ(30代後半/女性)
  1. 以前のお仕事:語学サービス業のカウンターセールス兼教師
  2. 今のお仕事:製造販売業界の営業職
  3. 転職に使った媒体:転職エージェント

前職での仕事内容には全く不満もなく、しいて言えば給料がもう少し良ければ、ぐらいでした。ただ、前職の上司の人間性に問題が大アリでした。人の使い方を全くわかっていない人で、人の失敗は「はぁ?」というくせに、自分の失敗はスルー。私も将来こんな人になってしまうのかしら?と思ったら、ゾッとして退職を決意。転職活動中は、職安に行ったり、転職サイトのスカウトメールを待ったり。普通の転職活動をしていました。転職後の現在は、希望の業界の望んでいたような環境の職場に出逢え、感謝の日々です。給料は前職とそんなに変わらないのですが、どう考えても今の環境の方が良いです。あの時決断して良かったです。

転職を考えている人へのアドバイス

転職する前にすることとしては、なぜ転職したいのか?をしっかりじっくり考えた方が良いです(当たり前ですが。)改善できないのか?転職したら改善されるのか?もし今の職場に未練があるなら、転職する必要は無いと思います。「無理!病む!」と思ったらさっさと辞めましょう。会社は自分のことを面倒見てくれるわけではありません。お金で解決してくれるだけです。今の環境のままでよいのかイヤなのか、自分しか判断できません。少なくとも、何かアクションしなければ何も変わらないので、迷ったら、何か、環境を変えるアクション(現職場でも)を起こしてみてください。

ネット上にはこんな記述も!

今の会社に不満を感じて転職を考える人は多くいます。そんなときは一度立ち止まり、今の会社の「良いところ」を考えてみてください。実は不満よりも「良いところ」の方が多いかもしれません。その結果、不満解消のためにはやはり転職が必要、という結論に至った場合、自分の希望と不満をしっかり把握した上で会社選びができるので、より働きやすい会社が見つけられるはずです。

引用:前職と正反対の環境の会社に転職しましたが、やっぱり合いません…。

★入社してから「しまった!」と後悔しないように!

先輩データ(30代後半/女性)
  1. 以前のお仕事:介護業界の介護員
  2. 今のお仕事:運送業界の事務員
  3. 転職に使った媒体:知人の紹介

前職は訪問介護員をしていて、自宅から直接利用者の家に行き、お料理や掃除や入浴介助をしたりして、終了したらまた次の利用者の家に行きオムツ交換や食事の介助をしたり…。という仕事をしていました。1日のお仕事が終わったら、またそのまま自分の自宅に戻るので、基本的に直行直帰していました。腰を悪くしてしまったので介護員はやめて、現職はたまたま募集のあった運送会社の事務をしています。一日中事務所にいるので、時々体を動かしたくなりますが、まだ仕事を覚えるのに必死なので余裕はないです。介護の仕事と違って話をするペースが早く色々な方言で電話がかかってくるので聞き取れず困ることが多いです。

転職を考えている人へのアドバイス

私の場合は、腰を悪くしてしまい転職せざる得ない状態での転職で、あまり他の職種の仕事を探すこともせずにたまたまポスティングされた冊子をみて現職に付きましたが、同じ職種の同じ事務員でもお給料が会社によってかなりの差があることに最近気が付きました。会社の場所が辺鄙なところだったりすると尚更お給料は高いようですが、自分の住んでいるところから近ければ問題ないでしょうから、もう少しお給料の金額に関しては調べてから転職すれば良かったなと思います。

ネット上にはこんな記述も!

内定をもらうと、舞い上がってしまいがちですが、入社の意志を伝える前に、雇用条件の確認を怠ってはいけません。焦るあまり、転職の意味がなくなることだけは避けたいです。企業を選ぶにあたり、何に重きを置いていたのか、本当にやりたい仕事かどうかも、再度自分に問いかけた方がよいでしょう。そして、内定通知はよく読んで、勤務時間や年収の内訳など、確認を忘れずに。少しでも疑問があれば、企業に逐一確認することが基本です。

引用:転職で条件が合わない。内定に飛びついてしまい…

39歳のリアル転職まとめ

39歳のリアル転職体験談を見てきましたが、いかがでしたか?

これまでのスキルを活かして活躍されている方、異業種にチャレンジした方、スキルを磨いた上で転職に成功された方など、みなさん、優先順位を明確にして行動されていました。ネット上にはこんな記述もあります。

一昔前と言わず、ほんの3年前なら、「転職は35歳が限界」がまるで真実であるかのようでした。しかし、今、そんな都市伝説にとらわれる必要はありません。その年齢に応じたキャリアを身につけていればキャリアチェンジの可能性は広がっています。(中略)社会に出て15年の間のさまざまな経験・体験は、あなたの中にしまっておくだけでは単なる事実でしかありません。キャリアの要素を掛け算することで、この先の可能性は20代・30代前半の頃以上に広がっていくでしょう。

引用:39歳のリアル

転職すると決めたのならば、納得のいく転職をしたいですよね。現在39歳であるあなたにとって、これらの事例が参考になりましたら幸いです。

少し先輩の40代転職についての記事はこちら!

あわせて読んでみて下さいね!

エンジニア転職、40代でもデキる! 成功するコツとは?

【40歳の転職】40歳で転職した先輩に聞いた!リアル転職事例9選!

転職を迷う、40代。それぞれの理由と突破口とは?

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!