LINEキャリア相談絶賛受付中

転職のタイミングが成功の秘訣!ベストなタイミングのつかみ方とは?

「もし最悪のタイミングで転職してしまったら…」
「転職のタイミングを間違えて失敗したくない」
という心配をした経験はありませんか?

この悩みを解決すべく
「転職のタイミングをつかんで成功した)」の方々に
「転職のタイミングで成功した具体的なエピソード」について伺ったり
各メディアで紹介されているアドバイスをまとめてみました。

「ベストなタイミングで転職を成功させたい!!」をという方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職のタイミングを掴んで成功したGさん
 キャリアコンサルタント笹田

ニュースでITバブルの転職タイミングを掴む、年収800万円へ!

 本日は、転職のタイミングを掴んで成功したGさんにお越しいただきました。
Gさんありがとうございます。
ご自身の経験を振り返って成功のコツは何だと思いますか?

 ニュースなどから世の中の流れに敏感になっておくことだと思います。

 なぜそう思うのですか?

 私は、転職するか悩んでいた時に、ニュースでIT業界が急成長して、技術者がたりないと内容を見て決めました。
元々パソコンが好きで中学の頃から、プログラムを独学で学んでいたので、いけるのではないかと思い、大手の工場を退職し、資格を取ってシステム開発の会社に入りました。
それからはITバブル全盛期で、年収800万円まで稼ぐことが出来ました。

 なるほど、ご自身の特技ともぴったり合っていたのも良かったですね。

 そうですね。たまたま見たIT業界が急成成長していることを知ったタイミングと中学の時に、プログラムを学んでいた事が、成功だったと思います。
学生の頃に、プログラムに興味がなかったら、この転職はなかったと思います。
転職では、中途採用での初心者はなかなか採用されない時期だったんで、苦戦しましたが、3日前に退職された人が居て、その会社の面接を受けた事で成功したと思います。

 タイミングと偶然が重なっての成功ですね。
これから転職する方へアドバイスをお願いできますか?

 昔は、終身雇用という夢物語がありましたが、今は、企業もかってななリストラや無理の仕事を押し付けてくる時代になりました。
会社側がそういう状態であれば、こちらも動けば良いと思います。
これからの時代は、スキルが大切だと思います。
仕事は生きていく為の手段です。
やらずに後悔するのなら、やって後悔した方がすっきりします。
私は、生き残るためにシステムエンジニア以外にハード系のリサイクルショップ
とコンビニでも仕事をしています。
スキルさえ手に入れれば、そんなことが起こっても生き残れます。
そういう時代になったんだと思います。
それに早く気が付けたほうが勝ち組になると思います。

 すばらしいアドバイスをありがとうございました。
では、ここからは、実際に転職のタイミングを掴んで成功した方々の事例とコツをご紹介いたしますね。

転職のタイミングはこうしてつかめ!先輩たちからのアドバイス!

事例1、人脈と情報収集で転職のタイミングを掴もう

先輩データ(30代/男性)
  1. 以前のお仕事:印刷企業営業
  2. 今のお仕事:通信会社営業

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

私が最初に就職した印刷会社は中国にある会社でした。日本人は社長と私しかいないくほとんど中国語でやりとりする職場でした。そんな中国に5年ほど勤務していた時に今の会社が海外に支店を出すということで海外経験のある人材を探していることを知り合いに紹介いただき、そのまま面接を行い海外支社勤務として採用していただきました。

成功できた理由

今回の転職が成功した大きな要因は海外で勤務した経験を持っていただからだと思います。年齢が若いうちに海外勤務の経験がある人はそれほど多くないのと、海外で働きたい意欲持っている人が少ないので比較的優位に転職活動を運べたと思います。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

転職はタイミングと情報だと思います。いかに自分の要望にあった情報を多く入手できるのか、その企業が求めているものが自分に合っているのかが重要です。これまでの人脈などを利用して多くの情報を入手し、自分が本当に合った会社を探すことが大切です。

事例2、前職の閑散期と現職の人手不足でベストなタイミングを掴んで転職に成功

先輩データ(20代/女性)
  1. 以前のお仕事:メーカー営業事務
  2. 今のお仕事:メーカー営業事務

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

転職先でちょうど今までと同じ職種が人手不足となっていたため、タイミング良く転職できた。
転職しようと思い立ったのがちょうど前職の閑散期であったため、スムーズに転職活動に専念できた。(転職を決意したのが10月。前職の繁忙期(8月、12月)のちょうどのタイミングだったので、比較的有給を取得しやすい状況であったため)

成功できた理由

前職が比較的閑散期だったため、精神的にも時間的にもゆとりがあり、転職活動に専念することができたため、成功したと思う。
じっくりと人員を募集している企業の募集要項を検討することができ、これまでの経験を活かすことができる転職先を見つけることができた。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

働きながら次の職場を探すのは、仕事の量や拘束時間によってとても難しくなるかもしれません。
しかし、いったん退職してから転職先を探すのは金銭的にも心理的にも負担が大きくなると思うので、
可能な限り、仕事の合間を縫って転職活動に時間を割くことをお勧めします。

事例3、遭う人たちに自分の夢を伝え、準備してきた結果、チャンスが回ってきた

先輩データ(20代/男性)
  1. 以前のお仕事:レストランサービス
  2. 今のお仕事:サービス業

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

私は、将来自分でBARを経営してみたいと考えていました。
そんなタイミングで、当時お世話になっていた派遣会社の人に誘われて、私の配属されている現場とは違うホテルの支配人とゴルフをすることになりました。
ゴルフのラウンドをともにするうちに、支配人から「今は派遣で働いているようだけど、何かやりたいことはあるの?」と問いかけられ、「BARをやりたいです」と返しました。
そしたら、「私のホテルはBARのスペースはあるけど、回せる人がいないので是非お任せしたい」と言われ働かせてもらえることになりました。

成功できた理由

私は会う人に自分の夢を伝えてきました。
派遣会社の人はそのことを覚えていて、支配人と引き合わせてくれました。初めての人とのゴルフでしたが新たな出会いを大切にしたいという思いで参加しました。
私も、将来自分でやっていくための準備をしていたので、話が振られたときにすぐさま動けたのだと思います。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

「口に十回すると叶う」と言われたことがあります。
今回のことは、まさに自分のやりたいことを意識して口にしてきたからこその出来事だと思います。
なのでこれからチャレンジしていかれる方も、自分のやりたいことを常に発信してそのためにしっかり準備していればきっと素敵な未来につながると思います。

事例4、タイミング的には「運」だったが、事前準備をしっかりやっていたことが評価につながった

先輩データ(30代/女性)
  1. 以前のお仕事:インターネット広告代理店の営業
  2. 今のお仕事:建設業の現場事務員

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

転職したタイミングは、旦那の転勤が決まったからで、時期的にも四半期の後だったので、営業の売上の締め作業がひと段落した後でした。なので、引き継ぎ作業にも時間的に十分な余裕があり、引き継ぎをお願いする相手にも負担にならず、気持ちよく転職できました。また、有休休暇が取りやすい時期でしたので、引越し作業もゆっくりできましたし、転職先を見つける時間も在職中に取ることもでき、自分の気持ち的にも余裕がありました。

成功できた理由

私の職種が営業で、売上の締め作業の後に、旦那の転勤が決まっていたからだと思います。タイミング的には運でしたが、営業成績も良かったですし、締め作業についても、経理に任せるのではなく、個人で作業して、経理や周りの人に迷惑がかからないように配慮したところも良かったと思います。あと、引き継ぎについても、分かりやすい資料を事前にパワポで作成しておき、複雑化を防いだ点も評価されました。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

転職先を探すことが、自分にとって生きていく上で一番に大事だと思いますが、辞める企業に対しても、最後は気持ちよく見送っていただけるよう、最低限のマナーは守って去るようにした方が良いと思います。引き継ぎされる側にすれば、自分の仕事が増えるわけですから、如何に負担に思われないか、を考えながら行動・発言をしてください。

事例5、経験と行動力が転職のベストなタイミングを掴んだ

先輩データ(30代/女性)
  1. 以前のお仕事:アパレル店員
  2. 今のお仕事:不動産営業

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

スキルアップしたいと漠然と考えるようになり、一念発起して宅地建物主任者の資格を取得して、不動産会社に転職しました。
20代はアパレル店員として働いてきて、接客のノウハウを習得してからの不動産営業への転職は、即戦力を求められる営業の世界に飛びこむには最高のタイミングだったと思います。
もっと若い頃に転職していたら、大変だったと思うので、ちょうどいい時期に転職したと思っています。

成功できた理由

自分のスキル、社会人としてどう通用するかをよく考えて自分に必要なもの、足りないものを自己分析できたのが良かったと思います。
転職する前に資格を取得しておいたのも、即戦力として活躍できるためには必要不可欠だったので良かったです。
今までの社会人経験を活かしながら、さらにスキルアップできる会社に転職できたのは、下調べと下準備をしてから挑戦したからだと思います。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

なんとなく転職したいと、むやみに転職すると新しい会社でもこんなはずじゃなかったと後悔するかもしれません。
自分はどんな会社でどんな仕事をしたいのか、何のために転職したいのかを明確にしてから転職に向かって動き始めるといいと思います。
中途採用は即戦力が求められるので、自分の武器となるものをしっかり身につけてから転職すると成功に繋がりやすいです。

事例6、現状と今後をリサーチして転職タイミングもバッチリだった

先輩データ(20代/男性)
  1. 以前のお仕事:病院薬剤師
  2. 今のお仕事:調剤薬局薬剤師

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

病院には3年勤務していました。職場での仕事の内容も新鮮味がなくなり、自分のスキルアップのためにも新しい環境に挑戦してみるべきと思いました。そこで新しい職場として選んだのが調剤薬局です。調剤薬局は病院と比べて給料もよく、3年のキャリアがある私の場合、思いがけない年収アップになりました。転職のタイミングとしてはバッチリだったんじゃないかと思います。

成功できた理由

実際に転職活動に取り掛かる際、いろいろな職種の現状と今後の動向を調べました。この先の高齢化社会の中、医療費の削減に伴って、調剤薬局の重要性が年々高まっています。そのため、それぞれの薬局がより優秀な薬剤師の人材確保のために様々な方法で動いています。そのため、好条件での転職が可能だったんだと感じています。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

実際転職するかわからないって人でも、いろんな職種について調べるのも有意義だと思います。また私の場合、将来的に独立を考えているので、実際にいろいろな職種で働くことで自分の糧としていこうと思っています。初めて転職するという人は不安も大きいと思いますが、自分のやる気さえあれば案外なんでも上手くいくと思います。

事例7、3年くらいは無職でも生活できる貯金があったので余裕をもって転職タイミングを伺えた

先輩データ(30代/男性)
  1. 以前のお仕事:IT業界 人事
  2. 今のお仕事:IT業界 人事

転職のタイミングが良くて転職に成功したエピソード

会社業績が悪化しリストラもあり不安定でしたが、それ以上に業績悪化前から月の残業時間が100時間は当たり前で、月の半分は会社に寝泊まりする状況でした。
結婚し子供が生まれてもその状況は変わらず別居に至り、辞めようか悩んでいるときに、別居解消の条件がある程度、家庭の時間も作れる会社への転職でした。
自分の思いと別居解消の条件が合致し、すぐに退職しタイミングとしてはちょうど良かったと思います。

成功できた理由

現職を退社してから転職活動を始めましたが、3年ぐらいは無職でも生活できる貯金があったため、今まで子供と関われなかったため、転職活動期間を育児期間と考え、1年ぐらいじっくり時間を使って転職先を探そうとしました。
結果的に3ヶ月かからないぐらいで決まっていますが、要因は転職市場が売り手市場であったこと、貯金があり気持ちに余裕があり焦らず活動できたことだと思います。

これから転職にチャレンジする人にアドバイス!

転職市場を見極めることが一番で、売り手市場であれば、経歴が荒れていたり浅い人でも求人が豊富にあるため転職可能です。
また、やはりやむを得ない相当の理由がない限り現職に在籍しながら転職活動はした方が良いです。
転職活動は答えはなくいつ決めるという確約もありませんので、仮になかなか決まらない場合、退職してしまっていると焦りが生まれ厄介な会社や希望しない職種で転職しなければなり、その後の人生に悪影響を及ぼす可能性があります。


他にもネットで紹介されている転職タイミングと掴み方をご紹介しますね。

仕事で活躍している時こそが、ベストな転職タイミング!

一方、いま活躍している人は転職のことなどあまり眼中にないかもしれませんが、ノリに乗っているオーラが発せられ、脳も活性化しています。こういう時期は経営者のシビアなジャッジをクリアでき、転職した後もその勢いに乗って仕事ができるので、実は転職に向いているタイミングです。

引用:“逃げ出し転職”は絶対失敗する!転職に向いている時・いない時の見極め方

職場の不満や問題点を解決するために自分のできることを十分に果たしたか?

転職したくなるほどの不満や職場の問題点を解決するために、自分ができることを十分に果たしたか。すなわち、きちんとケリをつけたかどうか。そうでない人は、まだ転職のタイミングが訪れていない人です。

引用:“逃げ出し転職”は絶対失敗する!転職に向いている時・いない時の見極め方

自分に最適な求人が現れたときが転職のベストタイミング!

転職のベストタイミングは、業種や職種、あるいは個々の企業の事情によって大きく異なることがわかった。また、転職希望者一人一人の置かれた状況や環境によっても、当然違ってくる。ただし、共通していえるのは、ベストタイミングを探る前に、なぜ辞めたいのかを自己分析し、転職の目的が収入かポジションかやりがいか、はたまた良好な人間関係なのかを明確にしておくことが重要だ。それさえしっかり把握してアンテナをはりめぐらしておけば、いつか自分に最適な求人情報に出あえるはず。そのときこそが、あなたにとっての転職のベストタイミングといえるのだ。

引用:プロに聞く 転職時期とベストタイミング

思いだけで突っ走るのはNG!じっくり考えて行動を!

  • ⼊社から何年⽬か
  • 1年のうち、何⽉か
  • 円満退社できるか
  • 転職によって損をしないか

「転職したい!」という思いだけでやみくもに突っ⾛るのではなく、来たるべき時に備えて準備しておくことが何よりも⼤切です。「⾃分がどうしたいのか」をじっくり考え、⾃分なりのベストタイミングを探しましょう。

引用:転職活動はいつの時期から始める?転職に適切なタイミング

退職する会社への影響を最小限にとどめることも念頭に!

正社員として企業で仕事をしている以上、実際には「退職に適した時期」が存在しないことも確かです。

働く者としてできることは、プロジェクトの切れ目や、指導中の後輩、部下のひとり立ち、後任者への引き継ぎの完了など、できるだけ会社の業務に支障を来さないタイミングで退職すること、あるいは在職企業が対応できる猶予期間をできるだけ長く設けることになります。

しかし退職が転職を目的としている以上、あなたが在職企業のために動ける時間には限界があります。そのラインを在職企業と十分協議し了承を得ることが、退職をスムーズにおこなうための転職者の重要な責務なのです。

引用:転職に最適な時期とは – 転職活動を始めるベストなタイミングを知る

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「タイミングが良くて転職に成功した方」に「転職のタイミングを掴んで成功する方法」について、お話を伺わせていただきました。

「自分のやりたいことを常に発信してそのためにしっかり準備していればチャンスをつかめる」
「いかに自分の要望にあった情報を多く入手できるのか、その企業が求めているものが自分に合っているのかが重要」

など、是非、自分のキャリアや転職につなげて考えてみてくださいね!

あわせて読みたい、「転職のタイミング」に関する記事はこちら!

転職のタイミングを間違えてしまった!そんな体験談をまとめました

このタイミングで転職してよかった!成功体験お話しします。

転職のタイミングを誤って大失敗!経験から学ぶ、成功する転職タイミングの掴み方

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!