LINEキャリア相談絶賛受付中

転職のタイミングを誤って大失敗!経験から学ぶ、成功する転職タイミングの掴み方

「転職したけいど、今はそのタイミングじゃないのかしら?」
「勢いで転職してしまったら、痛い目に遭うかも??」
という心配をした経験はありませんか?

あなたと同じ悩みを持っている人は1人ではありません。
そこで、今回は「転職のタイミングを誤って転職に失敗した」方々に
「失敗したエピソードと失敗を回避して成功するコツ」について伺ってきました!

ネット上でも同じことで悩んでいる人もたくさんいたので
「ベストなタイミングで転職」をしたいという方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物の紹介

転職のタイミングを誤って失敗したAさん

キャリアアドバイザー笹田

計画性の甘さで転職のタイミングで大失敗…

本日は、転職のタイミングで失敗してしまったAさんにお越しいただきました。
Aさんありがとうございます。

ご自身の経験を振り返って失敗した原因って何だと思いますか?

無計画で甘かったのが原因です。

どうしてそう思われるのですか?

去年10月に起業し、個人事業主に転職しましたが、貯金もあまりない状態で、すぐに軌道にのせられると安易な考えで起業しましたが、現実はそう簡単にはいかず、需要が思っていたほど伸びず、現在は経済的にかなりきつい状態です。

なるほど、Aさんの場合は「転職先」が「起業」という事例ですが、それが「転職先の会社」でも当てはまる事例ですね。なぜなら、転職した会社が、経営悪化でお給料ダウンや最悪な場合は倒産もありますからね。計画性の甘さというのは、要注意ですね。

Aさんのご経験を踏まえて、失敗を回避して成功するコツを教えてください。

真っ先に金銭がなければなにもできない為、生活費の貯蓄や、もっと先の所までの事業計画をし、起業するならその仕事が、どのくらいのニーズで、需要がどのくらいあり、住んでいる地域性や、周りにリサーチし、いろいろな状況を確認したうえで、転職、起業をした方がいいです。無計画で起業すると、とても痛い目にあいます。

そうですね、起業に限らず、無計画に転職をしてしまうのは避けなければなりませんね。綿密なリサーチをしてから行動に移しても遅くはありません。
リサーチ、しっかりしましょう。
Aさん、ありがとうございました。

専門家は転職のタイミングについて、このようなアドバイスをされています

しんどい時は転職するタイミングではない

以前、私がサラリーマン時代にお世話になった先輩が「転職したい」といって当社にやって来ました。若手の頃から実績を出してきたとても優秀な方で、いつもはつらつとお話になるのですが、そのときはどことなく「しんどいオーラ」が漂っていました。実はいまの職場ではあまり活躍できておらず、疲労困憊していたのです。
(略)
現在の会社でいま一つ活躍できていないとき、人は新天地を求めて転職しようと考えがちです。しかしそういう時期は、本人に自覚はないかもしれませんが負のオーラが出ていて、脳の働きもあまり活性化していません。
優秀な経営者や経営幹部は当然、面接でそれを見抜きます。経営者はもともと感覚の鋭い方が多いですし、まして採用面接となれば五感をフルに使ってシビアにジャッジしてきます。したがって活躍できていない時期は、本人の「転職したい」気持ちの高まりとは裏腹に、あまり転職には向いたタイミングではありません。

引用:“逃げ出し転職”は絶対失敗する!転職に向いている時・いない時の見極め方ダイヤモンド社のサイト | ダイヤモンドオンライン

転職後1年以内は育休が取れない場合もあるので要注意

育児休暇を取得するには、一般的に「同一事業主に引き続き1年以上雇用されている」と、「子が1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる」という2つの条件を満たさなければなりません。労使協定が締結されていれば、転職後1年以内は育休を取得できないと覚えておいてください。なお、出産休暇にはこういった条件はありません。(寺田氏)

引用:プロに聞く 転職時期とベストタイミング | リクナビNEXT

出産前に転職して環境を整えておくべき

現実問題として、子どもが生まれてから転職はかなり制約が出てくると思います。それなら今のうちに、子育て中も働きやすい会社に転職し、環境を整えておくほうが賢明です。新しい職場でしばらく仕事に集中し、優秀な人材だということを周囲にアピールしておけば、育休後の職場復帰もスムーズに進むでしょう。(細井氏)

引用:プロに聞く 転職時期とベストタイミング | リクナビNEXT

転職を成功させた先輩たちは、このタイミングで転職した!

事例1、転職の時期が悪く、1年で退職

●転職のタイミングを間違えて失敗してしまったエピソード

以前の職場では薬品の影響でドクターストップがかかるほど、肌が荒れてしまいました。その為転職を始めた時期も中途半端な秋口、焦りもあったため、手当たり次第に履歴書を送り、直感と勢いで次の職場を決めてしまいました。
一族経営の小さな会社だったため皆自由奔放で、人間関係に限界を感じ、1年で辞めてしまいました。

●失敗を回避して成功するコツやアドバイス

今の仕事と並行しながら、自分は仕事をする上でなにを一番重要視しているのか順位付けして、転職活動を行うべきだと思います。
仕事内容なのか、人間関係なのか、お金なのか。人それぞれ大切にしたいポイントは違いますし、焦らず自分の心と向き合えるといいですね。

(20代女性、メイクアップアーティスト→一般事務)

事例2、ボーナスをもらい損ねた

●転職のタイミングを間違えて失敗してしまったエピソード

前職が激務で残業続きでした。それが原因で体調を崩し、このままではいけないと転職を考えました。もともと司書の仕事に就きたかったので、それ関連の求人を探していところ、タイミング良くみつけました。その時点で職場へ退職願いを提出し、三ヶ月後に退職をすることになりました。
運良く転職先から内定をもらい、心置き無く退職ができると喜んでいたのですが、退職する翌月が賞与が支給される月だと気付きました。あと一ヶ月退職を伸ばしておくべきだったと後悔しました。

●失敗を回避して成功するコツやアドバイス

賞与が支給される会社なら、そのあたりをしっかり確認して退職時期を決められることをおすすめします。貰えるものはしっかり貰って退職してください。
また、有給休暇も残っているならそれも忘れずに消化してください。

(30代女性、貿易事務→司書)

事例3、焦りで判断力が鈍ってしまった

●転職のタイミングを間違えて失敗してしまったエピソード

トヨタ系の自動車製造会社に勤めていましたが仕事量が非常に多く毎日忙し過ぎて会社カレンダー上の休日(土日祝日や長期連休中)に度々休日出勤をさせられるのに嫌気がさし、もう転職しようと自己都合で会社を辞めました。
当時から考えていたのは昔から経験のあったオークション事業で、その関連事業に仕事は決まりました。
しかし実際に転職してみると業績の山谷も激しく、土日どころか平日の夜自宅に帰ってからさえも仕事から離れられないような状況で、全く休まらない毎日が続いています。
給料も当初考えていた以上に激減しました

●失敗を回避して成功するコツやアドバイス

目の前の出来事だけを見て短気を起こしたり短絡的に考えたりするのではなく、もう少し俯瞰的に見たり考えたりすれば良かったです。
当時、辞めたタイミングも悪く、焦りのせいか判断力も低下しており悪い条件の会社に決めてしまいましたが、今思えば友人等にも相談してみれば良かったと後悔しています。
一人だけで何でも考えず、回りの人にも相談してみる事が最重要だと思います。

(40代男性、自動車関連製造業→オークション業)

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職のタイミングを間違えて大失敗した人」に「転職に失敗したタイミングの事例と失敗を回避して転職を成功させる方法」について、お話を伺わせていただきました。

「焦っていたりして、転職に向かない時期での転職」
「1ヶ月、退職を早まったためにボーナスをもらい損ねてしまった」など、「転職のタイミング」について悩んでいる人はたくさんいますね。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。

あわせて読みたい「転職のタイミング」に関する記事はこちら!

転職のタイミングが成功の秘訣!ベストなタイミングのつかみ方とは?

転職のタイミングを間違えてしまった!そんな体験談をまとめました

このタイミングで転職してよかった!成功体験お話しします。

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!