LINEキャリア相談絶賛受付中

楽しい仕事がしたい!と思って転職、だけど甘くない…大失敗してしまった事例集

「今の仕事よりも、楽しそうな仕事があるから転職したい…」
「楽しそうな仕事をやってみたいけど実際のところどうなのだろう…」
という心配をした経験はありませんか?

あなたと同じ悩みを持っている人は1人ではありません。
そこで、今回は「『楽しそうだ』と思って転職したけれども、うまくいかなかった」方々に
「『楽しそうだ』と思う仕事に就く前の注意点やアドバイス」について伺ってきました!

ネット上でも同じことで悩んでいる人もたくさんいたので
「『楽しそう』な仕事をやって、ハッピーになりたい」したいという方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物の紹介

 「楽しいな仕事がしたい」と思って転職したAさん
 キャリアアドバイザー笹田

事例1、求人広告の楽しそうな写真や営業担当者の話を鵜呑みにしてはいけません

 

 本日は、「楽しいな仕事がしたい」と思って転職したAさんにお越しいただきました。
ありがとうございます。
現在は、どんなお仕事をされていますか?

 食品製造業生産管理班という仕事をしています。

 その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

 季節の和菓子や洋菓子・菓子パンを製造する現場で生産管理が出来ると聞き、長年の商品管理の経験が活かせそうだと予想していました。
新製品考案の場にも同席させてもらえると聞き、スキルアップに繋がりそうだとわくわくしていました。
スーツやオフィスカジュアル指定の現場ではなかったため、被服費が浮きそうで助かると思いました。

 実際に仕事をしてみて「こんなはずじゃなかった…」とギャップを感じた点を教えてください。

 生産管理班とは名ばかりで、パートの高齢女性と一緒に単調なライン作業をこなす日々が続きました。
昼食時には率先してお茶汲みや吸殻捨てをしないと面と向かって悪口を言われ、男子トイレの掃除も早出してタイムカードを切る前にしなければなりませんでした。
ラベルやグラシンの発注も任せてもらえません。
洗い場に入ればお湯を長靴に入れられたりしますし、前職の商品管理の経験は全く活かせておりません。

 楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイスをお願いします。

 求人広告の楽しそうな写真や営業担当者の話を鵜呑みにしてはいけません。
食品製造業は工場内の清潔さが最優先で、人材は消耗品としか思われておりません。
面接や試用の際、その会社で働いているおばさん達と喫煙室やトイレで接触する機会があれば、実情を聞いてみることを強くお勧めします。

 なるほど、求人広告からは見えない現場で働いている人たちの話を聞くのが大切ですよね。

 食品製造業の実情は、作業中は愚痴ばかりで、昼食時は夫と嫁と同僚への愚痴ばかりです。
季節感が感じられて楽しそうな職場だというイメージは捨て去ってください。
更衣室でのお菓子の配り合いやお土産の渡し合いにも気を遣います。
コミュニケーション能力が相当高くないと居辛いです。

 Aさん、ありがとうございました。

では、ここからは、「仕事が楽しそう」だと思って転職したけどうまくいかなかった方々の事例をご紹介します。

事例2、頻繁に求人募集を出している会社は要注意しよう

女性/30代
調剤事務員
前職:製薬会社の委託業務

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

患者さんと触れ合って、自分のがんばりで、いろいろと環境を変えていけそうなのが楽しそうだと感じていました。

テレビのCMなどでも、調剤薬局で、患者さんに笑顔で対応しているのを見ていると、自分もそうなりたいなと思いました。

自宅から通いやすいところで職場を探せるというのも、毎日の通勤を考えると、うれしいなと思っていました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

実際に働き出してみると、休憩所は一人が休憩するといっぱいいっぱいで、折りたたみの机を自分が使用するときに引っ張り出してくるという状況でした。

教えてくれる先輩も居なくて、何もかも、自分で考えないといけませんでした。

未経験で始めた仕事なので、いろいろと教わりたいと思っていたのに、全く想像と違っていました。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

楽しそうだと思って、転職先を探すことも大切ですが、じっくりと本当の仕事内容を調べてみるというのも大切だと思います。

良く、求人募集が出ているということはそれだけ、人の出入りが激しいということでもあるので、入ってもすぐに辞めてしまう人も居るという職業かもというのを想像することが大切だと思います。

今の職業と、転職を考えているところとで、どういうところがメリットがあるかなど、じっくりと考えてもいいと思います。

事例3、あまり過度に期待しすぎないようにしっかりと下調べをしたり、現場の雰囲気を見ることが重要

女性/20代
介護福祉士
前職:アパレル販売員

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

利用者様とコミュニケーションをとりながら、毎日楽しく笑顔で過ごしていただけるように介護することにとてもやりがいがありそうだったから。またその会社には若い職員が多く、活気があったので自分自身も楽しく仕事ができそうだなと思いました。給料面、福利厚生も前職より良かったので、自分の生活も豊かになるだろうと楽しみにしていました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

まず、介護という職種を甘く見ていました。認知症対応型の施設で、暴れる方や、寝たきりの方、自分の思い描いていた介護の現場とは全く違いました。毎日が忙しく時間に追われる日々で、介護は肉体労働に近く、夜勤もあるので、同僚は婦人科系の病気やヘルニアなどになっている方が多く、職員みんなどこか身体が痛いと不調を訴えていました。もちろん会社はなにもしてくれません。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

転職や次の職や会社にプラスなイメージを持つことは大切ですが、あまり過度に期待しすぎないようにしっかりと下調べをしたり、現場の雰囲気を見ることが重要だと思います。また、いま働いている会社、職種と比べ残業、福利厚生、やりがいなどを比べ冷静に判断することが大切だと思います。マイナス面もしっかり把握した上での転職なら上手く行くと思います。

事例4、アットホームに騙されてはいけない

女性/30代
製造業事務
前職:製造業事務

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

求人票に社員の人達がみんなでバーベキューをしたり、それぞれの誕生日を祝う行事があったり、旅行をしたりする風景が掲載されていたので仲間も出来て仕事がしやすい雰囲気なのだと予想していました。また社長も若く親しみやすい雰囲気を感じさせる写真や社員との関わり方を読んで楽しそうだと思いました。明るくフランクな社風だと思いました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

入社してみて会社の行事にみんなが嫌々参加しているのが分かりました。毎回幹事を誰かがやらされて内容決めからすべて自分一人で決めなければならない嫌な雰囲気がありました。また行事の予算は会社持ちではなく、社員から少しづつ募るので費用がかさんで給料がむだな様な気持ちになりました。誕生日会は歳をとるとただ恥ずかしいだけだと思いました。
楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

求人票に社員の写真が掲載されている場合はじっくり良く読んで吟味した方が良いと思います。アットホームに騙されてはいけないと思います。アットホーム程怖いものはなく、家族経営であったりする場合はその家族といざこざがあると辞職せざるおえない雰囲気になります。それだけ密な関わりがあるので、プライベートな話も良く聞かれますし、言わないと嫌な人と思われます。楽しそうなのは悪くないですが、仕事場と割り切っている社風の方が働きやすいと思います。

事例5、その職場の雰囲気と自分との相性が良いか?についても考える必要がある

男性/30代
介護職
前職:介護職
その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

現在の職場のことです。

事前に施設見学をさせていただいたのですが、施設や職員さんの雰囲気がよい印象を受けました。その施設は待遇面では比較的恵まれており、そうしたことも関係あるのでは?と勝手に想像しておりました。その前に働いていた施設では、仕事量の割に待遇面で厳しいものがあったため、やっと問題が解消されると思っていました。

いざ働いてみると

○施設や職員さんの雰囲気がよい
→実際に明るい方が多いのですが、自己主張の激しい人が多く、私はその勢いに圧倒されると同時に雰囲気に馴染めないでいます。

○待遇面で恵まれている
→実際は与えられた仕事以外に施設内での働きで評価される必要がありました。そのため事前の求人情報で見た内容よりも下がる内容に・・というか以前いた施設とそれほど変わらないといった始末。

現在転職活動中です・・

極秘ですが

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

まずは目指している職場の雰囲気がどんなふうであるか?を把握してください。それ自体は大事なことですが、その職場の雰囲気と自分との相性が良いか?についても考える必要があると思います。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

それら要素を熟慮された上で問題なければ、新しい環境に飛び込んでください。そして、もしいざ飛び込んでみて予想と違っていても、落ち込まないでください。次を目指しましょう・・

事例6、元社員や社員が悪い書き込みをしている場合はたいていそちらを信じてよい

女性/30代
グラフィックデザイナー
前職:グラフィックデザイナー

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

無農薬野菜を扱う会社に転職しました。
店舗用の資材を作る部署への配属で自由度も高そうだったので幅広いデザインができると思いました。
また広告費も多くとられている印象だったのでさまざまな紙やインクを使って今までやりたかったものに挑戦できる点を楽しみに入社を決めました。
自社の販売促進ツールなので成約が少ないことも魅力でした。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

思った以上に会社としてまとまりがなく、店舗におけるデザインのテイストもデザイナーによってまちまち。
デザインチームとその他のチームの仲が悪く、新しいことをするのは正直めんどくさいという方がほとんどでいつまでたっても新しいことができずにいました。
他部署にもデザイナーはいましたが、スキルが低くほとんど派遣やアルバイトに頼っている状況でがっかりしました。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

ファーストインプレッションで楽しそうと思うのはよいことです。
なのでその感覚は大事に、気になった会社があればよく調べてから入社してください。
情報が溢れている現代なのでネットで検索すればよほど小さな会社ではないかぎり情報がみつかるはずです。
元社員や社員が悪い書き込みをしている場合はたいていそちらを信じてよいと思います。

事例7、十分な調査と面談での仕事内容の確認、できれば働いている先輩の生の声などを事前にリサーチした上で転職を考えるべき

男性/40代
電気・通信の敷設や設定業務
前職:システム管理・ユーザーサポート業務

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

前職の経験が活かせて給与もアップするし、スキルアップもでき将来につながると思っていました。また、若い従業員も多く職場も活気づいておりそんな人たちと切磋琢磨することによって自分の技術をより一層高めることが出来ると考えておりました。外勤の業務なので残業もほとんどないと聞いていたので自分の時間が増えて好きなことができるようになると思っておりました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

前の職業は屋内でパソコンに向かってのデスクワークの作業が多くストレスが徐々溜まっていても体を動かしながらスキルを学べるということで選んだのですが、実際肉体労働となると体力が持たず、また季節によって特に冬は直射日光の炎天下でヘルメットをかぶり汗だくになり、冬は寒さで指先まで痛くなるほどの過酷な環境でした。マンツーマンで仕事を教えてくれる先輩がいたのですが、自分のしている作業を目で見て覚えろとだけ言うだけで、結局はほとんど何も身につかないうちにほかの担当部署に異動になってしまい、また全ていちからのやり直しとなってしまいました。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

楽しそうに見える職場でも、職場見学では良い一面や話しかきけず、実際働くとなると、キャリアアップの体制が整っていない企業だと、入ってから苦労するのは自分自身です。楽しく自分の好きな分野を活かせる企業へ転職するのは、十分な調査と面談での仕事内容の確認、できれば働いている先輩の生の声などを事前にリサーチした上で転職を考えるべきだと思いました。

事例8、その企業の評判を誰か知っている方から聞いたり、調べてから決めた方が良い

男性/30代
無職
前職:介護職員

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

老人ホームで働いていたのですが、人と関わると言うか流れ作業的なことが多くて、仕事がつまらなくなっていた時、介護系でも、寝たきりの方とではなく元気な方が通うデイサービスを見つけ、ここなら、いろんな方と関わりながら楽しく仕事が出来るし、昼間だけの仕事なので夜は、自分の時間が多く取れるから、仕事場の人とも飲みに行ったり出来て良いなと思いました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

元気な方と、接することは出来るから良いと思っていたのですが、逆に無口な人や、話をする人でも、何かと言ってクレームを言ってくる人が大半でしたので明るく仕事が出来る雰囲気ではありませんでした。
しかも、昼間だけかと思いきや、利用されている方が帰った後は、どうやれば皆さんが楽しくここで過ごせるのか等の、会議が多く、月の半分は、定時に帰れなく、疲れ果てて自分の好きなことに対しての時間が作れませんでした。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

いくら楽しそうな企業だと思っても、中身はブラックもしくはグレーな部分があったりするので、焦る気持ちはあるかもしれませんが、そこは1度落ち着いて、その企業の評判を誰か知っている方から聞いたり、調べてから決めた方が良いです。
もし、介護関係でしたら、身内を入れたいとか何かしら理由を付けて見学に行きその職場の雰囲気、働いている職員の様子を見てから決めた方が良いです。

事例9、表面上ではみんな仲良しで裏では陰口ばかり

女性/30代
販売スタッフ
前職:メーカー海外営業

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

前職ではパソコン作業が多く英語漬けの毎日だったので、販売の仕事で体を動かし働きたいと思っていました。職場は10歳以上年上の女性ばかりで人生の先輩が多い職場だから、人間関係は大丈夫だろうと考えていました。年齢からして私は諭される側だと思い、面接でもいじめのない職場、アットホームでなんでも相談できる職場と聞いていたので楽しみにしていました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

実際に仕事を始めてわかったことは、いじめはないようですがアットホームとは程遠く、表面上ではみんな仲良しで裏では陰口ばかり。裏表のない人もいますが、腹黒い人も何人かいて何をもってアットホームな職場なのかと思いました。年齢が若いというだけで、力仕事、面倒くさい仕事、すべて押し付けられます。年上だからできた人間だと思った私のミスです。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

楽しそうと思っても下調べが必要だと思います。仕事内容が楽しそうと思ってその仕事を続けていく自信があるのなら、仕事以外で嫌なことがあっても乗り越えられると思います。楽しそうに思った仕事が実は違ったという場合、仕事を辞めたい気持ちが強くなるので、仕事そのものの大変さなど表面的でない部分をよく調べた方がいいです。

事例10、可能であれば、実際に自分が配属される部署の見学をさせてもらうと、イメージがつかめる

女性/40代
食品の卸会社
前職:食品検査業

その仕事のどんなところが楽しそうだと思っていましたか?

食べることが好きなので、食べ物に関係した仕事を続けていきたいと思い、自宅から近い現在の会社に転職しました。
食品の卸会社なので、食品との接点が多く、自分の知識が役に立つかもしれないと思っていました。
また、比較的大きな会社であり、面接官も穏やかな雰囲気だったので、社風ものんびりとしていると思い込んでしまいました。

「こんなはずじゃなかった…」実際の仕事とのギャップ

職場に配属された時、仕事の内容を説明してもらいましたが、専門的な言葉が多く、その意味の説明はありませんでした。
他の人に言葉の意味を聞きましたが、「わからなくて良い。覚える必要はない」と言われてしまいました。
また、食品との接点はまるでなく、ただパソコンの画面に向かって、発注や返品の処理をするだけの仕事でした。

楽しそうだから転職しよう、と思っている方へアドバイス

まずは、自分の好きなことが仕事とつながっている会社を選ぶと良いと思います。
そして、面接時に仕事の内容について、細かく教えてもらう方が良いでしょう。
可能であれば、実際に自分が配属される部署の見学をさせてもらうと、イメージがつかめると思います。
転職後に、「こんなはずではなかった」と後悔しても、辛くなると思います。


ココからは、ネットで上がっている事例をご紹介します。

「仕事が楽しい」の本当の意味を教えよう。「楽しい」と「つらいことだらけ」は両立する

大概の人が「つらいこともあったけど、いま考えると、楽しかった」と答えてくれます。この感覚こそが、「仕事が楽しい」という感覚の正体なのです。

たまにある「楽しさ」、そして「参加している」「必要とされている」実感が、労働時間が長かろうとも、休みが少なかろうとも、四十数年間、働き続けられるドライブになっているのです。

正直、仕事の場合、楽しいことより、つらいことのほうが多いのが偽らざる事実です。しかし、この3つの要素があれば、全体としては「楽しい」と感じることができるのです。

出典元:東洋経済

働く男子に聞く! 「仕事が楽しい」と感じる瞬間・6選

(1)思い通り!
(2)評価されたとき
(3)責任を果たせたとき
(4)問題が解決したとき
(5)感謝されたとき
(6)成長を感じたとき

出典元:マイナビ

楽しく働くための3つの仕事観

1.何をやるかよりも「誰とやるか」、2.自分にしかできない「何か」はあるか、3.社会に「足跡」を残したい。この3つの仕事観を大事にしてきました。

出典元:日経ウーマンオンライン

まとめ

いかがでしたか?

今回は「『楽しそうだ』と思って転職したけれども、うまくいかなかった」方々に
「『楽しそうだ』と思う仕事に就く前の注意点やアドバイス」について、お話を伺わせていただきました。

「職場の事前調査は必ずすること」
「広告やイメージを信用しない」など、是非、自分のキャリアや転職につなげて考えてみてくださいね!

あわせて読みたい関連記事はこちら!

仕事って楽しい。転職してよかった!予測があたって大成功の転職例大公開!!

 

この仕事楽しいかも?と思ったのに!入社してみてがっかり体験・激白

 

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!