【面接官に聞いてみた】転職理由を聞かれたとき、どう答えたらいいの?

面接で、必ず聞かれるのが「転職した理由」ですよね。

今回は、面接官や採用経験者の視点から

・転職理由を聞くときに何を考えているか?

・転職理由をどのように伝えれば高評価になるのか?

などをご紹介していきます。

面接で転職理由を聞かれたときに、どういう風に答えればいいのか知りたい!という方は是非参考にしてください。

登場人物

 キャリアアドバイザー 笹田

 会社経営して面接をやってきたトリ

転職理由はどう答えるのかよいの?

 転職理由の答え方ですか

 面接官って、必ず転職理由を聞いてきますからね。この質問に答えるのって、結構大変ですよね。

 面接官が何を気にしているのか知っておくのは大事かもな

 そうですね。 考え出すと、自分のことをうまく魅せなきゃいけないし、かつ前の会社の批判にもならないようにしたりと、色々考えたりしないといけないですからね
面接するとき、何を気にしてみます?

 やっぱり、考え方とか判断軸は気になりますかね。苦労した話とかを聞きたいですね

 確かに。判断軸がズレていると、なかなかわかりあえないですからね

 苦労したときとか、うまくいかなかったときって、その人の本性というか、人間性が出やすいと思っているので

苦労話とか聞けると、その人の考え方とにじみでますからね。苦労話聞いていると、自分事で問題を捉えているのか、他人のせいにしているのか、とかもわかるから、良いですよね

 そうですね。「問題にフォーカスしている」か、というのはわかりますね。
原因を分析して、解決しようとしているかどうか、という姿勢を見ますね

 そういった姿勢は大事ですね。そこがわかれば、活躍してくれるかもと期待が持てますからね
あと、結構聞かれるのが「なんで今の仕事を辞めてまでうちに来たいのか?」ですかね。
うちじゃなきゃいけない理由

 これはまぁ志望動機みたいなもんですね

 志望動機がちゃんと答えられない人も多いですからね。
というか、働いてもいないのに、そもそもしっかり語るのは難しいのは当たり前だと思うんですが。。。

 そういうときの回答としては、何が理想なんですかね

「今の会社じゃできなかったこと」「それが御社ならできる」
この2つを盛り込むのが1番妥当だとは思います

 そうですよね、順当な流れでいうとそうなると思うんですが
でも、まだ働いていない段階で、「転職先ならできるから」と断言しちゃうとリスクもありますよね?

 そうなんですよ。変に期待ばっかり大きい人って思われると、採用してもらえないですからね。「会社に何かをやってもらえる」という考えが強い人を、採用したくないという面接官は多いと思います。

 人によるとは思うんですが、私は「うちで何がしたいのか」とか、「なぜうちを選んだのか」系の質問はほとんどしないですね。これは私が最初に入社したリクルートという会社も、そういう感じでした。その人が何を頑張ってきたのか、その人がどういう人間なのか、を重点的に聞いて、「うちで活躍できそうか」という部分はこっちで判断するという方針です。私としては、むしろあまりに固定的なイメージで「御社でこれをやりたい」「こんな風に働きたい」と言われてしまうと、ちょっと流動性が無くて怖いですね。部署が変わったり、ジョブローテすることもゼロではないので。

 なるほど。会社のことを1番わかっているのは、採用する側ですもんね。必死にPRされても、分からない人のPRなんでずれてることも多いですしね。 「うちで何がしたいのか」も入社して、経験を積んでいけば色々変わりますからね

 そうですね。人間は変わりますから、表面的な変わる部分をすり合わせてもあまりよい採用にならないことが多いと思っています
変わらない部分をすり合わせるのが大事ですね。そのためにも、とにかく正直に話して欲しいです。

 特定の何かを期待されても、会社も成長するし、仕事も変わるかもしれないのであれば、こっち側が期待できる人かどうかに注目したほうが、面接の意味がありますよね
ただ、面接官もそこまで深掘りできる人であれば良いですけど、そんな人あんまりいないのが困りどころではありますが。。

 まぁ、テクニックを駆使して答えないといけないような質問をしてくる面接官を人事に置いている時点で、その会社はあんまりイケてないので
会社なんて腐るほどありますから

 間違いないです!

 選ぶ側が強気でいきましょうよ。落ちたんじゃなくて、自分に合う会社じゃなかったんだという話です。

 そうですね。結局、転職する人も自分でちゃんと選ばないと、入社後後悔しますからね

 面接は選ばれる場所じゃなくて、選ぶ場所ですからね
「あなたは今の仕事をやっていて楽しいですか?」 「どんな時に楽しいですか?」 「チームは素晴らしい人がそろっていますか?」 くらい、逆に面接官に質問してやって欲しいくらいです(現実は難しいですがw)

 鋭い質問ですね。けど、面接官がこれに答えられない職場は結局そのレベルですから、良いと思います!笑
どんどん質問して、自分が行くべき会社か強くに攻めてほしいですね

 即答&自然に「こんな風に楽しいよ。それに最高のチームだよ」って答えてくる面接官がいたら、土下座してでも入社しますね、私なら。

 さすが!
何をやるかよりも、誰とやるかのほうが重要ですからね

まとめ

今回の記事では、面接で転職理由を聞かれた時の対処法や、面接官が何を期待しているのか?という部分をご紹介しました。

王道だと「前の会社ではできなかったことがあって」「新しい会社ではそれができるから転職しました」という風に構成するのが多いと思いますが、面接官もバカではありません。

同じような話を何度も聞いているので、着飾ったりうまく取り繕ったような回答ではすぐに気づいてしまいます。

本心でないことは言わないほうがむしろマシです。

本心で転職理由を語る方法はいくらでもありますよ。コチラも参考にしてみてください。 記事:転職理由ですべらない!面接を本音で突破できる伝え方のコツとは?

(とはいえ、面接で建前が必要という意見も世間には多いのも事実です。実際の転職経験者が本音と建て前、どちらを話したかという意見を参考にしたい方はこちら 記事:転職理由は本音にする?建前にする? 面接でこんな風に話したら好印象!)

新しい会社で何をしたいのか?どういう働き方を望んでいるのか?しっかり考え抜いたうえで、本心を素直に伝えて採用してくれる会社に入ったほうが、必ず後でよい働き方ができると思います。

良い転職になることを祈っています!

 

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!