キャリアアドバイザー笹田

キャリアアドバイザーの笹田です!
インターン→新卒→転職→フリーランス→経営者、全てのキャリアを歩んできた私が、様々なキャリアを歩んでいる先輩たちにインタビューしてきました!

「転職活動って、実際のところ、どんな感じなんだろう。経験者に聞いてみたい!」
それって自分だけなのかな?
他の人はどうなんだろう?と思ったことはありませんか?

今回は「転職活動は、思った以上に大変だった」と感じた転職経験者の方々に、「どんな点が辛かったのか。」について伺ってきました!

「転職活動を頑張ってみたいけど、その前に、実情を知りたい!」という方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職活動で神経をすり減らしたAさん(40代)

 キャリアアドバイザー 笹田

精神的にも、肉体的にも切迫していた!

 今回は、転職活動が大変だった!というAさんに話を聞いてみようと思います。まず、お仕事について教えてください。

 

 はい。元々は、産業電機関連の会社で勤めていました。今は、エンジニアとして別の会社で働いています。

 

 転職活動が大変だったというのは、どういった部分でしょうか?

 

 会社を続けながら、活動をしていたので、とにかく大変でした。理由としては、転職活動がバレるとすぐに退職を迫られるためです。日中の電話にはとにかく出ないようにし、残業し、夜遅く帰ってから、履歴書を書いたり、ホームページで企業情報を確認したりとで、日々、追われていました。

 

 時間のやりくりも大変ですが、精神面の負担もかなりでしたでしょうね。

 

 そうですね。ただ、転職を判断したのは、給与の安さで将来が見えないことから始めたことなので、ここで、頑張らなければ、悪循環にはまってしまうという危機感がありました。

 

 なるほど。最後に、転職を考えている方へのアドバイスなど、お願いします。

 

 なぜ、転職をしなけれればならないかを明確にすることだと思います。明確であり、強い意志があれば、PRも簡単ではないかと思います。逆に明確でなければ、転職しなくても困らないと思います。ご参考いただければ幸いです。

 

 Aさん、ありがとうございました!

 

転職活動は色々と大変!そんな先輩9人の本音はこちら!

Aさんは、強い意志を持って転職活動をされていましたが、それでも、精神的、肉体的に大変だったようですね。

他にも、「転職活動、思いのほか大変だなぁ。」と感じた方々の体験談をご紹介します!

Aさん以外の9人のエピソード、是非、ご覧ください!

★周りやwebの情報で精神的に追い込まれた

広告代理店の総合職→物流会社の一般事務
20代/女性

一番大変だと感じたこと:精神面のつらさ

転職時は、様々な企業に応募しました。新卒時の就活よりは、応募件数が少なくスムーズに決まったのですが、新卒時とは別の感覚で精神的に辛かったです。社会人になってからの転職だと、一気に「無職」になってしまいます。学生時代は、決まっていなくても「学生」だったので、少しは気楽で言われるのですが、今度は社会の目が気になりだします。決まらない時期が続くと「転職期間が長ければ長いほど不利になる」とwebの記事や、ハローワークの窓口など様々な人が言ってくるので、精神的に追い詰められてしまうときもありました。

転職を考えているあなたへのアドバイス

出来ることなら、在職中に転職先を見つける方がいいと思います。そちらの方が、精神的に楽だと思います。退職後の転職時の、あの焦りを体験しなくていいですし、お金が無くなったので、焦って転職活動をして、条件の良くない企業に入社する心配がなくなります。

★限られた期間で決めなくちゃいけない!という焦り

お仕事:不動産業営業→一般事務
20代/女性

一番大変だと感じたこと:精神面のつらさ

私は転職前は、不動産業の営業をしていました。しかし、残業が毎日のようにありましたが残業手当てはつかず毎日疲れ切っていました。ある時転職しようと決めて、有給を利用しながら転職探しをしたのですが、有給も日数が限られていますのでとても焦っていました。一カ月という短い間の転職探しでしたが一人暮らしだったため、もし仕事が決まらなかったらどうしよう、やっぱり我慢して続けた方がよかったのかな、という不安に陥りました。

転職を考えているあなたへのアドバイス

嫌だと思いながら仕事をしても楽しくありません。お金を稼ぐならば、楽しく仕事をしたいですよね。転職したい職種にあなたが必要なスキルを持っているなら、あとは面接でやる気があることを伝え、笑顔でやるしかないです。

★退職理由を正直に伝えられなかった

お仕事:アパレル店員→コールセンタースタッフ
20代/女性

一番大変だと感じたこと:精神面のつらさ

面接を受ける際に、どうして以前の仕事を辞めたのか、という面接官の問いに正直に答え過ぎてしまったのか、不採用通知がたくさん来てしまいました。実際のところ、人間関係が辛く精神的に仕事を続けることが困難で転職を始めたのですが、上記の理由を面接官に言うと「すぐに辞めそうだな。」とマイナスイメージを与えてしまったんだと思います。それからは、当たり障りのない理由を言ったのですが嘘を付いているようで辛かったです。

転職を考えているあなたへのアドバイス

転職というとどうしてもマイナスイメージがあると思います。しかし、どんな仕事にも向き不向きがあるので必ず自分に合った仕事が見つかるはずです。転職して半年間はとりあえずがむしゃらに働いてみてください。色々な景色が広がるはずです。

★辞めたいのに辞めさせてもらえない!

お仕事:製造業の営業→経営コンサルタント
40代/男性

一番大変だと感じたこと:会社との問題

退職届を提出してから3カ月受理をしてもらえませんでした。引き留めをいただくのは非常に光栄、と思いつつ、転職日に間に合うか、本当にヒヤヒヤしました。また後任への引き継ぎも大変でした。私の後任は5年上の先輩だったのですが、「お前、こんダメな仕事をやっていたのか。これじゃあ引き継ぎできないよ」とか意地悪なことを言われたりしました。その先輩は仕事があまりできない人なので、私へのやっかみもあったようですが、後に引きずりたくなかったので我慢して対応せざるを得ませんでした。

転職を考えているあなたへのアドバイス

転職してもどこで前の会社とまた関係が生まれるか、わかりません。もしかしたら大切な顧客になる可能性もあります。下手をしたら転職後、前職の対応に追われることもあるかもしれません。そのため会社を去る直前まで誠心誠意、会社とは良い関係を保持した方が良いです。

★隣の芝生は青く見え、自分を見失っていた

お仕事:教育関連の営業→仲介貿易の営業事務
20代/男性

一番大変だと感じたこと:精神面のつらさ

私は転職する際に結果的には一社受けて内定して働くことになったのですが、その間、精神的にはかなり苦労しました。というのも、周りと比べてしまい、新卒で入社して一年半で辞めてしまっていたので、このまま本当に大丈夫なんだろうかと不安になっていました。今思うと、全く関係ない周りのことばかりを考え過ぎて、本当に考えなければいけない自分のことを疎かにしていたのだと思います。ただ、当時はそのことでかなり精神的に追い込まれて、本当に何から手をつければいいのか分からない状態でした。

転職を考えているあなたへのアドバイス

在職中で転職を迷っている方はまずしっかり情報収集をした方が良いと思います。良いことも悪いこともしっかりと情報を得ることで学ぶことがたくさんあります。そして離職してから探すのではなく、しっかり次の転職先を決めてから仕事を辞めることをオススメします。

★自分のポートフォリオに必要なデータが不足していた

お仕事:広告代理店の営業→広告代理店の事務職
30代/女性

一番大変だと感じたこと:仕事ぶりを証明できるデータが入手できない

前職場がブラック企業で、毎日終電、土日出勤当たり前、代休や休日手当もないような職場でした。とにかく早く辞めたい一心で早急に退職。退職後にしばらくしてから転職活動を開始しました。何の準備もせず急いで辞めたため手ぶらの状態で転職活動にのぞむこととなりました。しかし、転職活動中に企業との面接などで前職での功績を確認されることがしばしばありました。例えば、資料作成技術の確認のために前職で作成した資料を見せるように言われたり、手がけたプロジェクトのデザインや企画書を見たいと言われたりしました。在籍中であればすぐに用意できるものも、一度退職してしまうと当時のデータを得るのは難しく、口頭で説明するにも限界を感じました。転職を考え始めたら、まず自分のポートフォリオ(実績や力量を評価してもらうために作成する資料)作成のために自分の仕事ぶりを証明するために必要なデータは最低限まとめておくべきだと感じました。

転職を考えているあなたへのアドバイス

転職は決して逃げではなく、新たな選択だと思います。私も転職した結果、当時の自分には思いつかなかった職種に出会うことができ、素敵な人々に巡り会えました。今の職場が全てではなく、自分にとって適した職種や環境はどこかに必ずあると思います。もし少しでも迷ったら転職活動してみて、いろんな世界を知ることをおすすめします!

★長期化の焦りや周囲にばれるのでは?という不安

お仕事:広告業の経理→ドラッグストアの経理
40代/男性

一番大変だと感じたこと:精神面のつらさ

経理という技能があればすぐにでも転職先は決まるだろうと思っていました。しかし実際には書類選考すらなかなか通らず、いままで自分が蓄えてきた経理の知識や実績は何の役にも立たないのかと落ち込みました。面接まで行っても内定まではなかなかいかず、もう自分の希望である経理職は無理なのではないかと悩みました。転職活動の期間が長くなるほど落ち込み方も深くなります。転職活動のために有給などを利用しますが、それが頻繁になると周囲に活動していることがばれるのではないか?という焦りもありました。

転職を考えているあなたへのアドバイス

転職活動は本当にタイミングだと思います。私も活動の期間が長くなったときは悩んだり焦ったりしましたが、決まった時は面接から内定まですんなりと進み、2社からほとんど同時に内定が出ました。転職活動に悩むと自分の希望と違ったり、条件を下げた転職先も考えてしまいますがそうするとまた不満が大きくなってしまうかもしれません。納得いくまで転職活動をやってみるのもいいかもしれませんよ。

★就業中の活動で、時間のやりくりが大変だった

お仕事:飲食サービス業→幼稚園調理員
20代/女性

一番大変だと感じたこと:時間的な制約

よく転職するなら先を決めてからの方が良い、と耳にしており在職中に転職活動を始めました。しかし私は飲食のサービス業に勤めており勤務は不規則なシフト制でした。拘束時間も長く、夕方から自分の時間があるわけでもありません。ですので休みの日は全て転職活動に費やす形になり、自分の休息の時間などありませんでした。面接をハシゴする日もありましたし、勤務の休憩時間や睡眠時間を削り、履歴書を作成したりしました。また面接を受けても在職中であれば内定から勤務まで期間が開くのでそれを理由に不採用になることもしばしばありました。退職日までに次の仕事がちゃんと決まるのかも分からず不安がつのり気持ちが休まる時間がなく大変だった事が記憶にあります。

転職を考えているあなたへのアドバイス

やはり在職中に転職活動をした事は間違っていなかったと思います。退職日もあらかじめ設定してそれまでに仕事を決めるという目標を持って進めたので集中できたし頑張れました。私の場合は4ヶ月間で計画を立てて集中的に転職活動を行いました。やはり精神的、体力的に大変ですが安心して退職ができるし離職期間が短く済みました。なによりは転職するかしないか迷っていたら退職した時に後悔がありそうかまず振り返ってみてください。後悔が少しでも出そうであればあと1年頑張ってみてください。それでも仕事を辞めたかったらその時の気持ちは本当だと思います。

★住宅ローン等の支払猶予が終わってしまい焦った

お仕事:派遣介護職→派遣介護職
40代/女性

一番大変だと感じたこと:金銭的なこと

病気をしたため退職をしましたが、入院が長引きかなりの経費を必要としました。2年して無事に退院できましたが、通院、薬代等々出費がかさんでいました。早期に就業と思いましたが、身体が思うようにいかず、ただ住宅ローン等(就業できる状況になった時点で保険が支給されなくなる)の支払いもしなければならず、半ば強引にハローワークで雇用保険の手続きをしましたが、中々身体が言うことを聞いてはくれずに、最後の雇用保険の支給が終った頃やっと、身体が少しましになったところで、職探しを継続しましたがどうやって身体と向き合えばいいものやら、通勤等々の体力面、階段や長距離を歩くことについて自信がなかったこともあり、業種をどうすればいいのか悩みました。ただ時間の猶予は全くなかったため、かなり焦って面接に行きました。面接で、やはり現在のおかれている身体状況は離さないわけにはいかず、伝えると面接に受からないといった状態でした。

転職を考えているあなたへのアドバイス

その方その方によって、様々な環境や状態があるかと思われます。また、沢山の求人情報の中から自身にとって条件にあったものを見つけるのには、苦労するものと思われますがやりたいことがあれば、一度の人生ですから、チャレンジしてみて頂きたいです。仮にダメでも、縁がなかっただけですから探せばあると思います。諦めずに良い職場に就かれることを願っています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職活動を始めてみて、思った以上に大変さが堪えた」と感じた経験のある方々に、「どんな点が辛かったのか」について、お話を伺わせていただきました。

「住宅ローンの支払い猶予が終わってしまうので焦った」
「就業中の活動で、準備にかける時間のやりくりが大変だった」など、「思った以上に、転職活動は大変だった!」という人は、たくさんいますね。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。