キャリアアドバイザー笹田

キャリアアドバイザーの笹田です!
インターン→新卒→転職→フリーランス→経営者、全てのキャリアを歩んできた私が、様々なキャリアを歩んでいる先輩たちにインタビューしてきました!

「仕事辞めたいな~。でも…色々とハードルあるよな。」
それって自分だけなのかな?他の人はどうなんだろう?と思ったことはありませんか?

今回は「仕事は辞めたい。でも、何かしらの事情で辞められなかった(もしくは、辞めるのに時間がかかった)」経験のある方々に、「辞めたいと思ったきっかけや、スグに実行に移せなかった理由」について伺ってきました!

「仕事辞めたいけど、なかなか…大変そう」と思っている方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 仕事をなかなか辞められなかったAさん

 キャリアアドバイザー 笹田

記事の途中ですが、エントリーモンスターでは、転職をしたい人が、できるだけ少ない時間で、できるだけ希望にあったマッチングを実現すべく、300社1,000人以上の中から厳選したキャリアアドバイザーにインタビューを行なっています。
転職を考えている方は、是非こちらもチェックしてください!→ エントリーモンスター厳選キャリアアドバイザーのアドバイス一覧

仕事量過多だけど…居心地の良い職場!

 今回は、仕事をなかなか辞められなかった経験をお持ちのAさんに話を聞いてみようと思います。まず、お仕事について教えてください。

 

 はい。ネットショップの運営スタッフをしていました。

 

 辞めたいと思ったのは、なぜでしょうか。

 

 先輩が体調不良で辞め、仕事量が増えたことです。また、仕事があまりできない同僚をフォローする役割も担うことになり、精神的にも肉体的にも余裕がなくなってしまいました。また、お客様に理不尽な理由で電話で罵倒されることも重なり、辛くなってしまいました。

 

 しかし、辞めたいと思ってから、なかなか辞められなかったのはどうしてですか?

 

 仕事量は多くなったものの、家庭と仕事の両立ができる勤務時間で、職場の人間関係も悪くありませんでした。こんな環境は他にないのでは?という思いがあり【やめたいけどやめられない】というジレンマにかられました。

 

 なるほど。勤務時間と職場の環境ですか…捨てがたいと考えてしまうのも分かります。

 

 色々な思いが錯綜しましたが、結局のところ、辞めました。この判断でよかったと今は思っています。

 

 なるほど。Aさん、ありがとうございました!

 

「仕事辞めたいけど…なかなか大変!」そんな先輩9人の体験談はこちら!

Aさんは、居心地の良い職場だっただけに、踏ん切りがつかなかったようですね。でも、自分の体調が悪くなる職場は、本当に良い職場なのか?という思いに至り、辞める判断をされました。

他にも、「辞めたいと思ったけど、スグに実行に移せなかった」という方の体験談を、すぐに決断できなかった理由と共にご紹介します!

Aさん以外の9人のエピソード、是非、ご覧ください!

★同僚との価値観の違いはあるけど…大手の環境は捨てがたい!

不動産事務(20代/女性)
結果:辞めなかった(辞められなかった)

決断できなかった理由

  1. 大手企業で、ある程度の収入があるため。
  2. やりたい仕事に就職できるか不安のため。
  3. 転職活動をし続ける余裕がないため。

女性社員がチヤホヤされる会社で、自分はフワフワした女性にはなれず、親しみやすさでは受け入れられたが、女性としての価値がわからなくなった。しかし、男性社員が男臭い会社のため気にせず働くことも大事かと思い、今も耐えている。また、営業への暴言を聞き続けることが苦になり、誰も異議を唱えないこと状況に違和感を、感じた。

★人間関係が悪く辛かったけど…育休明け社員の復帰待ち!

IT企業の事務員(20代/女性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 会社に申し出たが、育休明けの社員が出てくるまで待ってと言われた
  2. 親に相談したが、お給料がいいのにもったいないと言われたから
  3. いまの仕事よりなかなかいい給料の会社が見つからなかった

仕事が常に忙しく最初は事務員同士で切磋琢磨して業務をこなしていたのですが、事務員が増えて余裕ができてくると事務員の中で激しい仲間割れが始まりました。それは中学生のような陰湿ないじめでした。そんなことに関わる毎日に嫌気がさしたし、その頃婚約者と同居を開始する話があり、その場所が他県になってしまうため通うのも無理だということになり辞めたかったのですが、育休中の社員が復帰するまで待ってくれと引き止められました。辞めたいと思ってからは毎日が長くて辞めるまでの月日が本当に地獄のように感じられました。だけどその半年後くらいに育休明けの事務員が戻ってきて引継ぎがおわってやっと辞められました。

★勤務形態が過酷だけど…代わりがいない!

総合病院の医療事務(50代/女性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 直ぐに同じレベルで仕事が出来る人がいなかったので
  2. 救急医療現場を希望する人がいなかったので
  3. 看護師や医者に引き留められたため

仕事が嫌になった訳ではありませんでしたが、救急の医療現場はとても忙しく子供が小さかった私にとってはとても過酷な仕事でした。休日出勤や、月末月初の残業で子供達だけで過ごさなければならない事が多かったです。やっと職場異動してくれる方が見つかりましたが、仕事を覚えてもらうのに2ヶ月かかり早く辞めたかったのですが辛い日々が続きました。

★労働と給与が不相応だけど…生活不安が!

自動車整備士(30代/男性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 貯金が少なくて職探しする間の生活が不安だった
  2. 辞めた後にすぐに仕事が見つかるか不安だった
  3. 親に反対されてなかなか説得できなかった

仕事が出来ようが国家資格を持っていようが、5年以上働いても手取り16万、とてもじゃないが将来結婚して家庭なんか持てるわけがない、まして、自分は長男でいずれは親の面倒を見なければいけず、親にも相談したが、貯金もないくせに理解してくれない。非常に辛くて悶々とした日々を過ごしていました。求人情報誌を見てもろくな仕事が無くて、本当に辛かった。

★夜勤が増加したけど…就職氷河期だった!

介護施設の介護職員(30代/女性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 他の職員が次々に退職して人手不足だったから。
  2. 上司から辞めないように半ば脅されていたから。
  3. 当時就職氷河期で簡単に転職先が見つけられなかったから。

当時勤務していた介護施設では、介護職員の仕事量がかなり多く、それによって体調を崩す職員が後を絶たなかったことから、常に人手不足でした。よって辞めようと思っても、その後、施設の利用者はどうなるのかと思ってしまい、すぐには辞められませんでした。また上司からは今後、正当な理由なく辞める人は退職金を出さない!というような脅しに近いことも言われてしまい、なかなか退職することを言い出せませんでした。さらに当時は就職氷河期であり、転職先を探しても介護職くらいしかなかったことから、辞めて転職してもまた一緒のような状態になるのかと思って、退職を決断できませんでした。結局、私はこの介護施設で辞めたくても辞められないという辛い思いをしながら、しばらくは勤務し続けていました。

★区切りをつけたいと思ったけど…同僚に先を越された!

ドラッグストア販売員(30代/男性)
結果:辞めなかった(辞められなかった)

スグに決断できなかった理由

  1. 人手が足らず、忙しく、辞めたいといえる雰囲気ではなかった。
  2. 家庭の経済状況を考えると中々、辞められなかった。
  3. 私が辞めるという前に同僚が辞めてしまい、余計に会社から引き留めにあってしまったから。

会社がどんどん出店ラッシュをする中で、そのしわ寄せが従業員に降りかかり激務でした。とくに深刻なのは人手不足。そして、それに比例して増え続ける業務。本部に現場の意向を伝えても一向に改善される気配はなく、その時に辞める決断をしました。しかし、いざ辞めると伝えると先に同僚が辞める意向を伝えており、タイミングが遅れてしまいました。また、家庭の状況も母が入院してしまい、お金がかかる状況に。色々な事が重なってしまい、辞めるに辞めれませんでした。

★会社の方針について行けなかったが…同僚を気遣い契約満了まで勤務!

ホテルスタッフ(20代/女性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 給料が良く、他の職業でその給料を上回る仕事が見つからなかったから。
  2. 退職を申し出たが、会社側から次の人材が来るまで引き止められた。
  3. 契約期間満了まで働くことになったから。

親会社が変わったことで、様々なシステムが変わり、オーナーも変わり、その会社のやり方について行けずにいました。その上、他部署が忙しい時に応援に駆り出され、常に忙しい部署に置かれる立場になっていました。上司は年下の意見をあまり親身になって聞いてくれず、このままではこの会社はいつか終わってしまうと思いました。同じく辞めたいと言っていた他の同僚達はとても優しい方ばかりで、先に辞めてしまうのは心苦しく思い、辞めたいけど辞められない状況が続き大変でした。

★職場環境に嫌気がさしたけど…人材不足で引き止めに!

薬局販売員(30代/女性)
結果:辞めた

スグに決断できなかった理由

  1. 辞めたあと後続の人がいなかったから。
  2. 会社に申し出たが引き留められてしまったから。
  3. 下が育たず辞めたらシフトが回らないと引き留められてしまったから。

入ったときから感じていた職場の人たちの仕事へのモチベーションの低さ、社員とバイトの馴れ合いなどに、ここにいていいのかと疑問がありました。それなりに仕事を任され評価されるようになると、ここじゃないところで、という気持ちが強くなり、辞めたいと申し出ましたが、シフトが回らなくなる、人材不足などの理由で辞め時を延び延びにされてしまい辛かったです。

★毎日残業で辛くなったけど…新しい仕事への不安があった!

製造業のライン作業員(20代/女性)
結果:辞めなかった(辞められなかった)

スグに決断できなかった理由

  1. 自分が辞めることで誰かに迷惑がかかってしまう思いから
  2. 今の仕事をやめて新しい仕事を覚える自信がなかった
  3. 今の仕事よりも次の仕事の方が大変かもしれないと思った。

初めてのライン作業だったので仕事を覚えるまでがとてもつらかった記憶があります。手が遅いと注意されることも多くて何もかもが嫌だったのですが、やっと仕事になれた時期に今度は残業ばかりで自分の時間がなくなってしまった事が嫌になりました。でも自分が辞めると欠員がでてしまい他の人に迷惑を掛けてしまうかもしれないという思いから最終的にはその仕事を辞めることが出来ませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「仕事は辞めたい。でも、何かしらの事情で辞められなかった(もしくは、辞めるのに時間がかかった)」経験のある方々に、
「辞めたいと思ったきっかけや、スグに実行に移せなかった理由」について、お話を伺わせていただきました。

「同僚を気遣い、スグに辞められなかった」
「辞めた後のことが気がかりで、辞められなかった」など、「辞めたいと思ったけど、行動に移すには色々障害があった」と思っている人は、たくさんいますね。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。