LINEキャリア相談絶賛受付中

【迷う20代必見!】転職か残留か?経験者が語る、決断を後悔しないために検討すべきポイントとは?

「転職しようかな~。でも…20代で転職するってどうなの?不安がいっぱい。」
それって自分だけなのかな?
他の人はどうなんだろう?と思ったことはありませんか?

今回は「転職しようかどうか、迷っている(もしくは、迷っていた)」経験のある20代の方々に、「転職したいと思ったきっかけやその理由」について伺ってきました!

「20代だけど、転職したい!どうしよう、迷うなぁ…」という方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職を迷っていた20代社会人のAさん

 キャリアアドバイザー 笹田

何を優先させたいのか?掘り下げた先が転職だった!

 今回は、転職するかどうか迷った経験をお持ちのAさんに話を聞いてみようと思います。まず、お仕事について教えてください。

 

 はい。元々は、不動産業の事務をしていました。今は転職して、保険の事務職をしています。

 

 転職するきっかけは何だったのでしょうか?

 

 転職前の仕事は、残業が多く週に3回はあり、いきなり就業時間ギリギリに契約などもあったため、帰れませんでしたし、残業手当も一切ありませんでした。また人間関係もあまりよくなかったため、今のままでいいのか悩み、転職するべきか迷っていました。

 

 なるほど。でも、実際には転職されましたよね。転職に踏み切ったのはなぜですか?

 

 今の会社に残るメリットと、デメリットを考えて、自分の(仕事のおける)優先順位を明確にしてみました。それを突き詰めていくと、やはり、環境を変えないと駄目だという結論になって、転職することに決めました。仕事探しには苦労しましたが、今の職場は、給与は少なくなりましたが、残業が全くなくて定時に帰れますし、人間関係がとても良い職場です。

 

 そうなのですね。では、最後に、転職を迷っている方へのアドバイスをお願いします。

 

 転職したいなと思っているなら、ストレスを抱えないためにも勇気を振り絞り、転職の決意をしても良いと思います。ただ、職探しに苦労しないために、パソコンの資格をとるなど、次の仕事に役立つスキルの準備をしておいた方が良いと思います。後は、自分はどんな条件の仕事をしたいのか、どんな仕事がしたいのかをきちんと自分の中でわかっておくことが大事だと思います。

 

 Aさん、ありがとうございました!

転職すべきか迷う!20代社会人9人の本音はこちら!

Aさんは、今の仕事をつづけた方がいいのか、思い切って新しい仕事にチャレンジするべきか、自分の優先順位を整理することで、不安を払拭されました。

ただ、思いのまま行動しても、駄目だということもおっしゃっていました。スキルを磨き、自分が何をアピールできるのか?それをじっくり見極めて活動することが大切ですね!

他にも、「転職はするかどうか、迷っている(迷っていた)」という20代社会人の方の体験談をご紹介します!

Aさん以外の9人のエピソード、是非、ご覧ください!

【転職した】もっと良い環境で仕事をしたかった!

お仕事:小売業(販売員)→福祉の会計事務

転職することに不安だったが、今よりもっといい環境で仕事をしたい、仕事にやりがいを持ちたいという気持ちが強かったので転職を決めました。私は仕事をしながら転職先を探したので大変でしたが、今の仕事を辞めないで転職活動すると好印象だとハローワークの人に聞きました。実際、今就職した先では「仕事を続けながら転職活動していたのが印象が良かった。もし入社したらすぐに辞めずに仕事を続けてくれるかもしれないので採用した」と言われました。転職して前の職場より環境や人間関係もよく、転職して良かったです。

転職するかどうか迷った(迷っている)理由

  1. 残業が多く、サービス残業をすることもあった。
  2. 自分の時間(趣味など)が持てなかった。
  3. 有給を殆ど使わせてくれなかった。 (インフルエンザなど病欠時のみ使用可だった)

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

20代ならまだまだチャンスはいっぱいあります!転職をしたいと考えたらまず、自分の身近な人(親、兄弟、友人、恩師など)に相談してみて下さい。きっと親身になってアドバイスなどくれます。今しかできないこと、挑戦したいことなどに諦めず取り組んで下さい。転職活動は辛く大変だと思いますが、自分自身のために頑張って下さい。

【転職せず】転職活動を行う勇気がない!

お仕事:医療従事者→医療従事者

これまで、育ててくださった先輩には申し訳ないという気持ちがありました。なので、なかなか転職活動を行う勇気が出ませんでした。そして、転職を考えながらも5年間なにもせず時間が経ちました。今年度末をもって公務員への転職される1つ年上の先輩の姿をみて、私もチャレンジしたいという気持ちが最近だんだんと沸いてきました。転職は、自分をレベルアップ出来るチャンスだと思っています。今は、その先輩の引き継ぎ受けながら転職の勉強をしていきたいと思っています。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. 中堅の先輩があまり仕事をしなく、自分にその仕事が回ってきてしんどくなってきました。そんな人が課長などの役職に就いたとき、私は付いていけないと思った。
  2. メリット(人間関係が良いなど)はあるが、デメリット(給料が安いなど)が気になってきた。
  3. あこがれの職業(公務員)への思いが捨てきれない。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

私も迷っている人の一人です。迷っている間に5年という時間があっという間に過ぎていきました。悩んでいるなら、まずは活動をすれば良かったと思いました。5年前の年齢と今の年齢では、体力も違うし結婚適齢期ということもあるので断然若い方がいいと思います。若いうちは、やりたいこと何でも出来るチャンスがたくさんあるので1度行動にしてみることが大事だと思っています。何社も受けて、全部不合格なら今の場所で頑張りなさいということで、1社でも合格すれば、縁があったということだと思います。お互いに頑張ってみましょう!

ネット上にはこんな記述も!

当然、誰もが入社後すぐに理想の給料を得られるわけではありません。民間給与実態統計調査によると、2014年度分の平均年収は415万円となっており、男女別にみると男性が514万円、女性が272万円となっています。ちなみに、給与所得者の平均年齢は45.5歳、勤続年数の平均は12.0年です。重要なのは、目先の収入だけでなく将来を見通した給与形態であるかどうかです。そのためには、賞与や昇給制度、退職金などの福利厚生の条件面などを含めてトータルで判断する必要があります。腰を据えて長く働ける環境が将来的に安定収入へ繋がるでしょう。

引用:第二新卒とは?転職活動に役立つ情報を完全網羅

【転職した】人間らしい生活を送りたかった!

お仕事:動物園飼育員→図書館司書

転職をしたことで、病気も治り精神的にも落ち着いたため結果は良かったと思います。しかし、全く経験のない職種への転職は苦労が多く、給与も低いため生活するのがやっとという状況です。それでも、あの会社から離れることが出来て良かったと思っています。あの時辞めていなければ、欝は悪化していた可能性があります。さらに、辞める前も傷病手当金の書類を提出しないや、退職金を減額するなど、嫌がらせを受けました。こういったことを受け、転職したことでやっと人間らしい生活をおくれるようになったと思います。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. 人間関係が悪く、嫌がらせが横行していた。
  2. 朝6時から夜24時まで働いても、残業代が0円だった。
  3. ボーナスが出たが、なんと、外貨での支払いだった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

転職を決意するのであれば早いうちに決断した方がいいと思います。追い詰められてしまえば、正常な判断が出来なくなり「自分がいなければ仕事が…」と思ってしまいます。しかし、あなたがいなくても仕事は誰かがし、回っていきます。そのため、あなたはあなたが務めたい職業についていいんです。中々 転職に踏み出すのは難しいですが、まずはハローワークを覗いてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

【転職せず】人並みに稼げているのは会社のおかげだと気付いた!

お仕事:玩具営業事務→玩具メーカー事務

同じ場所に留まったほうがいい理由は、あまりないと思う。今の職場が好きになれたから続けましたが、一年たっても好きにならなかったら、辞めていました。ですが転職した子は、その決断に後悔してない人の方が多いので、たまにこれでよかったのかな、ともやもやします。しかし全体的に見れば、お給料もよくて、安定してて、残業もなくて、私のようなスキルが低い女でも、人並みに稼げているのは会社のおかげなので、これからも転職はしないつもりです。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. TVドラマのようなキラキラした職場で働いてみたいと思ったが、今以上に条件の良い職場はないと思った。
  2. 不満の方が少ないため、わざわざしなくていいと思った。
  3. まだ入社1年目だし…と悩んでるうちに、会社での居心地がよくなった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

その会社を好きな理由と、嫌い理由を考えて、嫌いが多ければ辞めていいと思います。同じ場所に留まるより、新しいことを、始める方がずっと大変だという覚悟もあれば、どこへだっていけるし、自分が思っているよりももっとたくさんの仕事が世の中にはあると思います。だらだら悩むのはやめて、どちらが自分の為かを一度考えてみてください。

ネット上ではこのような記述も!

自分を「即戦力」に近づける努力が必要

最近の転職市場では「即戦力」が求められています。今の職場で望むスキルを身につけられなかったとしても、時間を確保して独自に勉強するなどして、次にやりたい仕事に近づくための準備をすることはできるはずです。未経験職種への転職は、時間が経つほど可能性が閉じられていくもの。勉強するにしろ転職するにしろ、動くなら一刻も早いほうがいいでしょう。

引用:憧れの業界にこだわり、仕事内容を理解しないまま転職し…

【転職した】第二新卒という言葉に惑わされないで!

お仕事:クリエイティブ業界 3Dデザイナー→IT企業 プログラマー

第二新卒で転職しましたが、3年我慢しないとどこの会社を受けてもすぐ辞めると思われているのか、きっちりと転職理由、退職理由が言えないと相手にしてもらえなかったです。それどころか、理由がきちんと言えても面接官側が「結局は君は根性がなかったんだね」という目で見てくることが何回もありました。第二新卒というのは転職斡旋業者が自分たちの儲けのために転職者を増やそうとして作った造語なので、需要があると言ってもちゃんとした職につけない事の方が多いと思います。キャリアチェンジを考えるならプラスに働くかも知れませんが。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. 徹夜休日出勤当たり前、残業代未払いのブラック企業だった。
  2. ルーチン作業ばかりで、続けても他で通用するスキルは身につかないと思った。
  3. 結婚、子育てと両立している人がいなかった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

絶対に次の転職先を見つけないまま退職してはいけません。もしそうしてしまえば、一人暮らしならなおさらお金などの心配事で気持ちが焦り、決まればどこでもいいや、と条件をよく確認しないままブラック企業に入ってしまう可能性があるからです。また、第二新卒を喜ぶ企業は人の入れ替わりが激しいのでは、と疑ってかかることが必要です。

ネット上ではこのような記述も!

安易な選択で転職歴を増やさないように

応募先の事業内容や、自分が任される仕事をよく理解しないまま入社すると、後々ギャップを感じることになります。だからといって、そこで転職を繰り返してしまうと、求人市場ではどんどん不利になってしまうということに…。だからこそ、入社を決意する前に自分の志向性を整理し、企業研究・仕事研究することがとても大切なのです。

引用:憧れの業界にこだわり、仕事内容を理解しないまま転職し…

【転職した】行動は早いうちに!

お仕事:金融業の営業職→製造業の事務職

転職せずに以前の職場のままだと体だけではなく精神の病になってしまうと精神科医にも診断されていたので、間違いなく転職して良かったです。自分の体や心は1つしかありませんが、仕事は全国にいっぱいあり無理して続けたいと思える仕事ではありませんでしたし、実際転職したら給料は少し下がってしまいましたが、それも許容範囲内です。その代わりにプライベートに時間を費やせるようになったので、そちらの方が全然良かったです。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. あまりの激務に体調を崩してしまった。
  2. 実際に勤めてみたら、自分のイメージと大きくかけ離れていた。
  3. 配属希望地と違うところに配属されてしまった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

転職をする事を同僚や上司に引き止められてしまったとして、あと20年、30年その会社で問題なく働けそうですか?もし20代のうちに転職を考えているのではあれば30代、40代、50代でもまた転職を再び考えるかもしれません。そのくらいの年齢になると転職は年々厳しくなりますので、早いうちに転職を考えているのであれば行動する事が今後の人生を大きく変えると思います。

ネット上にはこんな記述も!

仕事を辞めたいのは、甘えではありません。会社を辞めたいと思っているのはあなただけでなく、働いていれば多くの人が感じる感情です。

【転職せず】中途半端な活動は時間と労力の無駄だった!

お仕事:商社の品質管理→商社の品質管理

仕事内容に不満を感じ、転職を考え始めたものの、何がしたいのか見つからないのが今の状況となります。おそらく、中途半端な気持ちで転職していたら、また同じような悩みを抱え、結果的には何社も渡り歩くことになることが懸念されます。実際、面接を受けて見てなんだか違うと思ったこともあり、時間・有給を無駄にしまいました。上記より、現時点では転職しなくてよかったのかなと思います。ただ、やはり仕事内容に納得することは出来ないので、転職活動は意思が固まり次第、再開しようと考えています。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. 自分の中で優先順位が決められず、積極的に活動できていない。
  2. 現職は待遇や人間関係が良く、今すぐ辞めたいという次元ではない。
  3. 業務を引き継ぎする人がいない。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

今は売り手市場で、第二新卒も歓迎される風潮です。なので、何をしたいか、明確になったら転職を考えていいと思います。また、残業が多かったり、人間関係に悩んでいたり、会社に行くことが精神的ストレスに繋がっているならすぐに辞めた方が良いと思います。正直なところ、会社に留まったところで、一度精神を病んでしまったというレッテルが貼られ、腫れ物扱いされます。

ネット上にはこんな記述も!

結論からいうと、29歳を超えたら就職や転職に全く可能性がなくなるということはありません。企業によってさまざまな募集背景があるほか、求める人物像もさまざま。年齢だけで、一くくりに「就職や転職の限界」とは必ずしも言えないでしょう。しかしながら、20代最後という年齢は、今後のキャリアをしっかりと決めた方がよい時期なのは確かです。就職・転職を考えるなら、できるだけ早く行動した方が良いでしょう。

引用:29歳の就職・転職はどう攻める?

【転職した】新卒の時よりも企業研究をみっちりした!

お仕事:自動車関連会社の営業→教育関連会社の営業

嫌いな職業や向いていない業種を職業にするよりかは、転職をして環境を変えるというのは重要な事ですし、転職をして正解だったと思います。転職した方が知識も広まりますし、年収や仕事環境が変わり、やる気もでます。しかし、良い事ばかりではないという側面もあります。例えば年齢的には後輩の方に教えてもらったりすることも増えますし、新卒の方が多い会社においては苦労すると思いますし、転職にあたっては新卒の時以上に企業研究をしたほうがいいと思います。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. 職場の上司が嫌だった。
  2. 職人相手に営業をすることがあり、話が通じない事が多かった。
  3. 転職のタイミングを逃したくなかった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

20代であれば転職をすることをお勧めします。若いうちでないと転職は難しいですし、仕事環境が良くなる場合が多いからです。今日本では新卒主義が崩れてきていますし、売り手市場になっています。この機会を逃せば転職をするのも難しくなりますし、迷っている時間があったら、すぐに行動を起こして、環境を変えたり、誰かに相談したりしたほうが絶対いいです。

ネット上にはこんな記述も!

転職に成功したと感じている人は、転職に何を求めているのか、目的が明確だった人ばかり。転職に求める「成功」は各人によって違うものだからこそ、流されず、妥協せず、自分にとってのベストの一社を見つける努力を惜しまないようにしましょう。

引用:30代前半の転職って、有利? 不利?

【転職した】この会社では未来の自分が想像できなかった

お仕事:建設会社 総務部→通信会社の受付コールセンター

転職してよかった。転職したことで、いろんな知識だったり、向上心がもどった。転職しなかったらやる気もなくただただ会社に出勤してるだけの人形に思えた。なんの変化もなく、ただ時間をすぎるのを待つだけ。今は生きてる実感もする。新しい知識が増えるのは楽しい。お金はだいぶへったが、休みは増えてリフレッシュできている。また前の会社の人とも、いまの会社の人とも仲良いいので、交流関係が増えた。通勤も近くなったしよかった。

転職するかどうか迷った(もしくは、迷っている)理由

  1. かなり暇ですることない時間がもったいなく思えた。
  2. 人間関係にも疲れた。
  3. 社長からのセクハラ発言が辛かった。

転職を迷っている20代社会人の方へのアドバイス

動くならいまだと思う。私は転職して良かったと思う。お給料だけで、続けていける人はいいと思うが、その先のことを、未来の自分をみれるか?と考えた時にどうですか?私はそのとき、この会社にいて、働いている未来の自分が想像できなかった。新しいことを踏み出すとなにかが変わる。変わろうとする自分が、もっと好きになれると思う。

ネット上にはこんな記述も!

たくさんの企業の中から、自分に合った企業を探し、応募先を選ぶ際は、自分自身が重要視する判断軸をできるだけ多く用意しましょう。そして、決してイメージ先行型にならず、ご自身で調べ得た情報を友人や転職エージェントなど第三者の助言によって裏付けることも必要となってきます。

引用:企業探し・応募時の注意点(25歳編)

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職しようかどうか、迷っている(もしくは、迷っていた)」経験のある20代社会人の方々に、「転職したいと思ったきっかけや、その理由」について、お話を伺わせていただきました。

「転職のタイミングを逃したくない!」
「サービス残業がつらい」など、「仕事で転職を考えるきっかけがあって、実際に、どうしようか悩んでいた」という人は、たくさんいますね。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

20代男性の「使ってよかった!」転職エージェントおすすめランキング

20代女性が転職で失敗する3つのパターンと対策(PS長谷川様編)

20代半ばで自身も心を決めて転職!自分の経験を交えながらアドバイスを送るリンクスタッフィング 岩本さん

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!