キャリアアドバイザー笹田

キャリアアドバイザーの笹田です!

インターン→新卒→転職→フリーランス→経営者、全てのキャリアを歩んできた私が、様々なキャリアを歩んでいる先輩たちにインタビューしてきました!

「営業に転職したいけど失敗したくないな…」
「営業ってやっぱり大変な仕事なのかな?」
という心配をした経験はありませんか?

この悩みを解決すべく
「営業に転職して成功した」方々に
「成功のコツ」について伺ったり
各メディアで紹介されているアドバイスをまとめてみました。

「営業に転職して成功したい!!」という方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 サービス業から広告代理店の営業への転職に成功したRさん
 キャリアアドバイザー笹田

事例1、転職したい会社が、どういう商品を売っているのか調べてみよう

男性/20代/広告代理店
前職:サービス業

 本日は、サービス業から広告代理店の営業への転職に成功したRさんにお越しいただきました。Rさん、ありがとうございます。
さて、Rさんにとって営業職の魅力は何ですか?

 営業とは、お客様から「ありがとう」と頂く仕事です。なので一番の魅力は人のために約に立っていると自覚できる仕事だと思います。

 なるほど、営業はお客さんからの反応がダイレクトに返ってくる仕事ですよね。
Rさんが営業職への転職に成功したコツは何だと思いますか?

 僕が営業職に成功した理由はそれはシェア率を重視してからの転職だったからです。前職の営業は赤字部署でした。そのためボーナスは出ない昇給はないそんななか売れない商品で営業をするのですからそれは無理があります。そこで次はシェア率が高い会社に入社しました。すると考え通りでした。知名度が高いので簡単に数字を出すことができました。

 ありがとうございます、それでは、これから営業職への転職を考えている方へRさんからアドバイスをお願いします。

 営業をする方へ、転職をする前にその会社がどういう商品を売っているのか調べてみてください。そして競合はどこになるのか、そしてどっち勝っているのかそれによって仕事が楽になるか決まってくると思います。業界のシェア率はすごく重要です。

 なるほど、転職先の会社が何を販売して利益を上げているのかは超重要ですね。転職する前に調べておくと、入社してからも役に立ちますよね。

Rさんありがとうございました。

他にも先輩たちはこんな経験をしています

事例2、最初は一人でも、自分が信頼されていることを感じられるお客さんに出会えると、仕事への意欲や向き合い方が大幅に変わる

男性/30代/出版業
前職:教育業

●営業職の魅力とは?

お客さんとの信頼関係が日々深まっていくのを実感できることが最大の魅力です。商品をお客さんが買ってくれた後のフォロー訪問で売ったものがお客さんの役に立っていると知れた時はとても嬉しいです。

●営業職への転職に成功したコツとは?

学生時代からクラスの中心的存在で、遊び人風や石頭系など、様々なタイプの同級生と仲良く接していました。お客さんのタイプも本当に人それぞれで、本心がわかりにくい人もいますし、言葉の強い人もいます。特定のタイプとばかりつるむのではなく、色んな友達と日々接していたことが、営業職に向いた自分を形成したと思います。

●これから営業職への転職を考えている方へ

あらゆるお客さんと、というわけには行きませんが、最初は一人でも、自分が信頼されていることを感じられるお客さんに出会えると、仕事への意欲や向き合い方が大幅に変わることと思います。それにはとにかく明るい表情で挨拶をすることです。当然のことですが、案外それを毎日やるのはしんどいです。

事例3、無形商材の営業経験は絶対評価される

女性/30代/企業や官公庁職員向けの研修プログラムの提案営業
前職:広告代理店の営業

●営業職の魅力とは?

・時間の融通がききやすい
・スケジュールを自由に調整できる
・評価がわかりやすい(客観的な数字出るため)
・給料が比較的高めなこと

●営業職への転職に成功したコツとは?

大学を卒業してからずっと営業職で、かつ最初は飛び込み営業などの誰もやりたがらないような仕事をしていたことが、まず「ガッツがある」と思われたことが理由だと思う。
そして、今まで物売りではなく無形商材の営業に従事していたため「提案力」と「人間力」を評価してくれた。あと、女性営業というのはまだ社会的に少なく、転職をした当時は20代後半だったため、企業的にもほしい層だったのだと思う。

●これから営業職への転職を考えている方へ

未経験でも20代の女性であれば、今の世の中の流れ的に(女性活躍推進)採用される可能性は高いと思う。
また、経験がなくても営業職は常に募集が出ているので、事務職などを狙うよりは間口は広い。
また、これからの営業は単なる御用聞きや物売りだけでは絶対勝ち残れないので「提案力」の有り無しが重要であると思う。特に無形商材の営業経験は絶対評価されるはず。

事例4、年功序列ではなない世界、実力で勝負!

男性/40代/先物営業
前職:公務員

●営業職の魅力とは?

先物営業の新規契約の仕事は、やりがいがあります。年功序列ではないので楽しく仕事が出来ます。 営業でのやりがいは、やればやれるだけ数字金銭で帰ってくるのでやりがいもあり楽しい

●営業職への転職に成功したコツとは?

新規のお客で生命保険と同じで新規の契約とるごとに給料以外の収入が増えるので楽しく目標をもって仕事が出来ることがポイントです。
金融生命保険と同じ手数料商売は、大変ですがモチベーションアップにもなります。お金で戻ってくるので一番高いのは、生命保険会社の手薄料でした。次が先物営業でした、数字で役職が決まる世界は、やりがいがあります。

●これから営業職への転職を考えている方へ

生命保険会社は、進めませんが生命保険会社=愛人契約で数字上げてる人が多い社長の愛人で部下に愛人の保険入れるケースが多い他の金融は、やりがいがあります。実力の世界なので純粋に 生命保険勧誘は、愛人または、コネでお客取りが多いのと手数料が高い会社により 数字と契約でお金がもらえる営業は、面白いです。 年功序列ではなない世界なので

事例5、努力よりも成果、達成するまで諦めないでやれるかが勝負

男性/30代/自動車販売
前職:ドラッグストアー

●営業職の魅力とは?

つらいことはたくさんありますが、やはり契約を取ったときの達成感は他にはかえられません。つらいことも全て忘れられます。

●営業職への転職に成功したコツとは?

何よりも、負けん気だと思います。誰にも負けたくない、やるからには勝ちたいという意識で仕事をしています。
怒られたり、つらいこともありますが、必ず結果で見返してやるという思いでやっています。他人にも負けないし、自分にも負けない。その心が転職してよい結果につながっていると思います。
それがあればどうすれば顧客に喜べでもらえるか、契約を取れるか、自ずと分かってきます。

●これから営業職への転職を考えている方へ

営業職は何を言っても成果が大事です。努力は見てくれません。成果です。その成果を出すために、絶対に諦めずにやり遂げる。その強い思いが大事です。誰しもいつも調子がいいわけではありません。でもそんな時でも成果をとるために何ができるか?自分に負けず、常に上を目指す心が大切だと思います。

事例6、営業は、顧客とやり取りすることで人間的な深みが増す仕事

女性/30代/不動産営業
前職:通信業事務

●営業職の魅力とは?

机に座って見えない相手とやり取りをするのではなく、顔を合わせて向き合うことで相手の気持ちを知ることができたり、時にはむずしいこともありますが、人間力のアップにつながるところが魅力です。

●営業職への転職に成功したコツとは?

人の話を聞くことがむかしから好きだったため、お客様の話を引き出すことは得意でしたす。人の話を聞くことで相手から情報を引き出し、しっかりと耳を傾けることでお客様からの信用を得ることができました。初対面からあまり警戒されることもなく、距離を知事めるのに時間もかかりませんでした。そのため、お客様から信用されて頼られることで自分の自信にもなり、仕事にもとてもやりがいが生まれました。

●これから営業職への転職を考えている方へ

営業職は体力的にもハードな面はたくさんあります。ですが、それ以上に仕事のやりがいと人とのコミュニケーションの難しさを楽しむことができる数少ない職業だと思います。直接顧客とやり取りすることで仕事だけではなく、自分自身にも深みが増すことは間違いありません。

事例7、お客様の不満・不安を取り除くためにどうアプローチしていくかを考えていきましょう

男性/30代/損保代理店営業
前職:小売店・販売員

●営業職の魅力とは?

小売店は基本的に待ちの商売です。営業は自分から動くことによって成果を出して生きます。そこにやりがいがあると感じています。

●営業職への転職に成功したコツとは?

店舗での物が売れにくくなっている小売業において、休みの日に出かけてお客様のいらっしゃるような場所などに足を運ぶようにしていました。その成果もあって実際にお客様に来店してもらうことも多くありました。その経験もあって自分でもやっていけるという自信を持つことができました。小売業では給料も安いこともあって転職を決意しました。

●これから営業職への転職を考えている方へ

常に勉強を怠らないこと。小売業のようにマニュアルがあるものではありません。それとお客様のことを第一に考えること。売りつけてはダメです。目先の利益をだけ増やしていっても意味はありません。お客様の不満・不安を取り除くためにどうアプローチしていくかを考えていきましょう。

事例8、数字を挙げていれば自由な世界、ポジティブに自信をもって営業しよう

男性/30代/ケーブルテレビ営業
前職:中古車事務職

●営業職の魅力とは?

いろりろな場所を回って、今まで会ったことのない人に出会えるのは魅力的。また、数字さえ取っていれば細かいことを言われないのは、私にとてもあっていました。

●営業職への転職に成功したコツとは?

営業職はとても実力主義的な世界だと思います。他の事務職や経理などの職種と違い、数字を取っていれば自由です。もちろん数字を取ることが大前提ですが、物怖じせずにお客様と自分のwin-winな関係になるようにすることが成功の一番の理由ではないかと思います。また、常にポジティブに自信を持って営業することが信用に繋がり、成功した理由だと考えています。

●これから営業職への転職を考えている方へ

営業職はまさに向き不向きが真っ二つに分かれる職種だと思います。向いている人にはまさに天職ですが、向いてない人にはとことん向いてないと思います。なんとなくや、いい加減な気持ちで営業職を選択しようとする人は長続きしないと思います。初めて営業職をやる人は勇気をもってやってみましょう。

事例9、一生懸命していればお客様もそれを感じ取り、信頼へと繋がっていきます。努力を惜しんではいけません

男性/40代/住宅営業
前職:不動産業

●営業職の魅力とは?

成果に見合うだけの報酬を手に入れることだと思います。やればやるだけ報酬が入ってくるのでやめられなくなります。

●営業職への転職に成功したコツとは?

嘘を付かないこと、約束は必ず守ること、それでも無理と感じたら、素直に謝罪し出来る範囲のことを全力でやることだと思います。これが最低限かなと思い、無理をせず且つ全力でやっていますが、嘘を付いたり無理をするとちょっとしたタイミングでぼろが出てしまいます。成功は、お客様に対し誠実に業務を遂行することが大事と考えやってきた結果だと思います。

●これから営業職への転職を考えている方へ

適当にやってはいけません。ちょっとしたことでお客様は矛盾を感じ、不信感へと繋がっていきます。そして一度不信感が芽生えると、それを払拭するのはかなりの手間と時間を要します。最初から一生懸命していればお客様もそれを感じ取り、信頼へと繋がっていきます。努力を惜しんではいけません。

事例10、いつも謙虚でいること、笑顔でいられること、相手をいたわれること、相手を敬えることが大切

女性/30代/素材メーカーの営業
前職:アパレルの販促

●営業職の魅力とは?

売上げに直結する仕事の為、結果が明確である点が一番の魅力です。2つ目は、数字で評価されるため、給料への反映の仕方がクリアである点です。

●営業職への転職に成功したコツとは?

コミュニケーション能力とキャラクターだと考えます。
製品自体に魅力があるものであれば、あとはどんな人から買いたいかが大きなポイントだと考えております。代わりはいくらでもいる職業だからこそ、個人としての魅力(相性含め)が重要であり、また、相手の気持ちをくみ取れるコミュニケーション能力の違いが、営業としてのスキルではないかと考えます。

●これから営業職への転職を考えている方へ

まず、自分の持つ特性、魅力を徹底的に理解し、それをいかに相手に伝えるかが重要だと思います。会社の社風に無理にあわせようとするのではなく、自分らしく無理をせずに自身の魅力を伝えていく力が必要です。あとはいつも謙虚でいること、笑顔でいられること、相手をいたわれること、相手を敬えることが大切だと思います。


ネットでも次のようなアドバイスが紹介されています。

ネット上で紹介されているアドバイス1、どの業界の営業職がオススメなのか?ずばり言うと以下の4つの業界です。

実は他にもオススメ業界はあるのですが、ここではあくまで未経験でもチャレンジしやすく、転職市場で積極的に採用活動を行なっている業界という条件内での話です。

共通項としては、すべて無形法人営業という点です。

人材業界
広告・メディア業界
インターネット業界
IT業界

引用元:すべらない転職

ネット上で紹介されているアドバイス2、営業に求められるスキルから職場環境まで!営業の転職先選びで重要なポイント総まとめ

営業職として転職をする前に考えるべきこと
転職したい理由を分析する
今あなたが転職したい一番の理由は何ですか?現在の職場への不満な点を考えてみましょう。不満な理由を曖昧にしていると、転職が決まったとしても、同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。面接などで担当者に話す必要はありませんが、あなたにとって魅力的な転職先を探すために、自己分析をしてみましょう。

引用元:キャリアサプリ+

ネット上で紹介されているアドバイス3、営業職の転職事情~理想を叶える転職法、教えます

何でも機械やPCによりオートメーション化された昨今のビジネス市場において、営業という仕事は、人と人とのつながりを肌で感じ取ることができるやりがいのある仕事です。顧客に「あなただから契約した」と言ってもらえたときの感動は、何にも代えがたい喜びがあるでしょう。

その喜びを糧に、あなたの営業スキルや人柄に誇りを持って、営業マンとしてのキャリアを邁進してください!

引用元:転職ハック

まとめ

いかがでしたか?

今回は「営業に転職して成功した」方々に「成功のコツ」について、お話を伺わせていただきました。

「転職したい会社の商品やサービスを事前にリサーチする」
「お客さんの不安を取り除く」など、是非、自分のキャリアや転職につなげて考えてみてくださいね!