LINEキャリア相談絶賛受付中

【転職のお悩み解決】うまくいかない時期を切り抜け、成功に導く対処法10選!

「転職活動を始めたものの…なんだかうまくいかない!」
それって自分だけなのかな?
他の人はどうなんだろう?と思ったことはありませんか?

今回は「転職活動が上手くいかない壁に直面したけれど、それを乗り越え、転職を成功させた」経験のある方々に、「つまずいた時期やその理由、また壁の乗り越え方」について、について伺ってきました!

「転職活動でつまずいたときの対処法を知りたい!」という方は
是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職活動がうまくいかない状況を打破したAさん

 キャリアアドバイザー 笹田

転職の目的は?強い意志はある?自問自答しよう!

 今回は、転職活動がうまくいかない状況を打破したAさんに話を聞いてみようと思います。まず、お仕事について教えてください。

 

 はい。元々、大型トラックの整備士をしていましたが、今は転職して、電気空調設備の仕事をしています。

 

 転職がうまくいかない・・と感じたのはいつですか?

 

 仕事を辞めたいという思いが高まっているのに、実際には、やりたい事が一つにまとまらなかった時です。どれが本当にしたいことなのか?分からずに焦る気持ちと、「もういいっか」と投げやりな気持ちが出てきました。転職活動が初めてだったので、どうしたらいいかわからず、何事もうまく行動出来なかったことも原因だと思います。

 

 なるほど。そういった状況をどのように打破したのでしょうか?

 

 友人や会社の上司などに相談し、いろいろな意見も聞いてじっくり考え直しました。転職する目的、どうしたいのか?を明確にしました。一人になると考え込んでしまいがちだったので、なるべく普段通り、遊びに出掛けたり、息抜きをとりました。

 

 「仕事を辞めたい」というだけでは、転職は上手くいきませんからね。やはり、何のための転職か?を考えることは大切だと思います。

 

 そうですね。活動を始めたころは、私にはそういったものが抜けていたと感じています。

 

 最後に、今、転職活動をされている方へのアドバイスをお願いいたします!

 

 何をしたいのか、本当にそれを選択していいのか?しっかりと考えましょう。また、職種の違う畑違いで一からのスタートだったとしても、絶対にやり遂げる!という強い気持ちや自信があるのか?自分に問いただしましょう。きちんとした目標をもって活動すれば、その強い思いとともに、必ず道は開けると思います。

 

 Aさん、ありがとうございました!

ネット上にはこんな記述も!

まず上記の対象に調査をした結果、転職時の失敗は以下の5つがどの対象からも挙げられたそうです。

  1. 下調べが不十分である
  2. お金に釣られて転職する
  3. 「将来のため」でなく、「現状から逃げるため」に転職する
  4. 自分を過大評価する
  5. 目先のことしか考えていない

引用:キャリアが台無しに。転職で失敗する5つの理由

これが、転職がうまくいかない時期の乗り越え方だ!

Aさんは、「転職したい」というふんわりとした考えで壁にぶつかりましたが、その後、様々な方の意見を聞き、自分でもじっくり考えていくことで、最後は、無事に転職に成功されました。

他にも、「転職活動が上手くいかない壁に直面したが、乗り越えた!」という方々の体験談をご紹介します!

Aさん以外の9人のエピソード、是非、ご覧ください!

★自分を見つめ直し、解決策を探れ!

先輩データ(20代/男性)
  1. お仕事遍歴:商社の営業→文具メーカーの営業
  2. 利用した媒体:転職エージェント
  3. 前職の勤続年数:5年~10年未満

転職がうまくいかないなと思った時

転職を始めて半年ぐらいの時期です。自分が求める企業とエージェントに紹介して貰う企業に乖離があった為でした。自分がちゃんと転職エージェントの担当者と会話をして自分の求めている会社について伝えれなかったのだと思います。エージェントからは1日50社ほど紹介を受けていたのですがどれも違い戸惑いが隠せませんでした。本当に後悔しています、

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

キチンと転職エージェントと会話すること、それとしっかりと志望する企業の研究を行うことです。元々の自分の知識を活かせる会社で有ればニーズはあるはずです。しっかりとマッチングする会社を探して、その会社を研究し面接に臨むことが大事です

今、転職活動中の方へのアドバイス

失敗しているということは何かしら原因があると言うことです。そして、無謀な挑戦でないかぎり、解決策はあるはずです。いまいちど自分を見つめなおし、他の人に自分がどの様な人物かをヒヤリングして自分に合った会社を探しましょう。

ネット上にはこんな記述も!

転職後に後悔しないようにするために、自分はどのような目的で転職したいのか、転職先に求めるものは何なのかをはっきりさせることが重要です。場合によっては転職を思いとどまる勇気も必要だということを覚えておきましょう。

引用:「なぜ転職したいの?」後悔しないエンジニア転職はその理由も重要!

★必要とされる企業はある!視野を広げよ!

先輩データ(20代/女性)
  1. お仕事遍歴:IT関係の企業でシステムエンジニア→Web関係の企業で一般事務
  2. 利用した媒体:転職エージェント
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

転職活動をはじめて1ヶ月くらいです。面接がなかなか通過しませんでした。元々の職種(システムエンジニア)と希望の職種(一般事務)でスキルに差があり過ぎて、選考後のフィードバックで「オーバースペック」と言われることが多々ありました。事務職の経験がないことも影響したと思います。何度受けても落ちることが続きました。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

転職してやりたいことを具体的に考えました。私は自分で作業を進めるよりも、人が作業をしやすいようにサポートする方が好きで合っていると思っていたので、そういう人材を求めている企業だけ選考を受けることにしました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

上手くいかないことが続くと、「自分は誰からも必要とされていない」というようなマイナスな気持ちになることもあるかと思います。
でもそれは、「必要とされていない」のではなく、「必要と思ってくれる企業にまだ出会えていない」だけだと思います。視野を広げて色々な企業を見ることで世界は広がると思います。

ネット上にはこんな記述も!

逆に、なぜ自分は転職しようと思い、なぜ失敗したのか、 その現実に向き合わないままに再び転職活動に乗り出してしまうことは、“ジョブホッパー”への第一歩となるに違いない。

引用:vol.10 転職した後で「失敗したかも」と思った時どうすべきか

★余裕を持って!闇雲に応募するのは無駄。

先輩データ(40代/女性)
  1. お仕事遍歴:老人ホーム事務→コールセンターSV
  2. 利用した媒体:新聞チラシ。派遣で入り、試験を受け社員に
  3. 前職の勤続年数:3~5年未満

転職がうまくいかないなと思った時

老人ホームを辞め、コールセンターに決まるまで一年近く職を転々としました。入社出来ても馴染めなかったり、臨時やパートは決まっても、やはり正社員として働きたかった。仕事しなくてはとあせってしまい、あまり深く考えずに試験を受けに行ったりしていました。いざ、合格してみても、また転職するだろうと思って断ったりしてました。自分が何をしたいのかを明確にしていなかったからだと思います。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

あきらめずに、履歴書を出し続けました。返送されてくるのも慣れてきました。あと、自分に余裕を持つことも大切。自分はあせってしまい、やみくもに試験を受けていましたが、それは辞めたほうがよかったとあとで思いました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

あきらめずに、履歴書を出し続けてください。返送されてきてもいいじゃないですか。あと、自分に余裕を持つことも大切です。やみくもに試験を受けるのではなく、自分が何をしたいのか、自分のやりたいことがこの会社で実現できるのかをしっかり考えてください。

ネット上にはこんな記述も!

どんな失敗パターンがあるのか知る

まずは他の人がどんな理由で転職に失敗しているのかを理解しましょう。転職では優先事項をつけて職場を見つけるのも大事ですが、例えば人間関係が悪ければ他の条件がいくら良くてもストレスがつきまといます。

引用:転職で後悔する人の特徴と後悔しないための5つの予防策

★持ち駒はすべて活かすことを考える!

先輩データ(20代/女性)
  1. お仕事遍歴:美容関係の販売員→製造業の設計補助
  2. 利用した媒体:ハローワーク。ハローワークを通して職業訓練校に通いました。
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

転職活動を始めて3ヶ月ほどの時期に壁にぶつかりました。書類選考で通過できない、1回目の面接を通過できないなど行き詰りました。原因は、学歴です。高校を中退した事について自分の中で後ろめたい思いがあって、面接でその事について質問された時には曖昧に答えたり言葉に詰まったりしてしまう事が続いていました。高卒認定はとっているのですが、書類選考ではそれがうまく伝わらずに不採用になったのだと考えます。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

面接の時は都合の悪い事は質問されたくないという思いでいっぱいだったり、悪い面は隠したいという気持ちでした。しかし、事実は変わらないのだから隠すのではなく良い言い方をしようと工夫をしました。高校中退した後も、高卒認定をとって前職ではこれだけの成果を出しました、高校を辞めてしまったからこそ仕事は途中で投げ出さないぞという精神が身につきました、というような中退したからこそ得たものを前向きに説明しました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

誰しも面接で触れられたくない事柄はあるかと思いますが、それをいかに良く言うかが大切だと思います。自信を持って堂々と返答すれば、自然とポジティブな印象を与えられるはずです。自己プロデュース力を磨いてウィークポイントにも前向きに取り組んでほしいと思います。

ネット上にはこんな記述も!

一番多いのは「準備不足落ち」。自己分析・企業研究不足で、説得力のある自己PRや志望理由の説明ができないまま面接に臨むケースです。アピールポイントを採用担当者に伝えることができないし、仕事にも準備不足の状態で臨むのではないかと懸念されます。

引用:面接失敗力をつける

★ガス抜きを適度にして、力まずに挑む!

先輩データ(40代/男性)
  1. お仕事遍歴:自営業・iPhone修理のお店→電話工事・セットアップ工事
  2. 利用した媒体:ハローワーク
  3. 前職の勤続年数:5年~10年未満

転職がうまくいかないなと思った時

なかなか就職が決まらなかったときに焦りました。書類選考、一次面接は通過するのですが、最終までいかないのです。年齢的にも40歳とそこそこの中年で、家族を養うためにある程度の給料を求めてしまうのと、そもそも考え方が自営業(経営者)の頭で、好き勝手(自分ルール)に働いていたため、組織で働くには向いてない…そのようなことを面接で言ってしまったりしました。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

いろんな転職サイトの面接の成功例を見たり、知人で採用面接をいているものと会って、フランクに話をしながら愚痴を言ったり、逆に、ひとまず採用されるために何をするのがベストかのアドバイスを聞いたりして、まずは理論武装をすることで安心を求めました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

苦労して転職したからといっても、実際働いてみないと分からないこともたくさんあるので、絶対にこの会社に転職すると強い気持ちではなく、数打ってそのなかで採用された会社にまず働いてみて、合わなければ働きながら仕事を探すのがいいと思いました。すぐ見つかるときもあれば、1年見つからないときもあるので、余裕を持って転職活動をしたほうがいいと思います。

ネット上にはこんな記述も!

転職は仕事を変えるという人生の一大イベントですので、不安に思われて当然です。転職活動をされている方は皆さん、少なからず不安を抱えていらっしゃると思います。それでも転職に成功された方は、そのような不安を乗り越えて挑戦したからこそ。ただ漠然と不安に思っているだけでは何の解決にもなりません。なぜ転職したいのかという思いに立ち返り、その思いを実現するための選択肢としてやはり転職が挙げられるなら、すぐに行動に移すことをおすすめします。

引用:転職はうまくいかないという漠然とした不安があります。

★焦りは禁物。目の前のことを一つずつクリア!

先輩データ(20代/男性)
  1. お仕事遍歴:教育関連の営業→仲介貿易関連の営業
  2. 利用した媒体:ハローワーク
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

自分が希望している条件の求人を中々見つけきれない時が続いて、「大丈夫かな…」と毎日心配になっていました。前職の仕事を退職した直後のことです。情報量が圧倒的に少なく、自分の希望する業界が中々見つかりませんでした。様々な転職サイトやエージェントを使って、どんな些細な情報でもしっかりと一つ一つ見ていくことが必要だったにも関わらず、それを怠っていたことが最大の原因だと思います。実際に色々調べ初めてからようやくこのことに気づきました。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

転職活動が長引くと精神的にもだんだんと辛くなってきます。上手くいかなかった時は、周り友人などに相談して、気分をリフレッシュするようにしていました。そうもしないと、自分自身が壊れていくような気がしていたので、自分一人で戦わないことが上手くいく為の方法だと思いました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

転職活動が上手くいっていない方は、まず絶対に焦らないようにして下さい。焦ってしまうと、自分自身が希望していない仕事に就いたり、ミスマッチが起こりやすくなると思います。周りの目が気になったりする時ももちろんあるかと思いますが、その時は頼りになる友人に相談したりして、自分を落ち着かせることが大事です。本当に「焦りは禁物」です。目の前のことを一つ一つクリアにしていきましょう。

★プロに頼ることも選択肢に入れておく!

先輩データ(40代/男性)
  1. お仕事遍歴:建設業の総務→人材派遣の営業→住宅リフォームの営業→蛍光管の営業→保育所の受託営業→建設業の総務
  2. 利用した媒体:ハローワーク、求人情報誌、転職サイト/web、転職エージェント
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

年齢が40歳を過ぎた頃から、うまくいかないなと思いました。履歴書を送付しても書類選考で不採用となります。運よく採用となっても、ブラック企業であり、また転職活動をしなくてはならない状況となりました。最初の転職から何度かはスムーズに転職できましたが、結局、自分自身のキャリアや資格が不足しており、思い描いているような年収のアップにはつながらず、ありえない回数の転職をしております。自分自身の将来の見通しの甘さが原因だと思います。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

あまり色々と考えないようにしていました。一日中就職活動をすることはできないので、一日の数時間だけ求職をし、そのあとは自分のモチベーションを下げないように、テレビのニュースを見たり、小説を読んだりして、過ごしていました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

自分にマッチした仕事や会社に出会う人というのは、なかなか少ないと思います。自分だけで企業を探すのは難しいと思いますので、転職専門の会社に登録し、自分に一番いい会社を提案してもらうのも手段だと思います。ハローワークや、転職雑誌、インターネットサイトでコツコツ探すのも当然、同時進行しなくてはならないと思います。プロに、探してもらいましょう。

ネット上ではこのような記述も!

転職は自己都合退職であっても、会社都合退職も関係ありません。いかにして、自分自身を売り込むか、その一点です。行きたい会社がどのような人材を求めているのか、入社したならどのような働きを期待されているのか。相手のニーズを冷静になって考えてみれば、豊富なキャリアを持つ40代の方ならばすぐに分かると思います。

引用:40代転職で失敗してしまう人の特徴とは

★書類選考突破のために、できることは全てやる!

先輩データ(40代/女性)
  1. お仕事遍歴:事務パート→IT関連企業・WEBクリエイター
  2. 利用した媒体:ハローワーク
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

45歳を過ぎてから、書類選考で落ちて面接までこぎつけなくなりました。書類作成も熱心にやっているので、やる気は伝わっていると思うので、直接面接を受けることができれば…と思うのですが、残念ながらそこまでいかないのです。やはり、40代後半という年齢のせいとしか思えません。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

書類選考で受かることが第一条件なので、一番見られる顔写真は写真館できちんと納得のいくものを撮影しました。人となりが伝わるようにポートフォリオの自己紹介ではマリンスポーツ時の写真などを添えましたた。履歴書はもちろん、丁寧に。

今、転職活動中の方へのアドバイス

顔の見えない相手にアピールすることは難しいが、工夫次第です。40代後半にもかかわきれいならず雇ってくれた社長からは、きれいな文字を書く人だったから即決したといわれました。何か一つが相手に残ればいいのだと思います。

ネット上にはこんな記述も!

あなただけではありません。みんな緊張して面接に臨んでいます。面接前の準備と練習によって、いくつかの失敗を未然に防ぐことが可能です。「失敗してはいけない」と考えず「失敗はするもの」と考えましょう。

引用:面接でのよくある失敗

★冷静に原因を追求し、改善するのみ!

先輩データ(20代/女性)
  1. お仕事遍歴:福祉系企業の採用→学校事務
  2. 利用した媒体:ハローワーク、転職サイト/web
  3. 前職の勤続年数:3年未満

転職がうまくいかないなと思った時

数社連続で書類選考で落ちた時です。書類選考が通らないのがつらかったです。前社を1年経たずして退社したため、キャリアがなく、書類選考で落ちてしまうことです。第二新卒を歓迎している会社もありますが、多くの会社では即戦力を求めているケースが多いと思うので、キャリアや能力において準備不足でした。

上手く行かない、壁にぶつかった時の対処法は何ですか?

原因を追究して、改善していくことです。私の場合は第二新卒でキャリアが不足していたので、求人に「第二新卒歓迎」と記載している会社や、わかものハローワークで若年層をターゲットにしている会社を中心に応募することにしました。

今、転職活動中の方へのアドバイス

両親は楽観的に「若いから、これから人材を育てようとしている会社に行けばよい」と言ってくれましたし、ハローワークでは「まずは面接に進めるように提出書類を完璧にしましょう」と、履歴書や職務経歴書の書き方を教えていただきました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職活動が上手くいかない壁に直面したけれど、それを乗り越え、転職を成功させた」経験のある方々に、「つまずいた時期やその理由、また壁の乗り越え方」について、お話を伺わせていただきました。

「転職のそもそもの目的は?見失わないように自問自答する!」
「焦らず、冷静に目の前の出来ることをクリアしていく」など、「転職がうまくいかない時期を乗り越えた」人のエピソードは、どれも読んでためになることばかりです。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

転職エージェントってどう違うの?有名エージェント11社を比較!

30代で転職した女性たちのリアル、失敗事例と成功のコツとは?

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!