LINEキャリア相談絶賛受付中

転職のやり方が分からない人のための、進め方と流れ。あなたはどのパターンがあてはまる?

「転職のやり方が分からない…」
「具体的に何から始めればよいのだろう??」
「情報が多すぎて何を信じたら良いのだろうか??」
と、転職活動に踏み出せずに悩んでいませんか?

この記事では、ネットで紹介されている転職活動のやり方を8パターンご紹介しています。

あなたに当てはまる転職方法で、採用を勝ち取ってくださいね。

転職のやり方、パターン1

転職活動のやり方と内定・退職までの流れ

転職活動が初めての場合、まず何を準備すべきなのか、どのくらいの期間がかかるのか、気を付けておくべきことは何かなど、分からないことがたくさんあり、不安に思う方も多いのではないでしょうか。
まずは大まかな転職活動の流れと目安を知り、ひとつひとつ実行に移していきましょう。転職活動は、新しい仕事に出会うだけでなく、自分の働き方をしっかり見詰め直すことができる絶好の機会。ぜひ上手な活用を。

目次

平均的な転職活動期間は?
転職活動は辞める前? 辞めてから?
STEP1:転職活動の準備
STEP2:応募書類の作成
STEP3:求人に応募する
STEP4:面接対策する
STEP5:内定・退職手続き

転職のやり方、パターン2

転職活動の進め方 完全ガイド~スケジュール・キャリアの棚卸~

1.転職活動の進め方・スケジュール

転職活動の流れは大きくは「準備」「情報収集」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」という5つのフェーズに分けられ、転職活動にかかる期間は人によって異なりますが、平均2~3カ月の期間がかかります。

2.自分の強みの見つけ方(キャリアの棚卸し)

「転職したい!」という強い思いも大切ですが、キャリアや転職に対する考えをまとめ、自分なりの「軸」をしっかりと持っておくことが転職を成功させるための大きなポイントです。

転職のやり方、パターン3

計画の立て方から、面接、円満退職のノウハウまで!
転職成功マルわかりガイド

Step.1 転職成功 はじめの1歩
Step.2 応募企業を探す・選ぶ
Step.3 実際に応募する
Step.4 勝ちにいく面接!
Step.5 内定をもらったらどうする?
Step.6 円満退職する
Step.7 転職先に出社するまで

転職のやり方、パターン4

転職したいけどやり方がわからない!という人向け超簡単マニュアル

1 どうやって転職先を探せばいい? 三通りの転職の流れ
2 転職エージェントを利用した転職活動
3 転職サイトを利用した転職活動
4 スカウトサービスを利用した転職活動
5 転職活動にあたり利用しておきたい診断ツール

転職のやり方、パターン5

転職活動のやり⽅は⼈によって異なる? タイプ別転職の進め⽅

転職活動の⽅法は主に3つ!

<転職活動の基本的な流れ>

<1. 転職エージェントにサポートしてもらう>
<2. 転職サイトを使って⾃分で進める>
<3. スカウトサービスを使ってチャンスを待つ>

転職活動の⽅法はどう選べばいい?

・転職エージェントにサポートしてもらう⽅法
転職エージェントにサポートしてもらう⽅法は、「転職エージェントに登録する」「キャリアアドバイザーと⾯談する」といった⼿間さえ煩わしくなければ、ほぼすべての⼈に向いているといえます。
特に、「転職が初めてで何から⼿を付けていいのかわからない」という⼈や、「多忙な現職との折り合いをつけつつ、より良い転職先を探したい」という⼈にはぴったりでしょう。転職エージェントは求⼈企業からの成功報酬で成り⽴っていますので、求職者は無料で利⽤できるのもうれしいポイントです。

「書類選考は通るのに、⾯接で落とされてしまう」という⼈には的確なアピールの仕⽅を教えてくれたり、潜在的な希望やスキルを⾒つけ出して、新たな可能性を切り開いたりしてくれますので、何が正解かわからないまま転職活動をしている⼈の「頼れるパートナー」になってくれるかもしれません。

・転職サイトを使って⾃分で進める⽅法
転職サイトを使って⾃分で進める⽅法は、誰にも邪魔されずにマイペースで活動を進めたいという⼈や、⾃⼰管理能⼒に⾃信がある⼈、⾃分の強みも弱みもはっきりわかっているという⼈に向いています。
あらゆる業界・職種を網羅したサイトから業界特化型や職種特化型のサイトまで多岐に渡るため、ニーズに合わせて使い分けてもいいでしょう。転職エージェントを通さず、⾃分⾃⾝で採⽤担当者と交渉したいという⼈にもおすすめです。

ただし、応募すること⾃体のハードルが低いため、「転職サイト経由よりも、書類の段階である程度精査されている転職エージェント経由のほうが⼈材の質が⾼い」と考える企業が多いのも事実です。

・スカウトサービスを使ってチャンスを待つ⽅法
スカウトサービスを使ってチャンスを待つ⽅法は、「とにかく現職が忙しく、時間的余裕がない」という⼈や、「期限を定めず、良い求⼈が出たときに応募できればいい」という⼈に適しています。「網を張って待つ」というイメージです。うまくいけば、書類選考などを⾶ばして企業と直接交渉できますので、効率的に活動期間を短く収めることができます。

転職のやり方、パターン6

初めての転職のやり方!7つ手順を公開
-転職エージェント登録編-

1 1・転職の目的を確認する
1.1 目的によって転職先が変わってくる
1.2 転職の目的に優先順位をつける
2 2・転職する時期を設定する
2.1 転職時期を設定する2つの意味
2.1.1 今の会社を退職するする際にスケジュールが立てやすい
2.1.2 転職活動のモチベーションを維持する
2.2 出来れば3ヶ月・最長でも6ヶ月に設定する
3 3・転職の方法を選ぶ
3.1 転職サイトを利用する
3.1.1 複数の転職サイトを利用する訳
3.1.2 業界専門の転職サイトを利用する
3.1.3 複数の転職サイト利用を伝える
3.1.4 年収・職種・業務内容・環境など企業情報
3.2 ハローワークや求人雑誌を利用する
4 4・転職サイトの登録から面談
4.1 登録から面談までがポイントでもあり鬼門
4.1.1 転職サイトの来社面談で気を付ける3つのポイント
4.2 スキルの棚卸しと転職市場の情報を確認する

初めての転職のやり方!7つ手順を公開
-履歴書・職経歴書・面接編-

1 5・履歴書・職務経歴書の書き方
1.1 履歴書の作成
1.1.1 履歴書写真の撮り方
1.1.2 学歴の書き方
1.1.3 職歴の書き方
1.1.4 免許・資格の書き方
1.1.5 志望動機やアピールポイントの書き方
1.2 職務経歴書の作成
1.2.1 職務経歴書-編年体式
1.2.2 職務経歴書-キャリア式
2 6・求人を紹介してもらう
2.1 全体の求人傾向を掴む
2.2 流れが希望と違うと感じたらエージェントに確認する
3 7・面接の対策
3.1 一次面接は印象を重視する
3.2 二次面接から最終面接のポイント
3.2.1 面接の評価をFB
3.2.2 面接は相手によって答えが違う

転職のやり方、パターン7

知らなきゃ損する7つの転職方法とメリット・デメリット

転職サイト
転職サイトのスカウトサービス
転職エージェント(人材紹介会社)
自分での応募(企業の公式サイト・SNS・新聞・店頭など)
ハローワーク・職業訓練校の紹介
縁故採用
紹介予定派遣

転職のやり方、パターン8

転職を成功させたいあなたへ。超簡単「転職活動の進め方マニュアル」

転職活動は以下の4ステップで進めていきます。

自分を知る
求人情報を集める
応募書類を準備する
面接対策をする
これが、転職活動を複雑にしない王道の方法です。

1 ステップ①「自分を知る」
1.1 あなたの強みを知る方法
2 ステップ②「求人情報を集める」
2.1 転職者に必須の「リクナビNEXT」
2.2 ネットに出ない求人に応募する方法
3 ステップ③「応募書類を準備する」
3.1 応募書類で真っ先に見られる場所
3.2 職務経歴書の重要度
3.3 ネット応募に欠かせない「WEBレジュメ」
4 ステップ④「面接対策をする」
4.1 身だしなみを整える
4.2 面接の服装
4.3 面接での話し方のポイント
4.4 面接では遅刻は厳禁
4.5 面接での定番の質問
4.6 面接では必ず聞かれる「退職理由」「転職理由」

おまけ

転職で成功する人とは?

転職に成功する人と失敗する人のほんのわずかな違い9選

1.成功する人は、退職しないで転職活動を行う
2.成功する人は、退職する理由が明確である
3.成功する人は、『必ず叶えたい条件』を叶えている
4.成功する人は、あきらめてもよい条件を決めている
5.成功する人は、応募企業を1社に絞らない
6.成功する人は、面接直前に必ずトイレに寄る
7.成功する人は、会う人すべてを面接官だと思っている
8.成功する人は、内定承諾前に必ず給料について確認する
9.成功する人は、複数の手段を利用する

まとめ

いかがでしたか?
転職活動は、自分の棚卸や自己分析、働きたい企業のリサーチ、現在働いている会社への根回しなど、じっくりと時間をかけて準備する必要があります。
3カ月から半年、または1年という単位で考えましょう。
なかなか一人で進められないという場合は、転職エージェントやキャリアアドバイザーなど転職のプロを活用するのもおススメです。
あなたの無駄な労力をカットし、最小限の力で最大限の効果を期待できますよ!

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!