32歳の転職を先輩に聞いた!リアル転職成功事例

32歳で転職ってどうなんだろう?難しい?

今まさに32歳のあなたは、転職について悩んでいませんか?

30歳を過ぎたら転職しにくいって聞いたけど本当かな?

なんて、不安ですよね。

そんな32歳のあなたに、今回は32歳で転職を成功させた先輩方に聞いてみたリアル転職体験談をご紹介したいと思います。

32歳でも転職できる!その方法とさらに転職に悩むあなたへのアドバイスも頂いちゃいました!

ぜひ参考になさって、32歳の転職を成功させてくださいね!

登場人物

 32歳の時に転職に成功したWさん

 キャリアアドバイザー 笹田

一生懸命習っていたらインストラクターになっていた

 今回は32歳のときに見事転職を果たしたWさんに色々聞いてみようと思います。
Wさん、よろしくお願いします。
まずは転職前・転職後のお仕事をおしえてください。

 はい。福祉施設職員からヨガインストラクターに転職しました。

 これは、全くの異業種への転職ですね。

 はい(笑)

 どうして転職することになったんですか?

 福祉施設の仕事はとてもやりがいがあり、毎日楽しく仕事をさせていただいておりましたが、非常勤職員の契約が最大5年と新しく定められてしまったため、契約を延長できずに離職することになりました。

 契約期間があると仕方ないですね。では、ヨガインストラクターにはどうやって転職されたのですか?

 ちょうどその頃、長く続けていたヨガ教室の運営者から、手伝ってほしいとオファーをいただき、転職することにしました。

 長く続けていることがあると、そこから仕事に繋がったりもするんですね。

 ええ!お給料はかなり減りましたが、好きなことをできていることはうれしいことであった反面、責任は重く、厳しい世界でもありました。

 ヨガインストラクターの資格は元々持っていたんですか?

 インストラクターになりたいと思ってとったわけではありませんでしたが、一生懸命ヨガをやっている間に、資格をとる流れになっていました。

 何かに打ち込むっていうのは大事なことですね。

最後に、これから転職しようとしていたり、転職に悩んでいる人にアドバイスをお願いします。

 時間のあるときに、まず自分が興味のある分野の中でいいので資格をとっておくのは良いことだと思います。いざ、転職活動を始めるときに、慌てることのないよう、前もって準備しておくと良いですね。

 Wさん、ありがとうございました。

他の先輩の体験談も聞いてみた!

32歳で転職をした、他の先輩にも体験談をお聞きしています。

紹介していきますね!

★仕事のオンとオフが明確になった

飲食業界から教育業界の営業(40代・男性)

人とのつながりが直接感じられる仕事が好きで前職も仕事内容的には問題はありませんでした。しかし、勤務時間が不規則な事と、夜勤が年齢とともに体力的に厳しくなってきた為、転職をしました。今の職業も、基本的には接客など人のつながりが感じられる業界を選びました。ただ夜勤等がない分、給与は下がったと思います。それでも、勤務時間が一定なので、仕事のオンとオフが明確にわけられるので、転職はしてよかったと考えています。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

30歳を超えてくるとある程度キャリアを積んだ人でないと、なかなか希望の会社や職種をみつけるのは大変だと思います。転職活動と現在の仕事との両立がなかなか大変になると思いますが、しっかり次の仕事を見つけてから、現在の仕事場に退職に意思を伝えた方が絶対良いと思います。私は辞めてから仕事を探したので、結構精神的にきつかったことを覚えています。

★人間関係ははいってみないとわからない

郵便局の内務から技能会社の技能職へ(30代・男性)

転職前はまるでパート扱いみたいな処遇でした。時間単位で仕事が決められ、トラックから郵便物が来ると、それを他の職員とともに一斉に処理しなければなりませんでした。
福利厚生は社会保険も入っていて充実していました。ただ人間関係が悪く、陰口、うわさ話、ミスしたらおばさんにグチグチいわれるなど、労働環境は良くなかったです。転職はポリテクセンターに行ってから技能職で入社することができました。社会保険は充実していました。ただここも、オバサン達の陰口、うわさ話がたえずあり、あまり良い環境とは呼べるところではありませんでした。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職する人はかならず、職場見学をすることをおすすめします。できれば試用期間があってその職場が、どういう人間関係か、陰口やうわさ話などがないか、労働環境は良いか、
一度働かせてもらった方が良いでしょう。アルバイトとして入ってみてみる、というのも考えても良いかも知れません。とにかく怒鳴り散らしているところや、グチグチいわれるところは避けてとおるべきです。

★生活が安定した

IT企業の管理職から銀行員(40代・女性)

転職して、良かったことは、給与の面で、生活が安定した事でした。
前職では、ボーナスが有ったり無かったりしていたので、欲しい物が買えずにいました。
そして、何より、銀行員であると言うだけで、周りから受ける印象や対応も変わってきました。
いつも、有意義に仕事が出来、優越感がありました。
しかし、銀行員としての生活態度やノルマと言った事が、ストレスを過度に感じる様になり、次第には精神的な病を発病しました。
仕事に慣れて来たら、単純な事が多くやり易かった。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職する事に関してはかなりの勇気が要るものですが、実際は転職してみないと分からないものです。
ここの会社でダメだったら又次の会社があると言い聞かせて何事にもチャレンジ精神が必要だと思います。
又、仕事はしてみないと分からないので、先ずは一年を目標に続けて勤務してそれでも合わない時に、転職を考えると良いと思います。

★工場勤務は自分に合っていなかった

工場勤務から、建材の営業(30代・男性)

工場勤務をしてて、だんだん飽きてきたというか、自分には向いていないのではないかと、感じ始めて、正直給料も残業をしなければ安いし、このままではいけないと思い、転職に向けての活動をしました。そうしたらたまたまですが、営業の仕事を紹介されて、ノルマはあったのですがとてもやりがいがあって毎日が新鮮でした。やはり工場とかで、こもっているより、外に出てバリバリやっている方が自分には向いていたと思います。
今はデスクワークの仕事ですが、それなりにやっています。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職はかなりのリスクがあると思いますが、じっくり探して、自分にあっているかどうか?下手に転職をすると、給料が下がったり、仕事がきつくてまたすぐ
辞めてしまったりするので、自分が納得できるまでは、今のままで我慢していたほうが得策だと思います。
失敗しない為にも、ゆっくり時間をかけた方がいいと思います。焦らずにゆっくりとです。

32歳のリアル転職まとめ

今回は32歳でのリアル転職成功事例をみてきました。

Wさんのように、趣味に没頭していたらいつの間にか趣味が仕事に、ということは意外と多いようです。

また、32歳くらいの転職についてはこんな意見もあります。

30代前半、転職希望者の不安 「転職活動は不利だと思う?」

不利だと思う:57.5% 不利だと思わない:40.0% 有利だと思う:2.5%の予測に対して

50.4%の方が「不利だとは感じなかった」と回答。活動を終えた方々の意見を聞くと、30代前半くらいの年齢では、思ったほどには不利な場面に出くわすことはないようです。ただし、「一定の経験」が前提になっていることが多く、企業のニーズにいかにして応えるかを意識したほうが良さそうです。

引用:リクナビNext

いかがでしょう?30代になると転職も厳しいかな?という印象を最初は持っている人も、実際に転職活動をしてみた結果は、実際そうでもなかった、ということみたいですね。やってみようと思ったことはどんどんチャレンジできる時期だと思います。

現在在32歳であるあなたにとって、これらの事例が参考になりましたら幸いです。

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!