LINEキャリア相談絶賛受付中

29歳の転職・10人に聞いた!リアル転職成功事例

30歳になる前に、転職したほうがいいかな?

周りから30歳を過ぎたら求人減るよ、などと聞いて焦ってしまうことありますよね?
ですが、焦って転職するのはあまり良いとはいえません。

今の状況をよく考えてベストな転職をしたいですよね!

今回はそんなあなたのために、29歳で転職した先輩方10人に実際の転職体験談を教えてもらいました!
29歳での転職は大変なのかな…?そんな不安を持つあなたにアドバイスも貰っています。!

是非参考になさってくださいね!

登場人物

 29歳の時に転職に成功したOさん

 キャリアアドバイザー 笹田

普通に働いて休日のしっかりある会社へ転職したかった…

 今回は29歳のときに見事転職を果たしたOさんに色々聞いてみようと思います。
Oさん、よろしくお願いします。
早速ですが、どのような会社からどんな会社へ転職したんですか?

 居酒屋店員から自動車保険の保険会社です。

 居酒屋って仕事的にはどんな感じですか?

 居酒屋で働いていた時は労働基準法を無視したように休みがほとんどなく週末金曜日土曜日は鬼のように忙しかったです。

 休みがないことが転職の動機だったんですか?

 そうですね。普通の時間帯で普通の勤務日数で週休二日で祝日休みでお盆、お正月、ゴールデンウィークなどの休みがある会社で働きたいと思うようになり転職しようと決意しました。

 転職活動自体はうまく時間を使えそうですが、何かアクシデントはありましたか?

 ええ、居酒屋の方を辞める日と保険会社の入社日が調整つかず激務なダブルワークに一瞬だけなってしまったことです。

 それは、昼間保険会社で夜居酒屋、ってことですね。それはキツイ!

 きつかったですね!でも保険会社の仕事が落ち着いてからは転職して良かったと心から思いました。
給料の面でも安定して満足いく給料ですし、休みもちゃんとあるのでとても満足しております。

 仕事は楽しいですか?

 はい!居酒屋で働いていた時はお酒飲んでいるお客様を相手に接客していたのでトラブルも多発してストレスが溜まっていましたが転職してからの会社ではそのようなことは全くなく会社の同僚達と仲良く楽しく仕事をしております。

 楽しく仕事できるのが一番ですよね!
最後に、29歳の転職を考えている人や、転職に迷いを感じている人に向けてにアドバイスをお願いします。

 給料を気にするのか休みを気にするのかのどちらかを決めた方がいいと思います。
やはり仕事をする上で健康が一番なので私は休みを気にして転職してました。
土日祝や大型連休の時に休める事はとてもいい事だと思いますし、労働時間もしっかりしていて有給や育児休暇などそのほかの制度もしっかりしている会社を選べば安心して生活できるようになります。

 Oさんありがとうございました。

Oさんは居酒屋の店員から保険会社へと転職できた転職成功者ですね!
休日がしっかりあるというのは大切な基準だと思います。

健康第一!

他の先輩の体験談も聞いてみた!

29歳というのは30代直前の節目、転職限界年齢と感じている人も少なくありません。
そんな中、転職をした先輩の体験談をもっとみてみましょう!

★腰を据えて長く働ける環境を求めて転職

不動産系の営業事務派遣社員からIT系の事務職紹介予定派遣。(30代・女性)

派遣社員ということもあり、先が不安でしたし、仕事にもやりがいを感じられず、月給も不安定、交通費も出なかったので、30歳までには転職して、将来、腰を据えて長く働ける環境にいようと思い、転職活動を決意致しました。
仕事をしながらの面接で有給を消化したりと短期間でしたが、大変でした。
しかし、転職して、仕事はやりがいもありますし、環境が変わっても長く勤められそうな環境だなと今のところ感じているので、頑張っていこうと思います。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

まずは自分の中で妥協しないラインは作っておくべきだと思います。
譲らずに、仕事は続けながら両立して転職活動していった方がいいと思います。
更に、転職に迷っているのであれば、しない方がいいかなと、、やはりエネルギーが必要なことなので絶対に今よりいい生活にしてやる!という強い意気込みが大切思います。後悔のないように頑張って下さい。

参考にしたい、ネット記事!

在職中に行う場合は、収入があるので転職が決まらなくても妥協せず活動を続けられます。しかし、仕事が忙しいと転職活動が二の次になるデメリットがあります。また面接の日程調整が難しく、急ぎの求人で早期入社に対応できないと選考で不利になることも。一方、退職後の転職活動は自由に時間が使えるので、資格取得の勉強や情報収集に集中でき、同時期の複数面接も可能です。しかし収入が絶たれるため、活動が長引くと生活面・精神面でストレスがかかります。また、長い離職期間は時にハンディになることもあります。両者のメリット・デメリットをよく確認し、ご自分に適した転職スタイルを選びましょう。

引用:「仕事辞めたい」7つの理由 仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法

★もっとゆったりと仕事がしたいと思い転職

Webの業界からデペロッパの世界に移動(20代・男性)

前職はWebデザイナーだったのでホームページを作っていました、時代の変化に連れてWebだけではやっていけなくなりアプリケーションの開発をしようと勉強していて移動が上手くいきました、前職の頃は忙しくて毎日仕事は家に持ち帰ったりしていました、移動したくなったきっかけの中にも忙し過ぎるという理由もありました、移動したら忙しくないという訳もないのですがもっとゆったりと仕事をしたいというのもありました、結果的にはのんびり作業出来るようになりました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

転職を成功させる方法としては転職エージェントに依頼するのも一つの手段だと思います。私はやらなかったのですがリクルートエージェントというのがあります。転職は根気が大事です、どんな職種につきたいのか?ちゃんと決めておくといいです。私がおすすめの職業はアプリケーションを作るデペロッパがいいと思います、先はいくらでもあります。

参考にしたい、ネット記事!

転職活動を開始するときは、転職後の⾃分のビジョンを明確に持つことが⼤切と思います。 ビジョンが曖昧だと、膨⼤な数の求⼈募集を⾒ているうちに、⾃分が本当に⼿に⼊れたいものが何なのかを⾒失ってしまう危険があります。

逆にビジョンが明確であれば、たとえ求⼈募集に希望の職種が無くても、希望の職種がありそうなところに⾃分から問い合わせることもできます。 現実離れしたこだわりを持っては転職も難しくなりますが、地に⾜を着けたところで具体的に想いを描き、そして探す姿勢を貫けば、きっと後悔しない転職ができると思います。

コンサルタントという制度を利⽤するのは、「⾃分の想いは地に⾜が着いているか︖」を客観的に⾒てもらえるというメリットもありますので、非常に良いシステムだと思います。

引用:転職体験レポート「自分からエージェントに問い合わせた結果、希望の求人に巡り会えました。」

★給料に不満がないから働ける

製造業から造船業に転職しました。(30代・男性)

給料は以前の会社に比べたらかなり上がりました。前職ではワンマン経営の社長に毎日怒られ続けて毎日のように階段から転ぼうと考えていました。
現在は同じような職種で働いていていますが給料に不満はなく何とか働けて居ます。
自分の場合、知り合いからの紹介であったのでやりたい職種と言うわけではありませんので今でも転職したいと言う気持ちは強くありますが気持ち的には職種を選んで決めるべきだったと思います。自分の意志を尊重するべきでした。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

どんなにやりたい仕事を志望していてもいずれ好きではなくなる。嫌々やっていると言うのが最終結論だと私は気づきました。
どんな理由があろうと安い給料でその仕事を生涯続ける事ができると言う強い意志がない限り給料は高いほうが良い会社を選ぶべきだとは思います。
給料が高ければ娯楽などでも鬱憤を晴らすことができますが逆ではそれができません。

参考にしたい、ネット記事!

なぜ30歳前後のビジネスパーソンが市場でモテるか。それは、給与相場の安さです。人にもよりますが、だいたい400万円から600万円のゾーンで採用が可能なうえ、即戦力として期待しやすいのです。
よく勘違いする人が多いのですが、「キャリアを重ねれば給与も上がる」というのは間違い。給与額を決めるのは、あなたが身を置く環境なのです。「業界の水準」「業界内のその企業の順位」「自分の仕事のお客さんとの距離」という3つが、あなたの給与を決めます。

引用:もうすぐ30歳。「今」転職すべき?

★自分を信じて行動した

証券会社の事務から花卉小売業のデザイナー(50代・女性)

バブルの時代の証券会社にいました。お給料は良かったのですが大変忙しかったです。それなりに充実もしていましたが事務でしたので営業の補助が主な仕事でした。いつかクリエイティブな仕事がしたいと思っていましたが日常業務で疲れていたので余裕がありませんでした。結婚する予定もなかったのでこのまま事務でずっと過ごす事を考えると憂鬱になりました。先輩たちの様子を見ると会社から優遇されるとは思えない状態でした。そんな環境でしたのでモヤモヤしているよりはまずやめようと思いました。辞めてから自分は何をしたいのか、どんな職種なら生活していけるか考えました。その中の1つが花を扱う仕事でした。その後フラワーアレンジメント教室や生花を習得しながら仕事を捜しました。幸いアレンジメント教室で紹介をもらい花屋に就職できました。自分の感性が評価される事も多くあり満足しました。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

迷っているうち時間はどんどん過ぎていきます。自分を信じて行動してみましょう。年齢が若いほど失敗しても取り戻せます。いろんな可能性を考えてみて今の自分に疑問を感じたら動きましょう。自分で決めれば後悔しても満足出来ます。自分の人生なのです。流されず考えてみることをお勧めします。毎日の事だけでなく、10年後、20年後の自分を想像してみてどうなりたいか、考えてみると結論が出るのではと思います。

参考にしたい、ネット記事!

結論からいうと、29歳を超えたら就職や転職に全く可能性がなくなるということはありません。企業によってさまざまな募集背景があるほか、求める人物像もさまざま。年齢だけで、一くくりに「就職や転職の限界」とは必ずしも言えないでしょう。しかしながら、20代最後という年齢は、今後のキャリアをしっかりと決めた方がよい時期なのは確かです。就職・転職を考えるなら、できるだけ早く行動した方が良いでしょう。

引用:29歳の就職・転職はどう攻める?

★スキルと長く働く意志を確認された

IT業界の営業事務からマスメディアの財務(30代・女性)

IT業界の営業事務をしていた頃は、比較的自由に業務スケジュールを立てて、自分のペースで仕事をしていました。外出する機会も多くありました。しかし残業が多く、プライベートをもっと大切にしたいと思うようになり、退職しました。転職するまでには半年かかりました。年齢的にも、結婚や出産の意志はあからさまに確認はされないものの、面接の際はそれに近い質問を受けました。マスメディアの財務で働き出してからは、守秘義務が多く、また数字と睨み合う毎日でした。給料は多少は上がりましたし、残業もほとんどありませんでした。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

女性の場合は特に、29歳と言う年齢は企業側もいやおなしに、長く働いてくれる人材なのか。と言う点を気にしています。結婚や出産の予定がある無しに関わらず、長く勤める覚悟だと印象つける事もポイントだと思います。また、中途採用で即戦力となる人材を求めてきますので、スキルが満足にない状態での転職は避けた方が良いと思います。

参考にしたい、ネット記事!

事務系スペシャリストであればBI(Business Intelligence)の知識を持っているとよいと思います。経営数字の分析をしたり、採用者の傾向分析をしたりと活用の幅もさまざまです。また今後ERPパッケージなどでの業務効率化もますます進んでいきますので、導入経験があれば評価されることにつながるはずです。パソコンスキルに関して言えば、事務系スペシャリストの業務上、ワード、エクセル、パワーポイントは今や、使いこなせて当たり前のスキルとなっていますが、加えてアクセスも使いこなせると、重宝されるケースが多いでしょう。

引用:【職種別】20代で磨いておくべきスキルはこれだ!

★病気を機に転職。肉体労働はきつい

自衛隊の事務職から通信工事の技能職へ(30代・男性)

前職は主に物品の管理や調達をしていました。各課からの要望で、こんな物が欲しいなどの要望を聞いて、予算に合わせて、各課と調整をしたりしていました。人間関係はまあまあ普通でしたが、上司と合わなく、揉めることが多かったです。転職するきっかけは病気になったからです。急性胃腸炎になり3日入院したのが転職のきっかけです。また長時間労働ということもあり、工業高校時代に取った通信の資格が役に立つ職場を選びました。こちらは肉体労働が多かったです。福利厚生はしっかりしていました。人間関係はまあまあです。しかし体力的にきついです。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

やはりポリテクセンターなどで一度研修して、ある程度、資格や技能を身に着けて職を探した方が良いと思います。私が行った電気設備科では電気の配線、工具の種類、名前、使い方など幅広く教えてくれて、電気工事士を取得するさいにもおおいに利用させてもらいました。それから就職する会社を1度は見学し、派遣でもいいので実際に働いてみることをオススメします。人間関係から残業から、仕事のキツさまでわかるからです。

参考にしたい、ネット記事!

「社風」に注目すると、働き方が垣間見えます。

転職先を選ぶ際は、事業内容や仕事内容、年収や勤務地といった条件面に気をとられがちですが、「社風」に注目することも大切です。可能であれば、職場を見学させてもらったり、社員と話をさせてもらって、社風を確かめたいものです。「この仕事のやりがいは何ですか」「この仕事で大切なことは何ですか」といった質問をすることで、その会社の考え方や社風がわかることもあります。

引用:理想の転職を実現したはずが、不満を抱く結果に…

★スキルアップしない仕事&暇な時間が多くて転職を希望した

役所の臨時職員からハウスメーカーの事務(30歳・女性)

前職では事務補助の仕事をしていました。お願いされたらその仕事をこなすだけです。何のスキルアップにもならないし、暇な時間が多いのが辛く、契約更新を希望せずに退職。転職活動にはあまり苦労せず、一発めですぐ決まりました。給料は前職とさほど変わりありません。少し低いかもしれませんが…。
正直、今の仕事も暇な時間が多くて辛いなと思うときもあります。でも、いろいろ勉強になることばかりなのでそこにやりがいを見つけなんとか続けられています。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

お世話になったと思っていると、どうしても辞めたいという意思表示ができないと思います。ただ、自分がスキルアップしたいという理由での退職なら誰も止めるひともいないし、何よりも一番必要なのが勇気です。伝える勇気があれば転職活動もうまくいくと思います。嫌なことを少し我慢すればいいだけで、後は明るい未来があると思えば勇気もわいてくると思います。

参考にしたい、ネット記事!

20代前半が転職に積極的に取り組んでもいい、大きな理由は2つあります。1つは「第二新卒」という市場があり、転職自体に寛容な企業が多く、求人数も豊富だから。企業はこの年代を、社会人としての最低限のマナーを身に付けている上に、新卒の学生に匹敵する成長性を秘めている層ととらえています。そのため、前向きな動機さえあれば、より労働条件の良い企業に入り直したり、キャリアチェンジをしたりすることも、比較的容易なのです。

引用:20代の転職成功 全方位ガイド

★女性ならではのマネージングで戦力に

アルバイトからコールセンター(30歳・女性)

コールセンターでお客様と対応するなかで年齢は逆に役に立ちました。じっさいの生活にあわせて対応できます。そしてマネージャーになりました。その時もマネージャーとして女性ならではのマネージングをすることができました。コールセンターでは女性のマネージャーが少ないのです。でも、オペレーターは女性が多いです。上層と戦う力は必要ですがそれでもチーム一丸となって向き合うことができました。その後さらに違う部署にいくこともできています。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

20代はなんでもできる期間だと思います。ただ、合う合わないかもその期間に充分判断できます。できるけどあわない仕事じゃなくて、とりあえず合う仕事を探してください。合うっていう思ったらならその中でやってみたいことを全部ひと通りできるようになってください。今の職場で社員登用されるかもだし、転職してもスキルやがんばれる心が役に立ちます。

参考にしたい、ネット記事!

今すぐに希望を叶えられなくても、将来的に「安定」「高収入」を得られるスキルを今のうちに身につけておく、という道も視野に入れることも重要です。年齢を重ねるにつれて、未経験から新しい経験を積める求人の選択肢は少なくなっていきます。長期的な視点で、今どう動くべきかを考えましょう。

引用:「安定」にこだわりすぎて選択を誤る

★待遇面と給料面が抜群に良くなって満足

配送業から公務員への転職(29歳・男性)

転職して良かったのは待遇面と給料面についてです。やはり、そこは公務員。「安定感」が全然違います。特に、賞与(ボーナス)はいただけるだけでも嬉しかったのに賞与額も弾んでいて大変良かったです。仕事内容もほとんどが支払い業務などの「事務仕事」がメインだったのでスキルもさほど必要なかったし。専門的な分野に関しては請け負う業者さんに頼りながら仕事ができたので楽しかったです。転職活動中は辛いことも多々ありましたが転職して良かったと心から思います。

☆転職を考えている人へのアドバイス☆

「迷っている」のならば、行動に移すべしです。人生は一度きりだと私は考えているのもあるんでしょうが。なんでもやりたいことはやって。心残りの無いようにして人生の終盤に向かっていきたいと思います。悩んでいるということはそれだけ真剣に物事に向き合えている証拠でもあるので、真剣に向き合える人ならば転職先でもきっと上手く仕事できるはずです。

参考にしたい、ネット記事!

求人は「生もの」。判断の遅れが後悔を招くことも

このところ求人が動くスピードが加速しています。以前のように通年で大量採用を行うケースは見られず、募集開始~選考~募集締め切りのスパンが短くなっています。転職は一生に関わることですから、慎重になるのも無理はありませんが、判断が一歩遅れることで貴重なチャンスを逃すことも。ときには、「まずは応募」して、書類選考結果を待ちながら企業研究をするなど、スピーディな決断と行動が重要です。

引用:判断のタイミングが遅れ、チャンスを逃した

29歳のリアル転職事例まとめ

この記事では29歳のリアル転職事例を紹介しました。

紹介した事例の中には転職には成功したものの不満が残る転職もありました。しかし、失敗から学ぶアドバイスはとても貴重ですね!

また、様々な職種からの転職事例は、29歳のあなたの状況に近いものも合ったのではないでしょうか?

ぜひ参考になさって転職に役立ててくださいね。

アラサーのあなたにオススメの記事3選!

1.ちょっと気になる…年収の話

【年収編】1000人を支援してわかった成功するキャリアの作り方

2.大手企業に転職した人の事例集!

大手企業への転職に成功、「私はこうして採用された」事例集と成功10のコツ

3.30歳の転職ってどんな感じ?成功事例10選!

30歳の転職・10人に聞いた!リアル転職成功事例

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!