「そろそろ転職したい!」

と思ったけど、

「転職活動って何から始めたらいいの?」

「実際にどういう流れで進めるとスムーズに転職に成功できるの?」

と悩んでしまう人も多いようです。

そこで今回の記事では、10年以上人材業界に携わるキャリアコンサルタントの岩本様に、

転職の準備で大事なたった1つのこと

について伺ってきました。

  • 転職を成功させやすい準備の進め方を知りたい
  • 転職準備のコツやポイントを教えて欲しい

という方は是非プロの意見を参考にしてみてください。

 

登場人物

岩本 明日香

株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ファッション・コスメグループマネージャー

 人材会社出身でインタビューが趣味の笹田

転職活動は準備で決まる

 転職が初めての人って、何を準備したらよいかわからないという人は多いと思います。ただ一方で、就活も経験しているし、準備しなくてもなんとかなると思っている人もいるのかなと思います。準備していなかったために、昔こんな失敗があったという話はありますか。準備とは、そもそもどういうことが必要なのですか。

 準備できていなければ、本当はその方のキャリアややりたいこと、やってきたことなどが先方から求められていることとマッチしているのに、書類でも言葉でも上手く伝えられないと思います。伝えられなければ意味がありません。それだけの素質を持っているのに、先方に伝わらないのはすごくもったいないです。いろいろなポイントがありますが、自分自身を知ることが大切で、そのために私は自分の経歴の棚卸を一緒にします。何をやっていきたいのか、何ができるのか、先方から何を求められているのかというところをすごく話をして、面接対策をしていきます。

 なるほど。転職活動は準備で決まりますね。

転職準備とは、自分を言葉にして話せる状況まで整理すること

 本当にそう思います。面談に来た方で、自分のことが分からない方はたくさんいます。私に何ができますか、と聞いてくる方もいらっしゃいますよ。

 そういう場合、何と答えるのですか。

 こういう経験をお持ちなので、こういうお仕事も合うかもしれませんね、というお話をします。しかし他人に言われるよりも自分であれがやりたい、これがやりたいと思わないと成功するとは思わないので、会話をして気付かせるようにしています。

 分からないだけで持ってないわけではないですもんね。

 そうです。いろんな情報が入りすぎて分からなくなっているので、一緒に整理してあげます。

 言葉にしたいけどできない方もいらっしゃいますもんね。基本的には一緒に棚卸してあげる、言葉にして話せる状況まで整理してあげることが大事ということですね。

 話すのが苦手な方とは、一緒にロールプレイングを何回もします。

 話していると自分自身も整理できますもんね。

自分が話していることに納得感がなければ、面接は受からない

 声に出すと耳にも入ってくるので、より腑に落ちると思います。面接対策では、自分が言っていることに納得感はありますか、腑に落ちますか?という話を毎回して、本人の気持ちとすり合せをします。私はアドバイスは色々していますが、その言葉が本人から出たものでなければ意味がないと思っています。

 納得感はありますかという質問は、なかなか鋭いですね。

 話をしていて、自分の言葉でないと相手にも伝わりませんよね。作っている言葉は聞いていて分かりませんか。

 頭の中で暗記した文章をそのまま読んでいるような。

 そうです。志望動機を聞いても、何にも響かないよと言います。当たり障りないこと言っているけど、本当に思っている?と。

 良さそうことをいかに言えるかよりも、多少ぐちゃぐちゃでも思いが籠っているほうが絶対通りますよね。

 そうなんです。だからこそ、転職活動は準備をしっかりとやらないとダメなんです。

 ありがとうございます。心に留めておきます!