LINEキャリア相談絶賛受付中

【転職する女性が持っておきたい!】バッチリアピールできるオトクな資格30

転職する際、資格を持っていると、自分のアピールポイントが増えますね!

とはいえ、何の資格でもいいかというと、やはり、転職先に役に立つものであることがアピールポイントとしては大前提です。

では、どんな資格があると、転職に有利になるのでしょうか?

転職先で重宝される資格を30個集めてみました。

このページの目次

登場人物

 キャリアアドバイザー 笹田

 採用経験者のトリ

転職する女性が持っているとオトクな資格1・TOEIC

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。

厳密には「資格」とはいえませんが、いまや外資系企業への就職、転職にはTOEICのスコア提出が必須となっています。

女性が持っていると転職で有利な資格ベスト5

笹田の視点

 この辺は有名だし、基本的な資格ですね。ただ、TOEICの点数が高いのと英語でのコミュニケーションスキルが高いのは全く別なのは知れ渡っているから、本当に英語が必要なシーンでは飾りのようなもの。あまり決定的な理由になることはないです。

 

転職する女性が持っているとオトクな資格2・
Microsoft Office Specialist(MOS)

WordやExcelの基礎技能を、Microsoft社が証明する国際資格です。

どの仕事についても今や欠かせないPCスキル。未経験の方でも、ExcelやWordなど事務作業で使うソフトを使えるPCスキルを証明するためにMOSは非常に有効です。年間30万人程度の受験者がおり、ビジネスマンとしてのベーススキル証明のために、正社員に限らず、派遣社員の方でも多く取得されている人がいます。

女性のための転職・復職に有利になる業界別資格12選

笹田の視点

 ExcelやWordは仕事で使う頻度もおいから勉強しておいて損はないです。ただ事務職の面接だと、資格有無よりも実務経験を質問されるケースも多いかもしれません。

 

転職する女性が持っているとオトクな資格3・簿記

簿記とは、資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益、費用などの記録、管理を“貸借対照表”や“損益計算書”など特定の表を使って行うこと。

簡単に言うと「会社のお金の出入りを記録・管理するための方法」が簿記です。

女性が持っていると転職で有利な資格ベスト5

笹田の視点

 経理関連の職を目指すのであれば、学んでおきたい資格。お金の流れや管理の方法を知っているかどうか、帳簿の見方がわかるかどうかは、お金に関わる職を目指すのであれば、これはとっておきたいた方がいいですね。

 

転職する女性が持っているとオトクな資格4・秘書検定

上司をサポートするための技能や知識を測る検定です。職務知識や一般知識に加え、接客態度、言葉遣い、マナーといった「人柄の要素」も問われます。

“企業モテ度”をチェック! 資格で広がるわたしのキャリア

笹田の視点

 秘書検定という名前ですが、結構、勉強している人が多いです。その理由は、ビジネスマナーや教養などが学べるから。持ってなければ絶対にダメ、という資格ではないければ、この資格の勉強を通して、一般的な知識やマナーを学ぶのはありかもしれません。

 

転職する女性が持っているとオトクな資格5・ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプラン=資金計画。ファイナンシャルプランナーは、お金に関する幅広い知識をお客様(主に個人を対象として)の総合的なライフプラン設計をするのが主な仕事です。

女性が持っていると転職で有利な資格ベスト5

笹田の視点

 保険営業などの職種であれば、使える資格ですね。あとは、仕事だけでなく、自分のためにも使える資格です。自己PRとしても、お金に対する知識を持っています、と業種によってはPRできる!

 

転職する女性が持っているとオトクな資格6・宅地建物取引士

「宅建」とも呼ばれる資格で、主に宅地の売買や取引などを行うために必要な国家資格です。年齢・性別問わずにおすすめできます。

不動産業界ではこの資格を持つ人しか携われない仕事も多いほか、不動産業を経営するにあたり、従業員の5人に1人の割合で、必ず宅地建物取引士を置かねばならないという法律もあるため、未経験でも転職に有利にはたらいてくれる資格と言えます。

転職に資格は必要?おすすめ資格20選と成功のポイント

笹田の視点

 資格取得が難しい資格ですが、持っているとできる仕事の範囲も広がるので、PRにつながる資格ですね。不動産業界でこれからキャリアを積んでいきたい、この業界でずっと頑張ると決めている人は、勉強するのはアリですね!

転職する女性が持っているとオトクな資格7・管理業務主任者

管理業務主任者は、主にマンション管理会社の従業員として管理委託契約時に重要事項を説明したり、組合に対して管理状況の報告をするなど、幅広くマンション管理のお仕事に携わることが可能です。

ユーキャンのマンション管理士・管理業務主任者講座|わずか7ヵ月でダブル合格が目指せる!

笹田の視点

 「管理業務主任者」をマンション管理会社は一定数設置する必要(法律により義務化)されていますし、即戦力とみなされます。不動産・マンション業界への転職には有利でしょうね。また宅地建物取引士との関連性が高いので、資格取得している方にはオススメです。

転職する女性が持っているとオトクな資格8・医療事務

医療機関における事務の仕事です。

医療費の計算は厚生労働省が定めている点数などを計算するなど専門性の高い職種です。

外来受付、医療費の会計・レセプトの作成・カルテの管理など、医療事務は一般事務と違い、患者さんの対応なども含まれるため対人スキルも求められるのが特徴です。

女性が持っていると転職で有利な資格ベスト5

笹田の視点

 医療関連は専門性も高く、普通の事務とは違うので、資格取得を通して、知識を得るのはありですね。普段触れない言葉や仕組みもたくさんあるので、医療業界で働きたい人は、転職活動と合わせて勉強してみましょう。勉強中でもアピールになります!

転職する女性が持っているとオトクな資格9・調剤薬局事務

調剤薬局事務の仕事は、調剤薬局で薬剤師のお仕事のサポートをおこなう業務です。医療事務のように患者様の受付や会計、レセプト作成をおこなう他、処方箋のチェック、お薬手帳の発行、待合室などの環境整備などもおこないます。

調剤薬局事務講座|日本医療事務協会

第二の資格として調剤薬局事務を取得される方が増えています。
医療事務と調剤薬局事務の2つを習得すれば、職場の選択肢も増え、就職の幅と機会がグッと広がる!

ユーキャンの調剤薬局事務講座|こんな方におすすめ

笹田の視点

 調剤薬局の数は多く全国にあるので、調剤薬局事務の仕事は、家事や育児と両立しやすい職種だと言われています。が、裏を返せば、パートの勤務や週二日・短時間での勤務が多いということも。難易度も低めですから、ライバルは多いかもしれません。“手軽さ”は何を意味するのか?を考える必要はありますね。一方、医療事務とのダブル取得なら選択の幅は広がりますよ。

転職する女性が持っているとオトクな資格10・旅程管理主任者

企画旅行の主任添乗員に求められる資格です。女性が多く活躍している仕事ということもあり、女性取得者が多いのが特徴です。

添乗員として、旅程の管理などを行うことができることを証明するもので、この資格がなければ、主任添乗員として仕事をすることができないため、未経験の人にもおすすめの資格と言えます。

国内旅程管理と総合旅程管理がありますが、より幅広く活躍したいなら、総合旅程管理を取得しておきましょう。

転職に資格は必要?おすすめ資格20選と成功のポイント

笹田の視点

主任添乗員になりたい人は必須!この資格を持っていれば、本気度も伝わるはず!

転職する女性が持っているとオトクな資格11・CAD利用者技術者試験

設計支援ツール「CAD」を使い、設計図の作図を行えることを証明できる資格です。

CADは多くのメーカーや建設業界をはじめ、自動車や電子機器など様々な業界で使用されているツールなので、転職の選択肢が広がりやすく、未経験の転職にも多いに役立ってくれます。

ソフトを使った仕事のため、在宅で仕事ができる求人もあります。子育て中の女性はもちろん、手に職を付けたい男性にもおすすめの資格です。

転職に資格は必要?おすすめ資格20選と成功のポイント

笹田の視点

 在宅でも仕事ができる資格というのは、転職はもちろんのこと、生活スタイルが変わった場合でも非常に役立ちますよね。CAD資格は技術系の会社であるならば良いアピールポイントになるでしょう。

転職する女性が持っているとオトクな資格12・通訳案内士

かつて「通訳ガイド」と呼ばれていた仕事で、海外からの観光客に対して、外国語で日本の文化や歴史などを紹介することができることを証明する資格です。

登録者は増加傾向にありますが、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加傾向にあるため、今後の需要に期待できる資格と言えます。

フリーランスとして働いている人も多いため、将来的に独立を目指したい人にもおすすめです。

転職に資格は必要?おすすめ資格20選と成功のポイント

笹田の視点

 もし英語を話せるのであれば、それだけではもったいないですね。きちんとそれを活かして日本の文化を紹介できる能力を身につけるのはいかがでしょうか? ただ英語を話せる、よりもコミニュケーション能力やきちんと物事を説明できる能力もあるとアピールもできます。

転職する女性が持っているとオトクな資格13・保育士

保育士の仕事は、単純に子どもを預かって身の回りのお世話をするだけではありません。
保育士の役割とは、子どもたちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うこと。そして、食事や睡眠、排せつ、清潔さ、衣類の着脱などの基本的な生活習慣を身につけさせることです。子どもの成長にとって重要な役割を担っているといえるでしょう。

保育士の仕事内容とは?仕事時間はどれくらい?

笹田の視点

 児童福祉施設や企業内保育所など、ニーズは高く、働く場は広がっています。また、自身の出産や子育ての経験を活かせます。

転職する女性が持っているとオトクな資格14・調理師

調理師は、食品の「栄養」や「衛生」、「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロ。

ユーキャンの調理師講座|調理師とは

笹田の視点

 飲食業界で働きたいなら、有利な資格です。求人は飲食店以外にも、病院や福祉施設、また学校や社内食堂など多岐にわたります。ただ、受験するためには実務経験が必須なので、注意しましょう。

転職する女性が持っているとオトクな資格15・インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、暮らしやすい住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」です。不動産、家具やインテリア関係の仕事で働きたい方はもちろん、設計事務所、デザイン業界など、幅広い分野で知識やスキルを活かすことができます。

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

笹田の視点

 住生活に関する様々な業界で重宝される資格です。近年、リフォームの需要が拡大していることもあり、意外に活躍の場は多いです。住宅メーカーや、不動産関連会社、設計事務所や設備・建材関連会社などでも、求人が見られます。

転職する女性が持っているとオトクな資格16・色彩検定

カラーコーディネーターやカラーアナリストと呼ばれる色彩のエキスパートを文部科学省が認定する検定試験。
1~3級があり、要求される知識の量と難易度が異なる。勉強方法は、独学でも可能だが、スクールや通信教育を利用するケースも多い。一般企業では3級以上、デザイン関係企業では2級以上で、印刷・Webデザイン・服飾・建築関係職種などで活かせることが多い。

色彩検定(しきさいけんてい)の資格DATA「取得難易度、転職お役立ち度、必要なコスト」

笹田の視点

 今や、様々な職種で色彩センスや技能が求められており、デザイン関係企業にとどまらず、様々な職種で生かせる資格ではあります。アパレルなどの職種でも有効かもしれませんね。ただ、履歴書に書く場合は、資格を業務でどう生かすのか?をきちんと説明できるようにしておきましょう。

転職する女性が持っているとオトクな資格17・社会保険労務士(社労士)

社労士は、人事・労務管理、年金の専門家として、年金・医療・雇用保険といったさまざまな分野で活躍できる国家資格です。

企業やそこで働く人々の雇用、労働条件、労働保険、社会保険についての指導や相談を行います。

社会保険労務士(社労士)とは

笹田の視点

 少子高齢化など、社会的にもニーズが高いうえに、知識は日常の業務に直結しますので、総務や人事での活躍できる人材として評価される傾向が強いです。そのため有資格者は就・転職の際に有利に働きます。

転職する女性が持っているとオトクな資格18・基本情報技術者

基本情報技術者は、情報システムを開発・運用するための、基本的な国家資格。様々な会社・業種でIT技術が活用されている現在、IT業界だけでなく一般企業でも高い評価が期待できる資格です。しかも受験資格が無く、性別・年齢・学歴を問わずにチャレンジできます。

ユーキャンの開発予定講座|基本情報技術者講座

笹田の視点

 国家資格のひとつで、日本では非常にメジャーなIT系の資格となります。企業によっては、資格手当を設けていたりするほどです。認知度が高く、転職時のアピールポイントにもなりえますよ。

転職する女性が持っているとオトクな資格19・介護職員初任者

『介護職員初任者研修』、通称『初任者研修』とは、そういった基本的な介護技術を学べる介護の入門資格となります。2013年以前に存在していたホームヘルパー2級や介護職員基礎研修といった資格の代わりとなる研修で、在宅・施設関係なく必要な介護技術と基本的な考え方を、研修を通して取得出来ます。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)とは?受験資格や取得方法

笹田の視点

 介護の現場は、常に人材不足です。介護の仕事への転職を希望する場合は、是非とも、チャレンジしてみてください。

転職する女性が持っているとオトクな資格20・電気工事士

一般用電気工作物または自家用電気工作物の工事に関する専門的な知識を有する人に与えられる資格。第一種と第二種の区分があり、第二種では一般用電気工作物に携われる範囲が制限されている。

電気工事士(でんきこうじし)の資格DATA「取得難易度、転職お役立ち度、必要なコスト」

笹田の視点

 電気工事会社などでは、取引先とのやり取りや打ち合わせの中で困らないように、資格取得を推奨している会社もあります。ですから、事務職でも資格手当がつく場合がありますし、転職には有利だと思いますよ。今は電力インフラが必要不可欠。不景気でも電気工事の需要がなくなることはりません。必要としている企業・会社は増えていますね。

転職する女性が持っているとオトクな資格21・危険物取扱者

危険物取扱者とは、石油などの燃焼性が高い危険物を大量に「製造・貯蔵・取扱」する場所で必要とされる、保安管理責任者の役割を担うスペシャリストです。各種工場やガソリンスタンドなど多くの場で活躍できる有望資格で、石油関連の工場、薬品関係、燃料店と活躍分野は多岐にわたります。

ユーキャンの危険物取扱者講座|ガソリンなどの危険物を様々な施設で管理できる資格!

笹田の視点

 意外に幅広い業種(印刷・燃料・塗装・薬品など)で重宝される資格ですから、転職の際にも幅が広がります。幅広い業種で重宝される資格です。

転職する女性が持っているとオトクな資格22・CCNA

シスコシステムズ社による技術者認定資格のひとつ。中小規模のネットワークの構築・管理・運営や、同社製のルータや機器を利用した単純なネットワークの導入・設定・トラブルシューティングができる能力を認定する。同社の資格の中では最も初歩的なもので、ネットワーク構築と運用管理能力を証明することができる。

転職に美味しい資格「CCNA」

笹田の視点

 この資格があれば、ネットワークエンジニアやテクニカルサポートにおける必要最低限の知識はある、と判断する企業は多いです。そのため、応募条件として掲げているところも。取っ掛かりとして取得するのは良い選択ですが、転職の場合、やはり実務経験も重要視されます。企業は面接での会話で、ある程度スキルは把握できますから。

転職する女性が持っているとオトクな資格23・CCNP

シスコシステムズ社による技術者認定資格の一つ。大規模ネットワークやインターネットワークサービス運用に必要なシステムの構築・管理・運営ができる能力を認定する。取得するには、初歩的な資格であるCCNAを取得している必要がある。

転職に美味しい資格「CCNP」

笹田の視点

 ネットワーク設計・構築・保守などの職種の転職には最適な資格です。市場価値も高めではありますが、転職の場合は、実務経験も大切です。企業側も、資格プラス実務経験者を求める傾向にあります。

転職する女性が持っているとオトクな資格24・応用情報技術者

情報処理に関する国家試験。2009年春より、ソフトウェア開発技術者試験から応用情報技術者資格として資格区分が変更された。情報システムのソフトウェア開発技術者として、外部仕様に基づき内部設計やシステムの設計・開発を行い、ソフトウェアを開発するためのスキルを問う試験。ソフトウェア工学、アルゴリズム、システム構成技術、システム開発、通信ネットワーク、情報セキュリティなど試験範囲は広い。

転職に美味しい資格「応用情報技術者」

笹田の視点

 第二新卒や20代エンジニアが取得している場合、転職市場では有利に働くことが多いです。転職を考えているのなら、なるべく早い段階で取得しましょう。資格がITの基本をしている証にもなりますから。

転職する女性が持っているとオトクな資格25・MCP

マイクロソフト製品の実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格で、マイクロソフト製品と技術に関する高い評価が受けられる。

転職に美味しい資格「MCP」

笹田の視点

 認知度は高い資格。企業側も評価しやすいため、転職には有利に働くことも。

転職する女性が持っているとオトクな資格26・Linuxプロフェッショナル認定資格

LPIC(Linux Professional Institute Certification)とも呼ばれ、特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」の実施する、Linux技術者認定試験である。LPIC世界最大のLinux技術者受験者数を有し、Linux技術者の正確なスキルを判断する世界標準として認められ、多くの企業、教育機関、公的機関に取り入れられている。

Linuxプロフェッショナル認定資格(りなっくすぷろふぇっしょなるにんていしかく)の資格DATA「取得難易度、転職お役立ち度、必要なコスト」

笹田の視点

 日本企業においては、Linuxは高いシェアを誇っています。反面、Linuxエンジニアの数が不足傾向にあるため、転職市場においても、有利に働くでしょう。世界で展開されている標準的なIT資格ですから、スキルアップにも最適です。

転職する女性が持っているとオトクな資格26・衛生管理者

労働安全衛生法において定められている、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者です。一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許、医師、労働衛生コンサルタント等の免許、資格を有する者からの選任が義務付けられております。衛生管理者は第一種、第二種共に国家資格です。

衛生管理者とは

笹田の視点

 転職に有利とは言えませんが、管理職を目指すなら知識として知っておいた方が良い内容が多い資格です。受験資格に実務経験が必要ではありますが、チャレンジできる方は是非。

転職する女性が持っているとオトクな資格27・消防設備士

甲種消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができます。工事、整備、点検のできる消防用設備等は、免状に記載されている種類になります。

消防設備士について

笹田の視点

 消火設備の設置や点検・メンテナンスを行う会社やビルの管理会社などへの転職には有利に働く場合があります。

転職する女性が持っているとオトクな資格28・ITパスポート試験

情報処理技術者試験の改革で創設された試験の1つで、2009年4月からスタートしたITの基礎知識をはかる国家試験。2009年4月の試験で廃止された初級システムアドミニストレータ試験の範囲を含む、基礎的なIT知識を広く問う。ITスキル標準(ITSS)ではレベル1に当たり、業種・職種を問わずITを活用する職業人すべてと情報系学科を中心とする学生を対象にしている。

ITパスポート試験(あいてぃーぱすぽーとしけん)の資格DATA「取得難易度、転職お役立ち度、必要なコスト」

笹田の視点

 情報処理技術者試験の中では入門編の資格となるため、エンジニアにとってはほとんど意味のない資格とも言えます。しかしながら、IT系職種以外には有効に働くことも。年々、PCやネットワークに触れる機会は増加していますから、ITの基本が分かることはメリットです。例えば、事務系職種の転職において、PCスキルの証明として提示することも可能です。

転職する女性が持っているとオトクな資格29・メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得していただくものです。メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、「公開試験」(統一試験日に全国15都市で実施)と「団体特別試験」(企業等が任意に試験の日時・場所を設定し実施)の2種類の受験方法を設けています。

試験のご紹介 | メンタルヘルス・マネジメント検定試験

笹田の視点

 比較的新しい検定です。しかし、昨今の労務問題、また職場の人間関係でストレスを抱える人の健康管理の高まりにともない、医療や介護、福祉の現場においてニーズが高まっています。

転職する女性が持っているとオトクな資格30・知的財産管理技能検定

「知的財産管理」職種とは、企業・団体等における発明、実用新案、意匠、商標、営業秘密、著作物等の知的財産の創造、保護または活用を目的として業務を行う職種であり、具体的には、創造分野における価値評価、パテントマップの作成等、また保護分野における出願戦略の立案、手続管理等、また活用分野におけるライセンス戦略の立案、営業秘密管理等の知的財産の管理を行う職種です。
本検定は、これらの技能およびこれに関する知識の程度を測る検定です。試験は1級~3級それぞれについて学科試験と実技試験が実施され、学科試験および実技試験の両方を合格すると「技能士」と称することができます(名称独占資格)。

知的財産教育協会 知的財産管理技能検定

笹田の視点

 著作権や意匠、商標などを持つ企業において、需要が高まっている資格です。また、企業の情報発信においても、知的財産法に関する正しい知識を持つ人材は求められています。

最後に転職成功者からのアドバイス!

 転職時や就職活動時に意識してしまうのが資格ですね。 何か資格ってお持ちですか?

 結構今回紹介したものは勉強したことあります
TOEIC
簿記
FP
宅建も

 幅広いですね!
私もMOSと簿記は勉強して、資格取りました

 あ、そうなんですね

 けど、転職活動時にはあまり意味はなかったです

 まぁそうでしょうね

 資格取得欄を見ている面接官って、ほぼいないですからね。 医療事務とか宅建のような専門知識が必要な職以外は

 私の友人で「資格取得が趣味」という人がいます
確か200種類以上持っていました

 200種類!
確かに、資格取得が趣味という言葉に偽りない数の資格取得ですね。笑
資格取得は勉強のキッカケにはなりますからね

 実際には、なんとなくとっておこうみたいな人のほうが多いと思うんですよね
その程度だと、実際の現場で使えるレベルのスキルにはならないし、あまり転職でも有利にはならないでしょうね

 そうだと思います。 学生時代、就活の前は、資格が就活には有利だみたいな話をよく聞いたので、色々やってみましたが、実務ではほぼ使ってないです
当時言えば、資格取得よりも営業のインターンのほうがよっぽど身になったので

 就職でもそんな感じなので、転職ならなおさら実務ありきですから

 資格取得よりも実務を一生懸命やってきているかのほうが重視しますからね
未経験の職種でも、仕事の取り組み方とか考え方は前職の実務経験と繋がりますし

 資格はあくまで個人プレーというか、資格を通じてその人の性格とか働き方が見えることってほとんどないからな

 たまに資格取得をアピールしてくる方が、私が面接してきたときにいましたけど、個人プレーのPRが半端なかったですね
仕事もできる限り定時で切り上げて、趣味もせずに、資格取得に没頭しました、的な感じで

 それだともはや逆アピールになってしまっていますね
持ってることに意味があるんじゃないので

 そもそも仕事で必要な知識を持つことって、前提というか、普通に取り組んでほしいことですからね
資格の有無とか関係なく

 そうですね
知識とかは、どう使うか?どう活かしてきたか?に意味があるので
持っていることではなく、どう活かしたかの話をしてほしいところです

 そうですね。 あと資格取得でアピールするのであれば、何故取ろうと思ったのか、を話すべきですね

 たしかに
「こういう風に会社や社会に貢献したいと思って取りました」「こういう成長がしたくて取りました」とかね
結局、面接官としては「何に興味があって、どう頑張れる人なんだろう?」というのが知りたいところなので

 間違いないですね
興味と意欲と頑張り方で、どんな成果が出せるのかは決まりますからね。

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!