LINEキャリア相談絶賛受付中

転職の失敗10事例から学ぶ、失敗を回避して成功するコツとは?

「転職で失敗したらどうしよう。」
「転職で、人生を棒に振ってしまったらどうしよう。」

そんな心配をした経験はありませんか?

あなたと同じ悩みを持っている人は1人ではありません。

そこで、今回は「転職は失敗だったと思う」方々に、「体験談とどうすれば失敗を回避できたのか」について伺ってきました!

「転職で失敗をしたくない」という方は是非、今回の記事を参考にしてください!

登場人物

 転職は失敗だったと感じているAさん

 キャリアアドバイザー 笹田

逃げの転職で生活が苦しくなってしまった!

 今回は、転職が失敗だったと感じているAさんに話を聞いてみようと思います。Aさん、よろしくお願いします。

 

 よろしくお願いいたします。

 

 まずは、前職と転職後のお仕事について教えてください。

 

 はい。以前は、建築関係の営業をしていました。転職後は、住宅関連の部品工場で働いています。

 

 では、転職のきっかけは何だったのでしょうか?

 

 住宅の営業でしたが、顧客とのコミュニケーションがつらく、自分自身は営業に向いていないと思い、転職を考え始めました。そこで、自分が苦しまない仕事と考えたときに、黙々とやれる作業が自分に合ってると思ったので、工場勤務を選びました。確かに自分には向いていました。

 

 自分に合う仕事を見つけられたのに、どうして、失敗だったと思うのですか?

 

 給料が全然上がらない会社だったんです。会社の業績が下がると、とたんに生活が苦しくなりました。

 

 なるほど。会社全体ではなく、業務内容という一面しか見てなかったと。

 

 そうですね。今思うと、とても短絡的でした。この経験から学んだことは、今の苦しい状況、そこからただ逃げたいと考えての転職は上手くいかないということです。また、数年後に自分がこうしていたい、そのためにはどういう会社・仕事内容がいいのかについても、きちんと把握した上で、転職活動にのぞんだほうがいいと思います。

 

 Aさん、貴重なご意見ありがとうございます!

ネット上にはこんな記述も!

まず上記の対象に調査をした結果、転職時の失敗は以下の5つがどの対象からも挙げられたそうです。

  1. 下調べが不十分である
  2. お金に釣られて転職する
  3. 「将来のため」でなく、「現状から逃げるため」に転職する
  4. 自分を過大評価する
  5. 目先のことしか考えていない

引用キャリアが台無しに。転職で失敗する5つの理由

他の先輩の体験談も聞いてみた!

Aさんのように、今の業務からとにかく離れようという理由だけで、安易に転職を決めてしまうのは危険です。

他にも、転職に失敗してしまった!と感じた経験がある方の体験談をご紹介します!

Aさん以外の9人のエピソード、是非、ご覧ください!

★面接時と入社後のギャップが大きかった!

20代女性
前職:不動産業(営業事務)
現在:人材派遣業(派遣先常駐事務)

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

私は給与や平日の休日が不満をきっかけに転職することに。転職活動中、複数の会社より内定を頂きましたが、1社より「是非来ていただきたい」と熱いアプローチを受け入社を決めました。事前にたくさんの質問をして理解を深め、ここなら!と思い入社しましたが、実際に働いてみると、質問の回答とは仕事内容が違っていることが多くありました。もっと突っ込んだ質問で確認しておけばよかったと思いました。質問の数は多かったのですが、具体性に欠けていたと反省しています。また、社内での業務対応が雑なため、派遣スタッフや社員の離職が後を絶たないということが判明しました。そういった点から、この転職は失敗したと思いました。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

まず、どんなに熱いアプローチでも冷静に全体で判断すればよかったですね。ほかに何社かを比較した上で、決めたほうがいいと思います。給与・福利厚生なども気になると思いますが、自分がどのようなことを、どのような形で行うのかを、具体的にかつ詳細に確認しよう、質問しようという意志、勇気を持ってください。そのほうがギャップが少なくなり、転職時の失敗につながる問題が少ないと思います。

ネット上にはこんな記述も!

求職者は、入社するまで転職先の実情を知りません。たとえば、転職を希望する企業に育児休暇や産前産後休暇の制度があったとしても、実際に制度が運用されているか、育休明けに従業員が職場に復帰しているかどうか、まではわかりません。そうした情報は一般に公開されておらず、意識的に求職者側が情報収集を行わなければ、その実態は入社前にはなかなか明らかにならないのです。情報収集に受動的でいると、情報格差は大きくなり、入社前後のイメージギャップが生まれてしまいます。

引用:なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!転職に失敗してしまう理由とは?

★職場の人間関係が最悪だった!

20代男性
前職:看護師
現在:看護師

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

私は以前働いていた病院の環境に上手くなじむことが出来ず、他の病院に転職をしました。給料も前の職場より高かったこと、また規模も小さいので、のんびりと働くことができると思っていました。しかし、転職先の職場では、横暴で部下の意見を効かず、仕事をしないのに口だけ挟んでくる上司が幅を利かせており、仕事をする環境としては以前より悪化してしまいました。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

まず、その職場がどのような職場環境なのかを確認しましょう。本当に自分の力を発揮できる環境なのか、ブラックな噂が立っていないか等を確認するだけでもいいです。給料が高くても、常に人不足で求人が出ているところは、なにか人不足になる原因があるはずです。また、同じ職種に転職するなら、今いる職場の人に他の会社に詳しい人がいるなら、参考までに話を聞くこともいいかもしれません。

ネット上にはこんな記述も!

転職後の新しい職場環境に馴染むのは、そう簡単ではありません。会社にはいろんな考えを持った人がいますから、気が合わないなどのすれ違いがおこるでしょう。最初はちょっとしたいざこざでも、後々大きな溝になっていくかもしれません。会社での先輩や同僚との人間関係に疲れてしまうのは、転職失敗したといっても過言ではない原因の1つです。

引用:転職失敗の原因と会社を辞めたくなったときに考えること

★雇用制度が認識と違っていた!

30代男性
前職:金融(信用金庫)営業
現在:大学事務

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

信用金庫の営業という仕事は、雨の日も晴れの日もバイクで外を回り、飛び込みで営業を行う古いタイプの営業です。非効率的かつ低賃金が嫌になり転職活動を開始しました。現在の仕事は、大学という先進的なことに触れる機会があることや事務(内勤)である点、また実家に近いことが気に入りました。ただ、正社員の募集がなく、有機期間の採用のみでした。迷いましたが、別の大学では有期期間の採用から無期に転換した事例があると聞いていたので、そんな道があるのならと転職しました。しかし、自分の勤務する大学では、制度的には無期への転換はあるものの、実質的には私のような本部以外で勤務する職員については、その制度が適用されたことがないことが分かりました。今では失敗だったと思っています。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

自分が転職しようとしている先について、きちんと調べましょう。同業他社も同じような制度があるから、この会社もそうだろうと、勝手に思い込む、浅い考えは危険です。また業界の慣習だからと諦めて、違う業界に転職するときも注意してください。もしかすると、同業他社は手当てが充実していたり、素晴らしい社風であることも十分考えられるからです。金融は厳しいとか、製造は汚いとか、決めつけて考えるのではなく、一社一社を丁寧に細かく検討していくことが重要だと思います。

ネット上にはこんな記述も!

転職後に後悔しないようにするために、自分はどのような目的で転職したいのか、転職先に求めるものは何なのかをはっきりさせることが重要です。場合によっては転職を思いとどまる勇気も必要だということを覚えておきましょう。

引用:「なぜ転職したいの?」後悔しないエンジニア転職はその理由も重要!

★正社員で入社したはずが、契約社員だった!

20代男性
前職:飲食店 フロア・調理スタッフ
現在:施工管理技士

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

応募してすぐ面接の日取りの電話があり、面接の日には、そのまま職場へ挨拶にと言われました。「採用する気満々だな。」と思いましたが、当時の心境が転職したい一心だったので、それ程怪しむ事はなく、即採用され入社しました。しかし、転職サイトに基本給と記載されていた金額は、みなし残業を含むもので、正社員雇用と書いてあったはずなのに契約社員での雇用となっていたのです。これは失敗したなぁと思いました。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

事前に会社の下調べや、企業方針など入念に調べあげましょう。今の時代ですから、その会社にいた人間の話がインターネットに転がっていたり、評判や口コミなどがいくつも見つけられるのでそういう所もしっかり見て判断してください。それから面接の際に、おかしい、疑わしい所をしっかりと質問してしまうのが一番手っ取り早く確実な方法なのかなと思いました。都合悪い質問に答えられなかったり、それを聞いて落とされるような企業なら、何かしら後ろめたい事があるという事ですから。気をつけてください。

ネット上にはこんな記述も!

「入社前に聞いていた話と違う」という声も多かった。実際に働いてみると、仕事内容や残業時間等が「募集要項に記載されている内容と違った」「面接で言っていたことと違う」ということがあったそう。入社後に「実はこういう条件で……」と後出しで条件を提示された人もいたようだが、騙された気分で納得いかないかもしれない。

引用:転職して「失敗した」と思った理由は?

★前の職場と方針が違いすぎた!

30代女性
前職:アパレル店員
現在:アパレル店員

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

アパレル店員からアパレル店員へという、同じ職種での転職でしたが、会社の接客方針が全く違ったので 受け入れ難かったです。前の会社のやり方が身に染みていたので、慣れる前でにとても時間がかかり苦労しました。ついつい、前の会社のやり方で対応してしまい、注意を受けることがあり、もっと会社の方針や社風なども確認してから、転職すればよかったと思っています。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

経験があることが決してプラスに働くことばかりではありません。これまで築き上げたスキルや経験が、新しい職場でいかんなく発揮できるのかどうか、事前に確認しましょう。また、店員として働くのですから、お店の雰囲気や客層なども前職と比較してみて、自分の経験が生かせるのか?一から初心者同様に学びなおさなくてはいけないのか?なども、チェックする必要があると思います。

★福利厚生などしっかり把握してなかった!

30代女性
前職:病院受付
現在:エステティシャン・セラピスト

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

私はエスティシャンになり華やかな世界で活躍したい!という夢を追って、エステサロンに転職を決めました。しかし、転職先の会社は福利厚生もなく、正社員にも関わらず時給制で、休みも殆どなく残業の毎日。もちろん、精神的・肉体的にハードな仕事だとは承知していましたが、従業員に対するサポート体制が整っておらず、大変がっかりしました。前職のそれとは、天と地ほどかけ離れていました。夢だからとしぶとく粘りましたが、結果、身体を壊してしまい退職しました。転職失敗だったと思います。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

福利厚生や待遇を確認しましょう。残業が多く休日の少ない職業ですが、お客様はもちろん、どれだけ従業員を大切にする気持ちを運営する店舗側が意識しているかが大事です。ほぼ女子だけの職場なので、人間関係を上手く築けそうか、自分自身が客として店舗に事前に来店しておくとより良いと思います。研修中、報酬がない企業もあるので、その点の確認もお忘れなく。

ネット上にはこんな記述も!

転職理由が不明確で、自分のスキルを把握していない人ほど、華やかなものに憧れる。経験もないのに、一見華やかな広報、企画、マーケティングを希望する人。経営に近いポジションで仕事がしたいという人。即戦力が期待される中途採用で、このような希望を言う人は、その時点ですでに転職に失敗している。

引用:転職に“失敗する人”の4つのNG行動パターン

★やりたいことを重視しすぎて給料大幅減!

20代女性
前職:レンタルドレス 配送
現在:飲食店

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

前の会社が経営が苦しくなり、やむを得ず辞めなければなりませんでした。一日でも早く働きたかったので、出来そうな仕事から片っ端に面接を受け、今の仕事についたのですが、収入が大幅に下がりました。いろいろ手当がつくだろうと、勝手に思い込んでしまい、面接で確認をしませんでした。案の定、手当は付きませんでした。もっと給料のいいところへ就職したかったです。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

やりたいこと重視ならいいかと思いますが、自分の生活もあるし、給料はどのくらい貰えるのか、しっかりチェックした方がいいかと思います。生活できるだけ貰わないと自分が苦労するし、仕事してる意味がわからなくなってしまいます。本当は、自分の好きなことを仕事にしながら、いい給料を貰えるのが一番いいと思いますが。

ネット上にはこんな記述も!

さまざまな情報源を利用して関心のある求人情報を見つけたら、その求人企業について理解を深めましょう。特に未経験の業界への転職を希望する場合、会社が何をして利益を得ているのかという「事業内容の理解」は必須事項です。(中略)応募先企業の事業内容を理解・共感することが出来たら、企業が属する業界について把握します。応募先企業の業界内での位置づけ・競合他社などについて調べることで、応募先企業の特徴や将来性などが見えてきます。

引用:転職先企業の選び方 – 人財紹介

★給与が面接で聞いた内容と違っていた!

20代男性
前職:食品メーカー営業
現在:大手機械メーカー営業

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

私は人材会社の紹介で面接を受け、そのときは雰囲気がよく終了し、採用して頂けるという話になり、私は入社の意向を伝えました。しかし、給与が面接で話した金額と全く異なっていました。発覚したのは、入社して初めての給料が支給された日です。上司へ駆け寄ると、「入ったのはお前の責任だ。なぜ給与に関して最終確認をしなかったんだ」と言われました。その時、失敗したと思いました。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

面接でよい雰囲気で、入社への意思が高まることも私は理解できますが、もう一度落ち着いて、自分の給与を必ず最終確認をしたほうが良いとおもいます。例えば、採用の連絡が来た際にもう一度「面接では給与は〇〇円とおっしゃっていましたが、それは守って頂けますか?」といった形です。会社側からあなたにメールの返信があれば、それが証拠になるので、必ずあなたに払わなければなりませんから。

ネット上にはこんな記述も!

面接官はたまにあなたに入ってほしいために誇張してしまったり、面接から入社までに会社の状況が変わってしまったりすることが往々にしてあります。そのため、面接時に聞いた仕事内容については半信半疑で聞くようにしましょう。また、それが不安な場合は人事の方にその職場のメンバー層と面談や会食をお願いしてみましょう。それを行うことにより実際の現場での話などが聞け、よりイメージを膨らませることができます。

引用:転職失敗したくないあなたへ贈る転職失敗事例、成功事例2選

★職業適性を完全に無視していた!

40代男性
前職:射出成形オペレーター
現在:一般事務

この転職、失敗だ!と思った体験談・エピソードを教えてください

私は、工場の仕事が向いていると思い込み続け、長らく工場の製造スタッフの仕事に就いていました。どこの会社も3年以上は勤まらず転職を繰り返していると、最初のうちは正社員で採用されていたのですが、そのうち、派遣のアルバイトでしか雇われなくなってしまいました。工場勤務の適性がなかったのを自覚できたのは、現在の会社に入る前、適職診断を受けたときです。もっと早く診断を受けていたら、待遇面や収入面で今のように苦労しなかったと後悔しています。

経験して分かった、転職の失敗を回避して成功するコツを教えてください。

少なくとも、2、3社同じ業務を行って長く勤まらなければ、適性がないと考えて、早く見切りをつけましょう。「この仕事、この業界でないと勤まらない」と思い込んでいる方で、「仕事についていけない」もしくは「1つの会社に長く勤まらない」方は、早めに適職診断を受けて、本当の自分の適性を理解するべきです。あと、常日頃から凝り固まった考えを持たないように心がけ、「こんなことは得意だけど、こんなところが苦手だ」と日常の業務から、自分自身の才能や可能性について、把握できるようにしましょう。

ネット上にはこんな記述も!

「不満があるから転職、というスタンスでは、転職先でも不満が解消されにくい。なぜ転職したいのか、どんな働き方をしたいかを明確にすることが、成功への第一歩です」

引用:成功する転職 失敗する転職

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職は失敗だったと思う」方々に「失敗談と失敗を回避するためのコツ」について、お話を伺わせていただきました。

「職場環境が前職よりも、さらに酷い状況だった」
「雇用条件が思っていたものと違っていた」など、「転職の失敗」について悩んでいる人はたくさんいますね。

是非、先輩の体験を無駄にせず、自身のこれからのキャリアや転職に活かしてくださいね。

あわせて読みたい「転職失敗談」はこちら!

営業に転職して失敗!!そんな強固な精神力は持ち合わせていない

これは聞いていなかった!事務職に転職しての失敗談

大手企業への転職に失敗、「やめときゃ良かった」と後悔した人たちから成功への道をアドバイス!

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!