LINEキャリア相談絶賛受付中

【キャリアコンサルタントインタビュー】リンクスタッフィング 古田様

今回は理系学生からアパレルを経て人材会社に入った逸材、古田さんをご紹介します。

アパレルショップの店長や人事関連もされていたので、アパレル業界ならではの悩みなども理解して相談にのっていただけること、間違いありません!

本日のキャリアコンサルタント

株式会社リンクスタッフィング

古田祐基様

アパレル業界にて店長を経験後、人事部にて採用業務に携わってきました。
現在は、アパレル・ファッション業界を中心に転職活動の支援をさせて頂いております。

 理系学生がまさかのアパレルに就職!

 簡単に自己紹介からお願いします。

 はい、ではいままでのキャリアについてお話させていただきます。元々アパレルの販売員をやっておりまして、そこで5年間ほど販売をした後、一年間新卒採用をしておりまして、人に興味をもち、今人材業界にいるという形になります。
理系の大学からアパレルに行く、など人があまり行かないようなキャリアを歩んでしまいました。

 理系からアパレル?どうすればそうなるんですか?笑

 元々アパレルには興味があったのですが、それを仕事にしていくべきかどうか悩み、同じくらい好きだった数学だったり理科を仕事にしていければいいかと思い大学に入りました。

 なるほど!そういう方、他にいないですよね?

 ほぼいないですね。私がいままで31年間生きてきた中ではいなかったですね~。

 そうですよね。そこまで惹かれるものというか、それまでのキャリアで感じてきたやりがいとか、今この仕事をされている理由みたいなものはどんなところにあるんでしょうか?

 1番は人の魅力かなとは思います。店舗で店長をしているときに、人をマネージメントすることの難しさだったり楽しさも経験しましたし、新卒採用として学生に自分の企業に興味を持たせ、人生を決める選択をさせる、というところで人と関わるのは難しいけれど楽しいと感じました。そこからいままで自分が経験してきたアパレル×人材、という形になり、今ここにいるということです。

リンクスタッフィング は笑顔の溢れる会社だから選んだ

 リンクスタッフィングさんとのご縁というのはどういうところからですか?

 私が人事をしていた時に、知っていた会社の一つです。

 なるほど

 なのでホームページから電話をかけてですね。

 取引先とかではなく知っていた事業の一つ?

 いえ、お取引先でした。直接の担当ではなかったのですが。

 それこそ人材会社が山のようにある中でリンクスタッフィングを選んだのは?

 最終2社で迷ってというのが正直な話ですが、最後にこちらを選んだのは、働いている人達が生き生きとしていて笑顔があふれる会社だったので、自分もそうなっていきたいなと感じて、ここでやっていきたいと思ったからです。

 古田さんはリンクスタッフィングさんで働いてどれくらいになりますか?

 3年目です。

 実際3年働かれてみて、入る前と比べてどうでしたか?

 そうですね。特に違いはなかったかなと思います。入社を決めた時も、最終面談をしてもらった方に「どうなりたいの」「なんでうちの会社がいいの」などの掘り下げを一緒にしてもらい、会社の実情もよくわかった上で入ったので、ミスマッチはありませんでした。

 すりあわせが完璧にできていたこそ今も楽しく働けてていると。

 そうです!

表面的なキャリアでマッチングするのではなく、本人の希望を叶えたい

 では、こういう相談が多い、という事についてはいかがですか?

 いろいろな方がいるんですが、こうなりたいと明確なビジョンを持っている方とお話しすることが多いです。

 持っている人の方が多いんですか。意外ですね!

 持っている人のほうが個人的には多いように感じます。どうしていこうかなというより、無理だとは思いながらもこうなりたいです、と思っていらっしゃる方が多いので、そこを引き出せるような話の仕方や言葉を大切にしています。

 「こうなりたい」というのは、どういった感じなのでしょうか? 純粋に「稼ぎたい」、とか「このブランドで働きたい」みたいなそういった希望で来られるんですか?

 「こういうブランドで働きたい」という方が多いです。

 アパレルの転職でいうとそういう方の方が多いんですかね?

 多いと思います。ドメスティックなブランドから外資のブランドを希望されていたり、ファストファッションからもう少し丁寧な接客をするような会社に行きたいとかそういう希望の方は多いんじゃないかと思います。

 先ほど面談の中で希望を引き出すとお話しいただいたんですが、どういう面談をされることが多いですか?意識されていることなどありますか?

 はい、自分の考えを押し付けず、あくまでサポート主体であることに気をつけています。表面的なキャリアでマッチングするのではなくその人がどう考えてどうなりたくて転職するのか、今までキャリアを選択するタイミングでどう考えてきたかをしっかりヒアリングするように寄り添う、というところです。

 エン転職等のミドル転職のWebサイトで、御社に対する感想を見ると、「迅速丁寧な対応が素晴らしかったです」というようなことが多かったのですが、会社として何か徹底されているルールなどはあるのですか?

 ルール決めは正直されていないと思うのですが、一人の方に対してそれぞれのコンサルタントが熱い思いを持って真剣に取り組んでいるので、そこがスピードにも表れているんじゃないかと思います。

 確かに皆さんいい意味でキャラが濃いですよね。

 笑

 そういうものなのでしょうかね。リンクスタッフィングさんのところは。

 そうですね。キャラは濃いめかもしれないです。いい意味でも悪い意味でも

 いえいえ、いい意味ですよ、もちろん! 本当に皆さんとお話ししていて思うのは、人を大事にするという所ですね。人材会社さんて企業寄りになりがちな部分もあるのですが、その人のキャリアとちゃんと向き合っていくという所はリンクスタッフィングの皆さん共通して出てくるので、会社として意識付けというか文化みたいなものがあるのかな、と思います。

 ありがとうございます。社内でも助けあうみたいなところはありますね。お互いがサポートしあうという組織ムードは社内にもあって、それが求職者の方にも同じようにやってあげたいという気持ちが出ているのだと思います。

 私も昔、人材会社にいたのでいろんな人材会社さん知っていますが、ノルマに追われて他のコンサルタントの足を引っ張りあうみたいなこともあることを知っていますが、そういうのはまったくなさそうですね。

 まったくないです!

人生の大半を占める仕事を楽しめるものにしてほしい!

 転職の相談に来られる方に対して、面談の中でこうしてあげたいみたいなのはありますか?

 こうなりたいっていうのを引き出してあげて、それが仕事って人生の大半を占めることなので軽い言葉になるかもしれませんが、面談自体も楽しい機会であって、楽しい人生を送ってもらえるように支援していきたいとは思っています。

 仕事って本当に人生大半を費やすのに何なんだろう、というところがありますよね。

 嫌だなと思う場面もありますが、楽しいと思うところが多ければ、総じて楽しい仕事になるとおもうので、何か一つでもやっててよかったな楽しいなと思えるようなことが提供できる機会になればと思っています。

最後に古田様からメッセージ

 では最後に求職者の方に向けて一言お願いします。

 そうですね。ありがちな表現とはなりますが、転職を一緒に成功させましょう!と。そのためにもいろいろ聞かせていただき、求職者とコンサルタントといった立場ではありますが、同じ歩幅で一緒に進んでいけるような支援をしたいと思っています。よろしくお願いします!

今日インタビューにお応え頂いた古田様に、転職や今後のキャリアについて相談したい!という方はこちらから

自分も古田様に自分のキャリアや転職先について、相談してみたい!まずは話を聞いて欲しいという方は、是非下記のフォームにご登録ください。ご登録いただきましたら、事務局より2営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。

古田様面談希望登録フォーム

男性女性

個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご参照ください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!