キャリアアドバイザーの笹田です。

転職活動を進めていくと絶対に避けては通れないのが、”面接”ですよね。

面接なんて、就活の時以来という人も少なくありません。営業をやっているから話すのは大丈夫と思っていても、商材について話すのと、自分について話すのとでは全然違います。

また、面接でへりくだりすぎて、内定はもらったけど条件がだだ下がりしたという人もいます。面接は内定をもらうことだけでなく、入社後の自分の条件を決める1つの要素になるので、しっかりと計画立ててアプローチをしていかないと、自分にとって損な結果になってしまいます。

そこで今回は自分にとって好条件を引き出しながら、内定を獲得する面接のコツをご紹介したいと思います。

まずは面接の目的を把握しよう

まずなぜ面接を行うのか、企業側の都合と求職者側の都合を理解しておきましょう。

企業が面接を行う理由

企業が面接を行う理由は3つです。

  1. 自社で活躍できる人材かを見極める
  2. 自社・自社社員との相性を確認する
  3. 内定を出すときの条件を決める

1と2はすでにご理解いただいていると思います。意外と見落としがちですが、雇用条件を決めるための1つの要素となっているということです。つまり、優秀な人材と判断すれば、条件を引き上げてでも入社してもらいたいと思うので、求職者側にとっても好条件が得られるということです。

求職者側が面接を行う理由

求職者側が面接を行う理由は、企業側が面接をするからというのが本当の理由だと思いますが(笑)、どうせやるのであれば、しっかりと活用すべきです。そこで求職者側が目的として持っておくべきものは、この3つです。

  1. 内定をもらうため
  2. 入社したいと思える会社か否か判断するため
  3. 好条件を引き出すため

内定をもらってから条件交渉をしようと考えても難しい部分があります。なぜなら、条件の決定は過去の実績や年収をベースに決められるからです。なので、内定をもらう・自分に合う会社かを見極めることと合わせて、この視点もしっかりと持っておくことが大事なのです。(もちろん内定をもらわないとその先がないのも事実ですが)

面接を失敗に導く2つの勘違い

面接の失敗とは、上記の目的が果たせなかったということです。選考に通ったか否かだけでなく、自分に合う会社か否か判断できたかどうか、好条件を引き出すためのアピールができたかどうかがポイントになります。

一緒に働く人ではない人と面接をしている

まず面接をする前に確認すべきポイントは、『今、目の前にいる面接官は入社後自分とどう関わる人なのか』ということです。

面接をする人には大きく3つのパターンがあります。

  1. 上司になる人
  2. 面接の評価を決める人(人事など)
  3. 同僚になる人

大きい企業になればなるほど、面接では話をしたけど、実際に一緒には働かない人がいるということです。つまり、今目の前にいる人は、どういう立場の人なのかで、場合によっては話す内容や話し方を変える必要があるということです。

上司になる人が面接官

上司になる人が面接官だったとき、面接官からすればあなたが部下になるということです。この面接官の目線では、「一緒に働きたいか」「自分の部下に欲しいか」という目線で見ています。規模の大きい会社になると、チェックポイントはそれだけで、条件面は人事に丸投げしているケースも少なくありません。そう考えると、面接でアピールすべきは、「あなたの部下として貢献できること」をしっかりと伝えるべきです。

評価者が面接官

では、査定や評価を決める人が面接官だったらどうでしょうか。ここでは実績と合わせて、これまでどう評価されていたかを伝えることが重要です。また自分の希望も伝えることも必要になってきます。転職先の年収・給与・待遇のベースは、前職がどうだったかが基準になることが多いです。そのため、その評価方法や自分の考えを伝えてください。

同僚になる人

このタイプは決定権は持っていませんが、意見を求められる立場です。そのため、どう自分のことを報告してもらうかを考えて面接に望むべきです。「一緒に働きたい」「〜〜ができそう」というようなポジティブな印象を伝えること、また上司に伝えやすいわかりやすい実績があれば、尚良いです。

面接は自己PRの場ではない

ここまでお伝えした通り、内定をもらうことだけが面接のゴールではないという点はご理解いただけたと思います。つまり、単なる自己PRだけの面接では目的は果たせないということです。また、自己PRというのは、自己満足になってしまいがちなケースも多いです。大事なことは、客観的に自分の活動・実績を理解してもらうことにあります。

面接で行うべきは、期待値の調整です。期待値の項目は、「成果」と「条件」です。

採用する側にとって、まず期待していることは入社後の活躍です。何をしてくれるのか、どれぐらいの成果を出してくれるのか、を知りたいわけです。ただここで内定欲しさに”盛った”アピールをすると、後々苦しむのは自分です。面接時に話した内容を基準で社内であなたのことが紹介され、期待されてしまいます。

また条件面の期待値もあります。例えば、これぐらいの成果や経験だったら、年収500万円ぐらいが妥当という基準を企業側が持っているということです。そこから大きく離れた条件をこちらから提示してしまえば、縁がなかったという話になってしまいます。

この期待値のすり合わせで大事なことは、まずは先方の基準を先に知っておくことが面接を有利に進められるということです。お互い腹の探り合いという状況では、なかなか自分のペースで話を進めることができません。つまり、好条件で、かつ内定をもらうためには、先に相手のことを理解しておくことが大切なのです。

そこで活用すべきが転職エージェントです。

まだ内定をもらっていない段階から、「成果基準」や「希望年収」を伝えることは難しいです。そこで転職エージェントに過去の事例や先方の期待値を確認してもらい、相手の要望を把握しておくことです。

極端な言い方をすれば自分に都合が悪かったり、この話を自分から相手にしたら評価が下がるかもという質問や内容は、エージェントに確認してもらうことをお勧めします。

▼面接のアドイバスが欲しい、相談に乗って欲しいという方はこちら

面接を成功させる6つのコツ

ここまでの内容を整理して5つのコツをお伝えします。

1.期待値は先に聞き出しておく

面接を成功させるコツは営業と似ています。つまり、ニーズや相手の要望が先にわかっていれば、営業・面接は進めやすくなるということです。そこで大切なことは、何を話そうかから考えるのではなく、相手は何を聞きたいのか、から考えることです。

転職活動・就職活動を行うとき、多くの人が自己分析を行ったり、先に職務経歴書を作成したりして、その内容を相手にどう伝えようかを考えて、面接を進めています。しかし、それが相手にとって求める内容になっていなかったり、相性が悪かったりすれば、どんなに良い内容であってもその面接トークは良い評価には繋がりません。

そこで大事なことは、相手が何を期待しているのかを事前に把握しておくことです。相手の期待値の確認は、直接人事に聞いてみたり、もしその会社に知人がいればヒアリングしてみるのが良いです。しかし、なかなか聞きづらいと思うので、そういう時はエージェントに聞いてもらうことをお勧めします。

2.事例を把握しておく

これもエージェントに聞いておきたいポイントですが、相手企業の成功事例をヒアリングしておきましょう。事例を聞くポイントは3つ。

  • その会社で活躍している社員の特徴
  • 面接でうまくいった人の特徴
  • 自分と近い状況の人の状況

まずは実際にその会社で働いている人はどんな人なのか、しっかりと確認しましょう。会社側が採用したいのは、自社で活躍してくれる人材です。「(活躍している/成果を出している)○○くんと似ている」「(仕事が早い)□□さんと似ている」となれば、当然評価も上がります。

また面接でうまくいった事例も聞き出しましょう。これは面接官にもよりますが、面接官も人間です。客観的にしっかりと評価ができているわけではありません。話をして相性がよければ会話も盛り上がって、評価も上がります。一方で、不穏な空気が流れてしまえば逆の結果に近づいてしまうのです。今回話をする目の前の面接官はどんな人で、どんな会話をしたいのか、そういった事例を聞いておきましょう。

最後は自分に近い人の事例です。会社の規模、年齢、経験など、近い人はどういう結果になっているかを確認しておきましょう。面接官は事前に職務経歴書をみています。「あそこの会社で働いていた人か」「この業界の経験者か」など、職務経歴書をみて勝手に想像を膨らませています。それは良い時もあれば、逆もあります。事前にどう思われているのかを確認できれば、面接でも話しやすいですよね。

3.面接官は誰が出てくるのかを確認する

2でお伝えした内容と重なる部分も多いですが、大事なことなので書いておきます。

事前に面接官が誰かをしっかり確認しておきましょう。確実に聞いておきたいのは、「どこの部署・役職の人なのか」です。面接前に人事から連絡が来たら確認をしましょう。聞き方としては、「実務のことなどの質問も当日はさせていただきたいので、当日面接いただく方のご所属をお教えいただけますか?」というと違和感なく聞けます。

ただ、相手から変に勘ぐられるケースもあるので、これもエージェントに確認してもらうのが一番無難です。

4.自己PRは事実と思考を伝える

次に具体的な話す内容ですが、自己PRは自分の評価を自分から伝えるのはやめましょう。

例えば、「営業成績でトップになりました。頑張った成果です」と話をしたとします。

営業成績でトップになりました →事実
頑張った成果です→自分の評価や感情

確かにトップになったという事実は頑張った結果だと思います。しかし、面接官からすれば、「頑張った」と思っていない人もいるかもしれません。仮にこの自己PRをした人が社員数100人の会社だったとします。そうだったときに、面接官が「100人の中で一番になるのなんて当たり前じゃないか」と思っているかもしれないからです。

その事実に対する評価を決めるのは面接官です。自己PRのときは、事実を伝えることを意識しましょう。

また、自己PRで面接官が聞きたいのは、”同じ成果をうちの会社でも出せるのか”という点です。たまたま結果が出た、周りの人がいたからできた、ではなく、しっかりと考えて、行動を重ねたから成果が出たということが伝われば良いのです。つまり再現性があることを、自己PRでは伝えてください。

5.退職理由はネガポジで伝える

退職理由については、無理やりポジティブな理由を作らないでください。というのも、会社を辞めるのに、ポジティブな理由しかないというのはおかしいからです。「そんなに前向きなら今の会社でやれることを探したら?」と面接官側も思ってしまいます。

そこで大切なことは、実際に感じたネガティブな理由も包み隠さず伝えましょう。ただここもポイントがあります。そのネガティブな理由が自分のワガママに映らないよう、ある程度客観的に伝わる内容を伝えましょう。また、こういったネガティブな意見は比較されるものでもあるので、エージェントに一度聞いてもらうことをお勧めします。

なぜなら、「残業時間が30時間で大変でした」と話した時に、面接を受けている会社が「うちの会社、繁忙期は50時間ぐらい出ちゃう時があるから、この人は厳しいかも」と思ってしまうからです。この基準値は、しっかりと確認しておいてください。

また、ネガティブな理由だけで終わると、評価にはつながりません。大事なことは、環境を変えることで次に何がしたいのか、何を得たいと思っているのかを伝えることです。

▼退職理由についてはこちらも参考にしてください!

転職理由はポジティブなものにするべき?正しい転職理由の考え方と作り方

6.聞きにくい質問は質問しない

最後に質問についてです。面接では最後に「質問ありますか?」と逆質問の時間が設けられることが多いです。この時に、残業時間や年収などの聞きづらい質問や、人間関係などのふわっとした質問はあまりしない方が良いです。こういった質問は、自分からしなくてもエージェントがいればそこで確認できるので、代わりに確認してもらうことをお勧めします。

面接は1人で立ち向かわないことで成功率が引き上がる

ここまでご覧いただけたら感じていただいるかもしれませんが、面接の現場は自分一人で立ち向かわなければいけません。しかし、面接の準備段階では、エージェントや知り合いに協力してもらうことで、面接を有利に進めるための情報を引き出すことはできるのです。

面接を成功させるためには、いかに後出しで、相手が求めている情報をこちら側が発信するか、求められているコミュニケーションを取るかで決まります。面接を成功させるために、是非うまく知り合いの協力を得たり、エージェントを活用してみてください。

▼笹田お勧めのエージェントはこちら

お勧めのキャリアアドバイザー一覧

面談依頼も受付中です!

現在、オンラインキャリア面談を受付中です。面接のアドバイスやエージェントのご紹介、キャリアのご相談に私笹田がお話を伺わせていただいております!面談ご希望の方は下記からご登録をお願いいたします。