LINEキャリア相談絶賛受付中

残業時間を理由に転職をしたい人に伝えたい転職の進め方・考え方(LM岩本様編)

転職したら残業時間は増えるの?減るの?

転職したい理由は残業多いからなんだけど・・?

そのあたり、気になっている方いらっしゃるかっもしれません。

今回の記事では、10年以上人材業界に携わるキャリアコンサルタントの岩本様に、

転職と残業時間について

を伺ってきました。

  • 残業時間を気にして転職活動をされている

という方は是非プロの意見を参考にしてみてください。

登場人物

岩本 明日香

株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ファッション・コスメグループマネージャー

 人材会社出身でインタビューが趣味の笹田

転職と残業時間の関係

 転職と残業時間について、是非教えてください!

これも多いと思うんですよ。「転職したいと思ってるんです」みたいなときに私もそうだったんですけど、「なんで俺こんな遅い時間まで仕事してるんだろう…」って思いながら駅から自宅まで歩いてる10分の間で公園を通過したときに「辛っ」って思った瞬間に転職しようと思ったことがあって。「俺このままでいいのかな?」っていう不安が押し寄せてくるタイミングがですね、私は帰り道が…。

「残業時間の多さが理由で転職活動ちょっと考え始めました」っていう人は結構いるイメージなんですが、いかがですか?。

 正直一番答えづらいなと思ったのがこの残業時間の件でした。(笑)

あんまり残業が云々で退職したい方は多くないかもしれません。とはいえ、少なくもないですね。ただ、話を聞きながら、もし転職のきっかけが残業時間という風になっているのだとすれば…退職の理由で「残業時間が多かったから」はちょっと違うかなと思っています。

いろんな要素の中で、残業時間が多かったというきっかけがあったかもしれませんが、そう思ったときに、じゃあ次はどういう転職をしたいのか、にフォーカスをしていただき、ポジティブな意味での転職の理由、退職の理由を考えていただいています。

 「結局残業多いな、辛いな」って思うのは事象であって、ということですね。

残業時間は転職のきっかけでも、それだけで考えると失敗する

 事象で、一つのきっかけではあると思うんです。転職しようと思った時に「じゃあ、どうしていきたいのか。どういう環境だったら働きたいのか。転職したいのか。」と考えてもらうんです。

 あくまで残業時間きっかけだから、残業時間少ない会社に転職しようみたいな、そういう短絡的なテンションで考えると良い転職は難しいと。

 残業が多いのもそこにもいろんな要素があると思います。もしかしたら、「自分の仕事の効率が悪いのかもしれない。」「環境に問題があるのかもしれない。」その背景は、人によって違うと思うんですよね。なので、そこを噛み砕いたうえで、考えた方がいいのかなと思っています。本人の考え方、見方みたいなところから、しっかりとお聞きしたいと私は思っています。

 事象だけで捉えると、残業多い少ないとか、他にも給料が多い少ないといったように、周りの方が良いから・多いからみたいな理由になりますね。「他人と比較して自分少ないからもっとください」とか。「自分の残業多いから少なくしたいです」みたいな話しになってしまい、結局ないものねだりを永遠にし続けることになりますよね。

 はい。その場合、結局転職しても一緒だよって思ってしまいます。なので、いろいろヒアリングした中で、考え方はそれぞれいろいろあると思うので、見方が変わらないと箱を変えても一緒かなと思った方にはお伝えしています。

 確かに、箱を変えても一緒ですもんね。やっぱり転職繰り返す人っていうのはそういう傾向が多いんですか?

 ゼロではないと思います。結論から言うと、多分いくら人から言われたって他人って変えられないじゃないですか?本当に本人がまずい!と思って、ちゃんと「変えていかなきゃいけない!」と自分で気づくまでは、恐らくいくら言っても難しいんじゃないかなと思います。

 自分で気づくためのきっかけがこの面談をして気づいたとか。そういう人たちって実体験と紐づかないと難しいみたいなところもあったりしますもんね。

キャリアコンサルタントとしての相談者との岩本さん流の関わり方

 はい。なので、「私はできることはやります。あとは、ここまではあなたがやってくださいね」と、いつも言います。私は全部フォローできるわけではないので、ちゃんと線引きをしています。

 「情報はしっかりとお伝えします。けど、考えるのはあなただよ」みたいな。そういうところをちゃんとしてあげないと人によっては完全に依存してしまうとかってありますよね。

 そうなんです。依存の関係とはまたちょっと違うかなとは思うので。しっかりと自分と向き合って、本当に何を大切にしていきたいのかを考えて欲しいなと思います!

 なるほど!さすがです!

もういい時間なので、今日はこの辺で。残業時間が転職のきっかけになったとしても、様々な要因をしっかりと考えることと、転職先の情報を丁寧に仕入れることが大切と言うことですね。

 ですね!こちらこそ、ありがとうございました!

今回アドバイスをいただいたコンサルタントの方

 岩本 明日香(いわもと あすか)

株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ファッション・コスメグループマネージャー

ファッション業界専門の人材サービス事業に携わって10年。 今のコンサルタント業を行っていく中で常に 求職者の立場になって転職について考えています。 まずアドバイスするのは、これまでの経験を元に、「できること(CAN)」、「やりたいこと(WANT)」「やるべきこと(MUST)を明確にし、1年後、3年後、10年後と自分がどうなっていたいかを自己分析する事です。

岩本さんの詳細プロフィール・無料相談のお申し込みはこちら

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!