初めての転職、未経験の業界への転職は

いざする方も受け入れる企業の方も緊張するものです。

どのように自分をアピールしたらよいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

今回の記事では、10年以上人材業界に携わるキャリアコンサルタントの岩本様に

未経験の業界へ転職するにあたってアドバイス

を伺ってきました。

  • 未経験の業界への転職したいけれど自信がない
  • 業界や起業イメージのみで転職しようとしている

という方は是非プロの意見を参考にしてみてください。

登場人物

岩本 明日香

株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ファッション・コスメグループマネージャー

 人材会社出身でインタビューが趣味の笹田

初めての転職。就活とは違うことを意識しよう

 転職が初めてで、これまで、それこそ就職活動しかしたことがなくて、転職活動しようかなって思ったときに大体一番頭に浮かぶのが学生時代の就活ですよね。

 確かに。そうですね。

 「同じふうにやっていけばなんとかなるのかな~」みたいなのが基本的には多いと思うんです。とりあえず媒体見てみたりとか、リクナビとかマイナビでエントリーしとけばみたいな。結構それをやっちゃうと時間を無駄にしちゃったりとか、気づいたら転職活動全然進んでないとか、結局なにがしたかったんだっけ?みたいなところとか迷子になっている方がすごく多いなと感じています。

岩本さんのところにご相談来る方で「初めての転職なんで分かんないことだらけです」みたいな人たちもたくさんいるのかな、と思っておりまして、そういう方々についてお伺いできればなと思っております。岩本さんが見てきた中で未経験転職者…初めての転職をする人で、こんな失敗をしているよとか、こういう人が多い、というようなことがあれば、まずお伺いができればいいなと思っております。

やりたいことばかりを見て動いてしまうと、初めての転職は失敗しがち

 わかりました。よろしくお願いします。

1つはやりたいことばかりに目が向いている方でしょうか。 自分の積んできた経験は一旦おいておいて「私、これがやりたいんです。」と「やりたいこと」ばかりに目が行ってしまって、結局、自分がやってきたことで「できること」を見ずに突っ走ってしまう方みたいな…。

 やりたいことっていうのは例えば、「こういう職種で今までずっとやってきたので、新しいことにチャレンジしたいんです」みたいな感じですか。

 そうです。全然それは良いとか悪いとかではないんですけど、そこばっかりに目が行ってしまって、自分になにができるのかとか、自己分析じゃないですけど自分と向き合えてない人が多いように感じています。

 自分の市場価値とかを全然考えずに「この仕事面白そう!」とか。つまんないからあっち行ってみたりとか。そういうふわっとした状態で転職活動をしてしまっているということですね。

 イメージ先行で突っ張ろうとしている方は結構いらっしゃるのでそういうときにはちゃんと今の現実の話じゃないですけど、「実際、現状こうだからそこに進むためにはどういうキャリアを積んでいけばいいかな?」というのを現在地から未来に向けての話をしたりはしています。

 夢と現実の中間地点すっ飛ばしてる人ですよね。

 そうですね。もちろん新しいことにチャレンジするのは悪いことではないですし、応援もしたいと思っていますが、現在地をちゃんと知ることは大事ですからね。

あとは、もう全然違う方向もあったりはするので、別にそれが絶対無理だとは思わないですけど「じゃあ、そこに行くためにどうするのか?」のと「じゃあ、自分はなにができるのか?」みたいなところの話をさせてもらいますね。

 自己分析が足りていない人には、今までどんなアドバイスされましたか?

「難しい!無理です!」みたいな話はもちろんしていません。一度、「そうなんですね」っていうお話を一通りヒアリングした上で、先にお伝えした内容と重なるのですが、「そこに行くためになにが必要か、なにができるかな?」っていうところ話をし、道筋を一緒に探っていきます。

例えばファッションだと、未経験なのにいきなり「ラグジュアリーブランドにチャレンジしたい!」という求職者の方がいらっしゃったんです。その際には、「じゃあ、ラグジュアリーブランドへ行きたいのは分かるよ。ただ、未経験なのでまずは少し経験を積んでステップを一回踏んでチャレンジしていこうよ。」という話は、いつもしています。

 確かに私も感じるのが、起業となるとすごく段階を踏んでやろうとする人がいっぱいいるイメージなんですけど、転職となるとなぜか段階踏まずというか…段階を考えないのが、とても多いっていう印象がありますね。

 駄目ではないんですが、でも現状のマーケット情報や自分の現状もしっかりと理解した上でチャレンジして欲しいなと思っています。

 そのプロセスもちゃんと考えた上で今すぐ転職っていうのが難しかったとしてもその先で転職できるかもしれないし、「そういう中間地点というか夢に向かってのプロセスも考えないと失敗するよ、失敗の可能性のほうが高いよ」っていう感じですかね?

 そうです。あとは、「実際に、なぜそこに転職したいのか?」というような背景をきいたときに「あっ、それだったら別にこの企業でなくても叶うのではないか。」と他の選択肢を探っていくみたいなイメージですかね。

 確かに。すべてがそこで満たされるみたいな捉え方じゃなくて、自分の中になにがあるのか、なにが欲しいのかなとか。選択肢があるのかなみたいなちゃんと比較材料を持った上で決めないと駄目っていうことですよね。

自己分析不足の人には選択肢を広げることを意識する

 その選択肢が幅を広げてみる、ということはとても大事にしています。

視野が狭くなっているのであれば、一緒に視野を広げてあげて、可能性も一緒に広げてみるっていうところですかね。そういう話は結構しているかもしれないです。

 自分一人で転職活動する人だと採用する側の発想ってなかなか見れないというか。「私はこれがやりたい!」とか逆に「これしかできない!」みたいな結構狭まった視点でしか考えられないっていうことも結構多いと思います

 そうなんです。なので、逆に私は、本当はチャレンジできるに「できないです!」と言ってしまう謙虚な求職者の方には逆に「できるよ!一緒にチャレンジしよう!」と引っ張ってあげたいというか気づきを与えられる存在であれたらと思っています。

 見え方を広くして、狭めるんじゃなくて一回広げてみるっていうことですよね。

 たぶん、その両方に言えることがやっぱり未経験の転職なので、自分のことは分かってないし、市場価値が分かってないのでやりたいことだけをフォーカスしたり、「私この経験しかないからできないです!」みたいな感じになってしまうので。

「セミナーではいろんな情報をまずは得ようね」っていうところで、我々が「じゃあ、今採用する側から見るとこうだよ」「あなたの経験だったらこういうキャリアステップができるんじゃない?」ということを伝えてあげて、その情報を認識してもらうための作業みたいなところもできるかなと思ってます。

 キャリア不足とそもそもの情報不足が偏った転職活動を引き起こしてしまうという感じですね。
今、始めての転職活動で、やりたいことにフォーカスし過ぎちゃう人、初めての転職の活動未経験の転職者の人はいますっていうことでしたけれども、他にこういう人がいたみたいなところってありますか?

例えば、自分で調べてみましたっていうときはなに見てることが多いですか?年収なのか、勤務時間なのか。人によってもちろんまちまちだとは思うんですけど。仕事内容だとか、どこにフォーカスをあてて転職活動しがちかみたいなところってあります?

 そういう意味ではたぶん職種は一つあると思います。あとは、アパレル関係とかだと、「このブランドが好きです!」と好きなブランドが理由で入ってくる人もいますね。でも、それ以外で言うとたぶんやりたい職種が多い印象でしょうか。

未経験業種への転職で失敗するパターン

 未経験の職種にチャレンジしたいという人もやっぱりいるんですね。未経験業種に行くときって失敗するパターンとかってあります?例えば簡単に、未経験なのに「年収は今と同じくらい求めてます」とか。

 ありますね。

 その勘違いしているポイントってどんなところが多いですかね?

 自分が携わってきた業界を基準に転職活動をしようとすると、行きたい業界の条件や待遇が大きくことなることがあります。その部分を知らずに、未経験で経験がある年収を求めてしまうとか。。

 言って「社会人経験4年あります」っていうレベル話ですよね。

 そうなんです。

 結局自分が採用する側だったら、いくら給料を払うかみたいなところが分かってないと思うんです。業界知識もない、職種も経験もないという人には、高額の報酬はなかなか出せないですよね。

 そうなんです。なかなか選択肢は少ないですよね。

 本人的には戻るよりは新しいことにチャレンジしたいという気持ちが強かったんですかね?。ただ理想と現実のギャップが非常に大きいですよね?その方って結局どうなったんですか?

 一度、詳しい職務内容をお伝えしていき、企業から求められているポイントをしっかりお伝えしました。そしたら、やりたいと思っていたけどチョット違うかな?という話に行きつきました。

 「求めてる経験とやってきた経験が100%合致してますよ」って言ったらそれこそ「競合他社から転職します」ぐらいじゃないと。メインが重なっている部分でお互いが納得できるのかみたいなところの、まさにそこの交渉が重要になってくるんですね。

 なので、一応完全に100%否定とかは絶対しないんですけど、その期待値調整を徐々にしていく感じです。

 けど、そうですよね。職種とか業種で括りとしては一緒でも100%同じ仕事ってないですよね。営業っていう言葉でくくっちゃうと「営業やってました。営業マンです」とか。新規営業やってた人と既存の深耕営業やってました」みたいなところ、営業にまた求めるものってまた違いますもんね。

 そうなんです!なので、そこなんですよね。ちょっと話がずれるんですけど、今回私がある宝飾ブランドで一人採用が決まった人がいるんですけど、その方は、もともと店舗で販売職のご経験しかお持ちでない方だったのです。

ただ、その販売職の業務の中でもアフターサービスお修理の部分にすごくご本人は注力して取り組まれていて実績を残されていました。その結果、宝飾ブランドのオフィス職の仕事になるんですけど、アフターサービスのポジションで採用をいただきました。

このケースは異なる職種ですけど、ちゃんと自分の業務の中で「じゃあ、どういうことやってきたのか。できるのか。」という強みをしっかりアピールできると、他職種にも転職できるかなと思います。

 自己分析だけじゃなくて自分の仕事の経験もちゃんと棚卸をしていかないと、どこがやってきたっていう重なりが見えないっていうことですよね。難しいな。「人材会社で営業をやっていて人事やりたいです」っていう人って結構いると聞くんですよね。

ただそういう人たちって言って、ただのは営業マンなので人材業界にちょっと詳しい人が人事できるかっていうと結構だいぶ違いますもんね。雑なくくりで物事を捉えるとそういうミスマッチも発生するんですよ。

ただ、その営業さんも例えば「リクルーターをやってきました。」「自社の採用に携わってました。」とか。「お客さんの採用を代行してました。」みたいなとこの要素があればたぶんチャレンジできると思うんですよね。

 結局、棚卸不足の結果いい会社にも行けないし、ちゃんと自分に合った会社を見つけることも難しくしてしまうし、且つそこをアピールするときにも大雑把なくくりで言ってしまうと重なる部分が見えてこないということですね。

 そうなんです。なので、強みをしっかり伝えられるようにまずは自分のスキル経験を棚卸して、把握すること。そこから、エントリーする求人によって、職務経歴書の内容をしっかり作成いただいています。

 同じ営業という言葉だけじゃなくて、それを企業さんによって言葉を変える感じですかね?

 どこで企業、職種でエントリーするか、営業は営業でも先程おっしゃっていただけたように営業の内容によっていろんな要素が変わってくると思うのです。反響営業なのか、新規営業なのかルート営業なのか、、など。そこに近づけることが大切です。

 分かります。電話メインの会社さんだったら「私テレアポ一生懸命営業でやってました。」っていう言葉がささりますもんね。

 色んな方向からの魅せ方を変えることが大事なんですよね。

初めての転職を成功させるポイントまとめ

 自分のこと分かってないまま変に転職活動してしまうと、結局いい転職ができないっていうのは当たり前なんですけど、その当たり前に気づけてない人が未経験で初めての転職だと分かんないですもんね。気づけば、良い時間なので、最後にまとめをお願いします。

 自分の中で、「やりたいこと(WANT)」「できること(CAN)」、「やるべきこと(MUST)」。この3つをしっかり理解するってことがまずは一歩かなと私は思っています。

 そうですよね。転職活動って自分がやりたいっていうだけじゃなくて相手が受け入れてくれないと成立しない活動ですもんね。

 そうなんです。「やりたいこと」と「期待されていること(やるべきこと)」、「できること」、この3つが合わさったところに、その人の魅力になっていると思います。

 価値が生まれるということですかね。

 そうです。

 なるほど!ちゃんと3象限で自分で棚卸をしてやりたいだけじゃなくてできることをちゃんとその両方を見て、且つ求められてることがこの会社だったら求められていることはなんなのかいうことが見えてくるっていうことなんですよね。

 その作業を一緒に進めていく人、、みたいな感じなんです、私は。お手伝いですね。(笑)

 一人でやると本当に偏るんですよね。

 そうなんです。

 相手がなに求めてるのかとか、どういう視点で考えてるのかっていうのが全然見えてこないので。結局自分が知ってる世界で話しちゃったりとか、未経験業界、未経験職種の人ってどんな言葉使ってるのかも知らないのになんか楽しそうだからみたいなテンションで動いちゃうと、なに求められてマストなのか知らないですもんね。

なんか繋がりました。それを変えられるいい機会なので、それこそいろんな人の知恵を借りながら見てみたほうがいいですよね。

それでは今日はこの辺で。今回も非常に勉強になりました!ありがとうございました!

今回アドバイスをいただいたコンサルタントの方

 岩本 明日香(いわもと あすか)

株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ファッション・コスメグループマネージャー

ファッション業界専門の人材サービス事業に携わって10年。 今のコンサルタント業を行っていく中で常に 求職者の立場になって転職について考えています。 まずアドバイスするのは、これまでの経験を元に、「できること(CAN)」、「やりたいこと(WANT)」「やるべきこと(MUST)を明確にし、1年後、3年後、10年後と自分がどうなっていたいかを自己分析する事です。

岩本さんの詳細プロフィール・無料相談はこちら