LINEキャリア相談絶賛受付中

【キャリアコンサルタントインタビュー】 アクティブアンドカンパニー小池様

ベテランコンサルタントさんにはベテランなりの目のつけどころがあるんです!

今回ははそんな人材畑一筋のコンサルタント小池様にインタビューさせていただきました。

本日のキャリアコンサルタント

小池 英夫
株式会社アクティブ アンド カンパニー
ヒューマンリソース事業部
コンサルタント

人事総務や経理財務など管理部門を中心に転職支援を行っている。特に管理部門への転職については、長年のキャリアを生かしたサポートは、相談者から高評価を得ている。

人と関わりたいから!くらいの軽い気持ちがいつのまにか7000人以上の相談に乗っていた

 では早速ですが、簡単に自己紹介を簡単にいただければと思います。

 アクティブアンドカンパニーの小池と申します。事業部名は私どもの会社では、ヒューマンリソース事業部という名称で、人事・総務・経理などの管理部門を中心にした転職支援、人材紹介をやっています。そして、そこの事業責任者をやっています。

 ありがとうございます。では、小池さんはたぶんいろんなご経験を積まれて今の立ち位置に就かれたかと思うんですけれども、今のポジションに就かれるまでのご経歴を教えていただければと思います。

 大学卒業してからしばらくは、その頃まだそういう言葉がなかったんですが、今で言うフリーターをしていまして、国内なんですが、旅行をしながらアルバイトしていました。その後、初めて入った会社が、そのときは男性派遣をやっているパソナグループの会社がありまして、そちらに初めての就職をしました。以来ずっと人材業一本でやってきています。

で、パソナグループの会社を辞めたあとに、そこの出身者と一緒に会社を起ち上げて。先に一人が独立して会社建てて、そこにあとで入っていったというかたちです。で、10年ぐらいやって、訳あってまた転職をして、そこから直ではないんですけれども、とにかくまたずっと人材をやってきて現在に至ります。

 一番最初のパソナのグループの人材業界に入られたきっかけってどういうところだったんですか?

 大学卒業してフリーターをやっていたぐらいなので、全く社会に対する知識もありませんでした。フリーターなのでアルバイトで接客をやっていて、本当に単純な発想で人と関わるの好きだな、面白いなと思ったのがきっかけです。

そのときはビーイングという雑誌があったんですけど、そこで人材業を見つけて、これはなんか面白そうだなということで、受けて入社したという経緯になります。

 もう十何年続けられてるっていうことは、自分に合っていたということですよね?

 確かに、やっていて面白いなとは思うので、ずっと続けられているのかなとは思いますね。

 ちなみに、小池様が感じる人材業界の楽しさはどういうときに感じられることが多いですか?

 そうですね、うーん表現が難しいですが、やはりキャリアを考えたりするときもいろいろな方がいるので、そのときそのときで新鮮なんですね。これをやっておけば大丈夫だろうという法則みたいなものがなくて、その都度勉強させられるといいますか…。その新鮮な気持ちを常に持って、一生懸命対応できるというのは面白いところかなとは思います。

 ちなみに、これまでのご経験の中で何名ぐらいの相談に乗られてきたんですか?小池さんはおいくつでしたっけ?

 53歳です。人材業界では28年とか、30年弱ぐらいですね。

 30年で…1ヵ月にどのぐらいの方に会われていますか?

 最低でも20人だったとしたらどうですか?

 7200人ですね。

 えっ!そんなに!?

 30年間で、12ヵ月で1ヵ月に20人としても7200人です。

 おぉ!!

 自分でも驚くぐらいですか(笑)凄まじい数ですよ。ちなみに、その7,200人の方々っていうのは最初は男性が中心のところで、そのあと独立されて会社ではどういう方が多かったですか?

これまでの経験で男性女性問わず、様々なニーズに応えてきた

 その次の会社は、今度は女性の就業支援をやってました。

 ガラッと…!

 そうですね。紹介も女性を中心にやってました。その頃、まだまだ転職市場って男性が中心だったんですけれども、そんな中、女性の雇用ということで。社長が女性だったので、働く女性の支援ということでやっていました。

 男性も見られて、女性も見られて、縁あって今の会社にっていうお話だったんですけど、今の会社に転職された理由というのはどういうところだったんですか?

 まず、一つは紹介事業部の起ち上げというところに興味を持ったことと。あと、今の会社は上場を目指して社長が明確なビジョンを持っているので、そこの手伝いができればいいなという2点です。

 事業の起ち上げと社長の思いに共感してということですね。私が言うのも大変おこがましいんですけど、事業の起ち上げで、そういった方を見られてきているので、完全に適任者ですよね。

 そうだといいんですけど。

 絶対そうです(笑)ちなみに、事業起ち上げてどれぐらい経つんですか?

 この会社は1年です。

 実際いかがですか?起ち上げられてからのご感想はいかがですか?実際に事業を起ち上げられて活動も進められていく中で、事業部としてはどういう方向というか…今は少人数でゴリゴリと進められてらっしゃるとは思うんですけども、共通の思いみたいなところってどういった感じなんでしょうか? どういう方々が集まってらっしゃるんですか?

 そうですね、ではちょっとその前に、私どもの会社は、もともと人事コンサルをやっている会社なので、紹介事業部の特徴の一つでもあるんですけれども、人事制度の構築のお手伝いをしているような企業から求人をいただくことも多いんですね。で、そうすると、役員の方が出ていらっしゃったりするので、その役員の方から非公開の求人を。それこそ、例えば、「人事部長変えたいんだ…」っていうのは人事からは出てこないので。(笑)

 絶対そうですよね!(笑)

 そういうお話があったり。既存の取引先なので、比較的深い関係性がある程度できあがった上で、求人の依頼を受けたりするので、1社の1つ求人に対する情報量というのは、ちょっとこだわって収集しています。

 制度を作っている側なので、相当深い情報が入るんですよね(笑)

 そうですね。将来の給料のステップも見えたりするので。

 つくる側ですもんね!(笑)

小さな会社だからこそ、一人一人の出会いと想いを大事にしている

 とは言え全部をオープンにするわけではないので。ようは、先程の質問に戻ると、小さな会社なので、大手のように数で圧倒するような手法はできないので、一社一社、お一人お一人を丁寧にっていうありきたりの答えがそれにあたるんですけど。その背景としては、そういう企業との繋がりがあります。

で、書類の通過率や、あとは、例えば一次から二次に行く率とか、二次だったり最終から内定をもらう率って比較的結果的に高めだと思うんです。ありきたりな言葉で言うと、丁寧にやっているからこそ通過率が高い内定率が高い。

ただ、数は大手さんのほうが圧倒的に多いんですけど、そういう思いでやっています。とにかく数をっていうことではなくて、厳選した企業、求人だったり、厳選した方をっていうことをやっています。

 実際、求職者の方々とコミュニケーション取られる機会もちろんたくさんあると思うんですけど、面談で来られた方々とはどういうお話をされることが多いですか?

 当然キャリアのことを聞きますし、人にもよりますが、それこそ家族構成とか、お子さんが何歳で…とか、じゃあ、これぐらいまでお金がどうですね…ってライフプランナーじゃないですけど、比較的そういうのに近い突っ込んだ話はしています。

 家族事情、家庭事情も突っ込んで?

 そうですね。あと、できるだけ本音を聞き出したいっていう思いがあるので、それは意識してやっています。必ずしも皆がキャリアアップなり、ステップアップをする必要はないと思うので。

ワークライフバランスを考えてってとかっていうもの当然ありだと思いますし、そういう面接ふうに接してこられると、どうしてもいい部分だけ見せようとして、あとから結局ミスマッチになってしまったりしてしまうので、できる限りそれは意識してやっています。
 書類の通過率ですとか、選考の通過率っていうところが高い理由っていうのは丁寧なサポートっていうお話があったんですけど、なぜそれができるのかみたいなところは?

 逆を言うと、とにかく例えば、バッバッバッと求人票並べるようなやり方はしないです。ここは、たぶん受けても100%無理だなっていうような、ただ見せるだけの求人とかっていうやり方はしないので。

なので、とにかく数を紹介してほしいという求職者の方はうちにはちょっとマッチしないかなと思います。そういう方は大手に登録されると、たぶんその時点で何十件も並べてもらえると思うので。

 では、丁寧なヒアリングを通してその人に合う希望だったりとか、ちゃんと通過できるとか、結局、求職者方々も案件がほしいわけではなくて、転職先がほしいわけですもんね。

 そうですね。当然、「ちょっとここハードル高いですけれども、チャレンジしてみませんか?」っていうのもその方の志向だったり、キャリアのプランに対してこれいいなと思うところはお話して、「駄目もとですけど…」っていうような言い方をするようにしています。

 先に言っておくわけですね。ちなみに、これまでご支援された実績の中で、例えば、こういう人がこういう転職できたみたいな事例はありますか?

 それはよく言われて困るんですけど…。

 止めておきましょう(笑)ここは別になくても大丈夫です(笑)

 それは、結構忘れてしまうんです(笑)あの人がどこにっていうのは覚えていますけど、ストーリー仕立てで話せるほどまでは覚えていませんので(笑)

最後に小池様からのメッセージ

 いろいろお話も伺えて、この記事を読んでくれた人に最後メッセージをお願いします。

 「転職になやんだらお会いしましょう!!」っていうのが本音です。

 けど、まずはキャリアとか現在の職場に悩んでいる人であれば一度話をしていみて…みたいなところっていうのはウェルカム!みたいな感じですよね?

 そうですね!是非。やっぱりそういう方のほうが、やりがいなりをちょっとは感じられるということではありますね

 今、自分の中でもやもやしていたり、悶々としている人は…言っても客観的に見てもらうって、すごく大事ですもんね。

 そうですね。

 そういう方も絶賛募集中ということですね。ありがとうございました。

 

今日インタビューにお応え頂いた小池様に、転職や今後のキャリアについて相談したい!という方はこちらから

 

自分も小池様に自分のキャリアや転職先について、相談してみたい!まずは話を聞いて欲しいという方は、是非下記のフォームにご登録ください。ご登録いただきましたら、事務局より2営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。

小池様面談希望登録フォーム

男性女性

個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご参照ください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。
LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!