LINEキャリア相談絶賛受付中

20代女性が転職で失敗する3つのパターンと対策(PS長谷川様編)

「もっと成長したい!もっと稼ぎたい!」

と思ったけど、

「女性の転職って難しいの?」

「20代半ばの今の時期って、転職しない方がいいの?」

と悩んでしまう人も多いようです。

そこで今回の記事では、これまで多くの方の転職を支援してきた

キャリアコンサルタントの長谷川様に

20代半ばの女性が転職に失敗する3つのパターンと対策

について伺ってきました。

  • もっと自分を磨いていきたい
  • 今より上のキャリアを目指したい

という女性は是非プロの意見を参考にしてみてください。

登場人物

長谷川 礼奈
PASSEND株式会社
キャリアカウンセラー

 人材会社出身でインタビューが趣味の笹田

月収をあげることだけを考えての転職は失敗する

 女性の転職についてお伺いできればと思います。20代半ばで転職を考えている方に向けて、転職活動のやり方や進め方において「こんなことすると失敗するよ」という注意点や留意点を3つ教えてください。

 一つは単純に今の仕事より、月収が上がる事だけを考えての転職というパターンです。

 月収をあげたくて転職するパターンですね。

 そこだけにこだわりすぎて転職してしまうケースは失敗しやすいです。最初は続くのですが、1年ほどして「なんでこの会社に入ったのだろう」とモヤモヤし始めます。給料は上がったけど結局、何がやりたかったのだろうと思ってしまうケースが多いです。

 そういう場合、事前にどういう対策を取っておいたほうがいいですか?

 自分が将来的にどんな状態でありたいかを逆算するようにカウンセリングをさせていただきます。給料アップは条件の一つとして挙げても、もちろん良いと思いますが、それだけではなく、その会社に入って自分はどんなポジションで働いていきたいのか、どんなキャリアアップが出来るのかというところまで明確にしてもらいます。そうしないと確実にモヤモヤし出して曖昧な結果に繋がると思います。

 女性の場合、結婚や出産などのライフイベントがあるので、考えなければいけないことが男性より多いと思うのですが、そういうこともトータルに含めて何がベストかを考えるコツはありますか。どのような声かけをされていますか。

 「何歳までに結婚されたいですか」とか「何歳までにご出産を考えていますか」などヒアリングしていきます。もちろん、現実はそんな計画通りいかないとは思いますけど()。でも、意外にみなさん漠然としか考えていない方も多いですから、カウンセリングを通じて今後のライフプランを考える良いきっかけになれば、と思っています!産休を取るタイミングや、転職を考えるタイミングなどを一緒に考え、ライフイベントの目標設定をしていきます。

 仕事より先にライフイベントを考えることが多いですか。

 そうですね。結婚願望がない方は別ですけど、女性は基本的にライフイベントを先に考えます。

 「結婚したいですか」とか「お子さんは欲しいですか」ということは聞かれているのですか?

 聞いています。例えば「結婚したら仕事は辞めて専業主婦になりたい」って方もいらっしゃいますよね。 そういう方にはそんなにバリバリ働かなくても良いような調度よい塩梅の求人をご紹介しますね。企業と求職者の温度差がないような求人を探します。

そこがミスマッチだとお互い不幸になってしまうので・・・


笹田:23年後結婚して仕事を引退することが目標の人だったら、それこそ目先の年収をあげるということが大事になってきますね。

自分にできそうな仕事を探す転職はうまくいかない

 「これなら私にもできそうかな」と、前職と似たような業種や仕事内容の会社を選んでしまって、結局何も変化が大して無く、物足りなさを感じてしまうパターンです。2年位働くと出てくる、よくあるパターンだと思います。

 やりたいことや目指したいことを考えないで、今の仕事に飽きてきたし環境を変えたいという気持ちで転職してしまうと、また飽きてしまうというパターンですね。

 そうですね、飽きますよね。その選び方では。

 笑。そうならないようにするためには、自分がその会社でどうなりたいかを考えることが必要ということですよね。

 配属されたポジションが前職と似たような仕事だということは、悪いことではありません。その先のキャリアパスで、本当に自分がやりたいことを目指せるような環境であれば全然問題ないと思います。そこが見えないと働いているうちに皆さんモチベーションが下がってきてしまうので、ご一緒に考えていきたいところです。

 モチベーションの捉え方が短期的な場合が多いですよね。

口コミに影響されすぎても良いことはない

 そうですね。最後3つ目は、友達からこう聞いたとか、口コミサイトを見て転職する事をやめようと判断してしまうケースです。実際に入ってみないと分からないこともあると思います。口コミサイトに書き込む時点で、その人はその会社のことをあまり良いと思っていない場合が多いので、基本的に口コミサイトに良いことは書いてありません。そこだけで判断するのっていかがかなと思ってしまいます。

 相談に来る方の中にも、口コミサイトや友達からこういうこと聞いたので転職をやめますということはあるのですか。

 けっこう多いです。

 それを基準で考えてしまう人は大変ですね。口コミサイトはネガティブ情報のたまり場みたいなところですもんね。

 完璧な会社はないですからね。皆さん価値観違いますし。

 それ以上の良いところを見つける努力を自分でもしなければいけない。

 そうですね。私どものエージェントを利用して頂ける事はすごく有難いのですが、やはりご自身でも色々調べる必要があると思います。企業の口コミもその一つなんですけどね。他人の情報に任せっきりというよりは、こういうところだったら自分の経験を生かせるだろうとか、常にそういう思考で転職活動されたほうがいいと思います。そういう自発的に動けたりする方ってまずオーラが変わってくる気がしてます()。そんな魅力的な方ですから、すぐに内定が出たりします。どこか少しでも依存するような気持ちがあると、そういう方ってやはり人事担当の方に見抜かれているので企業様も採りたがらないと思うんです。企業も採用するにあたってコストかかりますからね。そういうマインドって何気に大事だと思っています。

女性の転職はについてワンポイントアドバイス!

 女性で転職を考えている方に対して、最後に一言メッセージをお願いします。

 女性はすごくたくさんのライフイベントがあって大変だと思いますが、なりたい自分の理想像としっかり向き合ってもらって転職活動を進めてもらうと、ただ、今の環境よりも条件が良いとかそんな基準ではない、転職活動ができると思うので、ご自身でも考えてみてくださいね。

今回アドバイスをいただいたコンサルタントの方

 長谷川 礼奈

PASSEND株式会社
キャリアカウンセラー

東京都出身。飲食店、エステティシャンなどサービス業を経験した後、
大手生命保険会社に入社。個人・法人の営業職として、年間業績1位を獲得するなど数々の表彰を受ける。
保険外交員の採用活動も行っていた経緯から、現在はPASSEND株式会社でキャリアコンサルタントに従事。

長谷川さんの詳細プロフィール・無料相談窓口はこちら

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!