LINEキャリア相談絶賛受付中

公務員からの転職でよくある3つの失敗事例と成功のコツ(LM加藤様編)

公務員から一般企業へ転職を希望されている方は、

いままでの仕事の経験が転職先でどのように生かせるのかよくわからず、悩んでいませんか?

今回の記事は、これまで多くの転職者から絶大な信頼を寄せられている

キャリアコンサルタントの加藤様に

公務員の転職で間違えてしまう、1番ありがちな失敗例

について伺ってきました。

  • 公務員から一般企業へ転職してキャリアアップをしたい

という方は是非プロの意見を参考にしてみてください。

登場人物

キャリアコンサルタント 加藤 真
株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ユニットリーダー(人材コンサルタント)

 人材会社出身でインタビューが趣味の笹田

NG行動1位:活かせる経験・スキルの妥当性

 まったくやったことのない業界への転職するにあたり、いままでやってきたことのどの部分をアピールするかは難しい問題ですよね。

 未経験業界や職種をリアリティをもって想像することは誰にとっても困難です。特に公務員の方は、周囲に転職経験者も少なく、フレッシュな転職情報に触れる機会も少ないのではないでしょうか。

加えて、公務員の業務成果は個人に還元しにくい部分もあるため、受験企業でどう経験が活かせるのかが曖昧なままになりがちです。対象のポジションはどういう経験・スキル・マインドを必要としているか。自身はそこにどう合っているのかの妥当性がズレると、選考官はガッカリしてしまいます。

 思い込みでアピールすると失敗しそうですね。

 少なくてもこの3つは、ご自身の過去を掘り下げ、整理してみてください。

1.「誰に」「何を」「どのように」価値提供をしてきたか。
2.個人として創出した「成果」は何か。
3.その「成果」は再現性があり、転職先で転用可能性のある場面を想定できるか。

 向こうに合わせるように応募するというより、自分をきちんと分析、整理できていることが、失敗しないコツなんですね!

 

公務員転職の成功ポイント1
仕事を適当に予測してアピールせず、3つのポイントで自分を掘り下げて感がて見ることが大事!

NG行動2位:その転職動機、入るときに想像できませんでしたか?

 面接などでアピールすべき転職の動機がいまいちな方がいらっしゃるんでしょうか?

 そうですね、「裁量が少ない」「ルーティーン業務で変化に乏しい」などの転職動機をよく聞きます。正直なのは良いですが、面接で堂々と伝えるのはいただけません。いくら想像力が足りなくても、その位のシーンは、思い浮かびますよね。再度、自分に向き合ってみることで、他の理由を炙り出すことにチャレンジしてみてください。

 

公務員転職の成功ポイント2
想像すればわかったような仕事内容を転職理由で堂々と伝えるのはNG!

NG行動3位:スケジュール調整のスピード感

 これは転職活動のスケジュールですね? 仕事をしていると、引き継ぎの期間とか、ボーナスをもらうタイミングなども考える方もいるでしょうね。

 公務員の方ばかりではないですが、感覚的には、「1年後」「2年後」「3年後」などの転職をじっくりと検討される方が多い印象です。

 転職でキャリアアップしたいとご自分で思っているわりには、慎重すぎますね。

 さすがにスピード感が遅いです。今ある全ての募集中求人が募集終了になってしまいます。

 

公務員転職の成功ポイント3
転職活動はスピード感を持って動くべし!

公務員への転職を考えている方にワンポイントアドバイスとメッセージ

 公務員というラベリングは、やや不利に働くと感覚的に思われている方も多いと思います。その感覚は概ね合っていると思います。ですが、どの業界であっても、どの職種であっても、自分から機会を創り、強い影響力を培い、高い成果を上げている人はたくさんいます。大きな成功がなくても、転職活動を通じて、自分のこれまでに向き合う機会を創ることで、新たな道が開けてくることもあると思います。まずは一歩を踏み出してみてください。

公務員業界でのご転職をお考えの方は、是非一緒にどういったキャリアを目指すのか?を一緒に話していけると嬉しいです。こちらからお気軽にご相談くださいね。

今回アドバイスをいただいたコンサルタントの方

 キャリアコンサルタント 加藤 真
株式会社リンクスタッフィング
人材紹介ユニット/ユニットリーダー(人材コンサルタント)

 

加藤さんの詳細プロフィール・無料相談窓口はこちら

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!