本日のキャリアコンサルタント

長谷川 礼奈
PASSEND株式会社
キャリアカウンセラー

東京都出身。飲食店、エステティシャンなどサービス業を経験した後、
大手生命保険会社に入社。個人・法人の営業職として、年間業績1位を獲得するなど数々の表彰を受ける。
保険外交員の採用活動も行っていた経緯から、現在はPASSEND株式会社でキャリアコンサルタントに従事。

学歴・経歴は一切関係ありません。あなたが知らないあなたの魅力や可能性を引き出し、
本当にやりたい『志事』を一緒に見つけて参りましょう!

エステ・保険を経験して、キャリアコンサルタントになった理由

 自己紹介とご経歴を簡単に教えてください。

 長谷川礼奈と申します。以前から美容に興味があったので、1社目はエステティシャンとしてエステサロンに就職しました。しかし、働いていく中で仕事に対して物足りなさを覚えるようになり、そもそもエステティシャンには向いていないのではと考えるようになりました。やりがいもあり、給与が良い仕事って何だろう?と考えた時に保険会社の営業だ!と思いまして二十歳のときに生命保険会社に入社しました。今年の4月で退職し、現在は当社で働いています。

 始めは美容に興味があって、エステティシャンをやっていたということですが、どういうところに物足りなさを感じたのですか。

 エステの会社にもよると思いますが、私が入社した会社はご指名をいただいてもインセンティブがつかなかったのと、私は、エステは受ける方が好きでした(笑) 

 頑張っても頑張らなくても、評価は同じだったということですね。

 インセンティブが無いのはモチベーションが上がらなかったですね。

 そこから生命保険会社へ転職するというケースは珍しいと思うのですが、なぜ生命保険会社を選ばれたのですか。

 若い時に苦労した方が後々、楽なのでは?と考えるようになり、世間的にきついし嫌われる仕事だと思っていたので、あえて生命保険の営業を選びましたね。

 生命保険会社に入社してからは長かったですね。

 4年間やりました。

 生命保険会社の仕事は、長谷川さんにとってどうでしたか。

 すごく勉強になりましたし、面白かったです。母も姉も保険の営業に携わったことがあったので、仕事のイメージはしやすかったです。保険についてしっかり勉強もさせてくれますし、やったらやった分だけお給料は頂けるので、本当に夢のある仕事だなと思いました。

 生命保険会社にいたとき、一番やりがいを感じたのはどんなときですか。

 お客様に、実際に保険金の給付があったときにやりがいを感じます。「長谷川さんのおかげで加入していてよかった」と言われたときは、嬉しかったですね。仲良くなったお客様がまたお客様をご紹介してくださるので人の輪がすごく広がっていくのを感じる事ができ、楽しかったです。また名刺さえ持っていれば、どんな企業の社長様とも知り合えることや、ご提案を聞いてもらえる事も良い経験でしたね。個人・法人問わず、全国どこでも好きなところに営業に行くことができるのが魅力的な仕事だと思いました。

 自分の会いたい人にどんどん会える環境が、長谷川さんに適していたのですね。なかなかそうは思えないと思います。自分で交流関係を開拓していったのですか。

 積極的に毎日なんらかの交流会に行っては、名刺交換をしていました。お客様や上司に恵まれていましたと思いますし、お客様に育てて頂いたというかんじです。楽しかったですね。

 そこまで魅力を感じていた楽しい仕事を、なぜ今年の4月で退職したのですか。

 営業活動をしながら自分が所属する営業部への採用活動も行っていましたので、その時から人材に関して意識するようになったかもしれません。保険時代は12人ほど採用をさせていただきました。学歴や経験のなかった私も、お仕事をさせていただけて、夢のような給料ももらえる。そんなチャンスがあるんだって事をお伝えしたかった事もあり、友人や、出会ったお客様などで、この仕事に向いていそうだなと思った方をスカウトしてご紹介させていただいていました。

しかし営業の仕事は向き不向きがあって難しい方もいらっしゃると思うので、そういう方々に対する転職のサポートもするようになりました。プライベートで企業の社長さんをご紹介したり、転職者の求人を探したりという事を趣味の一環でやっていました。人材と求人をマッチングさせる事が好きだったので、人材のサポートを仕事にしたいと思うようになったのは自然な流れだと思います。

 もともと保険の営業だけでなく出会いを作ることを楽しんでやっていたところ、それが仕事にできるのだと考えるようになって、今の会社に転職されたんですね。

今でも昔の繋がりが仕事に繋がっている

 実際にキャリアを変えられて、仕事としてやるのとプライベートでやるのとで、何かギャップや違いはありましたか。

 全く無いですね。今も、楽しみながら働いています。保険時代のお客様で企業の社長や役員の方がいらっしゃって、今でも機会があると、求人を頂いております。そういった繋がりを生かせるので楽しいですね。

 一つの縁をとても大事にしていらっしゃる印象ですが、そのように考えるきっかけとなったご経験や体験があるのですか。

 今までに目上の方と出会う機会がすごく多く、自分の知らないところでもたくさんの人に支えていただいたので、少しでも感謝の気持ちを伝えたいと思ったのがきっかけです。自分の経験を生かして、少しでも恩返しができるところがあれば何でも手伝いたいという気持ちで頑張らせていただいています。

キャリアコンサルタントとしてのモットーは人と成長環境のマッチング

 自分がやってもらったことのお返しをしたいということですね。キャリアカウンセラーとして仕事されていく中で、こういうことを伝えようと意識していることや、大事にされていることはありますか。

 その方の個性を伸ばせるような環境であるかどうか、を大事にしています。社風はもちろん、その方が入社された際にどのような方が上司にあたるかなど、できるだけ企業様から内情を聞き出すようにしています。求人の募集要項だけでは伝わらないような細かな部分もしっかり求職者の方にお伝えして、精度の高いマッチングを目指して行っています。

 初めて会った転職希望の方の強みを見つけるためにどのようなことをされていますか。

 その方が仕事において一番大切にしていることを3つ聞きます。お給料、待遇面、福利厚生、仕事のやりがいや中身、休日、残業時間など・・・。条件に完璧に合う求人はなかなかないので、その優先順位を聞かせていただいて、どのあたりが妥協できるのかというポイントを先にお伺いします。また趣味や、どういうことに興味があるのかなどざっくばらんな話をさせていただいて、その方の人柄を理解していくように心がけています。

 仕事以外の話をざっくばらんにしながらその人が何者なのかということをまず知る、ということがポイントなのですね。

 そうですね。早く相手の本音を知りたいと思っています。

 すぐに本音は出てきますか。

 結構つっこんで聞いてしまうタイプですね。(笑)

 そんな気はします。逆に単刀直入に聞いてくれるから、相手側も答えやすいのでしょうね。

 開けっぴろげな性格なので、自分のこともしっかり話します。求人のメリット・デメリットも理解した上で転職してほしいので、大手エージェントでは言えないようなリアルな事も敢えて隠さずにきちんと伝えようとしています。

 自分のこともきちんと話し、デメリットとしっかり伝えられるからこそ相手も心を開いてくれるのでしょうね。

 そうであってほしいと思っております。

 言えないようなデメリットとは、どんなものがありますか。

 例えば保険の営業だと毎月目標があって大変だよとか、でも稼げるときは○百万とかもらえますよ、とかデメリットは基本給は2年間しか保証されないよ(笑)とかですか。

 夢だけでなく現実もきちんと伝えてあげるのですね。初めての方は転職に夢を見がちなところもありますよね。入社するとどんな人が上司になるのかなど、求職者が入社したときのイメージをきちんと持てるように企業さんにヒアリングされていると思いますが、必ず聞いているポイントがあれば教えてください。

 中途と新卒の方の割合、前職は何で活躍されていた方が多いか、どういうキャラクターの方を求めているか、社風、どういう性格の方が多いかなど、そういったところを聞きます。

 求人媒体で転職する人は、前職どんなことをやっていたかというような社員の実情はなかなか聞けないですもんね。

 面接なんかでも聞きづらいところだと思います。

地に足のついた状態で転職をしてほしい

 長谷川さんのキャラクターを生かして聞き込んでいくのですね。求職者も本音をしっかり話せて、ご紹介する企業の裏側、実情もきちんと伝えることができれば、理想的なマッチングになりますね。

 転職先に過剰な期待をしすぎず、地に足のついた状態で転職をしてほしいと思っています。

 これまで転職のご支援をされてきた半年間で、成功したと感じられたご支援はありましたか。

 ずっと派遣の仕事をされており、ご自身では事務職しかできないという思い込みがあった女性のご支援です。その方は社交的でコミュニケーション能力の高い方だったので、営業が向いていると思いました。ご本人は事務職を希望されていましたが、営業を勧めたところ、転職先と上手くマッチングすることができ、現在新規開拓の営業で全国を飛び回って大活躍されています。

 営業がやりたくないから事務職をやっている人も多いと思うのですが、どうやってその女性の気持ちをひっくり返したのですか。

 事務職のことを悪いとは思っていませんが、お給料や昇給の面を考えると、キャリアアップが難しいところがあります。女性の皆さんも結婚する・しないに関わらず、自立をして満足のいくお金が作り出せたら一番良いと思っています。そういった面で考えても、キャリアアップの面でも、営業職をやってみてはどうかというご提案をさせていただきました。その企業様がすごく社員の方を大切にされる企業様だったので、自信をもってご提案できた事も大きかったです。

 その方と話していく中で、事務職では勿体ないなと感じたのですね。

 そういう方は結構多いですね。

自己の可能性を信じるきっかけを与える、そんな影響力があるコンサルタントになりたい

 自分で可能性を狭めてしまっている、そういう勿体ないなという方は多いのですか。それはどんなときに感じることが多いですか。

 そのような方とお話していると、この方は自信がないのだろうな、と感じる事は多いですね。経験のない仕事に対して皆さん自信がないのは当たり前だと思うので、チャレンジする勇気が無い方の背中を押してあげる役割ができたらと思っています。

 知らないことや経験のない仕事に転職するのはとても勇気がいりますよね。そうすると確かに面接でも「今までやっていた仕事に似た企業を紹介してください」となりがちですよね。

 「若干年収あがればいい」という意見も多いです。非常にもったいないと思います。

 どんどん背中を押してあげる役割をされているのですね。ぜひ自分のところに相談にきてほしいという方は、どんな方ですか。

 今の会社にいても先の事が見えなくて漠然とした不安をお持ちの方です。でも特に辞める理由もなくて悩んでいるという方はたくさんいらっしゃると思います。そういう方の本当にやりたいことや、どういうポジションが適職なのかなどの話ができればと思っています。

 自分の主観で決め込んでしまわないで、一旦カウンセラーの方と話をするのも良いきっかけですよね。長谷川さんが客観的に見て、いろいろな視点から総合的に転職の時期をアドバイスしてくれるということですね。ちなみに長谷川さん自身今後こうなっていきたいというキャリアの展望はありますか。

 どんなに気持ちが沈んでいる方や自信がない方でも、一回一時間ほどお時間をいただいたら、その方が自身の可能性をもっと信じようと思える、そんな影響力があるコンサルタントになりたいです。

 すでにその道を進んでいらっしゃる印象ですね。面談が終わった方は皆さん笑顔で帰っていきそうです。

 そういう気持ちにしたいなとは常に心がけています。

 ちなみにご出身はどこですか。

 ずっと東京です。

 関西の方のような勢いを感じますね。

 仲が良い友人は関西の方が多いですね。

 休日、プライベートは何をしていますか。

 エステは大好きなので、予約が取れたらエステに行って癒されてます。エステに行っているのにも関わらず飲み食いも大好きなので、友人たちとお酒を飲んでいますね。

 体を磨いた分、食べて飲んで戻していますね。

 はい、プラスマイナスゼロです。(笑)

 仕事にもしていたほど、本当にエステが好きなのですね。

 

長谷川さんの得意ジャンルは

 美容関係で、自分が働いていたので気持ちがわかるのもそうですが、美容関連のつながりが多いためですね、あとは、営業職ですね。

 ジャンルでいくと、エステなどの美容業界の他にどんな分野が得意ですか。またどんな経験をお持ちの方だとか、年齢だとか、そういう得意な分野があれば教えてください。

 年齢は2533歳の方で、接客業、販売経験のある方が得意です。最近では広報、PR、秘書を経験されている方のご相談も多いですね。

 美容系は長谷川さんもご経験があるか分かるのですが、広報やPRが得意なのはなぜですか。

 求職者のご紹介で、最近は多いですね。

 確かに広報やPRの必要性が上がっているので、挑戦したい方も多いですよね。

 人気ですね。最近だとインフルエンサーなどSNSを使用したPRなど。

 転職だと、12回目の人が多いですか。

 いえ、34回目の人も多いです。

 転職の経験が多いと、採用する側からするとネガティブに見えると思うですが、ご紹介するときどう思いますか。

 幅広いことを経験されているのは長所だと感じています。その経験を生かせるところはたくさんあると思います。もちろんその方の経歴にもよりますが、そこはじっくり聞いていきます。

 転職してきた経験も、きちんと魅力的になるように伝えているのですね。相談者の本音を聞いて魅力を引き出しつつ、企業に対するネガティブな部分もきちんと理解した上で、アドバイスされているということですね。

 転職者に同じことを繰り返してほしくないので。

 重い言葉ですね。これを最後の転職にしたいと思っている人が、同じ過ちを繰り返してしまうと、結局キャリアを傷つけるだけになってしまいますもんね。最後に求職者の方に対して、ぜひこんな人の相談にのりたいとか、私だったらこんなフォローできますなど、何かメッセージをいただけると嬉しいです。

 ご経験に問わずやりたい仕事を一緒にしっかり考えていきます。私のカウンセリングを通して、カウンセリングに来る前よりも、もっと自分のことを好きになれるお手伝いができるのではないかと思います!

今日インタビューにお応え頂いた長谷川さんに、転職や今後のキャリアについて相談したい!という方はこちらから

ざっくばらんに色々とお話をしてくれた長谷川さん、非常に明るくとても話しやすい方でした!また、応援したいという熱い気持ちや目の前の人の可能性をもっと広げたいという想いを持って、キャリアコンサルタントとして活躍されています。

長谷川様と面談された方はもともとこんな悩みを抱えていたそうです。

  • 今の仕事に満足はしているけど何か物足りなさを感じている方
  • 経験やキャリアに自信が無く、何が出来るかわからない方
  • 年収も上げて、やりがいのあるお仕事に就きたい方

自分も長谷川様に自分のキャリアや転職先について、相談してみたい!まずは話を聞いて欲しいという方は、是非下記のフォームにご登録ください。ご登録いただきましたら、事務局より2営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。

長谷川様面談希望登録フォーム

男性女性

個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご参照ください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

長谷川さんと面談をして、こんな転職が決まったそうです

▼事務職の経験しかなかったのですが、カウンセリングを受けて営業職が向いている事に気付きました(笑)
今では年収も上がって、毎日充実して働いています!(30歳・女性)

▼何がやりたいのかわからないいままなんとなく好条件な求人を選んでいました。
カウンセリングでは、普段の何気ない話、自分の好きな事などを話しているうちに、自然と自分の強みを引き出してもらえました。
苦手だった面接も自然体で受ける事ができるようになり、自分がやりたかった事ができる企業で内定を頂く事が出来ました!(26歳・女性)

長谷川さんから最後に一言メッセージをいただきました!