LINEキャリア相談絶賛受付中

【未来の働き方インタビューvol.07】二度とやらない!と誓ったセラピストの道。離婚、職場の辛い経験を越えて好きを仕事に変えていく

 

今回は「未来の働き方インタビュー」第七弾!

アラフォーのオタクの方、大歓迎!と語るセラピストのイクミさんに

● 好きを仕事に!って今はどんな活動をしているの?

● 今の働き方にいたった経緯は?

● 働き方を変えるときに辛かったことや苦労したことは?

● これから、どんな生き方の人を増やしていきたい?

などをインタビューさせていただきました。

 

今のお仕事を続けられるか、将来に悩んでいるけど相談相手がいない

仕事に追われる生き方を変えていきたい

などでお悩みの方には、とっても参考になるお話だと思います!

 

では、本編をどうぞ!

 

登場人物

 イクミ おひとりさま女子のゆたんぽせらぴすと

ワークショップを通じたマンツーマンセラピーで、身体と心の両方を癒す活動を行う

 一年中インタビューをしているトリ

趣味はインタビューと子育て

 

今はどんなお仕事をしているの?

  イクミさん、よろしくお願いいたします!では最初に、今どんなお仕事や活動をしているのか、お聞かせください。 

  はい。今のメインの活動は、ブログを軸として、ブログを読んでくれた独身女性とかアラフォーの方とメールのやりとりしたり、ワークショップという名目で、いろり会というのを個人で主催したりしています。そこでは、女性の方の悩みを聞きながら、悩みを聞くだけで終わってしまうセラピストやカウンセラーとは違い、身体の悩みも聞きながら、マッサージで癒すこともしています。今、都内の和室をお借りして、月に3回ぐらい、一人あたり2,3時間ほどかけて交流している活動がメインです。 

  なるほど。では、気持ちの部分や、心理的な悩みと併せて、ボディケアやマッサージなどの、身体を癒すところもセットでやるということでしょうか。 

  1回目は、身体に触れるのはハードルが高いので、お試しという形で話すのをメインでやっていますが、そこでお客様から次もやってほしいとご依頼があれば、逆にマッサージに時間をかけて、話すのは少しにしたり、オーダーメイドでやっているので、人によって違います。 

  では、マンツーマンでということですね。ありがとうございます。 ブログで発信をされて、メールマガジンに登録した方が対象ということですか。 

  まさにそうです。メルマガ登録をしてもらって、その中で返信してくれる人と個人的にやりとりをしつつ、交流を深めています。自分にはオタクの要素があるので、アラフォーや40代でオタクだという方も結構います。 

  それは、イクミさんがアニメ好き、オタクだからということですか。 

  そうですね。自分にぴったりな人がよく来ます。 

  確かに、親近感がわきますよね。 

  そうですね。若い人と違って、お金はあるけど、そういうことを人に話さない、人に言えない世代なので。 

  (笑)なるほど。ちなみに、イクミさんもアニオタですか。 

  アニオタです。多岐に渡ります。 ですので、結構そういう方が来ますね。特撮が好きとか、海外ドラマが好きとか、自分の知らない分野のオタクが来ます。 

 オタクならではの悩みという感じですか。 

  オタクは話を盛り上げるおまけのようなもので、そこでがっつりと悩んではいないです。どちらかと言うと、年齢的な壁や、転職、仕事の悩み、あの人が嫌いという職場の人間関係とか、そのようなことに悩んでいる人、あとは、仕事がストイックすぎて、どこで余裕を持ったらいいのか分からないような人が来てくれます。 

  年代は、似たような年代の方が来るんですか。 

 そうですね。若い人だと28とか29歳ぐらいの方もいらっしゃいますが、メインのお客様は、35から40代半ばぐらいです。自分よりも年上の方もいます。 

   それは、アラフォー年代の人に届けたいと狙っているんですか。 

  完全に、その年代の人に届けたいと狙っていますね。
まず、自分と同じ年代の人と関わりたいというのが、大きいです。元々、100人とか大人数の仕事を長くやっていて、いろいろな世代の方と触れ合いすぎて、逆にピンポイントで自分と同じ世代で同じ話題で盛り上がれる人が、意外と少ないと気付きました。仕事を辞めてからブログを立ち上げるときに、同じ世代の人と、同じような悩みや話題で盛り上がりたいというのが根本にあります。 

  では、今は狙いが実現してきているということですね。 

  そうですね。ブログのおかげです。 

 

どうしてこの仕事をすることになったのか

  二つ目ですが、そのお仕事にたどり着いた経緯や、それまでどのような仕事をされてきたのかを教えてください。 

  元々、マッサージは20代始めの頃に仕事でやっていたんですよ。ですが、職場の人間関係のもつれが原因で、二度とやらないと誓った日が実はあったんです。 

   二度と!そんなにですか。人間関係の問題なのに、マッサージをやらないというのは極端に感じますが。 

  いろいろな人から反感を買うのが嫌で、店に二度と勤めたくないと思っていました。 その後、結婚したこともあり、近場のECサイトさんで作業をしていました。それが結構、とんとん拍子で管理職まで上り詰めてしまいまして、そこそこ楽しくて、仕事のやりがいがかなりあって、やりがいを持ちすぎて離婚をしてしまいました。(笑)

  やりがいを持ちすぎたというのは、どっぷりと仕事をしてしまったということですか。 

  どっぷり仕事をしてしまいまして、仕事上の友達も増えて、楽しくて上がってしまったときに、家庭をあまり顧みなかったんです。他にもいろいろな原因が積み重なって33才ぐらいのときに離婚をしています。働いていた職場で結婚報告も離婚報告もするという、無茶なことをしました。 離婚をした後ぐらいから、運気がどんどん下がって、管理職の仕事を奪われ、目の前で仕事を他の人に振られるという辛い経験をして、このままではここの職場で鬱になってしまうと思い、5年ぐらい勤めた会社を思い切って辞めました。

ちょうどその後ぐらいに、ブログとの出会いがあります。職場に居場所がなくなった後にブログを立ち上げて、最初はお客様のことを考えずに、日記のように書いていました。 

  とにかく吐き出す場所が欲しかったんですね。 

  そうですね。そこで、自分が書いていることにコメントを頂くようになってから、もしかしたら、自分はもう少し同じ年代の人と関わって、話したいのかもしれないと思うようになって、そのような人のために記事を書くように、少し方向転換をし始めました。

そのようにブログを書いているうちに、自分の将来を考えるようになり、他の方のブログもたくさん読ませていただき、このまま派遣をやったとして10年後に自分の役に立つのかと考えたときに、やり残したことがないかなとすごい思ったんです。 そして、マッサージを辞めてしまったときに叶えられなかったことがあったことを思い出して、もう一回やってみるかと思いました。あれだけ投げ出したのですが。 

  もう二度とやらないと言ってましたけどね。  一番最初にマッサージ業界に行ったときには、理由はあったんですか。 

  そのときには、単に自分の両親をマッサージしたいという、親孝行のような気持ちがありました。ある程度、それは叶えることができたのですが、人間関係が大きくて、そんなことを全部忘れてしまっていました。 それで、両親が還暦を迎えたり、実家の中で大きく動くことがたくさんあったときに、親孝行とか、自分が持っている技術を還元したいと思うようになったんです。

そこで、ブログでマッサージの話を小出しにし始めたら、お客様が面白そうだねって乗ってきてくださって。当時一緒に勉強していた友達も面白そうだねと言ってくれて。そうすると、情報が入ってくるんですよね。こういう場所があるよとか、これがいいよとか、面白い情報が入ってくるようになって、乗っかって流れ着いたのが今です。 

  明確にビジョンがあったり、事業計画があったわけではないけれど、心が思う方に寄って行ったということですね。 

  そうですね。 やっぱり、自分の年代の人の悩みを聞いていると、自分と同じように、この先の健康とか、仕事に対して悩んでいて、不安があっても言えないのがちょうどこの35歳から45歳なんです。特に結婚していない人は、親にも頼れなくて、友達は結婚して子供がいたりして、誰に話したら良いのか悩んでいる方も多いです。そのような人が、自分の知識や、マッサージの技術で、少しでも前向きになると良いと思い、今年からワークショップを本格的に始めました。 

  やはり、職場でも年次が上がってくると、どちらかというと、相談される方になりますもんね。あまり弱音を吐ける人がいないですよね。 

  若い職場でしたので、逆に上司が20代前半ほどで、自分よりも若くて、相談しづらかったです。 

  立場も違うから分からないでしょうしね。 

  男と女という、大きな性別的な違いもあり、言えない女の人はかなりいます。意外と聞いてみると、会社員の皆さんが、実はこれがやりかったっていう夢を持っていると思います。

お金が欲しいとかではなく、こういう所で暮らしてみたいとか、カフェを開いてみたいとか。聞き出すと、皆さん良い答えを持っているのですが、組織で潰されているのがかわいそうだなと思うので、それを応援できるような時間が過ごせたら良いなと思います。 

  ご自身も、転職の経験が多いですよね。 

  そうですね。9回ほど転職しました。 大企業はあまりありませんが、実は内部でどろどろしている女だらけの職場とか、年齢差による職場を経験してきました。 

  やはり、転職は年齢とともにきつくなりますよね。 

  そうですね。ただ、転職をきつくしているのは、自分の考え方や世間の考え方である部分が結構あると私は思っています。例えば、実は地域に良い職場があっても、都会じゃないといけないと誰も言っていないのに思ってしまったり、公務員を辞めた後に、同じ給料で同じ時間帯で働きたいと思ったりします。それより、何かを妥協したら選べるものも多いんです。視野が狭くなっている人が多いと思います。 

  例えば、ざっくりとしたやりたいことがあったとして、少し給料が下がっても、そのような夢に近づける仕事もありますよね。 

  あります。選択肢は全然あると思います。でも、やはり、生活がかかっているので、一番最初にお金に目が行きがちです。ただ、やりがいや楽しさがあった方が毎日楽しくなると思うので、そこで悩んでいる方が多いです。私もそういう時期がありました。 

  では、ワークショップをやりながら、そのような方の相談に乗ったり、実際に身体を癒したり、トータルセッションということですね。 

  一応、心と身体をほぐすという名目でやっているので、そのような感じですね。 

 

今の働き方で世間とずれることは?

 次に、普通に会社に勤めて、もやもやをずっと我慢して働き続ける選択肢もあり、大体の人は当たり前のように我慢して働いているかもしれませんが、その中で自分なりに働き方を模索して、自分らしく働く方向に踏み出したときに、世間とずれることはありましたか。 

  あります。まずは、人に説明するのが大変です。自分の今までを知っている古い友人は、自分がやっていることを受け入れてくれますが、前の職場の人に説明するのは大変だと思います。 

  説明する機会があったということですか。 

  飲み会で、今何やってるのと聞かれたりした時に、最近は1から100まで説明するのは面倒くさいので、出張マッサージをしていますと言ったりしています。 

  確かに、言えば言うほどあちらも分からないですからね。 

  メディアのような活動とリンクをさせていると、どこから説明したらいいかわからないです。しかも、全員がそれに理解があるわけではないので、難しいですね。 

  家族の方に説明することはありましたか。 

  説明しました。今何をしているかは親にとっては重要で、気になると思うので。100%は分からないと思うのですが。  

  でも、やはり応援してくれたんですか。 

  とっても応援してくれました。母は、ネットに理解がある人なので、最初は不審もあったと思いますが、実際に私が動いているのをみると本当にやっているんだと早く理解してもらえました。ありがたいです。 父親は、理解しているのか分からないです。 

  確認しようがないですよね。 

  ただ、娘がマッサージをしていると理解をしてもらっています。 お客様の声を常に持ち歩くぐらいしかありませんね。 

  でも、イクミさんはブログをやられているから、そこに活動の履歴を乗せていらっしゃいますよね。 

 そうですね。毎月、印象的な所だけをピックアップして載せています。それを次のお客様が見て、楽しそうだと思った人が行動してくれるというループが出来つつあります。 

  それがあるだけでも安心感がありますね。 

  そうですね。写真とか、個人なので手書きでおもてなしもできるので、そういうのがお客様に喜んでもらえたりします。メールだと、テキスト文字なので硬いですが、直筆でお手紙を書いたりすると、喜んでもらえます。 

  ブログも、最初は目的がない状態で始めて、とりあえずやりたいことを書いたり、外に発信したときに、周りの人が拾ってくれたり、周りの人が話を進めてくれたりして、乗っかっていったような部分があるんでしょうか。 

  すごくあります。周りの方も、たくさんいるわけではなく、少しずつ出てきてくれた人の中にヒントがあったり、交流会に参加したときの面白い方に、背中を押してもらえたりすると、今まで自分がやってきて、目指している方向が間違っていないんだと感じます。 

  そうですね。このシリーズで結構インタビューさせていただいてますが、実際に働き方が変わっていった方にお話を聞くと、今の所、ほとんど全員が完璧に狙っているわけではなく、いろいろ紆余曲折しているうちに辿り着いているんです。 

  それは、本当にあります。 

  僕は、起業の支援や働き方の提案をしてきましたが、なかなか変われない人は、一人でやろうとします。 

  そうですね。1から100まで全部ひとりなんですよね。 

  そうなんですよね。考えるのも自分の思考だけでやろうとします。物件も、人にやりたいことを話してみたら、無料同然で借りることができる物件が偶然空いていることがあるのに。 

  絶対に、そういうのあると思います。 

  もしくは自分がやろうとしていたビジネスに不安を感じていても、先に同じように成功している人を紹介してもらって自信がわくこともありますよね。 

  あります。実際に、前に進んでいる人と出会えると、励みになりますよね。羨ましがると言うより、本当にできるんだという確信になります。 ネットだけの実例ではなく、本当なんだ!と思います。 

  今は、情報がたくさん出回っていますが、ネットの情報だけだと現実味がなく、他人事になってしまいますが、身近な人で実例を見ると、自分にも出来る気がしますね。 

  そうですね。この人がやっていることの隅で私も働かせてもらおうという気持ちになります。 

  ブログは、人と関わりを持つきっかけになりますよね。出会う人全員にプレゼンが出来ればいいですが、そういうことが苦手な人もいますしね。イクミさんも、リアルの人間関係とネットでの自分の発信が噛み合わさって、今の働き方に辿り着いているのでしょうか。 

  そうですね。口コミや、人から人への言葉で、だんだん広めてもらっていると感じます。 

 

今後のキャリアについて

 最後に、今後の話です。仕事もキャリアも続いていく中で、どのような生き方や働き方をお考えかをお聞かせください。 

 そうですね、今していることはもちろんですが、このような自分の生き方に共感して、私も独立したいという人が現れたら一番嬉しいです。また、マッサージをしてみたいという人が出てきてくれたら、本望です。生き方的には、今は時間が重要だと感じているので、時間を無駄に使いたくない生き方をしたいです。だらだらしたいときもありますが、1年後や5年後につながる毎日を送ることができたら良いと思います。

お客様に関しては、独身で内気な人が多いので、そのような方が一歩踏み出せる社会づくりをしたいです。今、独身女性が取り沙汰されていて、独身の40歳代の世代に良い印象がないと私はすごく感じています。人によっては、肩身が狭い思いをしてます。都会では住みやすくても、地方では生きにくかったり、格差が若干あると思います。 

 確かに地方に行くと肩身が狭いかもしれないですね。僕は、セラピストの友人が多いのですが、手に職を持っているので、転々としていて、良い仕事が出来そうだと思ったら移動するような人が多いです。 

  そうですね、遊牧民みたいになるんですよね。 私も、そのような友人が結構いて、行きたいときに海外に行って旅行をするとか、女の人がそのような生き方をしやすい世の中になれば良いと思います。 

  ありがとうございます!素敵なビジョンもお伺いできて、あっという間にお時間になってしまいました。

では最後に、イクミさんのブログをご紹介させていただいても宜しいでしょうか?

 はい、是非!ありがとうございます。

 こちらが、イクミさんが最初は独り言のように初めて、だんだんとお仕事に繋がっていったというブログですね。

離婚して人生リセットできる? 好きな仕事をもう一度やり直して自立と幸せを考えるおひとりさまブログ – アラフォー独身女性の心と体をほぐすブログ:ふくログ

かわいい!

 ありがとうございます!嬉しいです。

 特に同世代の方ですね。30代後半から40代前半の女性の方は、イクミさんにきっと癒しをもらえると思うので、是非ブログに遊びに行ってみてください!あとオタクの方も(笑)

 ですね!(笑)

 では、本日はイクミさんにお話を伺いました!ありがとうございましたー!

 ありがとうございました!

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!