LINEキャリア相談絶賛受付中

【未来の働き方インタビューvol.05】周りの全員から反対されても自分の道をあきらめなかった。物販ビジネスのプロ、伊達亮哉の生き様に迫る

 

今回は「未来の働き方インタビュー」第五弾!

会社員時代に副業で始めた転売で成果を伸ばし、今は独立して活動されている伊達さんに

● 転売ってそもそもどういう仕事なの?

● 新しい世界に踏み出す時に、恐怖は無かったの?

● これから、どんな風に生きていきたい?

などをインタビューさせていただきました。

 

周りの反対にあいながらも、勤めている会社の未来が見えずにもがき続け、最後はビジネスの世界で成功された伊達さん。

転売の仕事を始めた頃は、苦労を苦労と感じないほど楽しかったとおっしゃっています。

 

自分が働いている業界や会社に、将来性を感じない

今やっている仕事は、一生続けられないのでは?と疑問を感じている

という方は、是非参考にしてください!

 

では、本編をどうぞ!

 

登場人物

 伊達 亮哉 / ryoya date

輸出物販ビジネスで成功をおさめ、その後は物販ビジネスコンサルタント、起業支援コンサルタントなど幅広い活動を行う。

 一年中インタビューをしているトリ

趣味はインタビューと子育て

 

輸出転売ビジネスって具体的には何なの?

 本日は伊達さんにお話を伺いたいと思います。 よろしくお願いします。まずは自己紹介、というか、今どんなお仕事や活動ビジネスをされているのかをお願いします。 

   日本のオークションサイト、例えばヤフオクなどで、商品を仕入れて売るといった輸出転売という仕事をしています。あと、転売をやりたいという方に対して指導をすることも、現在の仕事にしています。 

 ヤフオクで何かを買うっていうことですか? 

 そうですね、ヤフオクとかあとはメルカリとか、誰もが買えるような場所で。 例えば問屋とかだったら、法人じゃないと仕入れられないとかあると思うんですけど、そうじゃなく、誰もが買うことができるようなプラットフォームでを商品を購入して、さらに誰もが売ることができるe-bayっていう海外のオークションサイトに出品して、商品を海外の人に買ってもらう。

  じゃあ、お客さんは外国人の個人の方なんですね?そして買うのもヤフオクとかメルカリなどで日本人の個人の方から。 ということは日本人の個人と海外の個人の方の間に立ってお仕事しているってことですよね。

 そうです!やはりどちらも個人なので、日本人の方からするとの商品、海外の方が高く売れるのに出品方法がわからない、とかe-bayなんかやったことがない!という人が多いし、海外の方がするとヤフオクで商品購入するのってどうするんだろう、あと海外に送ってもらうの どうするんだろ?みたいな。両者の情報の差でお金を頂いているって感じですね。 

  なるほど。そういえば、以前、伊達さんとお話しさせていただいた時に、転売って、知識差? 

 ああ、ハイハイ。情報の差ですね。 

  そう、情報の差で稼ぐ仕事なんだよっていう話をされていて、僕、自分がその転売とかっていうのは知識としては色々知ってはいたんですけど、実際にガンガンやったという経験がぜんぜんなかったので、その言葉が 「あ、そういうことだよね!」ってしっくりきたんです。 物流っぽいから知識とか情報が収益源になってるってイメージを持ってなかったんですけど、確かにまあ言ってみればIT業みたいなものですよね。

 そうですね。ITでいうと自分がデザインのスキルが無くて誰かに発注するとお金を支払わないといけない、というのと一緒ですね。転売なら、海外の人が日本にある商品を買わないといけない場合、僕にお金をちょっと多めに支払うっていう感じかな。 

  なるほど。伊達さんのような、仲介業の人を介して買ったほうが、スムーズに買えるし安心できるということですね。

 そうですね 、それに関していうと、例えば仲の良いお客さんとかもいるので、君から買いたい、みたいなのはあるんです。今度日本行ったときちょっとアテンドしてよ、とか。 ま、そういう人の繋がりの部分とかも結構まだまだやっぱあったりするんで。 

  確かに!お客さんとなんか関係性ができるっていうこともあるんですね!物販だから右から買っても左から買っても同じってということもあるとは思うんですけど、それを全部比較検討するのはしんどくて、一回よかったからもう伊達さんから買うよ!みたいな?

 うん、とてもよくありますね 

  では、伊達さんの場合、国内で仕入れたものをメインで海外にeBayで販売する。そこで生まれる利益差が収益になっている、と。これをまさに“転売”っていう呼んでいいんですかね? 

 そうですね 転売でいいです。 

転売のコンサルティングってどういう支援をしているの?

 はい、ではこの転売と・・・あとはを教えるお仕事もされている、ということですが? 

 はい、僕もそうだったんですが、無料で何かをやりたいとか、空いてる時間を使ってお金を稼ぎたいっていう方向けに、輸出の転売のノウハウを教えて実践してもらって実績をだしていただくというコンサルティングのお仕事をやっています。 

  それで言うと、今聞いていても転売って、ある意味誰でもアクセスできる場所でしかやらないので、結構調べたらヤフオクで物を買う方法とかイーベイで物を売る方法とか、普通に出てきそうな気はしていて。。。(笑)

そういう中でコンサルティングっていうところで、どういう価値提供をしているんですか? 

 なるほど、そうですね。コンサルティング中でも、購入する方法とかは、皆知ってると思うんですけど、どんな商品のジャンルがやっぱ利益がだしやすいとかは分からなかったりしますよね。あとは、一人でやっていると、海外のサイトのためトラブルになっているとき解決しにくいとか。そういう時は僕を使ってもらったりとか。あとヤフオクで商品を購入する際に、やっぱりツールとかもあるんです。 

  はい 

 オークションサイトって、その画面の前で張り付いて入札するってイメージもあるかもしれないんですけど、ツールを使うとそれを自動にやってくれたりするので、そういうのを提供したり、など、よりよく利益が取れる行動がしやすいようにフォローします。

あとはもう本当に学校みたいなもので、 結構モチベーションを上げてもらうために、毎日、日報を出してもらったりとか、月1数字を見て反省してもらったりということもやってますね。 

  そうですよね、そっか、やっぱり利益の出やすい商材とか、あと季節性とかそういうのはやっぱあるんですよね。 

 そうですね、ありますね 

 うんうん、それをまあ経験値上でデータを持っているから、コンサルティングの生徒の方にはそういう利益が上がりやすい方法とか商材の仕入れとかを教えていると。 

 自分で調べることもできて、もちろん利益を出すことできるんですけど、その違いは何かっていうと圧倒的に時間がかかるんですね。自分で一からビジネスを構築するっていうの。 それだったら人に教えてもらってやっていったたほうが、まあ成長しやすいっていうことでもあります。 

  なるほど、ありがとうございます。

なぜ今の仕事をはじめたか? 

 以前どういう働き方をしていて、なぜ今のお仕事にたどり着いたのか、経緯やルーツのようなところをお伺いしていいですか? 

 僕は専門学校に行ってたんですけど、まあ洋服の専門学校ですね 。アパレルのメーカーに勤めまして、そこで営業を七年してたんですけど 

  そうなんですね?!初耳でした! 

 そのアパレルのメーカーは、中国で作った商品日本で仕入れて日本で売るっていう感じのところで、僕は取引先でいえば近くのスーパーとかに入ってる量販店さんに商品を卸しに商談しにいく、みたいな感じの営業をしていました。その仕事がまあ6,7年経って、ぼくも27,8歳になり。
で、僕が住んでいる所は岐阜なんですけど、結構いまだに、というか、石を投げればあたるほどブラック企業というのが多くて。

  ええ?! そうなんですね! 

 ずばりそれで。朝は、結構早くて七時半ぐらいから夜は九時とか十時まで働くというような生活で。週に一回東京や大阪に行く、みたいな生活をしていたんですけど 

  ほぼ一日中仕事みたいな生活を!

 そうですね。それにプラスしてやっぱりこう、怒られたりとかも。 中国から商品を持ってくるんですけど、アパレルって言ったらもう季節ものなんで、一週間ずれたりするとお店にとってはやっぱり損失になるわけですね。

でも中国の管理している方は結構ゆるいところで。(笑) じゃあ、いついつに入りますって言ったのが来週になりますってことになると、じゃあこれ値引きしてよってお客さんから言われるんです。 でもやっぱり本社からするとそれはできませんとなり、それを言わないといけなかったりとか。

  だって、それも言ってみたら中間取引会社みたいなものですよね?となると利益率もそんなに高くないですよね。 

 そうです。ほんとに。そのハザマで怒られたりとか 、しかも忙しいし。でやっぱり特に思ったのが、成長産業ではないな、と思ったんです 。

 まあ、そうですよねえ(笑) 

 明らかに成長産業じゃなかった。洋服を売るってことついては、大手さんなったらユニクロさんとかは自社で作っていることが多いんですよね。そういう大手さんは川上から川下へみたいな形が多かったんですけど、僕らみたいにメーカーだと、中間に立って利益を取るっていうのをやらないといけなかったりする。安くも作れないし商品も遅れるっていう感じでずっとやっていくと、まあこれ以上伸びようがないと思ったんですよね。 

  そうですよね 

 そうなんですよで。三十歳も手前で、当時付き合ってた彼女がいたので、その人と結婚しようとなったときに、このままこの生活を続けられる?と思うわけで・・。 

 やっぱ思いますよねえ 

 思いますねえ。 やっぱり給料もそんなに高くなかったんで、奥さんは言わなかったんですけど 、たぶん給料は僕の方が低かった。 

  そうか。そのころは、共働きだったんですね? 

 はい、当時も今も。で、このままじゃまずいなと思って、何かないかなっていう中、独立志向はあったりして、ヤバイなヤバイなっていうのもありつつ 、いろいろそういう副業とかビジネスみたいのを探していたりはしたんです。で、結構本など買うことが多くて、本に書いてある副業の方法とかを読んだりしたんですけど、具体的な感じではないですよね、本に書いてある情報って。

 結構表面的な情報だけで。 例えばブログの書き方とか、ブログを自分でやるとアクセスが入って儲かりますよってことは書いてあるんだけど、じゃあ具体的にどんな記事を書けばいいとか、そういうのは書いてなかった。 やってみてもいいんだけど、これで独立できるかな?って。イメージが全然わかなかったんです。 

  確かにね。 

 で、色々探しているうちに、その間に本当にいろいろあったんですけど、途中お金がなくて、バイトしたりとか 

  あれ? 独立より先に会社辞めちゃったんですか? 

 いや、まだ。当時は辞めてないですね。やめてないけどお金ないからバイトしようと 

  ええ?!(笑)いや、お金、使い過ぎでしょ!(笑) 

  お金のリテラシが低かったっていうのありますね(笑) 

  なるほど、じゃあこの副業しようとか、新しいところに踏み出すときに色々やってみたり、投資もしたってことですか? 

 そうですね。しました。で、最終的にたどり着いたのが転売だったわけですけど。はじめはやっぱり僕 も、世間一般の方と一緒で、怪しいイメージというか本当にそれ儲かるのかなみたいなのがあったんですけど、自分で例えば一つ売ってみて、 で利益が出たときに、あ、これはこのまま続けていけば、利益に達するんだっていうことが、やってみて初めて分かったんです。 

  ああ、転売だから手堅いわけですね?ブログとかって結局いつごろどうやって収入とかブレるしイメージもわきにくいけど 、転売なら仕入れと販売という明確なタイミングが固まるので、言われる通りにしっかり仕入れて、手堅い商品で一品売れば、なんかの利益がでるじゃないですか。 

 そうですね 

 逆に言うとそれを10倍やればある程度10倍になるだろうし。イメージが持ちやすいかもしれませんね。 

副業を始めた時に苦労したことは?

 副業を始めた時に、苦労したこととか覚えていますか?

 そうですね、ブラックの会社の上にさらに副業だったので、あの頃は大変だったですね。 初めの三か月ぐらいまでは、家に帰るのは九時十時になって、そこからまあ仕入れ、発送っていう流れを夜中にやっていて、一人で撮影ブース作ってこう、撮影するわけですよ。 こつこつこつこつ。 

  自宅で、商材を撮影して、仕入れとかもあるから、物とかも一時的に家に置くんですよね? 

 当時一人暮らししてたんで、ゴミか商品か分かんないような中で毎日生活してました。会社でめちゃくちゃ怒られて家に帰ってきたら今度、また副業の仕事全部やらないといけない、みたいな。 

  そうですよね。しかも転売の仕事のお客さんからの問い合わせとか、ちょっとしたクレームとかも入ったり?

 いやそうなんですよ。ただ、大変っていうと結構大変そうなイメージなんですけど、当時の僕のモチベーションからすると楽しくてしょうがなかったんです。体力的には結構大変だったんですけど、今までこう悩んでたことが、明確になったっていうか、もうこれを続ければ会社を例えばやめれるかもしれない。自分の思い描いてた生活になれるかもしれない 。と、思ったんで。苦ではなかったですね、。

  そうですね、いわゆる肉体的なしんどさと、メンタリティ、というか希望? 

 そうっすね、そう(笑) 

 希望につながってる感覚ってむちゃくちゃ大事ですよね! 

 いやあ、めちゃくちゃ大事ですね!本当に。会社にいたら、この先もがんばっても伸びるのかなみたいなことを永遠とやってたんで、まあ会社の性質上しょうがないんですけど、やっぱり一人が特別な成績を上げたとしても、会社自体がよくなければボーナスとかも出ないわけで。それに比べたら自分で高収入を得るというか、お金を作り出すことができることができるというのは、自分の中で革命的でしたね。 

だからもう、土日や帰ってきた時間、今まで遊びや趣味に使ってた時間をもうほぼそれに充てて 、副業ながら三十万くらいの利益を上げることはできて。で、まあそんなに多い金額ではなかったんですけど、利益をあげたので、そのことを彼女とか親とかに言って会社を辞めたんです。

 でもやっぱり、それに至るまでにはいろいろな障害じゃないですけど、何ていいますかね・・当時の彼女には、もともと結婚しよう、みたいなことを伝えていて、その何か月か後に会社を辞めるって言ったんです 。

 結婚しようって話した数か月後にもう会社を辞めますと?けっこうすぐですね。 

 そうすね、半年ぐらいですね。でまあ、辞めたいです、と伝えたら、反対されるよねみたいな感じで。 

  やっぱ反対されたんですか?誰にですか? 

 ・・全員ですね。僕以外のすべての人間に否定された気分になりますよ。 まあ奥さんは、ちょっと理解があったというか、まあがんばってるっていうのを知っていたんで、大丈夫かなと思っててくれたんですけど、まあやっぱり向こうの親御さんとかが。 

  まぁ、心配しますよねぇ。。

 そこから半年ぐらいはあって、でまあ今の奥さんになったわけなんですけど。で、その時本当に心から思ったのは、本当、親の言うことって聞いちゃいけないなあって・・ 

  (笑)

 (笑)って言っても失礼な話ではないんですけど、まあ自分の本当に好きなことをやっていたら伸ばせた能力もあるかもしれないのに、両親から勧められたという理由で仕事を選んで勤めあげたりしているのは、ちょっともったいないなって。

  そうですね。

 その時は、親だけじゃなく、ほんと皆に反対されたので。。。

  そうなんですか? 

 されましたね。反対っていうか こう、え、なんで?!みたいな感じなんじゃないですかね。 友達とかにもおまえ大丈夫とかってやっぱ言われるんです。 なんか飲み会とかもだんだん行かなくなっちゃったり。 話が合わないっていうか、怒られたりするんでね。 一時期ちょっとやっぱり友達とも減っちゃったりはしましたね。

サラリーマンやってるお仲間の所で、独立したいっていうとなんか・・。なんか別にそんな思っていないんすけど、例えばサラリーマンを否定するような感じになっちゃったりとか 

  はいはいはいはい 

 それって気分よくないじゃないですか 

  やっぱり相手からしたらね 

 自分の持ち場否定されたようなものですからね。 そんなつもりは全然ないんですけどね。まあそういう葛藤はありましたね。 

  なるほど。コツコツ乗り越えたっていう感じですよね? 

 そうですね。でも今思うと、独立って大変だよとか、個人事業者とか大変だよって言われてたんですけど、やってる当時とかインターネットビジネスを知った側からすると別にそんなことないけどなっていう気持ちではありますね。 

今後は、好きや得意を組み合わせて仕事にしていける人を増やしたい!

  今後の目指してる方向性とか、やりたいことってあるんですか? 

  今、転売を通して、副業をやりたい人とか主婦の方にもコンサルティングしてるんですけど、インターネットの集客とか販売の部分で、これが転売じゃなくても使えると思うんです。商品を売るっていうことであれば例えば instagram を使って、モノを販売したいとかそういうの結構できてますよね。あれもきちんと情報発信して、きちんとリストマーケティングすれば本当に独立することなんて簡単だと思うんです。そういう方に向けて、サービスもやっていきたいなあと思っています。 

  ああなるほど、その転売っていう枠組みだけじゃなくて、本当にいろんな、たぶんスキルシェアとか空き時間で自分のスキルを売ったりとか、増えてきてると思うんですけど、そういうインターネットを使って個人でお金稼いでいくっていう手段全般で手伝うようなことを展開してきたいなっていう感じなんですかね。 

 そうですね。やっていきたいですね。なんかをこう見てると残念だなあっていう人メチャクチャ多いなと思うんです。 

  もったいないなと。 

 そうです。僕自身はそんなにインスタグラムとかにアップするのは好きじゃないんですけど、毎日やってる人もいる。そんなに情熱注ぐんだったらうまくやればマネタイズもできるって方もいっぱいいるんです。そういう人にちょっとアプローチしていきたいなと思って。 

  うん確かに。ちょっとした、なんかみんなそれぞれ情熱のあるゾーンとか自己表現したいゾーンを持っていると思うんですよ。

  そうですね、だからそういう方にちょっとアプローチしていきたいなあっていう感じですかね。結構、簡単にジョブチェンジできるのも、僕はインターネットの良さだと思うんで。たとえば転売から違う事やりたいってなった人に教えられたらいいかなと思ってます。

  転売ってのいうのも、ずっとプレイヤーじゃなくて、仕組み化して人に任せたりとかいうのもできますもんね。 その次に何しようかなみたいなときに、選択肢をいろいろ出せる様になっていると、伊達さんの周りに、そういういろんな仕事を自分たちで作っていって、どんどん収入をお互いに作っていけるような人たちが集まったコミュニティになっていきそうですね 

  そうですね、そうやって自分に共感してくれる人が集まってくれるってなったら、もうどう考えても楽しいじゃないですか!どっちに転んでも。だからそういう感じを自分の周りに作っていけたらなぁと思っています。 

 ありがとうございます!では今日はこの辺でお時間になりました。

最後に、伊達さんのブログをご紹介させていただいても宜しいでしょうか?

 お願いします!

 こちら、伊達さんが物販ビジネスについてのノウハウなどを発信されているブログです。

物販×セルフメディアで稼ごう!伊達亮哉のブログ | ブラック企業から脱却しネットビジネスで独立。独自ノウハウや稼ぐ為のマインドなどを公開。初心者、副業からでも稼げる物販ビジネス。

さらに、新しく起業支援についても情報発信されていますよね?

 あ、ありがとうございます。そうですね。こちらのブログでは、物販だけでなく好きや得意を活かして仕事にしていくやり方を発信しています!

Startup Like≒Job 好きや得意で起業させちゃうコンサルタントのブログ

 さすが、情報発信がしっかりしてますね!非常に充実したブログで、すごいです。

 ありがとうございます!

 物販ビジネスや、好きを活かして仕事をしていきたい!という方は是非伊達さんのブログに遊びに行ってみてください!

では本日は伊達さんにお話を伺いました。ありがとうございましたー!

 はい!こちらこそありがとうございました!

 

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!