LINEキャリア相談絶賛受付中

【キャリアコンサルタントインタビュー】 PASSEND 池上様

芸能の世界からキャリアコンサルタントへ。

キャリアの悩み・相談は、相談相手がどんな経験をしているかで大きく変わってきます。

今回は、芸能界から営業、そしてキャリアコンサルタントへと活躍の幅を広げているPASSEND池上様にインタビューさせていただきました。

本日のキャリアコンサルタント

池上 亮

PASSEND株式会社
SI事業部マネージャー

『未経験だからこそ良い人材が眠っている』が合言葉!求職者やキャリアについて悩んでいる方のポテンシャルを最大限引き出し、本人が考えていた以上の理想の仕事やキャリアのご紹介、サポートを行なっています。

前職では、エンジニアの現場で働く人を下支えしていた

 では、さっそく本題に入っていければと思うんですが、改めて自己紹介をお願いします。今やってる業務ですとか、なぜこの仕事に就いたのか?などの部分もお聞きしたいです!

 池上と申します。キャリア的な部分でいいますと、人材に関わることはやっていたんですけど、どちらかというとずっとBtoBの営業だったんですね。SIerといわれるようなところで。人材って意味だと、エンジニアの管理とかをおこなってたので、エンジニアに特化した人材のマッチングっていうのはずっと行っていました。また、この業界は現場によってはすごいひどかったりするので、メンタルケアがものすごい大事な業界でしたね。

 なるほど。

 今でいう求職者さん、当時でいうエンジニアさんのメンタルケアっていう部分には、常に重きをおいて。それで、月に最低一回はエンジニアの方に会っていましたね。どちらかっていうと、プライベートな部分で密にするようにはしてたっていうのは、もともと根本にはあります。

 なるほど。メンタルケアは、ちなみにどんな事件が起こるんですか?

 分かりやすく言っちゃうと、あの業界すごい鬱になる方多いんです。うちの会社だけど働く場所は違う会社、みたいな業界なので、帰属意識も感じにくい。現場で主導権を握るのが別の会社なので、自分の職場なんだけど自分の職場じゃないような居心地の悪さが常にあるんですよ。なので、そう言った部分のケアというか、サポートしていました。

あと、残業の多さ。最近では減ってますけども、当時、月300とか350時間働くとかって全然ざらだったので、そうなってくると折れちゃうんですよね。そういったところのケアを丁寧にやっていました

 いやいや、それってケアできるもんなんですか?

 正直に言って、人によっては無理でした。ただ、現場を辞めたいといっても自分の会社を退職していただくわけにはいかないので、現場を切り替えるように促したりだったりとか、そういったところはすごい難しかったですね。

 なるほど。

 そういったところで、人とは深く携わってきたと思っています。

芸能界からの転身で人材業界にチャレンジ

 そこの会社は、新卒で入った会社なんですか?

 いや、違います。プライベートな部分になっちゃうんですけども、高校時代から芸能界とかにちょっと身を置いていたんです。そっちで一時期本気でやっていこうみたいな感じで。ちょっとバカなことを思ってたんですけども

ただ、鳴かず飛ばずだったんで、それでもズルズル引きずりながらフリーターみたいな感じで、23の時ですかね、社会に出たのが。

 どんなジャンルで芸能活動をされていらっしゃったんですか?

 自分が高校時代の時なんですけれども、読者モデルの雑誌がバーッて流行りになった時期というか、ちょうど自分の高校時代ではコギャルブームが、まさにリンクしてるんですけど、当時はエッグとか、ポップティーンとか。

 ポップティーン、聞いたことあります!

 男性でいうと、東京ストリートニュースっていう有名な雑誌なんですけども、読者モデル全盛期だったんですね。その頃の時代の流れに乗って読者モデルをそのまま芸能界に引っ張っちゃおうみたいな流れが結構あったんですよ。

 なるほど。

 今は、ないぐらいの弱小プロダクションにスカウトされて、5人ぐらいのグループで活動してたんですね。

 すごいな。なるほど。今日はそれ聞けただけで私満足です(笑)

 なので、一時期はいろいろテレビとかも出ました。話題にはなったんですけども、流行りもんなんで、もう一瞬で消えたみたいな感じなんですよね。

 なるほど。ちなみに一番有名どころの番組はどこですか?

 ワイドショーがメインだったんですけど。当時だとはなまるマーケットとか、その時間帯、大体午後2時だったりとか、午前中のワイドショーの10分ぐらいのちょっとしたコーナーに点々と出てましたね。

 えぇー、すごい!

 いや、当時そんな感じだったんです。で、1CDも出してるんですけど

 本当ですか?

 はい。ミュージックステーションの話があったんですけど。なんか裏の話で、色々あってぽしゃったんですよ。

 すごい、、、生々しい。

 怖いですね。そういう裏の事情も本当にあるってのは身をもって体験してますね。

 いやー、こわっ。でも、そこからガラッと変わるわけじゃないですか?このきっかけってどんなことがあったんですか?

 はい。芸能界も無理って思いながらも、就活もしてないんで、かといって実家暮らしだったんですけど、親の目もありますし、収入もそんなに無いですし、アルバイトで日雇いとかやってたんで。漠然とこのままじゃまずいな感っていう感じですね。

 なるほど。

 で、社会に出たきっかけは、アルバイトやってた時の社員さんの紹介で社会に出たっていう感じだったで。なので、そんなに強い意志無かったですね。なんとなくまずいなーみたいな感じだったんですね。

 ちょっとまずいなーって思って、紹介を受けたからとりあえず行ってみるかー、みたいなところがきっかけですか?

 本音を言ってしまうと、まさにそういう感じですね。そこの会社で5年ぐらいですね。

 長いっていう言い方失礼かもしれませんけど、入社経緯の気軽さと業務の重さが全然比例しないというか。入ったら半端なく大変な業界じゃないですか?それでも人材の業界に関わっていた理由はあるんですか?

 理由はあれですね、どちらかというと、仕事の内容は確かにそんなにキャリアアップもできないですし、やっぱり大変ですし。ただ、中小だったので環境はよかったといいますか、割りと勢いのある会社で。同年代、当時でいうと20代がメインですね、切磋琢磨するような仲間がいたっていうような感じなんですけども、皆結構、野心が強くて、そんな人が集まってたんで、そこで今でも付き合いのあるような仲間ができたっていうのが大きかったですかね。

 なるほど。

 あとは、正直いって、一時期稼げましたね。その2点が大きかったですね。

 やっぱり、仲間の影響というか、誰と働くかは、当時の経営の中でもすごく重要視されたというか、身を持って大事だなと感じられた部分ですよね。

 そうですね。いまだにそこですね、自分の中で誰と働くかってのは大きいですね。

 なるほど。そこから5年の激動な時期を乗り越えて、今の会社に移られたのはどんなきっかけや背景があるんですか?

キャリアコンサルタントには自らの経験から立候補だった

 実際きっかけは、うちの会社ってグループ会社でいろいろやってるんですけども、メディアをやっていたりとか、システム開発だったりとか、広告を担当している者もいたりとかっていう感じ。グループの中の別の会社でどちらかというとBtoCになるんですけど。

あとは、一時期広告もやってたんですけども、そういった仕事をずっとやってたんですよね。それは、7年ぐらいずっとやってたってのもあるんですけども、その中で人と関わる仕事が好きというか、向いてるという感じがずっとあったんです。

ずっとパソコン向かってエンジニアのような仕事は多分向かないなと。

それと、会社としてもポリシーで女性のキャリアってのが、結構予測不能でライフイベントだったりとかにすごく左右されて復職とかしづらいとか、悩みが多いけど人に相談できないとかっていう現状は、妻の転職とか見てて知ってたんですね。

大変ってのは知ってたんで、そこを変えていきたいというか、おっきく言ったら国を変えたいというか、相当大きく言いましたけど、そんな想いを持っていたんです。そのいいタイミングで、グループ会社の中でそういう事業をおこなうっていう場所があったので、自分から応募してやりたいなっていうところはありました。

 なるほど。では、立候補でやらせてください!というところから今のポジションに就かれたんですね。

ちなみに人と関わる仕事はまさに人材の仕事だと思うんですが、そのときどんなやりがいを感じるというか、どんなところに面白みを感じられるところが多いですか?

 一番は、ポテンシャルだったりとか、可能性ですかね。可能性って、絶対大なり小なりあるじゃないですか?気づいてなかったりとか、大抵の場合自分で潰してるんですけども、もう一回掘り起こしてあげて、その人が想像もしていなかったようなお仕事に進んだときというか、キャリアアップしたときに一番嬉しいってのはありますね。自信をつけてもらうみたいな感じですかね。

 なるほど。今後池上さんがやっていく中で、キャリアの中で、どんなお考えであったりとか、どんなふうな仕事をしていきたいのかっていうところも、是非お教えしていただければ!

 本当に一人でも多くの方、まだまだお会いする方とか、会ったけどお手伝いができていない方がすごく多いので、お会いした方も欲張れば全員、可能な限り一人でも多くの方の手伝いをしていきたいなと思っています。変えてあげるとかそんな大きなこと言えないですけども、本当お手伝いっていう感じのイメージですね。

とにかくアクティブな日常を過ごす

 はい。ありがとうございます。お人柄が出るご回答が。ちなみに、個人的なお話を聞かせてもらっていまして。お休みの日とか、何をしてることが多いんですか?

 箇条書きみたいな感じで言っていきますと、ほぼ予定が無い時はスポーツジムなんですね。運動してることが多いのと、あとは、スーパー銭湯ですね。サウナが好きなので。

 じゃあ、筋トレして、サウナ行ってみたいな感じですか?

 はい。そんな感じです。結構そこで長時間過ごしたりしますね。

 奥さんはいらっしゃって、お子さんはまだいらっしゃらないですか?

 はい。子供はまだいないですね。で、奥さんとは、休みが一緒のときは出掛けます。基本的に家にいるってことはまずないですね。

 お互いアクティブなんですね。

 そうですね。どちらかというと、僕が連れ出してるって感じですけど。

 そういう場合はどこ行くことが多いですか?

 行ったことない場所に行くことが多いので、例えば先週テレビで観た美味しい店みたいなところを目当てに行って、そこ周辺で散歩するみたいなことが多かったりですかね。なにかしら食べてますね。

 いいですね!食べ歩きですね。あと、ちょっとズレますけど、御社は社員の方がみんな仲良しですよね。笑

 そうですよね。実は今日もみんなで飲みに行きます(笑)

 いいですね!じゃあ良い時間なので、最後に、求職者の方にですとか、転職希望者の方にメッセージをお願いしたいです。

池上様から転職やキャリアで悩んでいる方へメッセージ

 この記事を読んでいる方って、きっと転職エージェントだったりとか、キャリアコンサルタントっていうものがどういったものか、経験してる方も多いと思います。一般的なエージェントとかって求人案件を紹介するのがベースのところがほとんどなんですね。

でも、求人の案内だけってのは求められてない方が多いじゃないですか。なので、私はというかPASSENDでは、「相談できる場所」っていうのを提供してるっていったところをもうちょっと押していきたいというか、それを伝えたいってのがあります。

気軽に転職に関しての相談ができる場所がPASSENDなので、本当気軽な感じで来ていただければ、お仕事のお手伝い、転職のお手伝いをさせていただくことは絶対できるので。そういう気持ちで、是非お会いさせていただければなと考えてます。

 池上様、ありがとうございました!

今日インタビューにお応え頂いた池上さんに、転職や今後のキャリアについて相談したい!という方はこちらから

他ではなかなかできないような経験をされてきた池上様だからこそ、より深く話を聞いてくれたり、親身なアドバイスができるのだと改めて感じさせていただいた時間でした。

池上様と面談された方はもともとこんな悩みを抱えていたそうです。

  • 今よりお金を稼ぎたいけど方法が分からない
  • 正社員で長期的に働ける成長中の会社で働きたい
  • 自分に向いている職業が分からない

自分も池上様に自分のキャリアや転職先について、相談してみたい!まずは話を聞いて欲しいという方は、是非下記のフォームにご登録ください。ご登録いただきましたら、事務局より2営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。

池上様面談希望登録フォーム

男性女性

個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご参照ください。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

池上さんと面談をして、こんな転職が決まったそうです

▼「営業」って良いイメージなかったんですけど(ノルマとか・・テレアポとか・・)
キャリアカウンセリングで営業の真実を知ることができました。
今は想像以上の年収アップを実現しましたし、営業もすごく楽しいです。
(25歳・女性)

▼収入や休日といった雇用条件ばかりで仕事を探していたんですけど、
カウンセリングを受けて、「企業理念やヴィジョン」「製品やサービス」で
企業を選ぶことの大切さを知りました。
おかげさまで、今の会社では長期的に安定したパフォーマンスを発揮できそうです。
(29歳・男性)

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!