LINEキャリア相談絶賛受付中

【未来の働き方インタビューvol.02】起業2日前にトラブル発生!仕事ゼロの状態から理想の働き方を実現していく逆転ストーリー

今回は「未来の働き方インタビュー」第二弾!

家族との時間を一番大事に、と語るマーケティングコンサルタントの大川さんに、

 

● どんなお仕事をしているのか?

● どうやって今のお仕事にたどり着いたのか?

● 働き方を変えようとしてトラブルに・・・どうやって乗り越えた?

 

などをインタビューさせていただきました。

 

自分も仕事の仕方、働き方を変えていきたい!という方

起業や独立する際におこるトラブルの事例を知っておきたい方

自分の得意や才能を活かす仕事に巡り合うきっかけを知りたい方

には、とっても参考になる内容だと思います。

 

トラブルや葛藤を乗り越えて自分らしい働き方を実現していく大川さん、とっても素敵でした。

では、本編をどうぞ!

 

登場人物

 大川 立起/Tatsuki Okawa

Web集客初心者のためのマーケティングコンサルタント

 一年中インタビューをしているトリ

趣味はインタビューと子育て

 

今はどんなお仕事をしているの?

 大川さん、お忙しいところありがとうございます。早速ですが、今どんなお仕事や活動されているのか?というところをお聞かせいただけますか?

 よろしくお願いします。今は、集客の初心者のためのマーケティングコンサルタントとして活動してます。個人事業主の方とか小規模な企業を経営している社長さんが主なクライアントさんです。

 活動エリアというか、拠点みたいなのはどんな感じなんですか?

 東京近郊が多いんですけれども、地方の方にスカイプで話をしながら進めてる場合もあります。

 あ、オンラインでもお仕事を請けられてるんですね!それって、どういうきっかけでお仕事になるんですか?遠方の人って、直接会う機会はないと思うのですが。

 ほとんどが紹介ですね。

 紹介なんですね!ご紹介が多いってすごい理想ですよね。

 そうですね。ありがたいことに、最初はもう紹介しかないぐらいでやっていたんですが、最近ブログからのお問合せという形が徐々に増えてきてるという状況です。

 コンサルティングというのは、どういう形なんですか?プロジェクト単位で支援したり、月額の契約だったりと色々ありますよね。

 そこは結構クライアントによって、その時の相談ベースで決めています。基本的には月額のフィーをいくらっていう形で決めて、最低でも半年契約とかにはしてます。ただ、法人とかだと結構すんなりいくんですけど、これから起業したい方とかっていうのもクライアントにいらっしゃるので、そういう場合はなるべく相談にのってあげるような形で進めてますね

 あ、これから起業する!という方も対象にされてるんですか?結構幅が広いんですね。

 そうですね。ただ、共通点として、集客がうまくできていなくて、特にwebを集客にちゃんと使ったことがない、という課題があるということです。

 なるほど。じゃあ今のお仕事はそういったマーケティングの中でも主に「ウェブ活用の支援やサポート」というのを、オンラインも含めて全国を対象に行っているということですね。

ありがとうございます。

会社を独立しようとして社長とトラブルに・・・

 次に、なぜその仕事にたどり着いたのか?というお話をぜひ聞いてみたいです。最初からマーケティングコンサルタントを目指していたんですか?

 実は、コンサルタントになろうと思ったわけではないんです。むしろ、コンサルタントなんて仕事があるということすらあまり知らなかった。

 へぇー!そんなこともあるんだ!?

 起業する前、出版社に勤めていまして、本当は出版社として独立する予定だったんです。当時のお客様から声をかけてもらって、独立した後に仕事を一緒に進めてくれるという話にもなっていて。

 なるほど。勤務していた会社の顧客から、「大川君、独立して会社作って、うちとこんな仕事しない?」みたいな流れがあったんですね。

 そうですね。で、その当時一緒に働いていた方と二人で独立するという話を進めていたんです。登記の日程も調整して、会社を辞めたすぐ後に入れ違いくらいで新しい会社に移れる準備をしていました。

そしたらですね。その2日前に、ちょっとまぁ簡単に言えば裏切られてしまいまして。

 登記日の2日前ですか?

 そうです。

 すいません、裏切りというと・・・?

 裏切りというか、その一緒に辞めようとしていた方は、新しい会社を登記するよりも結構前にすでに前の会社は退職していたんですよ。小さい会社だったので、その方と僕の2人で回していて、その方が辞めた後は僕一人で回してました。

そこで僕もやめるという風になったので、当時の社長が焦ってすでに首を切っていた僕の共同創業者の方を、会社に呼び戻したんです。

 あぁなるほど!

 そこで、もちろん示し合わせて断っていただく予定だったのですが、その方が僕との約束を反故にして会社と条件交渉し始めちゃったんですね。

 うわー・・・

 そして、その話の流れで僕との新会社の構想とかも全部しゃべっちゃったんです。そこで進んでる企画とかの話も全部。ある意味、交渉のダシにされたような感じで。

 恐ろしいですね。その後、どうなっちゃったんですか?

 全部社長にばれてしまって。

 それ、社長も怒りますよね?

 そうですね。すごかったですね。結局色々とお互いに交渉みたいな感じになって、最終的には進めていた企画はやるな、という話になって。ある意味そこが手打ちみたいな形で。

 なるほど、退職はもう許すから、その代わり新会社で進めようとしていた企画だけは絶対ダメだ、みたいな。なるほどー・・・。

でも、案外多いかもしれませんね。美容師とかの世界でもよく人気のスタイリストが独立して近くに出店して、お客さん全部持っていっちゃって訴訟になったりしてますよ。

スムーズな独立計画が一転、無職同然に・・・

 それで、そのあとどうしたんですか?会社は作っちゃったけど、メインの仕事が無くなっちゃったわけですよね?

 本当にもう、どうしよう?と途方にくれましたよ。公園に行く人の気持ちが分かるというか。とりあえず会社だけあるけど仕事は何もないっていう状態になってしまったので、とにかく知ってる人には「何でもやるから」ってこう声を掛けていって。

 すごい。バイタリティーにあふれてますね!

 いや、それでも直後じゃないですね、やっぱもう。一週間くらいは途方にくれて呆然としていました。本当にパニック状態というか。
でも家族もあるし、そうも言ってられないと思ってとにかく知り合いに声をかけていって、何でもいいから仕事を手伝わせてもらって、という感じでしたね。

 そういうときって、どんな人に声をかけたんですか?

 もう友達ですね。仲の良いというか、そういうことを話せるくらい信頼できる順番というか。やっぱり恥ずかしいというのもあって話せない人もいました。

 そのあたりの気持ちの整理というか、どう乗り越えたんですか?

 葛藤はすごかったですよ。最初は。でも一回言っちゃうと意外と平気になって、言えるようになりました。

そこの反応って結構人それぞれで、心配してくれる人もいれば笑ってくれる人もいるので、運が良かったのは最初に相談した人が笑ってくれたんですよね。「そんな話あるの?面白いよね」くらいの感じで笑い飛ばしてくれて、そこで一気に安心したんです。

 それ大事ですね。変に心配されたり、「だから言っただろ」とか言われちゃうとね。

 そういう人は避けて相談しましたね(笑)

 そりゃそうだ(笑)

手伝ってくれないか、がきっかけでコンサルタントに

 今のお仕事にたどり着いた経緯というのはどんな流れだったんでしょうか?

 色々と友人のつてで仕事を手伝っている中で、あるリフォーム会社さんの施工の現場にも入らせてもらったんですよね。そしたら、そこの社長さんと結構話をするようになって、色々と集客とか売り上げとかの話をしてくれる関係性になれたんです。

で、ネットとかウェブとかの集客なんてそこは一切やっていなくて、口コミ紹介だけでやってきていたんですが、僕は以前の会社でほぼ1人で回していたせいもあって、そのあたりのウェブマーケティングみたいなのを色々と実践していた部分があったんです。

その経験とかを、なんとなく伝えてアドバイスしていたら、逆に向こうからある時「正式にウェブを使った集客について相談できる立場として入ってくれ」というお話があって、そこで初めてコンサルタントという言葉を知ったという感じですね。

 なるほど!自分から狙ったわけではなく、相手から求められたんですね。

 そうです。僕の中ではそれがお金になる、仕事になるなんて意識すらなかったので、「これが仕事になるのか!」という感じでした。

そこから、コンサルティングとしてのメニューというか、どういうサポートをしていくら、みたいなのを固めていって、今に至るという感じですかね。

 面白いですね。なんというか、やっぱり「何が人の役に立つのか?」というのは、相手がいないと分からないというか。

 いやほんと、そう思います。

 自分が当たり前にできるからこそ、価値があるとは思えない、自分では気づかない。そういう矛盾というか盲点みたいなのがありますからね。とにかく人とかかわって色々自分なりにアドバイスしているうちに、向こうから求められて仕事になるというケースの方が多いのかもしれません。

 そうですね。本当に自分はそういうパターンでした。

 ちなみに、計画が狂いにくるってしまったとき、家族にはすぐに伝えたんですか?

 いやーすぐには言えなかったですね。

 あ、そうなんですね。とはいえ、雰囲気でバレちゃいそうですが

 まぁ正直なんか変だな、うまくいってないんだろうな、というのは伝わっちゃってたと思います。でも当時は、とにかく家族に変に心配かける前に何とか生計を立てられるレベルまでもっていかないと!というので仕事探しに必死でした。

 確かに、その時点で言っちゃうと心配だけが広がっちゃいそうですもんね。親戚中に。嘘ついてるわけじゃないけど、ちょっと心理的にはつらそうですね。

 まぁ隠し事しているような状況になっちゃいますから、辛かったですね。やっぱり一番きついのは、家に帰って子供と遊んでたりすると、楽しんでいるような風なんですけど全然覚えていないというか、心ここにあらずみたいな状況で。

 奥さんもきっと気づいてたでしょうね。いやー結構きつそうだな。その当時は。今でこそ、明るく話せるようになって本当に良かったです(笑)

 そうですね。ほんと、頑張って続けていれば、なんとかなるんだなって今は思います。

 そうですよね。

収入、稼ぎだけが起業の正解じゃない

 最後に、今後の働き方や、どういった仕事をしていきたいか?という部分をお聞かせください。ぜひ。

 そうですね。今は個人と法人の方で両方ともお仕事を請けているんですが、今後は本格的に法人に力を入れたいですね。

僕、独立前は出版社だったんですけど、学生から最初に就職したのはホテルだったんですよ。なので、宿泊業に関してはまた絡んでみたいなというか、ホテルとか旅館とかのコンサルティングをやりたいという気持ちがあります。

例えば、地域とかもある程度固めてしまって、その地域に仕事で1週間くらい出張でホテルや旅館さんを回ってアドバイスさせてもらって、月の仕事は1週間で終わらせるくらいの回し方をしたいなと。

 なるほど、アポイントとかを同じエリアでまとめてしまえば可能ですね。

 そうですね。働き方としても、そういう一定期間集中して働いて、残りの時間で自分や家族、そして次の仕事のための勉強なんかをやる。そういうライフスタイルを目指したいなって思っています。

やっぱり、収入だけじゃないじゃないですか。時間とか人間関係とかそういうのがあって起業とかっていうのは成立するというか。こういうのも変ですけど、別に収入がいいから成功じゃないと思うので。
自分にとっては、家族との時間というのがやっぱり一番メインで考えています。

 そうですよね。まさに新しい働き方だなと思うんですけども。ちなみに、そのごたごたというか、独立のトラブルがあって落ち込んでいた時期っていつごろなんでしたっけ?

 今が会社が3期目なので、まる2年前ですね。

 なるほど。いや、意外と最近だというか、まぁがむしゃらにやれば何とでもなるんだなって思いますね。たった2年じゃないですか。

いつも言ってるんですけど、まぁ今と違う道もあるのわかるんだけど、壁が高かったり心理的な恐怖が強かったりとか色々あると思うんです。でもまぁ、意外と1年とか2年くらい頑張れば、たいてい新しい働き方とかになっているケースが多いので、じゃあ1年2年を残りの人生のために頑張るってそんなに悪いことなの?って思うんです。

何十年かかるわけじゃないし、がむしゃらに頑張れば何とかなるんだよっていう風に踏み出す人が増えたらうれしいなって思います。それが、転職でも起業でもなんでもいいと思うんですけど、やっぱり今に満足していないなら行動していくのが良いんだろうなって。

 そうですね。僕もそう思います。

 ありがとうございます。ではこれで取材は終了させていただきます。大川さん、ありがとうございました!

 ありがとうございました!

 

大川さんはこんな人!

個人事業主の方、小規模企業の経営者の方、これから起業したい方に向けて、集客や売上・利益アップのアドバイスをしている大川立起(おおかわたつき)です。

僕自身は会社が立ち上がる2日前に、一緒に起業するはずだった人の裏切りにあいました。そのため、会社は出来たけど何もする事がないというスタートを経験しています。

その経験から、「せっかく起業したのに辛い、会社員の方が楽だった」という人の役に立つため、『会社員時代よりも幸せな経営者を増やす』をコンセプトに、マーケティングを中心としたコンサルティングを提供しています。

ブログでは、Webはもちろんアナログな手法も使いながら、集客~売上・利益UP~リピーター獲得~ファン化に繋がるコラムを書いています。

ひとりビジネス作戦会議↓↓

 

LINEでキャリア相談実施中
※1日以内に笹田が返信します!
LINE転職相談受付中
※1日以内に笹田が返信!